バス釣りの本質集

ロッドテスターがレビューする!エクスプライド 172ML+-BFS実釣インプレッション!!

繊細なティップとロングレングスはライトリグによるストラクチャー攻略に最適!!
パワフルなロッドパワーでカバーのバスもねじ伏せる王道ベイトフィネス!

「おすすめのロッドは何ですか?」

長い間ロッドテスターをしてきた私がよく聞かれる質問ベスト3の中に必ずこの質問が入ってきますが、その時に真っ先に思い浮かべるロッドの一つにシマノのエクスプライドシリーズがあります。

落ち着いたコスメティックとハイエンドモデルに迫る性能でエキスパートはもちろん、初心者の方にも絶大な指示を受けるエクスプライドは、必要な部分にはしっかりとコストと手間を掛け、削れる部分は思いきって削る事で高い性能とコストパフォーマンスを両立させた実戦第一主義のロッド。そのストイックな作りは様々な面で後発ロッドにたくさんの影響を与え、その後リリースされるロッド達の一種の「基準」とされるほどのシリーズとなりました。

今回はそんなエクスプライドシリーズの中でもライトリグをイメージ通り操れる繊細なティップと、強靭なバットパワーを両立させ、カバー攻略に特化した正統派のベイトフィネスロッド、エクスプライド 172ML+-BFSを実釣で使い込んできました。数あるベイトフィネスモデルの中でもトップクラスのパワーを誇るこのロッドならではの魅力とアドバンテージを皆さんにお伝えします。

エクスプライド 172ML+-BFSのスペック

長さ:2.18m(7.2ft)
継数:1本(グリップジョイント)
仕舞寸法:186.8cm
重さ:122g
適合ルアーウエイト:4~18g(1/8~5/8oz)
適合ライン(フロロ・ナイロン):7~14LB
グリップ長:253㎜
テーパー:FF(エクストラファーストテーパー)

エクスプライド 172ML+-BFSの外観とデザインの特徴

ここではエクスプライド 172ML+-BFSが持つコスメティックや、外見の特徴を紹介します。
エクスプライドシリーズではおなじみのコルクとEVAのグリップメイクや、それぞれのラインナップに合わせた独自のガイドセッティング等、細部に散りばめられた様々なこだわりはこのロッドが持つ実釣性能を大幅に引き上げています。

全体的なデザイン

ブラックをメインに、必要最低限のコスメを施したエクスプライドシリーズ統一の外観は非常にシンプルで引き締まったイメージがあります。良い意味で主張の少ない落ち着いたルックスはどんなリールともなじみ、コルクとEVAをミックスアップしたグリップ周りは、高性能なロッドに不可欠なトータルバランスとコストダウンを高い次元で両立させています。

先生
先生
評価の分かれるエクスプライドシリーズ共通のコルクとEVAのミックスセッティング。実は使い心地やロッドバランス、コスト面などをハイレベルで実現させるための工夫でもあるんです。

グリップの長さ

扱いやすさや取り回し、使用感に影響するエクスプライド 172ML+-BFSのグリップ長は253㎜。7.2フィートのロングレングスから考えると少し短く感じる設定ですが、ピッチングやフィリッピングなど、比較的近距離で正確なキャストが要求されるカバー攻略では非常に取り回しが良く、ロッドの長さを感じる事なくアキュラシー精度の高いキャストが可能となっています。また、ロッド全体で作り出しているトータル面での絶妙なセッティングはダブルハンドでの遠投もやりやすく、本来ならば相反するはずの要素を高いレベルで実現しています。

ブランク

ロッドの性能を大きく左右するロッドブランクは、高弾性カーボンをメインマテリアルにハイパワーXで補強したシリーズ共通のブランクを採用しています。
全体的にハリを感じるブランクは非常に軽く、ベイトフィネスロッドに必要な高い操作性と感度を両立して軽量なリグへの高い対応力が印象的。また、シリーズ共通の優秀なロッドバランスは、長時間の使用でも疲れにくく設計されており、ハイエンドモデルに迫るレスポンスと使いやすさはエクスプライドが絶対的な人気を誇る理由の1つと言えるでしょう。

リールシート

マットラバーコーティングにより見た目にも高級感があるエクスプライドシリーズのリールシートは、シマノ独自の素材CI4+を使用し、性別や手の大きさに関わらずどんな人でも握りやすく高強度と軽さ重視したコンパクトデザインで優秀な感度と操作性が印象的。長時間の使用でも疲れにくく、軽く握っても力を入れやすいディテールは油断している時の不意打ちバイトもしっかり対応できる作りと言えます。

