バス釣りの本質集

エクスプライド1610Mインプレッション!マルチな性格で幅広い対応力が魅力の優等生ロッド!

優秀な遠投性能と素直な性格は巻きも撃ちも高次元対応!
使用率の高いウエイトをフルカバーした究極のオールラウンダー!!

「おすすめのロッドは何?」とよく聞かれる私がいつも真っ先に思い浮かべるロッドの1つがシマノのエクスプライドシリーズ。

落ち着いたコスメティックとハイエンドモデルに迫る性能でエキスパートはもちろん、初心者の方にも絶大な指示を受けるエクスプライドは必要な部分にはしっかりとコストと手間を掛け、削れる部分は思いきって削る事で高い性能とコストパフォーマンスを両立させています。その絶対実戦主義な作りは様々な面で後発ロッドにたくさんの影響を与え、その後リリースされるロッド達の一種の「基準」とされるほどのシリーズとなりました。

今回はそんなエクスプライドシリーズの中でもオールラウンダーな性格で、高い評判と人気を持つエクスプライド1610Mを実釣で使い込んできました。シマノの威信と技術を注ぎ込んだハイパフォーマンスロッドである当モデルの中でも、バーサタイルロッドの新基準とされる6.10フィートのレングスを持つこのロッド。果たしてその本質と実力はどのようなものなのでしょうか?「本当に優秀なロッドかどうか?知ってから手に入れたい。」そんな皆さんに代わって元ロッドテスターである私が実戦形式で使い込んだ素直な感想と、このロッドが持つ特性や個性をお伝えします。

エクスプライド1610Mのスペック

長さ:2.08cm(6.10ft)
継数:1本
仕舞寸法:208.0cm
重さ:110g
適合ルアーウエイト:7~21g
適合ライン:8~16LB
グリップ長:250㎜
テーパー:RF(レギュラーファーストテーパー)

エクスプライド1610Mの外観とデザインの特徴

ここではエクスプライド1610Mが持つ外観とデザインの特徴を紹介します。セパレートでセットされたコルクとEVAのリアグリップやガイドセッティングにもそれぞれ意味があり、細部に散りばめられた製作者のメッセージを読み解くことが出来ます。

全体的なデザイン

ブラックをメインに、必要最低限のコスメを施したエクスプライドシリーズ統一の外観は非常にシンプルで引き締まったイメージがあります。良い意味で主張の少ない落ち着いたルックスはどんなリールともなじみ、コルクとEVAをミックスアップしたグリップ周りは、高性能なロッドに不可欠なバランスとコストダウンを高い次元で両立させています。

先生
先生
エクスプライドシリーズの特徴でもあるコルクとEVAのミックスセッティング。実は使い心地やロッドバランス、コスト面などをハイレベルで実現させるための工夫でもあるんです。

グリップの長さ

扱いやすさや取り回し、使用感に影響するグリップ長は250㎜。やや長く感じるリアグリップは、ダブルハンドでのオーバーヘッドキャストがしやすいセッティングとなっていますが、取り回しの良さやシャープな振り抜け感、高い操作性も高次元であわせ持っています。

ブランク

ロッドの性能を大きく左右するロッドブランクは高弾性カーボンをメインマテリアルにハイパワーXで補強したブランクを採用しています。
全体的にハリを感じるブランクは非常に軽く感じ、シャープな操作性と使いやすさを両立させています。レギュラーファーストテーパーとすることで色々なルアーやリグへの適応能力を引き上げたブランクはロッドバランスも優秀。長時間の使用でも疲れにくく、集中力の続く作りはハイエンドモデルに迫るレスポンスと使いやすさを持っています。

リールシート

出典:シマノ様

マットラバーコーティングにより見た目にも高級感があるエクスプライドシリーズのリールシートは、シマノ独自の素材CI4+を使用し、どんな人でも握りやすく高強度と軽さ重視したコンパクトデザインで優秀な感度と操作性が印象的。軽く握っても力を入れやすいディテールは油断している時の不意打ちバイトもしっかり対応できる作りと言えます。

