ルアーインプレッション

メガバス SUPER-Z Z2 ルアーインプレッション

広いレンジをカバーする適応力とストラクチャーへの追従力は圧巻!
しっかりした基本性能で様々な状況に対応するハイベーシッククランク!

旧式のZ‐クランクは割と好きだったちかみやが、個人的に気になるルアーをテストして、独断と偏見でお送りするルアーインプレッションコーナー。実際に使い込んだ上でそのルアーが持つ特徴や長所などを超個人的な目線でインプレションしています。今回はメガバスのリリースしていた伝説クランクの名の下に、数年ぶりにリバイバルされたフラッグシップクランク、SUPER-Z Z2とはいったいどんなルアーなのか?その特徴と性能について解説していきます。

SUPER-Z Z2のスペック

出典:メガバス様

Length : 53.0㎜
Weight : 1/4oz
フローティング
Hook : #8×2
カラー :18色

使いやすさ
実釣性能
おすすめ度

先生
先生
日本屈指のルアーメーカーであるメガバスが自信を持ってリリースするSUPER-Z Z2。伝説のクランクとして名高いZ‐クランクの名を冠したフラッグシップ・モデルは、様々な要素をミックスアップしたハイレベルなバーサタイルクランクでした。

SUPER-Z Z2の構造と外見の特徴

ここではSUPER-Z Z2の主要なコンポーネントや内部構造などから、このルアーが持つ特徴や本来のポテンシャルをひも解いて行きます。

リップの形状

SUPER-Z Z2のリップ形状は、オーソドックスなラウンドリップとなっています。

この手のクランクとしてはやや小さめなイメージのリップは、思っている以上に効率良くしっかりと水を掴み、タイトながらピッチの早いアクションを発生させます。ボトムやストラクチャーにコンタクトする事を前提にデザインされたリップは、様々なストラクチャーやハードボトムとの相性が良いのでリップラップやゴロタなどの攻略では高い実釣性能を発揮します。

リップの角度

出典:メガバス様

SUPER-Z Z2のリップ角度は、一般的なミドルダイバーと同じくやや水平よりなリップ角となっています。ディープクランクなどではオーソドックスな設定の水平リップは優秀なダイビング性能と軽い巻き心地を両立させ、ウォブルとロールがバランスの良く入るセッティング。ラインアイはリップ中央よりもボディよりなので、リップで受けた水の抵抗をアクションに変換しやすくなっています。タイトな振り幅ながらピッチが速く、ライブリーなアクションは兄弟機であるZ1と同様で、プレッシャーの高い小規模なフィールドや野池などで抜群の性能を発揮します。

潜行レンジはMAX約2.9mと見た目よりもかなりディープな設定。ボトムコンタクトで実力を発揮するタイプのクランクとしては守備範囲も広がり、様々なシーンで活躍する事が可能です。

ボディ形状

出典:メガバス様

コンパクトながらもボリュームのあるファットボディで、高い浮力と使いやすさ両立させたSUPER-Z Z2はメガバス特有のLBOⅡを搭載し、ベイトタックルでも十分な飛距離とアキュラシーを実現しています。

コンパクトなボディのクランクでは初採用となるLBOⅡは、よりいっそうの低重心化でボディの安定感を高め、様々なリトリーブスピードでバランスを崩さずキレイにアクションします。少ない動きでしっかり重心が移動する特性はレスポンスも高く、キャスタビリティーの向上はもちろん、優秀なクランクベイトが必要とする高い基本性能を発揮するための要となっています。

SUPER-Z Z2の特徴と長所

ここではSUPER-Z Z2が持つ特徴を3つご紹介します。
それぞれのルアーが持つ特徴や長所、強み理解していれば、状況に応じて正確にルアーを使い分けられるようになるので、より多くのバスに出会えるチャンスが広がります。

ストラクチャーコンタクト時の高い直進性と追従性能!

