ルアーインプレッション

ダイワ T.Dミノー60SP ルアーインプレッション

小さいボディに秘められた高い実釣性能。
驚異のイト率を誇るタフコンディション時の切り札

ちかみやが、最新ルアーや名作ルアーをテストして、独断と偏見でルアーインプレッションをお送りする名作訪問のコーナー。そのルアーが持つ特徴的なルアーの構造と形状、実際に使用した感想と独自の解釈でルアーの特徴をひも解き、超個人的な目線でルアーを解説しています。今回はスモールミノーの雄、ダイワのT.Dミノー60SPにフォーカスしてみたいと思います。

T.Dミノーには95㎜と60㎜がラインナップされていますが、両モデルともコンセプトが違い、それに伴って内部構造も違うので、各モデル個別に紹介していきます。

先生
先生
今回紹介するT.Dミノー60SPは名作T.Dミノー1061の後継機になります。名機として名高い先代の魅力はしっかりと受け継がれているのでしょうか?

T.Dミノー60SPのスペック

Length : 60.0㎜
Weight : 3.5g
サスペンド
Hook : #10x2
カラー :10色

T.Dミノー60SPの構造と外見の特徴

T.Dミノー60SPの外見や内部構造などから、このルアーが持つ本来のポテンシャルを解き明かしてみましょう。小さなボディとは裏腹にしっかりとしたコンセプトが垣間見える設計になっています。

リップの形状

T.Dミノー60SPのリップ形状は横幅はないものの、縦に長いデザインをしています。この様なリップ形状は水自体は掴みやすいですが、リップに受けた抵抗はロールアクションに変換されやすくなります。

リップの角度

 

リップの角度は、通常のジャークベイトよりもやや浅い角度になっています。
T.Dミノー60SPのリップは適度な抵抗感を残した上でロール主体のアクションが強くなるように設定され、様々な小技が効きやすいセッティングになっています。
潜行深度は約1m前後。シャローエリアでもストレス無く扱いやすい性能を持っています。

ボディ形状

T.Dミノー60SPのボディ形状はアニキ分の95SPと同じく、フラット面の少ないボディ形状なので水の抵抗を受けにくい形状と言えます。スピニングタックルでの使用を前提として、あえて固定重心化している面も一貫したコンセプトを見据えたものとなっており、小さいボディながらも非常にキビキビとした泳ぎを見せてくれます。

T.Dミノー60SPの特徴と長所

ここではT.Dミノー60SPが持つ特徴を3つご紹介します。
それぞれのルアーが持つ特徴や長所、強み理解していれば、状況に応じて正確にルアーを使い分けられるようになり、より多くのバスに出会えるチャンスが広がります。

小さいボディとフィネスコンセプトによる驚異のバイト率!

T.Dミノー95SPは使いやすさやキャスタビリティー性能などの観点から重心移動システムを搭載していましたが、T.Dミノー60SPは重心移動などを廃し、固定ウエイトとすることで完全サイレント化しています。フィッシングプレッシャーが強い時や低活性のバスに、よりナチュラルにアピールすることが可能で、思い切った小柄なボディは、時としてライトリグよりも釣れるほど激タフコンディション下で驚きの効果を発揮します。

トゥイッチで見せるクイックなダートアクション

レスポンス向上を追求した固定ウエイトと、水の掴みが良いリップとの相乗効果でキレの良いダートアクションを簡単に繰り出せます。前のめりな姿勢でサスペンドすることでアクションに対する初動が早くなり、短いプロダクティブゾーンでも効率良くアピール出来ます。

控え目でナチュラルなアピール力

T.Dミノー60SPは通常のラウンドボディ+ロールアクションがメインなのでアピールも水押しも控え目です。アクション設定は全体的にナチュラルで、その特徴が小さいボディと相まって、他のルアーではマネの出来ない実釣性能を誇ります。T.Dミノー60SPはただ小さいから釣れるというワケではありません。

先生
先生
T.Dミノー60SPはしっかりとした基本性能を持っていて、ハードベイトながら食わせに特化した独特の性能をもっています。その小さいボディはタフコンディションに強く、他のルアーでは反応が得られない状況でも活躍する事が出来ます。

T.Dミノー60SPを使った感想と使い方のまとめ

小さいボディに秘められた高い実釣性能。驚異のバイト率を誇るタフコンディション時の切り札!T.Dミノー60SPのルアーインプレッションは以上でおしまいとなります。今回のまとめとして、もう一度このルアーの特徴を振り返ってみましょう。

T.Dミノー60SPの大きな特徴

・小さいボディとフィネスコンセプトによる驚異のバイト率!
・トゥイッチで見せるクイックなダートアクション
・控え目でナチュラルなアピール力

この特徴を理解して有効なシチュエーションで使ってあげるようにすれば、より効率良く釣果を伸ばすことが出来ます。

T.Dミノー60SPは基本性能がしっかりとしているのはもちろん、その最大の特徴である小さなボディには驚異的な実釣性能が秘められています。バスのみならず、様々なターゲットに対しても効力を発揮するフィネスと食わせに特化したコンセプトは高い完成度を誇り、キラーベイトとしての役割を十分果たしてくれる実力を持っています。

「小さいルアーなんてみんな同じだろ?」そう思っている方にこそ試してほしいミノーと言えますね。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


※詳細なカラーラインナップや価格は上記のAmazon、楽天のリンクからご確認ください。

ジャークベイトの使い方やオススメのタックルセッティングはこちら!!

バスが湧く!釣れるジャークベイトの基本とコツ、使い方を徹底解説!!本場アメリカではクランクベイトやスピナーベイトと並び、最もポピュラーなサーチベイトであるジャークベイト。 ハードベイトにしては中層...
釣れるジャークベイトロッドの選び方とおすすめのタックルセッティング一定のレンジてステイさせる事が出来るジャークベイトは低水温期やタフタイムにクオリティーの高いバスをバイトまで持ち込める方法として有名です...
こちらの記事もおすすめ!