ルアーインプレッション

へドン チャッグンスプーク ルアーインプレッション

大柄ボディの水押しとラトルサウンド、スプラッシュの三重奏でバスを誘う名作ペンシルポッパー

ルアーコレクターのちかみやが実際に使用し、独自の解釈でレビューとインプレションを織り交ぜながら、ルアーの外観や形状、構造からそのルアーの特徴をひも解き、超個人的な目線でルアーを解説していくルアーインプレッションのコーナー。今回はペンシルポッパーの代表格、チャッグンスプークをフォーカスしてみたいと思います。

チャッグンスプークはオリザラ、スーパースプークと並ぶ御三家の一角として広く知られているルアーで、前回紹介したスーパースプークとほぼ同規格のボディになっており、水押し、ラトルサウンドと独特のスプラッシュを持ったハイアピールペンシルポッパーになっています。操作性も良く、非の打ち所がないチャッグンスプークが本領を発揮出来るシチュエーションや使い方はどんな場面でしょうか?
その構造と特徴をひも解き、チャッグンスプークの魅力と性能を掘り下げてみましょう。

チャッグンスプークのスペック

Length : 4-7/8inch 12.38cm
Weight :1oz 28.35g
HOOK: XCalibur Tx3 #1×2フック
フローティング
カラー:9色+ソルトカラー16色

機敏なウォーキング・ザ・ドッグとスプラッシュで誘う
チャッグンスプーク
半世紀以上もの間、ウォーキング・ザ・ドッグアクションを持つトップウォータープラグの中で最も優れているのがヘドンスプークであることは周知の事実です。市場にはコピー品も出回りましたが、いずれもその性能まで真似ることは出来ませんでした。

チャッグンスプークは、新たなルアーとしてそのジャンルに加えられました。 昔ながらの左右へのウォーキング・ザ・ドッグアクションに加え、強いスプラッシュを上げて魚の本能を呼び覚まします。 チャッグンスプークの特徴は、口元のカップでスプラッシュを上げ、水面で派手に泳ぐことです。 口元のカップからスプラッシュを上げつつも、左右へのウォーキング・ザ・ドッグアクションは衰えません。これにより魚の捕食本能を引き起こします。

引用元:スミス様

先生
先生
チャッグンスプークはチャギンスプークやチャグスプークなど色々な呼ばれ方をされていますが、今回は公式の名称であるチャッグンスプークて統一していきます。スーパースプークと同じく日本のフィールドにマッチしたダウンサイジング版のJr.もありますよ。もしもOSPのヤマトJr.よりもひと回り小さいペンシルポッパーを探しているならこちらがオススメです。

チャッグンスプークの構造と外見の特徴

チャッグンスプークはいったいどんな特徴を持ったルアーなのでしょうか?
外見の特徴や内部構造などからどのようなアクションをするとポテンシャルを発揮出来るルアーなのかを掘り下げてみます。

ラインアイの角度

チャッグンスプークのラインアイ下向きにセッティングされていて、ドックウォークアクションを容易にする作りになっています。

アゴの形状

アゴの形状はこのルアーの特徴でもある小さなカップを備えています。しっかりと水を掴みますが、想像以上にカップの容積は小さく、カップで掴み切れなかった水はアゴの下方向へ流れます。アゴの下方向は水の抵抗を逃がしやすい形なので、強いロッドワークでアクションさせても余計な力は逃げてしまい、良くも悪くも一定のスライディングアクションになってしまいます。

浮き姿勢

王道の形状をしたペンシルポッパーには珍しく、浮き姿勢はほぼ水平に近い浮き姿勢になっています。
トータルで見るとドックウォークアクション自体はやりやすい構造になってはいますが、カップの影響もあってアングラーのロッドワークにレスポンス良く反応し、多彩なアクションが出来るペンシルポッパーとは言えません。オリザラやスーパースプークとは違い、小技が効き難い一面があります。

