バス釣りの本質集

エクスプライド267L+実釣インプレッション!ビッグバス攻略にフォーカスしたシェイキングスペシャル!

ビッグバスを抑え込むバッドパワーと高い操作性は圧巻!!
使いやすさと基本性能のバランスがハイレベルで融合する特化型ロッド!

ハイエンドモデルに迫る実釣性能と優秀なコストパフォーマンスを両立させ、初心者からベテランアングラーまで使用率の高いシマノのエクスプライドシリーズ。

実釣に必要な性能をしっかりと抑えつつも、控えめなコスメによってコストパフォーマンスを両立させた作りは究極の実戦主義ロッドとしてエキスパートアングラーの間でも高い評価を受けています。

今回はそんなエクスプライドシリーズの中でも独特なスペックを持ち、琵琶湖をはじめとしたビックレイクの攻略に特化したシェイキングロッド、エクスプライド267L+を実釣で使い込んできました。名作と呼ばれるエクスプライド265UL+をベースにさらなるロングレングス化とハイパワー化で他のロッドには無いパフォーマンスと性能を誇るその実力とは!?使い込んだ者だけが知ることの出来るリアルな実釣性能とその感想を忖度せずに皆さんにお伝えします。

エクスプライド267L+のスペック

長さ:2.01cm(6.7ft)
継数:1本
仕舞寸法:201.0cm
重さ:97g
適合ルアーウエイト:3~12g
適合ライン(フロロ・ナイロン):3~6LB
グリップ長:220㎜
テーパー:RF(レギュラーファーストテーパー)

エクスプライド267L+の外観とデザインの特徴

ここではエクスプライド267L+が持つコスメティックや、外見の特徴を紹介します。

全体的なデザイン

無用なコスメティックを減らし、ブラックをメインにとした落ち着きのある外見は使い手や組み合わせるリールを選ばないシックなデザインとなっています。

全身をハイパワーXで強化したブランクスは非常にストイックなイメージで、強度を保持したまま前モデルよりも約10%もの軽量化を達成。直接触れる機会の多いグリップはハイグレードのコルクを使用して、シルキーなタッチ感とダイレクトな操作性を確保しつつも、置きキズなどが付きやすいエンド部分には耐久性のあるEVAを採用し、ハイブリッドグリップとする事で高性能なロッドには必要不可欠なトータルバランスとコストダウンを高い次元で両立させています。

グリップの長さ

操作性や取り回しに影響するグリップ長は220㎜。気持ち長めなデザインのグリップは絶妙なロッドバランスを保ちながらもキャスト時はしっかりと振り抜きやすい設計で、ディスタンスが必要なハイプレッシャー時や広いエリアを効率良くサーチしなくてはならないビッグフィールドでは優秀なロングキャスト性能を発揮します。また、ライトリグを軽快に操るために必要な操作性も持ちあわせた特性はシリーズ共通のハイレベルな重量配分と相まって長時間のシェイキングゲームでも集中力が続きやすく、タメの効きやすい長さはビッグバスとのやり取りでも大きな安心感と安定性を持っています。

ブランク

ロッドの性能を大きく左右するロッドブランクは高弾性カーボンをメインマテリアルにハイパワーXで補強したレギュラーファーストのテーパーを採用しています。
シリーズを通して全体的にシャープなイメージのあるブランクですが、エキサイトトップを採用し、適度にしなやかさをあわせ持ったセッティングはベースであるエクスプライド 265UL+譲り。実際に現場で微調整を繰り返しながら突き詰められたトータルバランスは、長時間の使用でも疲れにくく、たるんだラインからでもリグの状態を明確にイメージ出来るほどの高い感度はハイレベルなビッグバスハンティングを可能としています。

リールシート

リールシートは軽量で高強度のカーボン強化素材 CI4+を用いた軽さ重視のコンパクトデザイン。手の小さい方でも握りやすく、ロッド自体の軽量化にも一役買っています。使いやすいリールシートは軽く握ってもグリップ力が高く、感度と操作性が優秀なのはもちろん、マットラバーコーティングにより見た目にも高級感が漂います。

ガイド

ロッド自体の性格や性能に大きく関わるガイドはステンレスフレームにSiCガイドの組み合わせでミドルクラスの定番と言えるセッティング。軽量でキャストフィールに優れ、トラブルの少ないセミマイクロガイドを用途やテクニックに合わせてロッドごとに専用セッティングとする事でブランクスの性能を引き出しています。コストパフォーマンスを優先しながらも必要な部分にはしっかりとコストを掛ける所はエクスプライドシリーズがハイエンドモデルに匹敵する最大の要因となっています。

