バス釣り初心者おすすめ

その釣れっぷりはもはや反則級!最強のバズベイトおすすめ5選とその使い方

湿度が上がる梅雨時期から夏にかけて無性にキャストしたくなるルアーの一つにバズベイトがあります。スピナーベイトのようなヘッド形状に大型の金属ペラを組み合わせたルックスは強烈なバイブレーションと独特のサウンドでアピール力も高く、バスが水面を意識している状況や強いナワバリ意識を持っている時には無類の強さを誇りますが、バズベイトほど性能差が釣果に大きく影響するルアーは無い。というのはご存知でしょうか?バズベイトはペラの大きさやヘッド形状、重さ、ワイヤーのセッティング次第で性能が大きく変わりますが本当に優秀なバズベイトは実際にパッケージから出して使い込んでみないと分かりません。

しかしながら実際にたくさんのバズベイトを実際に使い込み、一つ一つ理解していくには時間と労力、お金だって掛かってしまいます。

そこで今回は私や仲間たちが長時間使い込んできた数々のバズベイトの中でも本当に高性能で自信を持っておすすめ出来る製品を5つをご紹介します。バズベイトの性能を100%引き出すタックルセッティングや使い方も一緒に公開しますので、バズベイトに威力を体感したい皆さんの参考にして頂ければと思います。

Contents

バズベイトの種類

本題に入る前にバズベイトに基本的な知識や特徴を簡単におさらいしてみましょう。
そのルアーがどのような特性かを知っていれば、性能を引き出しやすくなって釣果に差が生まれます。

バズベイトに重要な”音”は大きく分けて2種類

クラッカータイプ

出典:O.S.P様

O.S.PのZERO TWO “ビート”やダイナモバズなど、回転するペラがバズベイトのヘッドやシャフトに当たって”カチカチ”と非常に大きなサウンドを発生させるタイプのバズベイト。食性よりもバスを怒らせてバイトさせるタイプで、現在の主流となっています。

スクイークタイプ

名作と呼ばれるエクスキャリバーのプロバズやブーヤーのスクイールチャーなど、回転するペラが他の金属パーツとこすれ合ってキュルキュルと音を発するタイプ。ペラが水を叩く音とスクイーズ音が複雑なサウンドとなって食性でもバイトを誘発できる万能型。

おすすめバズベイト5選

ここでは、私や仲間達が実際に長期間使い込み、数々の実績と釣果を残した実釣性能抜群のバズベイトを5つご紹介します。非常にバランスが良くて使いやすく、ただ巻くだけで次から次へとバスが水面を割るその特性は究極のバズベイトを求めるエキスパートから、バズベイトでまだ釣った事の無い初心者の方にとってもおすすめ。これを選んでおけば間違いのない名作バズベイトばかりです!

おすすめその1 ゲーリーヤマモト ジャンボバズ


実績、基本性能、コストパフォーマンス。どれを取っても超一流なバズベイト!
ゲーリーヤマモト のジャンボバズは高い実釣性能と使いやすさで初心者から上級者までたくさんのユーザーを抱える名作のバズベイトです。使うシチュエーションや状況に関わらず安定した釣果を残す実力は、バズベイト界のスタンダードと言えるでしょう。

また、良い意味で製品のバラツキが多く、個々の性能差が大きいので5個くらい買うと1個程度の確率で異常に高い実釣性能を持った個体を発見出来るおもしろいルアーでもあります。

おすすめその2 ノリーズ ボルケーノ グリッパー


大きなペラが高アピールで使いやすい!フッキング成功率も抜群のビッグバスキラー!

ボディウエイトの割に大きなペラは非常にハイアピールで驚くほどのスローリトリーブが可能。今までバズベイトのアピール力では呼びきれなかった深いレンジのバスや、気づかせられなかったカバー奥のバスまでもターゲットとすることができます。ショートアームの「ボルケーノ」スタイルの効果と、よりスローに引けることによってフッキング成功率も非常に高く、現在リリースされているバズベイトの中ではトップクラスのバランスを誇ります。

おすすめその3 ハンクル ダイナモバズ


独特なクラッカーサウンドは実績多数!!エキスパートからの信頼も厚い名作バズベイト!

ヘッドに仕込まれたブラスビーズにペラが当たる事でとてもにぎやかなクラッカー音を発生させるダイナモバズはコアなアングラーの間で長い間名作と呼ばれ続けているバズベイトです。右回りと左回りの2種類のセッティングは他のバズベイトよりも正確なトレースを可能とし、かゆい所に手が届く作り込みはハイクラスのアングラーが喜ぶ仕上がりになっています。

おすすめその4 バクシンルアーデザインズ バクシンバズベイト


高性能で高実績!ワイヤーベイト専門メーカーが作るこだわりのバズベイト!

こだわりのワイヤーベイトメーカーであるバクシンルアーデザインズのバクシンバズベイトはおよそバズベイトに求められる性能を高いレベルで持ち合わせる高性能バズベイトです。その実力は数々の実績と共に本場アメリカのトップトーナメントでも愛用者が続出するほど。私の仲間うちでは最小モデルである「ディアヴロ」を使っていると”エサ釣り”と冷やかされるほど高い実釣性能を持っています。

おすすめその5 ブーヤー スクイールチャー


強烈なスクイーズ音が最高の武器!バズベイトの実釣性能を教えてくれる隠れた名品!

惜しまれながらも廃盤となってしまったエクスキャリバーのプロバズ。その性能に磨きをかけ、プロバズの後継機として作られたのがブーヤーのスクイールチャーとなります。独特のスクイーク音は非常にアピール力に優れ、このバズベイトでしか釣れないバスが確実に存在します。現在主流のクラッカータイプと上手にローテーションすれば、今までよりもたくさんのバスに出会う事ができ、バズベイトの実力を体感することが出来るでしょう。

先生
先生
ここで紹介したバズベイト以外にもクラッカーサウンドに特化したO.S.Pの ZERO TWO “ビート”や大型ペラを採用し、デッドスローリトリーブでも高いアピール力が魅力的な エバーグリーンのラウドバズなど、優秀なバズベイトはたくさんあります!!

3倍釣れる!バズベイトのチューニング方法

バズベイトはノーマル状態でも非常に良く釣れますが、ひと手間加えるとその実釣性能が2倍にも3倍にもなります。ここではそんなバズベイトの実力を引き出す、とっておきの”ひと手間”をご紹介します。

リベットを固定する(スクイークタイプに有効)

ゲーリーのジャンボバズやボルケーノグリッパーなどスクイーク系のバズベイトが発する独特なキュルキュル音(スクイークサウンド)はペラと、それを抜けないようにするためのリベットがこすれ合って発生します。(画像の黄色やじるしの部分)しかしながらノーマルの状態ではリベットが固定されておらず、ペラにつられてリベットも一緒に回転してしまうためリベットを固定する必要があります。リベットの下部(赤いマルの部分)をペンチなどで押しつぶすとリベットが固定され、極上のスクイーク音が常時出るようになります。

ペラの位置とシャフトの位置を調整する

こちらのチューニングはどんなバズベイトでも手軽に出来るチューニングで、簡単にクラッカーサウンドを追加する事が出来ます。やり方はバズベイトのワイヤーを曲げてペラの端がシャフトに軽く接触するように調整するだけ。現場ですぐに出来て効果も抜群なこのチューニングはバズベイトの性能を大きく引き出すための初歩と言えます。

※やりすぎるとペラが回らなくなるので実際に泳がせながら微調整しましょう。

バズベイトにおすすめのトレーラーワームとその選び方

バズベイトはお世辞にもキャスタビリティーの高いルアーではありません。

バズベイトにとってトレーラーワームは飛距離アップや浮き上がり性能のアップ、ボリュームアップにつながるのでとても相性の良いオプションと言えますが、大きすぎるトレーラーはバズベイトのバランスを崩しやすく、バイブレーションも弱めてしまいます。

使用するのであれば大きく動くパーツの少ない控え目なモノが良いでしょう。

おすすめトレーラーその1 ゲーリーヤマモト イモグラブ


ゲーリーヤマモトのイモグラブはエキスパートの間で非常に使用率の高いトレーラーとなっています。塩分を多く含むボディは十分な重量がありながらもパーツがないので空気抵抗が少なく、水中では大きく水を受けてバズベイトを浮き上がりやすくしてくれます。

