ルアーインプレッション

エバーグリーン ピッコロ ルアーインプレッション

スモールクランクらしからぬ高いキャスタビリティーは圧巻!
レギュラークランクに近い使用感で抜群の使いやすさを持つイニークランク!

タイニークランクは個人的に得意分野のちかみやが、個人的に気になるルアーをテストして、独断と偏見でお送りするルアーインプレッションコーナー。実際に使い込んだ上でそのルアーが持つ特徴や長所などを超個人的な目線でインプレションしています。今回はエバーグリーンのリリースする本格派タイニークランク、ピッコロについて解説していきます。

ピッコロのスペック

Length : 40.0㎜
Weight : 6.4g
フローティング
Hook : EGトレブルマジック#8×2
カラー :14色

使いやすさ
実釣性能
おすすめ度

先生
先生
全長40㎜と、タイニークランクの中でもコンパクトなシルエットのピッコロ。スモールボディが特徴のタイニークランクは、複雑なギミックの搭載が難しいのでメーカーの技術力や作りこみが試されるルアーですが、ピッコロの持つ実釣性能はどれほどのものなのでしょうか?

ピッコロの構造と外見の特徴

ここではピッコロの主要なコンポーネントや内部構造などから、このルアーが持つ特徴や本来のポテンシャルをひも解いて行きます。

リップの形状

出典:エバーグリーンインターナショナル様

ピッコロのリップ形状は、通常のラウンドリップを少しワイドにしたようなリップとなっています。空気抵抗を受けにくい角度と形状のリップは、ロングキャストに貢献し、広い面で水を掴み急角度で潜行すると同時に、小型ボディとは思えないしっかりした引き感で水中やルアーの状態がわかりやすくなっていますが、アクションはイメージしているよりもタイトなアクション設定となっています。

リップの角度

出典:エバーグリーンインターナショナル様

ピッコロの持つリップの角度はどちらかというと水平気味で潜行能力を優先した設定となっています。ラインアイの位置は中央より気持ちボディに近く、リップで受けた水の抵抗をアクションに換えやすいセッティングですが、リップの付け根部分で積極的に水を逃がして適度な巻き抵抗と理想とするアクションを両立させています。

潜行レンジは約1.3~1.6m。太いラインでもしっかりと潜り、アクションする作りこみは信頼度も高く、シャローレンジのバスを効率良くサーチ出来るスペックとなっています。

ボディ形状

出典:エバーグリーンインターナショナル様

ピッコロのボディはボディ内部の空気容量を確保し十分な浮力を生み出すオーソドックスな作りのラウンド形状で内部には飛距離を出すために必要十分な量のウエイトを搭載しています。キャスタビリティーよりもアクションの「質」にこだわった内部構造はボディ最低部の1箇所に集中してウエイトを配置する固定重心型で、これによってアクションのキレが増し、デッドスロー~ハイスピードまで幅広いリトリーブスピードに対応出来る安定感を持っています。

また、複雑な内部構造を必要としないシンプルな中身は、重心移動用のレールやリブを必要としないため、ボディ内部の空気容量が増加、浮力アップに貢献し、タイニークランクには必須とされるボディに対してワンサイズ大きめの#8フックを標準装備しています。

ピッコロの特徴と長所

ここではピッコロが持つ特徴を3つご紹介します。
それぞれのルアーが持つ特徴や長所、強み理解していれば、状況に応じて正確にルアーを使い分けられるようになるので、より多くのバスに出会えるチャンスが広がります。

様々なシチュエーションで感じる圧倒的な使いやすさ!

タイニークランクとしては総合性能の高いピッコロですが、使っていて実感するのはその使いやすさ。

本来なら何かしらの「使いにくさ」があるタイニークランクですが、ピッコロにはそれがありません。クランクに求められる浮力やスナッグレス性能、リトリーブ時の使用感など、その使い心地はまさにレギュラーサイズのクランクベイトとほとんど差を感じないほど。

太めのラインを使用したベイトタックルでも扱える使いやすさは、間違いなくピッコロ最大の特徴でもあり、魅力と言えます。

タイニークランクとは思えないロングキャスト性能!

