バス釣りの本質集

スピナーベイトを極めるならこのロッド!もっと釣れるようになるコツと専用ロッド5選

スピナーベイトは様々な使い方ができ、サーチ能力も高いのでとても人気のあるルアーの一つですね。上手に使いこなしている姿を見ると、とてもカッコ良く見えます。ルアーの特性上グッドサイズのバスが反応しやすく、釣れればサイズに期待が持てる部分もスピナーベイトの特徴の一つでデカバスが釣れるルアーとしての認知度も非常に高いルアーです。

ところがこのスピナーベイト。専用のロッドをあまり見かけません。ほとんどの方がバーサタイルな性格のロッドで対応していることが多く、メーカー側もあまり専用機種をリリースしていませんが、このスピナーベイトというルアーは、専用のタックルを用いて使い方のコツをマスターするともの凄く釣れるルアーに豹変することを知っていますか?

今回はスピナーベイトをもっと釣れるルアーにするためのコツとタックル、オススメの専用ロッドを紹介したいと思います。

スピナーベイト特化型ロッドに求められる性能は?

スピナーベイトロッドに求められる性能はどんなものか確認しましょう。

スピナーベイト特化型ロッドに求められる理想的な性能(3/8、1/2OZ.メイン)

・バイトをはじかず追従するソフトなティップ
・ヘビーゲージのシングルフックをしっかりとフッキングさせられるパワフルなベリー

この2点が非常に重要ですね。
さらに細かくロッドの性格を突き詰めるとロッドのアクションはファースト~レギュラーテーパー。よりレギュラーテーパーに近い方が相性が良く、ロッドのパワーはミディアム~ミディアムヘビーが最も扱いやすく感じます。基本的には巻くだけのルアーですし、トレースコースの自由度を考えるとやや長めのレングスが使いやすく、この辺りの性質を多く持ち合わせているロッドがスピナーベイトを快適に扱えるロッドになります。

スピナーベイトに特化したオススメのロッド5選

ここでは実際に使用した経験から自信を持ってオススメの出来るロッドを5つ選びました。

ノリーズHB600M – BACK HAND ACCURACY MID

このロッドはファーストテーパーですが非常にキャストしやすく、メインマテリアルに30tカーボンを使用しているためフッキング成功率もとても優秀です。まさにスピナーベイト専用機種と言えるロッドで、レングスの短さを活かしショートディスタンスで手返し良くキャストするようなシチュエーションには持って来いのロッドに仕上がっています。

3/8~1/2oz.スピナーベイトやクランクベイトなど、やや重めで引き抵抗のあるルアーをショートディスタンスで撃ち込んでいくためのロッド。引き抵抗を支える強さがありながらもキャストではしっかり曲がってくれるので、手首を回しづらいバックハンドキャストもスムーズに繰り出すことができます。粘り強さと繊細さを両立したロッドで、アシの茎を1本1本、狙えるロッドとして仕上がりました。

ノリーズHB680M – EXTRA ENERGY DRIVE MID 

こちらは先ほどの600Mよりもレングスを伸ばしてバーサタイル性能を持たせた味付けのロッドになります。レングスが伸びた分、キャスタビリティーが向上しているので600Mとは使う目的やシチュエーションで使い分けると良いでしょう。

ミディアムダイブクランクから3/8~1/2oz.スピナーベイトのロングキャスト、そしてテールスピンの落とし込みからリトリーブにまで幅広い対応が可能。ペンシルベイトやプロップベイトのロングキャスト&リッピングリトリーブ、バズベイトからスピナーベイトでの水面直下引きにまで用途は多彩。ロングロッドを使いこなせるエキスパートなら、限りなくバーサタイルなロッドに成り得ます。

 

ブラックレーベルLG LG 631MRB

こちらのロッドも非常にオススメのロッドです。メインマテリアルは中弾性カーボンでレギュラーテーパーのため、かなり理想に近いスペックを持っています。先ほど紹介したロードランナーと共通している部分も多く、ロッド自体もしっかり曲がる設定になっています。

LG 631MRBは3/8oz.はもとより、1/2oz.以上のスピナーベイトを狙い澄ましたスポットに正確に、吸い込まれるように静かに落とすキャストがいとも簡単に可能。高弾性カーボンロッドをパワーとスピードで曲げこんでリリースするキャストとは異なる、入力を抑えたスローなスウィングでもルアーウェイトをしっかり乗せてロッドがルアーを運んでくれる感覚のキャストを可能にした。まるで手首を返すだけでルアーが水面を駆けるような低い弾道で打ち込める。6’3″のレングスが丁寧なアプローチを可能にしつつ、シングルフックを掛けられるバットパワーを持ち合わせている。

 

ブラックレーベル+ 661MRB-G

こちらは以前も紹介したグラスコンポジットをメインマテリアルに採用したロッドになっています。カーボンとは違う独特の特性がとても扱いやすく、グラスマテリアルとレギュラーテーパーのおかげでクランクベイトやバイブレーションも使いやすいバーサタイル性を持っています。

1/4~5/8oz.のスピナーベイトやバズベイト、チャターベイトなどのシングルフックを有したファストムービングルアーをメインにキャストフィールはカーボン、引き心地はグラス、そしてグラス特有のあらゆるウェイト幅のルアーに適応しながら遠距離でもしっかりシングルフックを貫通させるフッキングパワーという相反する要素を可能にしたグラスコンポジットロッド。