おすすめトレーラー その2 O.S.P ドライブステック


イモグラブと同じく高比重マテリアルで空気抵抗も少ないドライブステックもバズベイトのウィークポイントをカバーしてくれる優秀なトレーラーワームです。

基本的な効果はイモグラブと近いモノがありますが、ドライブステックはバズベイトのシルエットを大きく変化させる効果があります。トップウォーターにおいてルアーのシルエットは非常に重要な要素。シルエット次第で大きく釣果が変わることも少なくありません。

おすすめトレーラー その3 O.S.P アクショントレーラー


細かい作り込みと優秀なスイムバランスでワイヤーベイトのトレーラーとして非常に実績の高いO.S.Pのアクショントレーラーもバズベイトとの相性ば抜群です。ボディ全体は抵抗を抑えたシェイプながらバズベイトのトレーラーに必要とされる性能を十分に満たし、素材はトレーラーワームとして使用する事に特化したノンソルトマテリアルで耐久性を重視しています。バズベイトにセットした状態で保管してもマテリアルがフックを錆びさせることはなく、どんなシチュエーションでも安定した性能を発揮してくれます。

アングラーの永遠のテーマ。バズベイトとトレーラーフック

バズベイトにトレーラーフックを付けるのかどうか?は私達アングラーにとって永遠のテーマですが、長年使い込んできた私の結論では「出来る限り装着する」が現状の答えとなっています。

バズベイトの大きな特徴の一つに極端にフックアップ率が悪いという特徴があります。日によっては10バイトあっても一度もフックアップしないこともあり、悔しい思いをするとも少なくありませんが、トレーラーフックを装着するとその症状は大きく改善されます。バイトがあってもフックアップしない日はことごとくトレーラーフックにフッキングすることも多く、中には全部”外掛かり”なんてことも・・・

トレーラーフックを付けるとスナッグレス性能は多少落ちますが、バズベイトはその形状や上を向いたフックポイントのおかげでその影響は最小限です。

よほど根掛かりが多発してストレスがたまる展開でなければトレーラーフックは付けた方が釣果は安定し、バズベイトの実力を引き出す事が出来るでしょう。

他のルアーと比べて極端にフックアップ率の低いバズベイトには、トレーラーフックが必須だと言えます。高いサーチ能力とバイト誘発力を持ちながらもバスが釣れないのであれば本末転倒。バズベイトはトレーラーフックを付けてはじめて完成すると言っても言い過ぎではなく、くやしい思いをする前に装着する事をおすすめします。

がまかつのトレーラーフックはワンタッチでつけやすく、慣れていない初心者でも安定した結果を出しやすい良品です。どんなバズベイトでも1/0フックをつけておけばその効果を発揮してくれます。

バズベイトの性能を引き出す使い方

ここではバズベイトの実釣性能を100%引き出すとっておきの使い方を解説します。
高いサーチ能力とバイト誘発力ですさまじい爆発力を秘めたバズベイトですが、下記に紹介する使い方を意識して投入すると釣れるバスの数もサイズも格段にアップします。

先生
先生
バズベイトが活躍するシチュエーションとしては広大なシャローフラットや水面近くまで伸びるウィードエリアをサーチするような状況、アシ際やレイダウンなどの縦ストラクチャーの攻略を得意としています。バズベイトの持つ高いスナッグレス性能とアピール力は、ストラクチャー周りを根掛かりの心配無く大胆に攻め込み、テンポ良くサーチして行きたい状況で効果的です。

リトリーブスピードを意識して使う

バズベイトが一番実力を発揮するリトリーブスピードは、ペラが回転するギリギリのスピードとなり、そのリトリーブスピードが基本となりますが、時にはルアーがバランスを崩す限界ギリギリのファーストリトリーブが有効な時があります。

