ちかみやってどんなひと?

ちかみやってどんなひと?

 

 

「お願いします。僕に釣りを教えて下さい。」

今思い返せば、これがちかみやの本当の出発点だったのかもしれません。

改めまして。
社畜アングラーのちかみやと申します。

ちかみやが現在に至った経緯、このブログを書こうと思った理由をこの場をお借りしてご説明したいと思います。

興味のある方はごゆっくりしていって下さい。

名前ちかみや
年齢30代
性別男性
家族構成妻と子供2人(上が男の子、下は女の子)
趣味魚釣り全般、お魚飼育&研究、ゲーム、バイク
職業社畜系サラリーマン

 

ちかみやがバスと最初に出会ったのは小学校3年の時でした。当時、図鑑や文献でしか見たことのなかったバスが偶然遊びに来ていた近くのフィールドで実際に釣れているという事実に遭遇した時、とても興奮したのを良く覚えています。

身近なフィールドでバスが釣れる事を知り、「自分の手で釣ってやる」と、少年ちかみやは一大決心をします。当時本の虫だったこともあり学校の図書室や自宅から自転車で1時間かかる町の図書館まで、とにかくバスを釣る為に必要な情報を見つけようとそれらしい本を片っ端からむさぼる様に読み漁る日々が続きました。

自分なりに試行錯誤とトライ&エラーを繰り返し、実際に自分の手で初めてバスを釣ったのはそれから約1年後。手足が震える程の感動と喜びは私の人生で数える程度しかありません。そんな経験をした少年ちかみやはどっぷりとバス釣りにのめり込んでいきます。

中学生になる頃には自転車でいろいろなフィールドに出向くようになりました。バス釣りという共通の趣味の仲間も自然と増え、お互いライバルとして週末にはフィールドに出掛けていました。
当時は高価だったハードプラグを少ないお小遣いを使って必死に集め、釣行前日はまさしく宝箱の様な小さなタックルボックスを眺めながら翌日の釣行に思いを馳せるのが大好きでした。

高校に進学すると、いよいよちかみやのバス釣りは加速していきます。
毎日バイトに明け暮れ、ついに念願の本格的なバスロッド、メガバスのvフラットスペシャルとカルカッタ100を手に入れます。当時はメガバスブーム前だったので行きつけのショップですぐ手に入りました。(…しかし、最初の一本目がいきなりグラスって…当時は知識なんてありませんでした。)
また、同時にバイクと言う移動手段も手に入れ、行動範囲はますます広がりました。当時はバスバブル真っ只中。至るところで大会が開催され、ちかみやも行きつけのショップや町が主催する大会に参加するようになりました。

社会人になるとボロボロではありましたが車を手に入れ、行動範囲もタックルの数もいよいよ本格的になって行きます。
週末には雑誌で取り上げられるような人気フィールドに出向き、釣りを通して知り合った仲間がたくさん出来ました。全員年齢も職業も住んでるところもバラバラでしたが、バス釣りで繋がった仲間たちと竿を並べる時間はとても有意義で、毎週末暗い時間に家を出て遠いメジャーフィールドに足繫く通った事を今でも鮮明に思い返せる程です。

まさにバス釣りありきな生活を続けていましたが、この頃になるとちかみやの中で少しずつ心境に変化が出始めていました。

その内容は…

「自分はどのくらい釣りが上手いのだろう?」

そんな思いが芽生えていることに自身で気付いた時には既にちかみやは地元のチャプターに参戦するようになっていました。
チャプターはご存知の通り本格的な大会です。腕に自信のあるアングラーが集結し、互いのプライドをかけて闘うような場所です。
ちかみやは約2年と少し参戦を続けました。バス釣りに必要な道具も揃って、大会に出場すれば常に上位に入賞出来る常連となって地元では多少名の売れた存在となりました。様々な方面からスポンサー契約のお話を頂き、さらに上のカテゴリーに参戦する資格と準備も万端、このままどんどん結果を残して上位のカテゴリーへ進出していくのだろうと周りの仲間達からも羨ましく思われるほどでしたが、ある日を境にピタッと参戦する事を止めてしまいます。

「ぜんぜん釣りが面白くない・・・」

あんなに大好きだったバス釣りが全く楽しいと感じなくなくなっていたのです。
チャプターでは勝つ事が全て。本番で誰よりも良い釣果を叩き出す為に毎週末、大会が開かれるフィールドに通い魚を探す日々。せっかく魚を見つけも本番までは釣ることが許されず、いざ本番になると魚はいなくなっていたり…

この事実に気付いたある日を境に、自分でも解るほど急激に熱意が冷めていきました。

戸惑いました。今まで築き上げてきた物が一気に崩れ落ちていくのが良くわかりました。何とか取り戻そうと必死に湖上に出てロッドを振っても苦痛でしかありませんでした。

当時大会を通して知り合った気のいい仲間達はそんなちかみやに気付き、心配してくれました。何とか気持ちを立て直そうと励ましの声やアドバイスをくれましたが、ちかみやは立ち直る事が出来ずに仲間や後輩に全ての道具を譲り渡し、ついにはバス釣りそのものを辞めてしまいました。

 

それから4年程が過ぎたある日、久しぶりに古い釣り仲間から連絡が入り、断りきれずに1日だけ地元のフィールドで釣りに付き合う事になりました。

開始直後はあまり乗り気ではなかったものの、じっくりと腰を据えて丁寧に釣って行くと何匹か遊んでくれる魚に出会えました。

日も傾き、そろそろ帰ろうかと用意を進めていたところ、同伴者が一人の少年と一緒に戻ってきました。何でも釣りをしている間に仲良くなったようで少年は中学生との事でした。今日の釣りの内容や釣果の話をしていると私の釣果に驚き、突然「僕に釣りを教えてください。」と申し出て来ました。後々話を伺ったらどうしても上達したい一心で咄嗟に言葉が出てしまった。このままこのチャンスを逃したらずっと釣れないままだ。と、思っての発言だったそうです。少年の話によると釣り歴はそこそこあるものの、まだ魚に触れられるのは年に数回程度でどうしても上達したいという気持ちが強いとのことでした。