マシンガンキャスト タイプII 661MHRB-XTQ 

最後に紹介するのはダイワの誇る最高傑作、スティーズのマシンガンキャストタイプ2になります。ミディアムヘビーパワーでレギュラーテーパー、軽くてパワーもある非常にポテンシャルの高いロッドになっています。使ってみた感想はさすがの一言で、スピナーベイトの釣りが上手くなったような気持ちになります。

ネジレ防止の最適構造X45採用で、細身の形状からは図り知れないパワーとトルクを発揮。キャスト時のネジレを極限まで抑え、ロッドのブレを発生させない抜群のキャスタビリティを実現。並木プロと3年にわたる歳月をかけ開発した、究極のワイヤーベイトスペシャルで、3/8~1oz.までのスピナーベイトやバズベイトを中心にミディアムクラスのファストムービングルアーから4mを超えるディープクランク、ライト~ヘビールアーを操るためにセッティングした究極のアクション。ポイントを狙い通りに打ち抜く運動性能を持たせるために、トップからバットまで荷重がかかればかかる程、無段階に曲っていくマルチテーパーを採用。ウィードを切ったり、硬い口のランカーにフッキングさせるためのパワーポテンシャルを秘めている。

スピナーベイトを極めるための基本タックル【リール、ライン】

スピナーベイトをより釣れるようにするためにリールとラインもしっかりと理由を持って選びましょう。

リールのギヤ比はハイギア一択

ハイギアのリールを選ぶ理由は感度が向上すること、早く巻いたときに楽なことが主な理由になります。

スピナーベイトにおいて、ルアーのバイブレーションはとても重要です。

ローギヤのリールは感度が低く、バイブレーションの異常やブレードの回転を感じ難くなってしまい、ブレードの部分にウィードなどが絡みついてブレードが回らなくなってしまうとせっかくのキャストが台無しです。スピナーベイトはアピール力が強く、ミスキャストがバスに警戒心を植え付けてしまうことがあるので、上手く泳いでいるかどうかをスピナーベイトのバイブレーションを通して感じとるためにハイギアのリールと感度はとても役に立ちます。

また、スピナーベイトはシチュエーションに応じてリーリングスピードを変化させる事が非常に重要なルアーでもあります。人間は練習を重ね、集中すればハイギアのリールでも遅く巻く事は出来るようになりますが、限界を超えて速く巻くことは出来ないのでハイギアのリールを選ぶようにしましょう。

先生
先生
リールのギア比は極端に高すぎても扱いにくくなってしまいます。7.0:1付近のギヤ比が最も扱いやすく、巻き重りも気にならないのでおすすめですよ!

ラインはフロロカーボン12~20lb.

ラインも感度を重視してフロロカーボンを選びます。スローロール時のボトム変化を感じ取るのにも役に立ち、伸びが少ないので遠距離でバイトしたバスにフッキングパワーを伝えるのにも効果的です。スピナーベイトは障害物周りやカバーの中を通す事も多いルアーなので、ラインの摩耗強度を考えてもフロロカーボンのラインが最も適していると言えますね。

先生
先生
ちかみやの知っているエキスパートアングラーはリーリング中の少しの変化を感じ、スピナーベイトを追って後ろにバスが着くと、それが分かってしまう人がいます。

スピナーベイトをもっと釣れるようにするコツ

スピナーベイトをもっと釣れるルアーにするには絶対に外せないコツが3つあります。
この3要素をしっかりと覚え、意識してスピナーベイトを使えば驚くほど釣果が変わってきます。

リトリーブスピードを意識する

スピナーベイトが釣れるルアーになるのか釣れないルアーになってしまうのかは、巻きスピードがカギになります。バスが反応しやすいスピードというのは常に変化しているので、エリアやシチュエーションで巻きスピードを変化させて反応を探る事がとても大切になります。

先生
先生
今まで同じポイントにキャストしていても全然反応が無かったのに、スピードに変化をつけたら急にバイトが多発した経験は何度もあります。それだけ巻くスピードは大切だという事ですね。

通すレンジをイメージする

通すレンジをイメージすることも非常に重要です。

大切なのは3mラインを通したい。と言った具体的なモノではなく、反応のあったレンジを集中的に通すイメージを大切にすることです。

自分なりのやり方や感覚で構わないので、「さっきバイトがあったから、もう一度同じレンジを通す」イメージを大切にして下さい。

続けていくうちにどんどん精度が向上して、本当に思い通りに狙ったレンジを通せるようになります。

必ずバスの目線より上を通す

最後の要素はバスの目線より上を通す事です。

これはスピナーベイトだけでは無く、全てのルアーに共通している事ですが、バスは自分の目線より下にある物には極端に反応が悪くなります。

しっかりと自分なりにバスのいそうな水深やポジションの予測を立てて、スピナーベイトを通してあげるようにしましょう。

最後に・・・

スピナーベイトに特化してお届けした今回の内容ははいかがでしたか?

通年を通して活躍し、時としてサーチベイトの中枢を担うスピナーベイトは使いこなす事でとても心強い味方になってくれます。その独特な容姿と形状から苦手意識を持っているアングラーさんも少なくないルアーではありますが、専用のロッドとタックルを使ってあげると飛躍的に使いやすくなるルアーでもあります。メインで使う事の多いアングラーさんであれば1セット専用のタックルを組んで、スキルアップのお供にしてみてはいかがでしょうか?

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ!