バス釣りの本質集

ビッグベイト初心者におすすめ!シマノ ゾディアス175XH 実釣インプレッション

MAX2ozまで対応出来るブランクはビッグベイトゲームにうってつけ!
軽いルアーウエイトでも曲がりやすく、自重の軽いロッド特性は幅広いルアーが快適に使えるヘビーバーサタイル!!

コストパフォーマンスが高く基本性能も申し分ないシマノのゾディアスシリーズは初心者向けのエントリーモデルと位置づけされる事の多いロッドですが、その本質は50機種にもおよぶ細分化で一つ一つのモデルにある程度のバーサタイル性を持たせつつも、同時に専門性も持たせた“半特化型ロッド”と言えます。

今回はそんなゾディアスシリーズの中でもMAX2ozまでのルアーウエイトを持ち、ビッグベイトゲームの入門機種として人気の高いゾディアス175XHを実釣で使用してみましたのでゾディアス175XHを買おうか迷っている、気になっているという方向けにこのロッドはどんなロッドなのか?個人的な感想を交えてお伝えしていきます。

ゾディアス175XHのスペック

長さ:2.26cm(7.5ft)
継数:2本
仕舞寸法:192.3cm
重さ:140g
適合ルアーウエイト:14~56g
適合ライン(フロロ・ナイロン):14~30ポンド
グリップ長:280㎜
テーパー:RF(レギュラーファーストテーパー)

ゾディアス175XHの外観とデザインの特徴

全体的なデザイン

全体的にブラックで引き締まった印象に、アクセントのレッドカラーが入った外観はとてもカッコ良く、ゾディアスシリーズが人気の要因にもなっています。

グリップの長さ

扱いやすさや使用感に影響するグリップ長は280㎜でダブルハンドでの使用をメインとしたセッティングになっています。やや長めのグリップは重いビッグベイトでも正確に遠投する事ができます。

ブランク

ロッドの性能を大きく左右するロッドブランクは中弾性カーボンをメインマテリアルにハイパワーXで補強したレギュラーファーストテーパーのブランクを採用しています。軽いルアーウエイトでも良く曲がり、幅広いウエイトのルアーをストレス無くロングキャスト出来る特性は非常に使いやすく、高いバランスを持っています。

リールシート

シマノ独自の素材CI4+を使用したパーフェクションシートはコンパクトで握りやすく、とても軽量なので感度と操作性アップに貢献します。

ガイド

ゾディアスシリーズが採用し、一躍有名になったアルコナイトガイドは必要にして十分な性能を持っています。実はロッドのパーツの中で一番コストが掛かるのはガイドで、ゾディアスシリーズの高いコストパフォーマンスはアルコナイトを採用してはじめて実現できたモノだと言えます。トップガイドはSicを採用し、必要な部分にはしっかりコストをかけて高い実釣性能とコストパフォーマンスを両立させています。

先生
先生
アルコナイトはPEラインでけずれてしまうというウワサがありますが、そんなことはありません。アルコナイトに関してはこちらの記事で解説しています。
アルコナイトってどうなの?導入が心配な方に教えたい本当の性能2015年に登場したシマノの「ゾディアスシリーズ」が採用して一躍有名になったアルコナイトリング。最近では多くのエントリーモデルに採用され...

ゾディアス175XHの実釣インプレッション

当日テストしたルアーの一部。その他にもリップ付きビッグベイトやディープクランク、テキサスリグやラバージグ、ヘビキャロをテストしています。

ゾディアス175XHはビッグベイト&スイムベイトはもちろん、今ブームの大きいハネモノにも非常におすすめです。7.5ftのロッドレングスはロングキャストもかんたんで、ディスタンスが重要なビッグベイトゲームにはうってつけのスペックとなっています。スピナーベイトのバイブレーションを明確に伝えるほどの高い感度はやや重いウエイトを使用したワーミングにも対応し、テキサスリグやラバージグでのカバー打ちからヘビーキャロライナまで十分使えます。どちらかというとワーミングよりはマキモノとのマッチングが光る特性ですが、軽いウエイトでも良く曲がるブランクはファーストムービングルアーのノリも良く、PEラインを使ったフロッグゲームでも活躍します。

 