ガイド

ロッド自体の性格や性能に大きく関わるガイドはステンレスフレームにSiCガイドの組み合わせでミドルクラスの定番と言えるセッティング。軽量でキャストフィールに優れ、トラブルの少ないセミマイクロガイドを用途やテクニックに合わせた専用セッティングとする事でブランクスの性能を引き出しています。コストパフォーマンスを優先しながらも必要な部分にはしっかりとコストを掛ける所はエクスプライドシリーズがハイエンドモデルに匹敵する最大の要因となっています。

エクスプライド1610M 実釣インプレッション

テストしたルアーの一部。ここに写っているモノ以外にも様々なサイズのスイムベイトやポッパー、ジャークベイト、シャッド、ヘビキャロ、ヘビーダウンショット、大型のネコリグなどをテストしています。

エクスプライド1610M & ファーストムービング

シャープで振り抜きの良いロッド特性を持ちながらも、テーパーデザインをレギュラーファーストテーパーとする事でマイルドに仕上げたエクスプライド1610Mは、使用率の非常に高い10g(3/8oz)前後のウエイトをメインに様々なハードベイトに高いマッチングを見せます。ベストマッチとなるのはロッドスペック通り7~21g位のウエイトですが、実際には5g程度から1oz近いウエイトまで対応出来る懐の深さがあり、その実力はまさに究極のバーサタイルロッドと言えるでしょう。特に3/8~1/2ozクラスのスピナーベイトやバズベイトなどのワイヤーベイト、バイブレーションなどは非常に使いやすく感じますが、個人的には小型クランクやシャロークランクには少しハリが強く感じられます。また、6.10ftのロッドレングスはショートロッドと比べるとどうしてもアクションが雑になりがち。ペンシルベイトやポッパー、ジャークベイトなどのロッドワークでアクションをつけるタイプのハードベイトも十分対応出来ますが、ショートロッドを使う機会が多い方には少し慣れが必要かもしれません。

エクスプライド1610M & ワーミング

6.10フィートのロングレングスと高いロッドバランスを持つエクスプライド1610Mはワームの釣りでも高い汎用性とパフォーマンスを発揮します。シンカーの重さで言えば5~10g程度のテキサスリグやラバージグ、4インチくらいのスティックベイトノーシンカーやバックスライド系ワームとは相性も良く、オープンウォーターやちょっとしたカバー周りでは扱いやすいでしょう。軽量で感度も高いブランクは様々なワーミングにマッチしますが、本格的なカバー攻略ではややパワー不足を感じます。また、レギュラーファーストテーパーは使用するリグのウエイトによって少し入りすぎるところがあるので、シェイクを多用する繊細な釣りや、1610M1本で幅広い状況に対応したい場合はリグやルアーのウエイトに気を使ってあげると良いでしょう。

先生
先生
幅広いリグやルアーに対応する1610Mは非常に高い完成度を持つバーサタイルロッド。ハード、ソフト問わずアングラーのスキルに合わせ、色々な場面で活躍出来るポテンシャルは、オッカパリゲームでとても重宝します。

エクスプライド1610Mの特徴

ここではエクスプライド1610Mが持つ優れた特徴を3つご紹介します。
このロッドが持つ特性が理解出来れば、エクスプライド1610Mがどのようなロッドなのかイメージしやすくなります。

幅広いルアーやメゾットに対応する究極の汎用性!

使用率の高いウエイトを中心とした幅広いウエイト対応力と、様々なメゾットに高次元でマッチするテーパーデザイン、ダイナミックな釣りはもちろん、繊細でセンシティブな釣りにも使えるシャープさやロッドバランスを持つエクスプライド1610Mは、非常にハイレベルなオールラウンド性能が最大の特徴。スペックが上がるに連れて特化した性能が目立つバスロッドの中には、「バーサタイルロッド」と呼ばれるロッドもたくさんありますが、私達アングラーにとって一番大切なのはその対応レベルであり、ここまで色々なルアーやメゾットに高次元対応出来るロッドはなかなかありません。一本のロッドで様々な事が出来る特性は持ち運べるタックルに限りがあるオッカパリで特に重宝し、「潰し」が効く性格は皆さんの釣りを強力にサポートしてくれます。

ロングのレングスが持つ優秀なキャスタビリティー性能!