ガイド

ロッド自体の性格や性能に大きく差が出るガイドセッティングはエクスプライドシリーズ統一のステンレスフレームにSiCガイドの組み合わせ。ライトリグの操作性を引き上げるベイトフィネスシリーズ独自のマイクロガイドセッティングは軽量でキャストフィールに優れ、ブランクスの性能を引き出しています。コストパフォーマンスを優先しながらも必要な部分にはしっかりとコストを掛ける所はエクスプライドシリーズがハイエンドモデルに匹敵する最大の要因となっています。

エクスプライド 172ML+-BFS実釣インプレッション

テストしたルアーの一部。ここに写っているモノ以外にもキャロライナやヘビーダウンショット、ライトテキサスなど様々なハードベイトとリグをテストしています。

エクスプライド 172ML+-BFS & ファーストムービング

カバー攻略にフォーカスしたエクスプライド 172ML+-BFSはライトリグを繊細に操るための思い切ったファーストテーパーが特徴的。少しピーキーさを感じるティップセクションはベリーまでしっかりとしたハリとパワー、トルクを兼ね備えているので正直なところファーストムービングに向いているロッドとは言えません。

しかしながらリフト&フォールを多用し、ラインスラッグのコントロールやたるんだラインからちょっとした違和感を感じ取る事が必要とされる軽めのメタルバイブレーションや、スピンテールジグのようなハードベイトに対しては非常に有効な一面を持っています。他のベイトフィネスモデルよりも長いレングス設定と太いラインも使える特性は、キャスタビリティー性能も高く無理も効きやすいため、通常のタックルではストレスを感じるような1ランク小さくて軽い同種のルアーをストラクチャー周りで使いたい場合、特に威力を発揮してくれます。

エクスプライド 172ML+-BFS & ワーミング

7フィートを超える非常に長いレングス設定ながら、ライトリグに必須とされる操作性とシャープさ、カバー周りでも無理が効くパワーを有するエクスプライド 172ML+-BFSは、カバー攻略で多用される事の多いネコリグやスモラバはもちろんの事、ノーシンカーリグやヘビーダウンショット、ライトウエイトのテキサスリグなど様々なリグに対応します。特にこのロッドが主戦場とするカバー攻略ではピッチングやフィリッピングなど比較的近距離でのキャストモーションが多くなりますが、実質4g程度のウエイトがあればイメージ通りにカバーを攻め込める特性は他のベイトフィネスロッドには無い大きなアドバンテージと言えるでしょう。長めのレングスはストラクチャーへのアプローチ精度を高め、よりイージーなカバー攻略を可能としてくれていますが、7.2フィートのロングレングスはキャスタビリティー性能も優秀で、キャロライナリグやスプリットショットなど遠投を必要とするリグでもその実力を引き出してくれる一面を持っています。

エクスプライド 172ML+-BFSの特徴

長めのレングスはカバー周りでのゲームを優位にしてくれるほか、優秀なキャスタビリティー性能を活かしてプレッシャーの掛かり切ったオープンウォータゲームでも高いディスタンスアプローチでその実力を発揮してくれます。

ここではエクスプライド 172ML+-BFS実際に使用して感じた、優れた特徴を3つご紹介します。それぞれのロッドが持つ個性や特性が理解出来ればその実力をより引き出しやすくなります。

カバー攻略にフォーカスしたトップクラスのパワー&レングス設定!!

7フィートを超えるロングレングスに、数あるベイトフィネスロッドの中でもトップクラスのパワーを内包したエクスプライド 172ML+-BFSは、ベイトフィネスでは王道とも言えるカバー攻略に特化した特性を持つ1本。ピッチングやフィリッピングでの近距離戦にフォーカスしたロングレングス設定は、ピッチ&フィリッピングでの攻略範囲(射程距離)が伸びるだけでなく、より直角にカバーへアプローチ出来るので必然的に突破能力も上がり、ディスタンスを取った繊細なカバー攻略を可能としてくれます。また、ベリーからバットまでにかけて、鋭く立ち上がるようなパワーとトルクは非常に力強く安心感は十分。しっかりとロッドを立てておくだけでカバー内のバスを抑え込む特性は圧倒的なアドバンテージをもたらしてくれます。

軽量なリグも自在にコントロール出来る高い操作性!

