バス釣り初心者おすすめ

バス釣り おすすめの最強ナイロンライン3選

前回のフロロカーボンラインに引き続き、今回はちかみや的おすすめナイロンラインのご紹介をしたいと思います。昨今ではフロロカーボンラインやPEラインなど、後発のマテリアルにシェアを拡大されてしまい、少し脇役的なポジションに甘んじているナイロンラインですが、ちかみやがバス釣りを始めた頃はみんなナイロンラインでした。この記事ではナイロンラインにこれからの挑戦したいと思ってる方や、バス釣りを始めたばかりでどのラインを選べば良いかわからない初心者の方にもわかりやすいように簡単なメリットとデメリットを織り交ぜながらナイロンラインの選び方やこの商品を選べば間違いないというちかみや太鼓判のナイロンラインを3つに絞ってご紹介します。

今回はナイロンラインですね。あまり使ったことがありません。
先生
先生
ラインもロッドも適材適所です。先ずは特性やメリットを理解して使い分けを覚えましょう。

ナイロンラインの特性とメリット、デメリット

ここではナイロンラインの簡単な面を紹介します。ナイロンラインの特性を良く理解して他のラインと使い分けるとより一層釣りの幅が広がります。

ナイロンラインの特性

ナイロンラインは他のラインと比較して非常に伸縮性に優れ、水の比重より軽い事からペンシルやポッパーなどのトップウォーター系のルアーと相性が良いです。特に小型のトップウォータープラグでは他のラインではまともにアクションしないなんてこともしばしばある程です。

ナイロンラインのメリット

ナイロンラインは適度なハリと柔軟性と伸縮性を併せ持ってるため、他のラインと比べて圧倒的にトラブルの少ないラインになります。そのため、初心者の方にとってもおすすめなラインと言えるでしょう。コスト面でも他のラインよりかなり安いというのもナイロンラインのメリットとなります。ナイロンラインがその最大の特徴でもあるしなやかさ、柔らかさを発揮するのはラインが水分を十分に吸水した時です。意図的にラインを水面に出してしっかり吸水させてあげると巻きグセも弱まって極端にトラブルの少ないラインになるので、ナイロンラインを使用する上で覚えて置くと役に立つ豆知識になります。

ナイロンラインのデメリット

ナイロンラインは比重が軽く伸縮性が高いため、感度が落ちやすいです。そのため、ボトムの形状変化や沈み物などを探るライトリグやキャロライナ系のリグではボトム変化などの情報がわかりづらくなり、十分な情報を把握するのに余計に時間が掛かってしまいます。またナイロンラインは吸水性が高く紫外線による劣化も早いというデメリットが存在します。さらに根ズレなどに対する耐摩耗性もフロロと比較すると低いのでカバー撃ちやストラクチャーをタイトに攻めるような場合にはナイロンラインのチョイスは控えた方が無難でしょう。ラインチェックもこまめに行う事をおすすめします。

しなやかで柔らかくて水に浮く!トラブルが少ないから初心者におすすめなんだね!
先生
先生
ファーストムービング系のルアーとは相性が良いですね。特にショートバイトが多発する状況下ではナイロンラインに変えるだけで結果が変わったりします。

ナイロンラインを選ぶ際に重視したい性能

ラインを実際に使用して試す際にこの性能はチェックしたいと思うポイントを3つご紹介します。ちかみやがナイロンラインを選ぶ際に重要視しているポイントです。

ラインの伸縮性

ナイロンラインは実に多種多様な製品があります。それぞれのラインはそのメーカーのコンセプトなどに影響されて同じナイロンラインでもかなり性格が異なり、その中でも特に顕著なのがラインの伸縮性についてです。各メーカーによって出来るだけ伸びの少ないナイロンラインの開発や耐摩耗性を強化したフロロのようなラインも存在しますが、ちかみやは適度に伸縮性のあるラインを使用するようにしています。ラインの伸縮性については個人の好みになるので、自分で使用してみて使いやすいと思えるラインを選びましょう。

劣化した時の強度と性能の変化

フロロカーボンラインの時と同じ項目になりますが、ナイロンラインにおいても、これは非常に重要な要素です。ラインは摩耗などが無くても少しずつに劣化してしまいます。特にナイロンラインはフロロカーボンラインと比べて吸水性が高くラインの劣化が早い欠点があるので他のラインと同じくラインに巻きグセがついたり、透明なラインが白く濁り始めたら、注意が必要です。

コストパフォーマンス

こちらもフロロと同様の項目ですね。ラインが消耗品である以上、コストパフォーマンスも無視できない要素になります。特にナイロンラインは他のラインと比べ吸水性が高く劣化も早いので、より頻繫にラインの交換をする必要があります。コスト面で他のラインよりも優れているラインではありますが、ランニングコストも出来るだけお安い方が助かると言うのが本音になると思います。

おすすめナイロンライン3選

ここでは私や仲間たちが現在も愛用しているおすすめのナイロンラインを3つご紹介します。ラインの基本で選択肢の非常に多いナイロンライン。その中でも高い使用率と長期に渡って愛されるのにはちゃんとした理由があります。