チャッグンスプークの特徴と長所

ここではチャッグンスプークが持つ大きな特徴を3つに絞ってご紹介します。
それぞれのルアーが持つ特徴や長所、強み理解していれば、状況に応じて正確にルアーを使い分けられるようになり、より多くのバスに出会えるチャンスが広がります。

カップが作り出すスプラッシュ

チャッグンスプーク最大の特徴でもあるカップはポップ音を出すためのものではなく、ドックウォーク時に水をはじいてスプラッシュを作り出すためのものになっています。

このスプラッシュが何とも絶妙なアピール力を持ったスプラッシュで、効率良く広範囲のバスにアピール出来る上に近くのバスを驚かさない強さになっています。

スーパースプーク譲りのラトルサウンド

チャッグンスプークはスーパースプークと同じくラトルを搭載しています。かなり大きく鳴り響くラトル音は、アピール不足が心配されるような荒れたシチュエーションでも非常に頼りになる存在で、アピール力を売りにするチャッグンスプークには無くてはならないものと言えるでしょう。

ペンシルポッパーとは思えないワイドなドックウォーク

チャッグンスプークがとても優秀に感じる部分の一つに、王道のペンシルポッパーデザインにも関わらず、通常のペンシルベイトに負けないようなとてもワイドできれいなスライディングドックウォークが出来るというものがあります。

通常の形状をしたペンシルポッパーはポッピングを優先して浮き姿勢が垂直に近いモノが多く、ドックウォーク自体は出来るものの、タイトなドックウォークしか出来ないものが非常に多いです。その中でチャッグンスプークのドックウォークはほぼ完璧に近いドックウォークアクションであり、特筆に値すべき素晴らしい性能と言えます。

先生
先生
チャッグンスプークは様々なアピール手段を持った数少ないトップウォータープラグと言えますね。スーパースプークと同じく、標準のフックはあまり良くないので、交換してから実戦投入するといいですよ。

チャッグンスプークを使った感想と使い方のまとめ

スーパースプークの大きな特徴

・カップが作り出すスプラッシュ
・スーパースプーク譲りのラトルサウンド
・ペンシルポッパーとは思えないワイドなドックウォーク

以上の3つがチャッグンスプークの大きな特徴になります。
最大の特徴でもあるカップの影響で決して器用なルアーではありませんが、ボディサイズの割には操作しやすく、ドックウォークアクションのキレとやりやすさを考えれば、ここまで優秀なペンシルポッパーは他に思いつかないのではないかと思います。

カップから発生するスプラッシュと大柄なボディが作り出す空気を巻き込んだサイドポップ、スーパースプーク譲りのラトルサウンドとワイドなドックウォークが織りなすアクションは非常に賑やかで様々な要素が溶け込んだ独特のアピール力を持っています。

そのアピール力を活かした効果的な使い方としては、普段よりも波風が強く荒れている状況や濁りが入ってしまった場合、より広範囲をスピーディーにサーチしたい場合に効果的でしょう。その場面、場面のシチュエーションによってオリザラとスーパースプーク、チャッグンスプークを上手に使い分ければより多くのバスと出会えると思います。

先生
先生
チャッグンスプークはアピール型ペンシルベイトのスーパースプークとはまた違ったアピール力を持っています。スーパースプークでもアピール不足に思う場合はチャッグンスプークにローテーションしてみると効果的です。

以上で大柄ボディの水押しとラトルサウンド、スプラッシュの三重奏でバスを誘う名作ペンシルポッパー、チャッグンスプークのインプレッションはおしまいになります。

ペンシルポッパーとしては非常に素直でアクションもさせやすく、たくさんのアピール手段を持ったチャッグンスプークはとても優秀なルアーです。最近では色々なメーカーから様々なペンシルポッパーがリリースされていますが、とにかく釣れる反則級のペンシルポッパーが欲しいと思うアングラーさんには是非とも試してみてほしいルアーですね。

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

※詳細なカラーラインナップや価格は上記のAmazon、楽天のリンクからご確認ください。
こちらの記事もおすすめ!