エクスプライド267L+実釣インプレッション

ここではエクスプライド267L+を実際に使い込んで感じたイメージや使い心地をお伝えします。

テストしたルアーの一部。この他にもダウンショットやネコリグはもちろん、ジグヘッドワッキーやノーシンカーリグなども試しています。

エクスプライド267L+&ファーストムービング

レギュラーファーストテーパーを採用し、キャスト時は軽い負荷でもしっかりと曲がり込むエクスプライド267L+は、対応するルアーウェイトの幅も広く様々なファーストムービングルアーに対応する事が出来ます。その中でもシャッドやプロップベイトなど、ただ巻きで使用するハードベイトとの相性は抜群で、軽い力でもティップが大きく入るエキサイトトップはバスのバイトが浅いシビアな状況で他のロッドには無い特性を発揮します。また、ロングキャストの効きやすいロッド特性は広いエリアをサーチしやすく、優秀な感度を持つブランクはルアーの状態がわかりやすいので、シャッドでウィードトップをていねいに探るような使い方も可能。数あるスピニングロッドの中でも特にハードベイトにマッチするロッドと言えるでしょう。

エクスプライド267L+ & ワーミング

ミドストやボトストなど、シェイキングを多用したハイレベルなワーミング・ゲームを視野に入れて作られたエクスプライド 265UL+に、さらにパワーとレングスをプラスしてビッグフィールド&ビッグバス攻略にフォーカスしたエクスプライド267L+は、ベースとなったエクスプライド 265UL+同様エキサイトトップを採用し、軽い力でもティップが大きく振れてラインスラックが発生しやすい特徴を持つ一本。ラインのたるみを操作しながらリグを自在にコントロール出来る操作性と、使用出来るリグのウェイト幅を広げ、4インチ以上のワームを使った大型のリグをストレス無く操れる特性は他のロッドには無い特徴と言えます。

また、ラインが大きくたるんだ状態でもリグの姿勢や状態がハッキリイメージ出来るほど優秀な感度を持っている部分もこのロッドが持つ大きな特徴の一つ。ジグヘッドを使ったディープレンジのスイミングメゾットはもちろん、少し大きめなトレーラーをセットしたスモラバやウェイトのあるシンカーをセットしたダウンショットなどでも生きるこの特性は様々なリグに使う事が出来ます。

先生
先生
特化した性能を持つエクスプライド267L+ですが、実は意外と守備範囲が広く様々なリグに対応するバーサタイルな側面を持っています!

エクスプライド267L+の特徴

ここではエクスプライド267L+が持つ優れた特徴を3つご紹介します。
ロッドの持つ特性をしっかり理解して使うことが道具本来の性能を引き出し、釣果を伸ばすコツと言えるでしょう。

ハイレベルなシェイキングをセミオート化するテーパーデザイン!

ベースとなったエクスプライド 265UL+同様にシェイキングスペシャルの異名を持つエクスプライド267L+はティップに「エキサイトトップ」を採用したモデル。ロッド全体でシェイキングに特化した特性は軽い力でもティップが大きく振れてラインスラックを発生させやすく、本来エキスパート向けのメゾットであるミドスト系の釣りをセミオート化してくれるので、いまいちリグの状態がイメージしにくかった中層スイミングをより身近なものへ変えてくれます。また、ライトリグというのはイメージ通りコントロールし続ける事が釣果を重ねるためのコツであり、重要な要素と言えますが、エクスプライド267L+の持つオートマチックにリグをスイミングさせてくれる特性は、長時間におよぶ釣行で集中力がとぎれやすいシチュエーションでもアングラーの負担やストレスを大幅に軽減させて質の高い中層攻略を実現してくれます。

大型のリグとビッグバスに対応するロッドパワー!