バズベイトというのは巻きスピードによってペラが水面を叩く力が変わります。

水面を叩く勢いが変われば当然ながら発生するサウンドも変わります。

バズベイトにとってサウンドは命そのもの。様々なサウンドを試すことがバズベイトで結果を残す最短の道になります。

水深(レンジ)をイメージして使う

バズベイトでレンジ!?そう思う方も多いと思いますが、バズベイトにもリトリーブレンジというのは存在します。

もちろん、バズベイトは水面を走らせる事でその実力を発揮するルアーですが、追ってくるけどバイトまで至らない時やものすごくバイトが弱い状況では少しレンジを下げてやると非常に効果的。レンジを下げると言ってもバズベイトのペラが水面をもこもこ盛り上げるレンジをキープしてリトリーブするだけです。

また、ポロポロと控え目なサウンドが出る少し潜らせ気味なレンジも、状況によっては非常に強力。

これだけでもバスの反応がとても変わることがあります。どうしてもバイトを取り切れない時は一度試してみてください。

シルエットやボリュームを調整して使う

バズベイトは水面直下を主戦場とするトップウォータールアーです。当然ながらシルエットは非常に重要な要素で、ボリュームを調整して使うことが釣果を積み重ねる為に大切なファクターとなります。

バズベイトのシルエットやボリュームを調整する方法はとてもかんたん。トレーラーに使用するワームのサイズを変更したり、ラバーのスカートの長さやボリュームを調整する事で対応してみましょう。こちらの方法も思っている以上にバスからの反応がかわる事があるのでとてもおすすめです。

バズベイトが最強となる時期やシチュエーション

バズベイトにもその効果が最大限に発揮される時期やシチュエーションが存在します。ここではそんなバズベイトの性能が生きる時期やシチュエーションをご紹介します。

バズベイトが最強となる時期

バズベイトはトップウォータールアーなのでバスが水面を意識しやすいアフターから秋口頃が絶好の時期となります。特にアフター直後はバスが中層にサスペンドしやすく、釣りの難易度がいっきに跳ね上がりますが、バズベイトはその強力なアピール力と存在感で中層でボーっとしているバスに水面を割らせる力があります。

最も効果的なシーズンはアフター真っ盛りの6月~11月位ですが実は春先でも非常に有効なルアーで、シャローに上がったプリスポーンバスはアピール力の高いルアーに好反応します。しっかりと水が温まりきった4月以降になるとバスはアクティブにベイトを追いだすので状況によってはバズベイトで良い釣りが出来ることもあります。

このようなパラアシはバズベイトにとって絶好のシチュエーション。素早く広範囲をサーチ出来るバズベイトにはうってつけのポイントとなるでしょう。

バズベイトが効果的なシチュエーション

バズベイトは非常に強力なルアーなため、その実力を発揮するには天候などのプラス要因が必要です。

一般的にはローライトコンディション、雨や風で水面がざわざわしている時に有効ですが、水の濁りが強い状況でも非常に効果的です。バスがルアーを目で確認しにくい状況に強いとおぼえておけば良いでしょう。

また、バズベイトの特徴として、全てのルアーが無力だと感じてしまうような真夏のドピーカンや生命感を全く感じられない秋のターンオーバーなど、最悪のタフタイムでもその強烈なアピール力でバイトを誘発できる特徴があります。この特徴は他のルアーには無いバズベイト独自のモノ。最悪のコンデションであきらめる前に最後の悪あがきとしてバズベイトをキャストしてみましょう。思いがけない結果が待っていたりします。

バズベイトの性能を引き出すロッドやタックルとは?

タックルセッティングに関してはそれほどうるさく無いバズベイトにも、その性能を引き出す理想のタックルセッティングがあります。

ここではそんなバズベイトの性能を大きく引き出す理想のタックルセッティングをご紹介します。これからバズベイトを使い込み、メインウェポンの一つとして使う予定のアングラーさんには必見の内容となっています。