高いボディバランスとリップデザインでストラクチャーやボトムにコンタクトしても大きくコースを外れず、タイトに攻め切る事の出来るSUPER-Z Z2は、持ち前のコンパクトなボディと相まってバスの反応範囲が狭くなるスローな状況やタフコンディションで特に強いクランクとなっています。

特にストラクチャーをなめるようにサーチする事が可能な高い追従性能は特筆モノ。しっかりと根掛かりを回避するスナッグレス性能は、本格的なシャロークランクにはかなわないものの必要十分な性能を発揮し、ストライクゾーンが狭くなりがちな低水温期やターンオーバー時など、バスがストラクチャーに寄り添ってライトリグでも口を使わないタフな状況でその実力を発揮します。

様々なリトリーブスピードに対応出来る高いボディバランス!

最新式の内部構造と高いボディバランスを持つSUPER-Z Z2は、デッド~ハイスピードまで様々なリトリーブスピードに対応し、1つのルアーで色々な状況で活躍する特性を持っています。

コンディションやその時の状況によって反応しやすいリトリーブスピードが変わるバス釣りとって、幅広い巻きスピードに柔軟に対応できる能力というのは優秀なファーストムービングルアーにとって無くてはならない性能。時として釣果を大きく左右するリトリーブスピードですが、SUPER-Z Z2は小型クランクで初採用したLBOⅡと呼ばれる最新式の重心移動システムを搭載し極限まで低重心化。他のクランクではなかなか見られない高いボディバランスは、どのような状況でもきっちりハイパフォーマンスを発揮する仕組みになっています。

タイトでハイピッチなアクションがタフコンディションに強い!

クランクベイトとしてはオーソドックスな作りながらややナチュラルよりなアクションセッティングのSUPER-Z Z2は、使用するフィールドや状況に左右されにくく、慢性的にプレッシャーの高いシチュエーションでも安定した実釣性能を発揮します。十分なアピール力を持ちつつもコンパクトなシルエットはバイトに持ち込める力も強く、フィールドの状況がタフになればなるほど他のクランクには無い強みを発揮します。

先生
先生
コンパクトなボディとタイトでハイピッチなアクションで食わせ能力が高く、ベーシックな作りながら高い基本性能を持つ特性は、現行Z‐クランクシリーズ最大の特徴と言えるでしょう。

SUPER-Z Z2の感想とまとめ

最初期のZ‐クランクはクランクというよりもシャッドに近い形状。メガバスブームが来る前の作品は単純にバスを釣るための性能を突き詰めた作品が多いのも特徴的で、決してアングラーを釣るためのルアーでは無い部分に好感が持てます。

シャロー~ミドルレンジまで広い守備範囲を持つ特性で、ボトムやストラクチャーに対するコンタクトで高い実釣性能を発揮するSUPER-Z Z2は、ミドルダイバーとしてのベーシックをとことん追求し、全性能をブラッシュアップさせた次世代のスタンダードモデルといったイメージです。後に名作と呼ばれるルアーには必須とされる別格の使いやすさと十分な実力は伝説とされるZ‐クランクの名に恥じないもの。コンパクトなボディとバイトに持ち込みやすい特徴は、ボックスに1つ忍ばせるだけで何かと役に立つお助けマン的ポジションのクランクベイトになってくれるでしょう。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


※詳細なカラーラインナップや価格は上記のAmazon、楽天のリンクからご確認ください。

クランクベイトの性能をフルに引き出せるおすすめタックルセッティングはこちら!!

クランクベイト中毒者が解説!釣果が変わる理想のクランキンロッドとは?クランクベイトは活躍するシチュエーションにあまり左右されず、年間を通して良く釣れるルアーとして非常に人気の高いルアーですね。 基本...
グラスロッドとは?そのメリットとデメリット、相性の良いルアーを完全解説!釣りを続けていると一度は聞いた事があるグラスロッドのお話。 現在主流になっているカーボン素材とは違い、様々なメリットとデメリットを...
本当は教えたくない!実釣性能がぶっ壊れたおすすめクランクベイト5選クランクベイトはバスフィッシングで使用するルアーの中でもトップクラスの人気を誇り、現在では様々なクランクベイトが市場に溢れています。たく...

 

こちらの記事もおすすめ!