私は内心、その場限りの決意なんだろうな。と軽くとらえ、「じゃあ来週も来るから教わりたかったらまた来なよ。何時にこれるかわからないけど。」と簡単な約束をしました。きっと来ないだろうと思って連絡先も交換せず、その場を立ち去りました。
そんな約束をしたにも関わらず週末を迎える前に仕事が忙しくなってしまい、次にフィールドを訪れたのは3週間後の夕方でした。

どうせいないだろうとフィールドを一週見回すと、彼はいました。約束をした日から毎週末、朝から暗くなるまで待っていたそうです。確かお盆を少し過ぎた頃でまだ残暑が厳しく1日中フィールドで待っているのは大変だったのではないかと思います。

その日は残り時間も少なかったのですがなんとかアドバイスをして彼は魚を釣ってくれました。やり方があっていればこんなにもあっけなく魚が釣れるという驚きと魚が釣れた単純な嬉しさからくる彼の笑顔を今でもしっかりと覚えています。

しかしちかみやは仕事が多忙な時期に入ってしまい、ただ純粋に釣りが上手くなりたいという少年の思いに答えてあげることは出来ませんでした。
そのフィールドには地元ということもあり、釣りの上手な知り合いが数名いたので、その中の一人に少年を任せ、ちかみやはまた釣りから距離を取った生活に戻りました。

それからしばらくが過ぎ、久しぶりに水辺の様子でも見てみようと少し立ち寄ったところ、少年は一生懸命知り合いのあとを追いかけながら釣りをしていました。しかしながら最近の様子はどうなの?と少年に訪ねるも浮かない顔をしています。思うように釣れなくて元気がないのかな?と思っていましたが後日、その原因を同伴者から教えてもらう事でちかみやの目は覚めました。

「彼はちかみやに教えて欲しいんだって。」

間違っていた。彼の本心に気付いてあげられなかった。ちかみやは反省しました。彼が勇気を持って知らない人に頭を下げてお願いしてくれた冒頭の言葉。誰でも良かった訳ではなかったんだなと。一生懸命な彼の思いを自分の慢心で受け流してしまったこと。恥ずかしく思いました。ちかみやはその後、すぐに近くのショップに行って最低限の道具を揃えました。そして迎えた週末、頑張って仕事を片付けてちかみやはフィールドに向かいました。彼と一緒に釣りをするために。

季節はもう冬の一歩手前、魚を釣るには厳しい時期に差し掛かっていましたが、そんなことは関係ありません。彼が慕ってついてくるうちは挫けるわけには行かないのです。

人に何かを教えるというのは教わっている人の何倍もの経験とスキルが必要です。ちかみやもうかうかしているわけにはいきません。彼にしっかりとしたアドバイスが出来るように毎日勉強しました。釣らせる方法を思案しました。それはちかみやが失ったバス釣り本来の楽しさを取り戻すのに充分過ぎるほどの時間でした。

そんな日々が何年も続きました。まるでマンガに出てきそうな師匠と弟子のような関係が。少年は着実に腕を上げ、そんなちかみやと少年をみて同じように釣りが上手くなりたい人達が自然と集まって来ました。

その中で気付いた事。

「釣りは釣れなきゃつまらない。」

「せっかくの休日を使って釣りをするんだからどうせなら魚を釣りたい。」

「仲間と一緒にするバス釣りは本当に楽しい。みんなで喜びと感動を分かち合えるのはアングラーとして最高の思い出だ。」

今はそれぞれ釣りが上手くなり自分の道を歩いています。ちかみやと一緒に切磋琢磨した彼も、もうちかみやでは手も足も出ないくらいに上達して、ちかみやではもう何もしてあげられないくらいです。

 

しかしながら、今バス釣り業界は釣り人口の減少や様々な問題を抱えこれからの明暗を分ける大切な岐路に立っています。ちかみやをここまで育て、大切な出会いとたくさんの思い出、そして感動をくれたバス釣りにもう少し恩返しをしたいと言う思いでこのブログを立ち上げました。

腕のたつエキスパートの方々にはもちろん、バス釣りを始めたばかりでどうすれば良いかわからない方、大切な休日を使ってバス釣りを楽しむサンデーアングラーの方、お子様にバス釣りの素晴らしさを伝えたいと思っているお父さんにもぜひ読んで頂きたい。ちかみやが培ってきた出来るだけ簡単に魚を釣る為のノウハウを詰め込みました。

ちかみやの釣りは必ず結果を残す釣りをモットーとしています。

ボウズは絶対回避を条件としていますが、小さい子バスを釣ってお茶を濁す様な釣りではありません。(結果的に狙って釣っているけれども小さいのが釣れてしまうことは多々あります。)そのフィールドのアベレージサイズ以上のサイズを他のアングラーさんより出来るだけ多く釣る。この様な釣りを目指している方にはきっと参考になると思います。

このブログを通してバス釣りが持つ楽しさと仲間が増える嬉しさ、手足が震える程の感動と喜びを皆様にも経験して頂けたら幸いです。

こんな文章力もなく、拙い文面しか書けないちかみやですが、どうぞよろしくお願いいたします。

長文、乱文を最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

ちかみや