エクスプライド267L+は「対応可能なリグウェイトを高め、モンスタークラスの猛進にも動じないバットパワーを手に入れたパワーモデル。」4インチ以上の大きめなワームを使用して中層を繊細に攻略出来るスペックは他のロッドにはなかなか無い個性と言えます。

特にミドストなどに代表される中層攻略は、マスターするのが難しい分、シーズンを通して圧倒的な実釣性能を発揮するメゾットの1つですが、今までのミドストに特化した専用ロッドでは「パワー不足」を感じる場面が少なからずありました。また、通常のL~MLクラスロッドでは大きなリグの使用やパワー面でストレスは感じないものの、ティップが硬すぎるなど繊細さや操作性で不満が残る事もありましたが、エクスプライド 267L+の持つベストなパワーバランスはそのようなジレンマを一気に解消。大きめのリグをストレス無く扱える特性と様々なシチュエーションでファイトを優位に進めてくれるロッドパワーは、今までのビッグバス攻略をさらにハイレベルなものに引き上げてくれます。

高い操作性とロングキャスト性能を両立させたブランク特性

エクスプライド267L+と言えば繊細なライトリグをイメージ通り操れる高い操作性と、様々なウェイトのライトリグをロングキャスト出来る特性も魅力的な一本。琵琶湖のようなビッグフィールドでは広いエリア一帯を効率良くサーチ出来る事が非常に重要なファクターとなります。

特にミドストのようにナチュラルなアクションで食わせる力が強く、一定のレンジを広く探るような釣りではその差を大きく感じます。ライトリグをメインとするロッドとしてはやや長めの6.7フィートというレングスは、操作性と遠投性能を見事に両立させた絶妙なバランスで遠距離やディープレンジでのフッキング成功率も高く、今まで攻めあぐねていた一匹をしっかりと射程距離にとらえる事が出来る特性もこのロッドだけが持つ優秀な一面と言えるでしょう。

先生
先生
デカバス対応のシェイキング・ロッドという明確なコンセプトを持つエクスプライド267L+は一見すると非常に個性的なスペックですが、そのトータルバランスは本当に高次元!実際に使って見れば解ります!!

エクスプライド267L+実釣インプレッションまとめ

今回紹介したエクスプライド267L+はあくまでも265UL+の1ランクパワーUPバージョンという位置付け。使えるリグの幅を増やし、確実なパワーアップを果たしながらも、ベースである265UL+とほとんど変わらない使用感はさすがの一言です。

エクスプライド267L+と相性も抜群のリグ&ルアー
・小型のシャッド、巻き抵抗の軽いタイニークランク
・小型のⅠ字系、プロップベイト
・3~6インチワームのジグヘッドリグのスイミング
・2.5~5g程度のスモラバスイミング
・3~4インチワームを使用したダウンショットリグ
・4~6インチワームのネコリグ、ジグヘッドワッキー

以上がエクスプライド267L+と相性抜群のリグとルアーになります。

ULクラスではパワー不足、L~MLクラスでは繊細さが足りない・・・今までのミドストロッドではこのようなジレンマも多く、ハイレベルな中層攻略はロッドの性能不足をスキルでカバーする事が一般的となっていましたが、エクスプライド 267L+は全体的なパワーを引き上げてビッグバスにフォーカスした性能を持つシェイキングロッド。ライトリグをイメージ通り操れる繊細さと掛けたバスをしっかり取り込めるパワーを両立させた特性は「こんなロッドが欲しかった」と思っていたアングラーさんも多いのではないでしょうか?

琵琶湖のみならず、大きめなワームを使用した中層攻略はアフター以降の小規模なフィールドや野池などでも非常に有効。エキスパート達の現場の声をフィードバックし、実釣第一主義で作られたエクスプライド267L+の特化した性能は、今まで攻め切れなかったセレクティブなビッグバスを獲るための強力な武器となるでしょう。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


関連記事はこちら!!

ミドストを確実にマスターできる!釣果に差が出るタックルとおすすめロッド5選春先から晩秋まで、常にキーとなるミドルレンジ。 安定した水温と外部からの影響を受けにくいポジションは年間を通してやる気のあるバスを...
中層攻略の最終兵器!釣果が変わる最強のミドストワームおすすめ5選通年を通してセレクティブなバスに絶大な効果を誇るミッドストローリング。 「ミドスト」と呼ばれ、ひと昔前までは一部のエキスパートアン...
エクスプライド 265UL+実釣インプレッション!ミドストがかんたんに出来るようになる魔法のロッド!エキサイトトップの採用でラインスラッグの操作性はピカイチ! ミドストはもちろん様々なライトリグに対応出来るオールラウンダー! ハ...
こちらの記事もおすすめ!