ルアーインプレッション

エバーグリーン コンバットクランクフラットサイド ルアーインプレッション

アメリカのウッド製クランクをインジェクションで再現⁉
フラットサイドの基本を詰め込んだ珍しいミドルダイバー!

フラットサイドクランクにはウルサイちかみやが、個人的に気になるルアーをテストして、独断と偏見でお送りするルアーインプレッションコーナー。実際に使い込んだ上でそのルアーが持つ特徴や長所などを超個人的な目線でインプレションしています。今回はエバーグリーンがリリースするめずらしくミッドダイバーのフラットサイドクランク、コンバットクランクフラットサイドの実力と特徴を解説していきます。

コンバットクランクフラットサイドのスペック

Length : 60.0㎜
Weight : 12.0g
フローティング
Hook  :フロント#4 リア#6
カラー :14色

先生
先生
海外産ウッド製フラットサイドクランクの中には、高い潜行能力を持つダイビングモデルがいくつか存在しますが、国産でミドルレンジ対応のインジェクションフラットサイドクランクとなると、今回紹介するコンバットクランクフラットサイドくらいしかありません。

コンバットクランクフラットサイドの構造と外見の特徴

ここではコンバットクランクフラットサイドの主要なコンポーネントや内部構造などから、このルアーが持つ特徴や本来のポテンシャルをひも解いて行きます。

リップの形状

コンバットクランクフラットサイドのリップ形状は立派なコフィンリップとなっています。

かなりワイドで大きめなリップは、フロントフックをカしっかりカバーするのでスナッグレス性能も高くオダや倒木、スタンプなどの沈み物にめっぽう強い性質があります。

リップ自体は大きいのでしっかりと水を受けますが、ボディの設計が積極的に水を逃がす設定なのでアクションは意外なほど大人しく、ややタイトなセッティングになっています。

リップの角度

出典:エバーグリーンインターナショナル様

コンバットクランクフラットサイドのリップ角度はダイビングモデルらしく水平に近いセッティングとなっています。クランクベイトの基本アクションでもあるウォブリングよりもロールが強くなるこの設定は、主にディープクランクによく見られ、高い潜行能力を持ちながらも引き抵抗を軽くする効果があります。

潜行レンジは1.5~2.5m程度とされていますが、実際には12lbラインで3m近く潜ります。太いラインを使ってもしっかりと潜る設定はカバークランクとしてしっかりと設計されている証拠でもあります。

ボディ形状

出典:エバーグリーンインターナショナル様

コンバットクランクフラットサイドのボディ形状は極端なフラットサイドボディが目を引くデザインとなっています。非常に薄いボディ設計のため浮力はそれほど高くありませんが、内部に搭載されるマグネット式のタングステン重心移動システムはフラットサイドクランクの弱点であるキャスタビリティーを大きく改善しています。

先生
先生
内部にこれほど大掛かりで複雑な重心移動システムを備えるフラットサイドクランクはかなり珍しいと言えます。インジェクション成形だからこそできる特権ですね!

コンバットクランクフラットサイドの特徴と長所

ここではコンバットクランクフラットサイドが持つ特徴を3つご紹介します。
それぞれのルアーが持つ特徴や長所、強み理解していれば、状況に応じて正確にルアーを使い分けられるようになるので、より多くのバスに出会えるチャンスが広がります。

カバーや沈み物全般に強いスナッグレス性能!

大型のコフィンリップでストラクチャーに強い特性を持つコンバットクランクフラットサイドは、カバークランクとしての能力がとても高く、特に沈み物やボトム変化に強い性質を持っています。

通常であればキャストをためらってしまうような、これらのカバーや地形変化を根掛かりの心配なく大胆に攻め込めるということはそれだけ釣果に直結しやすくなり、優秀なカバークランクには無くてはならない必須の性能と言えます。

本格派フラットサイドクランクながらミドルレンジ設定!

冒頭部分でも少し触れましたが、フラットサイドクランクながらミドルダイバー設定のコンバットクランクフラットサイドはかなり珍しいクランクと言えます。

海外産のウッド製フラットサイドの中には、ミドルダイバー設定のフラットサイドはいくつかありますが、インジェクション成形のフラットサイドでミドルレンジ特化のモデルとなると、現行モデルではコンバットクランクフラットサイドくらいしかありません。

フラットサイドの利点の一つに、タイトなアクション設定による高いバイト誘発力があります。通常のクランクベイトにはないこの特徴は、年間を通し安定してバスをストックする2~3mレンジとの相性が抜群。フラットサイドの特性を活かしてプロダクティブゾーンを攻略できるスペックは、コンバットクランクフラットサイドだけが持つ唯一無二のメリットとなっています。

ミドルダイバーフラットサイドながら優秀なキャスタビリティー!

フラットサイドクランクはキャスタビリティー性能の低い、飛ばないルアーというイメージが強いですが、大きなリップを持つミドルレンジ対応のフラットサイドは特にその傾向が強くなります。

内部面積が小さいフラットサイドでは、複雑な内部構造を必要とする重心移動システムを搭載することが難しくなりますが、コンバットクランクフラットサイドはインジェクション成形の利点を活かして重心移動システムを搭載し優秀なキャスタビリティーを確保。必要以上のロングキャスト性能でダイビングクランクの特性をフルに引き出し、アングラーにストレスを与えません。

先生
先生
ミドルレンジを攻略できてスナッグレス性能も高いフラットサイド。それだけでも個性的と言えますね。
フラットサイドクランク、今よりもっと釣れるようになるおすすめの使い方 フラットサイドクランク、今よりもっと釣れるようになるおすすめの使い方  moriken speed bit...

コンバットクランクフラットサイドの感想と今回のまとめ

コンバットクランクフラットサイドがリリースされた時に流行っていたテネシータフィーのT3。当時はアメリカからの個人輸入が盛んで、様々な場所で優秀なウッド製クランクベイトが注目されていました。

コンバットクランクフラットサイドはミドルレンジを攻略でき、それだけでも非常に個性的と言えるでしょう。他のルアーではマネする事が出来ない特性を持つルアーというのはハマる状況は確実にあり、このルアーの価値を押し上げてくれます。

高いスナッグレス性能はとても優秀で、クランクベイトが苦手なアングラーさんでも根掛かりを気にせず攻め込む事ができ、大胆に攻めれば攻めるほど釣果が伸びる設定はヤミツキ間違い無し。想像以上にメリットの大きいフラットサイドでのミドルレンジを攻略。皆さんも体感してみてはいかがですか?

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


※詳細なカラーラインナップや価格は上記のAmazon、楽天のリンクからご確認ください。

クランクベイトの性能をフルに引き出せるおすすめタックルセッティングはこちら!!

クランクベイト中毒者が解説!釣果が変わる理想のクランキンロッドとは?クランクベイトは活躍するシチュエーションにあまり左右されず、年間を通して良く釣れるルアーとして非常に人気の高いルアーですね。 基本...
グラスロッドとは?そのメリットとデメリット、相性の良いルアーを完全解説!釣りを続けていると一度は聞いた事があるグラスロッドのお話。 現在主流になっているカーボン素材とは違い、様々なメリットとデメリットを...
こちらの記事もおすすめ!