全体的にパワフルな特性のブランクとは裏腹に、シャープなティップセクションを持つファーストテーパーブランクに、マイクロガイドを独自セッティングしたエクスプライド 172ML+-BFSは、軽量なライトリグをイメージ通りに操作出来るアグレッシブなコントロール性能が特徴的。通常のタックルではちょっと扱いにくい軽量リグを中心に、様々なウエイトのリグに対応し、リグの細かいコントロールが難しいとされるロングロッドながら、ラインスラッグの重さまでもリニアに伝える高い感度と操作性は、1匹が遠いタフなコンディションほどその実力を発揮します。

優秀な遠投性能と取り回しの両立!

カバー攻略に特化した性能を重視した結果、ライトリグに焦点をあてたロッドとしては7フィートを超える思い切ったロングレングス設計となっているエクスプライド 172ML+-BFSは、長尺設計ながらもライトリグメインのロッドらしい高い操作性と優秀な取り回しの両立が大きな特徴の1つと言えます。ロングレングスのロッドと言えば、特化した性能を持つ反面、取り回し性能や操作性をどうしても犠牲にしてしまいがちですが、このロッドは、トータルでの重量配分やグリップの長さなど様々なパーツや工夫を煮詰めたセッティングでハイエンドモデルに匹敵する実釣性能を引き出しながらも長時間の使用でもストレスを感じにくく集中力が続きやすい作りが特徴的。丁寧なアプローチがカギを握る近距離のカバー打ちで思い描いた通りに取り回せるスペックは、初心者からエキスパートまで使い手を選びません。

エクスプライド 172ML+-BFSインプレッションまとめ

2kgを超えるバスとのやり取りでも十分にアドバンテージを感じるパワーとライトリグを自在に操れるハンドリング性能を持つエクスプライド 172ML+-BFSは、数あるベイトフィネスロッドの中で、最もカバー攻略に特化したモデルと言えます。

エクスプライド 172ML+-BFSと相性抜群のリグ&ルアー
・3~5インチ程度のネコリグ
・総重量5~7gのスモラバ
・2.5~5gシンカーを使ったダウンショットリグ
・5g前後のテキサスリグ、フリーリグ
・3~4インチ前後のノーシンカー
・3~5g程度のシンカーを使ったキャロライナリグ

以上がエクスプライド 172ML+-BFSと相性抜群のリグとルアーになります。

最近では小型ハードベイトに特化したり、スピニングタックルの代用としてなど様々な用途に派生したベイトフィネスですが、本来はPEラインを用いたパワーフィネスでも太刀打ちできない様なシチュエーションで結果を残すために生まれてきたタックル。フロロラインを使ったベイトタックルならではのパワフルなセッティングは、テトラの穴打ちやレイダウンの最奥などラインの擦れが命取りとなる場面でその実力を発揮します。そんなベイトフィネスロッドの中でも長いレングスと十分なパワーを備えたエクスプライド 172ML+-BFSは、何よりもカバーやストラクチャー攻略にフォーカスし、特化したからこそ生まれたベイトフィネスの王道を極めた存在と言えます。ややオーバースペックとも感じ取る事の出来る振り切ったブランク設定は、オーソドックスなテキサスリグや直リグでは獲ることの出来ないバスの多さをきっと皆さんに教えてくれるでしょう。

スピニングタックルで扱うようなライトリグで一級とも言えるゴージャスなカバーを大胆に攻略出来る事の圧倒的アドバンテージを、ぜひ皆さんもこのロッドを通して体感してみてください。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


ベイトフィネスロッドを選ぶ時のコツと具体的なタックルセッティングはこちら!!

釣果につながるベイトフィネスタックルおすすめの使い方とは?近年ではベイトリールの革新的な進化によってベイトフィネスが一般的に浸透してきました。一昔前と比べ、かなり高性能なリールが増えてきたおかげ...
ベイトフィネスタックルのおすすめな使い方 その1 カバー攻略特化型今回はベイトフィネスの基本でもあるカバー攻略に特化したベイトフィネスのメリットや使い方、おすすめのタックルを紹介、解説していきます。 ...
ベイトフィネスタックルのおすすめな使い方 その2 操作性重視型 ベイトフィネスタックルのおすすめな使い方 その2 操作性重視型 前回に引き続いて今回はベイトフィネスの主流の一つである操...
巻物特化型ベイトフィネスのメリットとタックルテンプレート 巻物特化型ベイトフィネスのメリットとタックルテンプレート 小型プラグでベイトタックルを使用出来るというのはたくさん...
こちらの記事もおすすめ!