先生
先生
ゾディアス175XHはビッグベイトにフォーカスされたロッドですが、軽量で良く曲がる特性は初心者の方でも使いやすく様々なルアーに使える守備範囲の広さを持っています。ハイエンドモデルと比べれば絶対性能では負けますが、その性能はエキスパートアングラーでさえも納得できるレベルです。

ゾディアス175XHの特徴

ビッグベイト対応のロッドながら自重140gの軽量設計

ゾディアス175XHを使い、はじめに感じた特徴は何と言ってもその軽さ。ビッグベイト対応のロングレングスのエキストラヘビーロッドでありながら150gを切るその重さは一日中キャストを続けてもアングラーの負担を減らしてくれます。パワーとトルクを追求するあまり自重が重くなりがちなビッグベイトロッドにおいて、140gの自重は最も軽量な部類になり、ビッグベイトゲームやタックルの重さに慣れていない初心者には非常にありがたい特徴と言えます。

ヘビーウエイトルアーも振り抜けるしっかりしたパワー

軽いロッド=パワー不足になりがちなロッドの中で、軽いながらもハイパワーXで強化したゾディアス175XHのブランクは十分なパワーがあり、2ozクラスのビッグベイトを心配することなくフルスイング出来ます。3ozを超える重さのビッグベイトでさえスローなテイクバックでロッドの反発を上手に利用すれば余裕のあるキャストが可能。しっかりとしたパワーを持つロッドはカバー周りでのピッチング&フィリッピングゲームにも対応し、カバーに潜むビッグバスを引き出せるトルクを持っています。

軽いウエイトでも曲がりやすく、キャストしやすいテーパー

ビッグベイトに特化したロッドというのは、ビッグベイトの重さにフォーカスして作られているモノが多く、通常のウエイトルアーではロッドが十分に曲がってくれずにキャストしにくくなります。そんな中でも中弾性カーボンでレギュラーファーストテーパーのゾディアス175XHはとても曲がりやすい性格で、10g前後のウエイトがあればキャストする事が可能。様々なルアーに応用できる素晴らしい特性はビッグベイト専用機として使うにはもったいない仕上がりになっています。

シマノ ゾディアス175XH 実釣インプレッション まとめ

ゾディアス175XHにマッチするルアー

・2oz程度のビッグベイト&スイムベイト
・1/2oz以上のスピナーベイト
・本体とトレーラーの重さを含めた全体重量が1/2oz以上のスイムジグ、チャターベイト
・近距離でのカバー打ち
・1/2oz程度のシンカーを使ったヘビーキャロライナ
・フロッグ

以上が実際に使い込んでみて使いやすく、このロッドにマッチしたルアーやリグになります。

実は2万円を切る価格帯のロッドというのはエントリーモデルとして位置づけされますが、コストパフォーマンスばかりを優先してしまい性能が伴っていないロッドも多く、元ロッドテスターの立場から正直に言うと、様々なロッドを使い込んでいない初心者の方にはあまりおすすめしたくない価格帯でもあります。

その中でも今回紹介したゾディアス175XHは高いコストパフォーマンスと性能を持ち、軽いウエイトでも良く曲がる特性と感度はビッグベイトのみならず様々なルアーで使える懐の深さを持っています。

軽量で使いやすい性格は初心者にとって最初のビッグベイトロッドとして非常に優秀なだけでなく、エキスパートのサブロッドとしても使えるくらいの高い性能で皆さんをアシストしてくれるでしょう。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

ビッグベイトに関するロッドやルアーのお話はこちらをどうぞ!!

ビッグベイトロッド選ぶ前に教えたい。必要な性能と釣果が倍増するロッドスペックとは?ビッグベイトはアピール力の高い大型ルアーで広範囲をスピーディーにサーチする事ができ、サイズの大きなバスに非常に効果的なメゾットとして広く...
ビッグベイト初心者に教えたい!本当に釣れるビッグベイトおすすめ5選比較的新しいジャンルながらすでに各メーカーの主力ルアーが出そろっているビッグベイト。 今やバス釣りのメゾットとしてすっかり定着しま...

初心者の方におすすめビッグベイトロッドも紹介しています!

コスパ最高!初心者にもおすすめな高性能で安いビッグベイトロッド5選大きくてインパクトのあるルアーを大遠投し、強烈なバイトで見たこともないビッグバスをキャッチする・・・ビッグベイトゲームにはそんな魅力が溢...

 

 

 

 

 

 

こちらの記事もおすすめ!