一般的なロッドと比べ、やや長めのレングスを持つエクスプライド1610Mは、キャスタビリティー性能が非常に高く、初心者からエキスパートまでストレスなくロングキャストが出来ます。6.10ftのレングスはどんなフィールドやシチュエーションでも使いやすいギリギリのレングスで、シャープでハリがあるのに良く曲がるブランクは、ウエイトを乗せればしっかりと曲がってルアーをはじき出し、遠投が苦手なアングラーでも驚くほどの飛距離が望めます。「他のアングラーよりも遠くのスポットを狙い撃てる」この特性は、ちょっとしたディスタンスが釣果を分けるタフな状況や、足場の制限があるオカッパリ、ロングキャストを生かせるビッグフィールドで高い威力を発揮します。

長さを感じさせないシャープで軽量な取り回し!

長めのロッドというのは一般的に取り回しが悪く、ロッドバランスや操作性がイマイチなモノも多いですが、エクスプライド1610Mは非常に取り回しが良く、ロングレングスなのに操作性が高いのも特徴的。ハイパワーxでロッド全体を締め上げたハリのあるブランクは、非常に軽くてシャープな使用感で、その使い心地はハイエンドモデルに匹敵する使いやすさと言えます。また、ロッド全体の性能をブラッシュアップして作られた高いトータルバランスは連続した使用でも疲れにくく、長時間釣りを続けるエキスパートやコアなアングラーからも絶大な信頼を勝ち取っています。

エクスプライド1610M実釣インプレッションまとめ

投げて巻くだけの釣りとゾディアス1610Mは最高のマッチングで、高いパフォーマンスを発揮してくれます。ワームの釣りにも対応し、まんべんなく性能を詰め込んだ仕上がりは、一本しかロッドを持てない状況でとても頼りになります。

エクスプライド1610Mと相性も抜群のリグ&ルアー
・1/4~1/2ozクラスのスピナーベイト、バズベイト
・1/4oz~1/2ozのスイムジグ、チャターベイト
・MAX1ozクラスのハネモノやトップウォーター
・MAX1oz程度のビッグベイト、スイムベイト
・バイブレーション全般
・2m~4mくらいまで潜るクランクベイト
・1/4oz以上のテキサスリグ、ラバージグ
・バックスライド系ワームによるカバー打ち
・1/4~1/2ozのヘビーキャロライナ

などなど

以上がエクスプライド1610Mと相性抜群のリグとルアーになります。

エクスプライドシリーズはハイエンドモデルに迫るスペックを持ちながらも、高いコストパフォーマンスが魅力的なモデル。その中で最も代表的なモデルである1610Mは、非常にマルチな性能で、各ルアーにへの対応力が本当に優秀。まさに究極のオールラウンダーと言える特性が最大の特徴となっています。基本性能が高く、エキスパートアングラーでも納得できる実釣性能は、持ち込むタックルに制限があるオカッパリやボートフィッシングのバックシート、遠征先のサブロッドとしても非常に有用です。

誤解を恐れずに表現すれば「どんなリグやルアーにも80点のロッド。」それがエクスプライド1610Mをストレートに表現した感想です。一定のリグやルアーに特化した性能を持つハイエンドモデルと比べればどうしても一歩及びませんが、その実力はしっかりとアングラーの期待に応える力を持っています。コストパフォーマンスと高性能をあわせ持ったバーサタイルロッドを探している方はぜひ一度エクスプライド1610Mを試してみて下さい。きっとイメージしている数段上のポテンシャルに「このロッドにして良かったな。」と思えるハズです。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


元ロッドテスターによるエクスプライド人気モデルのインプレッションはコチラ!!

エクスプライド166Mインプレッション!バーサタイル性の中に特化した性能を持つハイスペックロッド!!強めのティップセクションは掛け感重視の釣りで真価を発揮!! シャープな操作性と感度で積極的に攻めていける攻撃型ロッド! シマノの...
エクスプライド172MH実釣インプレッション!シャープさを持った重量級マキモノロッド! !シャープな特性のロングレングスは感度も高く遠投性能も抜群!! バイトをノセる設定のパワーブランクは重量級の巻物にピッタリ! ハイ...

ゾディアスもやってます!!

オカッパリアングラーの強い味方!2020 ゾディアス1610M 実釣インプレッション高いキャスタビリティーはオカッパリアングラーの強い味方! 幅広いウエイトに対応し初心者にも使いやすい特性は次世代のマルチパーパスロッド...
こちらの記事もおすすめ!