おすすめラインその1 サンライン Shooter マシンガンキャスト

最初にご紹介するのは皆さんご存知マシンガンキャストになります。ナイロン版FCスナイパーと言っても過言ではくらい皆さんの使用率が高いですね。今市場に出回っているマシンガンキャストは3代目になりまして、累計で15年もの販売期間になります。ちかみやもメインラインとして使ってますが、使ってみた感想は根ズレに強く高感度、適度に柔らかくてキャスタビリティーも良い。まさにナイロンラインとしての欲しい性能が高次元でバランス良くミックスされたラインと言えます。さらに20lb以下のラインであれば150m巻で半分の75mにシールマーキングされているのもユーザー思いでポイント高いです。

先生
先生
世界のT.NAMIKI監修。使用率の堂々の1位というスーパーナイロンラインです。

以下、メーカーサイトより引用します。

1日何百~何千回のキャストは激しくライン表面へのダメージを与えます。サンラインが誇る最新テクノロジー技術プラズマ処理を施した「P-Ion」加工をすることで表面を改質し強靱な表面を持ちフロロと思わすほどの耐久性アップを感じさせます。さらにガイドから出るラインの放出感はまるで無抵抗に感じるほどアップ。スムーズに出て行くラインはわずかなブレも無くなりピンポイントに狙い撃つことができます。

おすすめラインその2 バウオ®スーパーハードポリアミドプラス

このラインは各ポンド毎に最適なしなやかさと強度を設定している手の込んだラインになってます。使用感はフロロカーボン並みの高感度と耐摩耗性、操作性を兼ね備えています。ラインカラーは最もバスに警戒心を与えないと言われている「ウォーターメロン・ライトフロールセント」というカラーになっていますが、これはどんな背景にも溶け込むけれど空中では淡い紫色に見えるという優れもの。水上での視認性が大幅に良くなっていて、使い勝手の向上に一役買っています。このカラー変化はとても面白いので1度試してみるのも良いかと思います。

このライン、水中と水上で色が変わるんですね。面白いなー

以下、メーカーサイトより引用します。

水面系千鳥ルアーに最適!高強度、低伸度ナイロンライン。バイトを誘発する奇跡の千鳥アクションを水面で発生させる為に、比重が軽くてしなやかでルアーの動きを妨げないナイロン100%のスーパーハードポリアミドプラスが最適。フロロカーボン同等の表面耐久力を持ち、ローストレッチ、高感度高強度設計。軽くしなやかでありながら、使用感はフロロカーボンクラス。75mマーキング入り。

おすすめラインその3
APPLAUD GT-R SUPER GT-R

最後に紹介するのは村田基さんでお馴染みのSUPER GT-Rになります。

ちかみやも少年時代から今現在も非常にお世話になっているラインです。ご本人に何度かお会いしたことはありますが、当時バス釣りをしていた私たちの世代にとって村田さんはヒーローだったので、少しでも近づこうと少ないおこずかいを使ってこのラインを購入したことを今でも憶えています。

使用した感想としては「これぞナイロンライン」といった感じです。非常にしなやかで柔らかく、伸びのあるラインですが想像以上にスレなどの摩耗に強く、この特性は初心者の方に大変おすすめです。名作はいつまでも色あせない。そんなことを再認識させてくれるとっても優秀なラインです。

村田基さんでお馴染みのラインが登場ですね。メディアで使っているのを見たことがあります。
先生
先生
ちかみやは少年時代、このラインにはお世話になりました。

GT-Rシリーズの完全耐摩耗モデル
● 対摩耗集合体構造により驚異の耐摩耗性(通常の20倍以上)を実現
● スレ・キズに強い外周部と超強力な中心部により完成されたハリとコシ、操作性をアップ
● 高精度キャスティングと飛距離アップを実現させた、驚異のスベリ。

おすすめナイロンラインのまとめ

ナイロンラインの水に浮く性質はトップウォータープラグのアクションを引き出すのに欠かせないもので、PEラインとは違った滑らかでライブリーなアクションが特徴です。

長々と説明をしてきましたナイロンライン。冒頭でも話ましたが、最近では影も薄くなりなかなかメインで使われることも少なくなってしまいました。それでもナイロンラインが完全に淘汰されない理由は、やはりナイロンラインには他のラインに無いメリットがたくさんあるからだと思います。ちかみやも最近はフロロやPEといったラインの使用率が増えてナイロンラインがおざなりになっていましたが、今回の企画で実際に使用して改めてナイロンラインの良さを再認識しました。これを機に人にも優しいナイロンラインの素晴らしさをもう一度見つめ直してみようと思います。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

バス釣り 高性能で高強度!最強のフロロカーボンラインおすすめ3選バス釣りで非常に需要な役割を持つライン。皆さんはどんなラインを使っていますか?どんなに良いロッドを使っても、どんなに良いリールでも、ライ...
バス釣り おすすめの最強PEライン3選とPEラインのメリット、デメリットおすすめライン3部作最後の紹介は第三のライン、PEラインの紹介をしたいと思います。PEラインの登場でルアーフィッシング界はもとより、釣り...
バス釣り ラインのおすすめな選び方 高いラインと安いライン、性能の違いとメリット、デメリット皆さんがラインを選ぶ時の基準は何でしょうか?信頼性?それともコストパフォーマンスですか?バス釣りには多種多様なラインがリリースされている...
こちらの記事もおすすめ!