ロッド

バズベイトは空気抵抗が大きくキャスタビリティーが低いので、快適に扱うにはしっかりとロッドが曲がり込み、自然にウエイトを載せてルアーを運んでくれる特性のロッドが好ましいでしょう。この点でみれば少し柔らかいロッドの方が良く思いますが、バズベイトはヘビーゲージのシングルフックを持ち、しっかりとバスの硬いアゴにフックアップさせるにはそれなりのロッドパワーが必要となります。この条件で考えるとロッドパワーはM~MHクラス、少ない負荷でも曲がりやすくキャストはもちろんバイトもノセやすいレギュラー~レギュラーファーストテーパーで、ベリーからバット部分はカバー周りのバスにも主導権を渡さないパワフルなモデルがベストとなるでしょう。ロッドワークを多用するゲームではないのでロッドのレングスはトレースコースを調整しやすく、ロングキャストもかんたんにできる長めのモノがおすすめです。

シマノのエクスプライド173MH-LMは低弾性カーボンを使用してワイヤーベイトのノリも良く、バズベイトに求められるソフトなティップと強靭なバットセクションのバランスが絶妙なロッドと言えます。

リール

バズベイトで使用するリールはシマノでいうHG(7.0:1)モデルがベストです。

バズベイトは水面下で威力を発揮するルアーですが、リトリーブを続けないと沈んでしまいます。また、巻きはじめ数メートルでバイトする事も多く、素早い立ち上がりはバイト数を伸ばす上で必要不可欠なファクターとなっています。

素早い立ち上がりのためには、少ないハンドル回転数でたくさんラインを回収出来るハイギアリールがとても効果的ですが、最近リリースされているXG(エクストラハイギア)ではバイトをノセるために必要となるラインのたるみが足らなくなるためか、バイトをノセきれない現象が一気に増加してしまいます。あまりにも早い巻きスピードはバズベイトにとって生命線である巻きスピードの調整を難しいものにしてしまう面もあるので総合的な面で考えるとバズベイトに適したリールは「適度な巻きスピードを持ったハイギアのベイトリール」となるでしょう。

理想的なギヤ比を持つシマノのバンタム MGL HGは高いボディ剛性感とシルキーな巻き心地で巻き感度も非常に優秀。バズベイトはもちろん、ファーストムービング全般にも理想的なスペックとなっています。

ライン

バズベイトと相性が良いラインは“太めのナイロンライン”(16~25lb.)か”フロロカーボンライン”(12~16lb.)になります。

ナイロンラインはその浮力を活かして浅いレンジをゆっくりトレースしたい時に使用し、フロロカーボンラインはカバー周りを積極的に攻めたい時やロングキャスト時に使用します。

バズベイトを使用するフィールドの状況やシチュエーション、自分の好みに応じてラインを使い分けると良いでしょう。

最強のバズベイトおすすめ5選とその使い方 まとめ

バズベイトを上手に使いこなせば今まで釣る事の出来なかったバス達を反応させる事が出来ます。個性的で高い実釣性能を持つバズベイトというルアーの実力を一度知ってしまえば、使わないわけにはいかないでしょう。

圧倒的なサーチ能力と非常に高いアピール力を併せ持ち、一定の条件下ではすさまじい爆発力を発揮するバズベイトは非常に個性の強いルアーです。

出しどころが限定的でどちらかというと経験がモノを言うルアーですが、ただ巻くだけで面白いようにバイトを量産するその実力はアングラーのスキルを問わず初心者からエキスパートまで幅広く受け入れてくれます。

バズベイトというルアーは冒頭部分でも触れたように各モデルによって性能差が大きく、本当に釣れるバズベイトというのはごく一部のルアーだけです。

本当に大切なのは本物のバズベイトを見つけること。そこがとても重要です。

この記事が皆さんにとって、本当に信頼できるバズベイトとの出会いのきっかけになれればと思います。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

関連するタックルのご紹介はこちら!

スピナーベイトと相性の良いタックルはバズベイトとの相性も抜群です!

スピナーベイトに最適なおすすめロッドとは? スピナーベイトに最適なおすすめロッドとは? スピナーベイト。何とも男らしいルアーですね。スピナーベイトはルアー...
スピナーベイトを極めるならこのロッド!もっと釣れるようになるコツと専用ロッド5選スピナーベイトは様々な使い方ができ、サーチ能力も高いのでとても人気のあるルアーの一つですね。上手に使いこなしている姿を見ると、とてもカッ...
こちらの記事もおすすめ!