優秀なファーストムービングルアーにとってキャスタビリティーはサーチ能力に直結し、効率良くエリアを探るには必須の性能と言えますが、スモールボディのタイニークランクというのは、一般的にキャスタビリティーの低いものが多いカテゴリーです。内部スペースの理由からも大きく飛距離を伸ばすための重心移動システムを採用しにくく、アクションや浮力の問題で思い切ったウエイトを搭載することも出来ません。

しかしながらピッコロはウエイトとボディデザイン、各ボディパーツのバランスを煮詰める事でこの問題を解決し、タイニークランクとは思えないロングキャスト性能を実現。

通常のベイトタックルでも扱えるスペックは、飛ばないと言われるタイニークランクの中でも1,2を争う性能となっています。

どんなリトリーブスピードでも理想のアクションでしっかり泳ぐ!

幅広いリトリーブスピードに柔軟に対応できる能力というのは優秀なファーストムービングルアーにとって釣果を残すために無くてはならない性能と言えます。皆さんもご存知の通り、バス釣りにおいてリトリーブのスピードというのは大きく釣果を左右する重要なファクターですが、高いレスポンスと運動性能を持ち、固定重心による優秀なボディバランスを持つピッコロは幅広いスピードレンジでその実力を発揮する事が出来ます。

どんなリトリーブスピードでも理想のアクションでしっかり泳ぐこの特性は、ピッコロが様々な状況に対応出来る優秀なクランクベイトである証拠。アングラーの意思を汲み取り、バスのコンディションに寄り添える懐の深さは、より多くのバイトを引き出してくれます。

先生
先生
兄弟機であるピッコロDSと比べて長いリップは、障害物回避能力の優れ、少しタイトなアクション設定となっています。コンパクトなシルエットながら圧倒的な使いやすさとキャスタビリティーを誇る特性は、霞水系などオッカパリでシャローを重点的に攻めるスタイルで活躍します。

ピッコロの感想とまとめ

圧倒的な使いやすさと総合性能が高いピッコロは、全長こそ40㎜ですが、けっこうファットなボディで存在感のあるタイニークランクです。

通常のクランクベイトのように使え、高いキャスタビリティーは特筆すべきスペックですが、コンパクトなシルエットが武器のタイニークランクにとって、ピッコロのこの設定は本来の目的とズレたものと言えます。レギュラーサイズのクランクとタイニークランクのちょうど中間のようなボリューム感はハイプレッシャー化が急速に進む現在のフィールドで思いのほか効果があり、イメージしているよりもタイトなアクション設定はバイト誘発力も優秀。実釣性能はかなりハイレベルなクランクベイトとなっているので、即戦力のタイニークランクを探しているアングラーさんには、使っても損はないタイニークランクと言えるでしょう。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


※詳細なカラーラインナップや価格は上記のAmazon、楽天のリンクからご確認ください。

クランクベイトの性能をフルに引き出せるおすすめタックルセッティングはこちら!!

クランクベイト中毒者が解説!釣果が変わる理想のクランキンロッドとは?クランクベイトは活躍するシチュエーションにあまり左右されず、年間を通して良く釣れるルアーとして非常に人気の高いルアーですね。 基本...
グラスロッドとは?そのメリットとデメリット、相性の良いルアーを完全解説!釣りを続けていると一度は聞いた事があるグラスロッドのお話。 現在主流になっているカーボン素材とは違い、様々なメリットとデメリットを...
釣れない時におすすめ!3倍釣れるタイニークランクの使い方ルアーの中でも少し特殊なカテゴライズであるタイニークランク。 皆さんは使ってますか? クランクベイトというのは、ルアーの中で...
こちらの記事もおすすめ!