ルアーインプレッション

ジャッカル ビンクシー ルアーインプレッション

移動距離を抑えたアクションと複合的な要素でバスにアピール!
特化した性能が魅力的な複合型ポッパー!!

ハードベイトマニアのちかみやが個人的に気になるルアーをテストして、独断と偏見でお送りするルアーインプレッションコーナー。そのルアーが持つ特徴的なルアーの構造と形状、実際に使用した感想と独自の解釈でルアーの特徴をひも解き、超個人的な目線でルアーを解説しています。今回はジャッカルのビンクシーをインプレションしていきます。

最初に断っておきますが、ビンクシーは前回ご紹介したトネスプラッシュと特性も使い方もほとんど同じでもろかぶりしています。

しかしながら、より移動距離を抑えるための工夫やブレードなどの新しいパーツの装着、それに伴うただ巻きでのアピール力UPなど差別化出来る部分もあります。使用感も個人的にはビンクシーの方が使いやすく感じ、トネスプラッシュよりもさらに特化した性能を持っていて、見えない部分にも工夫や改善をしている箇所が多々あります。
今回はそんな元祖全部のせポッパー、トネスプラッシュに真っ向勝負を挑んだビンクシーの特徴と性能にフォーカスし、インプレションしてみたいと思います。

ビンクシーのスペック

Length : 70㎜
Weight : 12.4g
Hook   : ST36BC#5×2(リアはフェザー仕様)
フローティング
カラー  :17色

先生
先生
元祖複合系ポッパーのトネスプラッシュとほとんど同じスペックと特性を持つビンクシー。使い込むと分かりますがビンクシーの方がより特化した性質とコンセプトを持っています。

ビンクシーの構造と外見の特徴

ビンクシーの外見や内部構造などから、このルアーが持つ本来のポテンシャルを解き明かしてみましょう。少ない移動距離でより多くアピールするための工夫が随所に渡って盛り込まれています。

カップの形状

引用元:ジャッカル様

ビンクシーのカップはかなり浅めに設定されていて、アクション時の移動距離を少なくする役目を果しています。さらにビンクシーのカップは上に行くに従って若干斜めに張り出しており、スプラッシュを高く上げ、小気味良いポップ音を発生させやすくなるように作られています。

ラインアイの位置と角度

ビンクシーのラインアイは中央に取り付けられています。これは持ち味の一つであるドックウォークのレスポンスを大幅にアップさせる他にルアー本体のダイブ抑制と、しっかりした水噛みで移動距離を抑える目的を達成出来る絶好のアイポジションになっています。

浮き姿勢

浮き姿勢はほぼ水平姿勢のセッティングになっています。
この浮き姿勢は水の抵抗を受けにくいのでレスポンスアップに繋がり、ブレーキの効いたボディ設計と相まって簡単に首を振りやすくなっているので、ポッパーとしては異例なほど誰でもドックウォークアクションをさせやすい設定になっています。

ビンクシーの特徴と長所

ここではビンクシーが持つ特徴を3つご紹介します。
それぞれのルアーが持つ特徴や長所、強み理解していれば、状況に応じて正確にルアーを使い分けられるようになり、より多くのバスに出会えるチャンスが広がります。

移動距離を抑え、ピンスポット攻略に特化した設計

ビンクシーは狙っているシチュエーションや状況が非常に明確なので、しっかりとしたコンセプトを持って作られています。その最たる特徴が移動距離を抑え、ピンスポットを攻略するために特化した設定です。ハイプレッシャー時やアフタースポーニング期など、スローなコンディションだけどバスが水面を意識している時は特にこのセッティングが強力な効果を発揮します。

金属音を伴った高アピールなただ巻きアクション

引用元:ジャッカル様

移動距離を抑え、ピンスポット攻略に特化した設計の他にもう一つ特徴的なのは、ただ巻きアクション時に発する独特の金属音があります。外見上の特徴ともいえる腹部に取り付けられたブレードはアクション時にブレーキの役割をするだけでなく、リトリーブ時にはテールに付いているプロップとぶつかって結構大きめな金属音をランダムに発生させます。

高い操作性と扱いやすさ

ビンクシーはポッパーの中でも特に高い操作性と優秀なキャスタビティ性能を持っています。基本的な設計がしっかりしていて細かい部分まで作り込まれているので、使いやすくてアングラーのスキルに影響を受けにくく、誰でもビンクシーの性能を引き出して設定されたベストアクションを出せるような作りになっています。

先生
先生
ビンクシーはトネスプラッシュよりもさらにピンスポット攻略に特化したポッパーと言えます。コンセプトが非常にはっきりしていて扱いやすく、ただ巻きでも良く釣れますよ。

ビンクシーを使った感想と使い方のまとめ

以上で移動距離を抑えたアクションと複合的な要素でバスにアピール!特化した性能が魅力的な複合型ポッパー!!ビンクシーのルアーインプレッションはおしまいとなります。もう一度このルアーの特徴をおさらいしてみましょう。

ビンクシーの大きな特徴

・移動距離を抑え、ピンスポット攻略に特化した設計
・金属音を伴った高アピールなただ巻きアクション
・高い操作性と扱いやすさ

この3点がビンクシーの大きな特徴になります。
この特徴を頭に入れ、シチュエーションに応じて効率良くルアーの個性と性能を引き出す使い方をしてあげるとより一層効果的になります。

ビンクシーは前回紹介したトネスプラッシュの移動距離を抑えてピンスポットでバイトさせる性能にさらに磨きをかけ、特化させたルアーというイメージです。効果的な使い方としてはその特性を活かして短い移動距離でアクションさせ、じっくりとバスに見せる様な使い方が非常に有効です。
ビンクシーは個性が強いルアーなので、トップウォーターが有効な時期であれば通常時でも十分活躍出来る実釣性能を持っていますが、何らかの理由でバスがスローなコンディションだけど水面付近を意識している時が最も高いパフォーマンスを発揮出来るシチュエーションとなります。

今回、ビンクシーを改めて使い、操作していてとても面白いルアーだなと感じました。ポッパーとしてはかなりユニークな性能を持ったルアーなので、気になる方は一度自分の手で確かめてみることをオススメします。

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

※詳細なカラーラインナップや価格は上記のAmazon、楽天のリンクからご確認ください。

こちらの記事もおすすめ!