バス釣りの本質集

バス釣りガチ勢による21 コンプレックスXR 長期使用インプレッション!

シマノがリリースする数あるスピニングリールの中でもバスフィッシングにフォーカスして作られたコンプレックスシリーズ。コストパフォーマンスに優れながらも、道具として高い性能を兼ね備えた作りはまさにアングラーの味方と言えるでしょう。また、実釣性能の高いスピニングリールに求められる回転の軽さと操作性、そして感度の3要素に特化し、チューンナップした戦闘能力はハイエンドモデルに勝るとも劣らない実力で、初代モデルがリリースされて以降、様々なシーンで注目を集めています。今回はそんなコンプレックスシリーズが誇る最新モデル、21 コンプレックスXRについて、長期間使い込んだ私なりの長期間使用インプレッションをご紹介します。

先生
先生
初心者から上級者まで、圧倒的なコストパフォーマンスとケタ外れの完成度で高い人気を誇る21コンプレックスXR。実釣第一主義にこだわったその作りと仕上がりは想像以上です!

21 コンプレックスXR C2000F4 HGのスペックと外観

ここでは21 コンプレックスXR C2000F4 HGの基本スペックと外観の特徴をご紹介します。リールは実釣で使い込まないとその細部までは分かりませんが、数字として表記されるスペックは1つの目安となります。

21 コンプレックスXR C2000F4 HGのスペック

・スペック

🔹重さ:155g
🔹ギヤ比:6.1
🔹最大巻取り長:82cm
🔹最大ドラグ力:3㎏
🔹ライン:フロロ(LB) 3-130m 4-100m 5-80m PE(号) 0.6-180m 0.8-110m 1-90m
🔹ベアリング数(ボール/ローラー):9/1

21 コンプレックスXRの外観

正面

バスフィッシング専用機として特化した性能を持つ21コンプレックスXR。使うシーンをあえて限定したスペックは他のリールには無い様々な機能を持っていますが、機種ごとにセッティングを変えたドラグシステムは最も特徴的な機能と言えるでしょう。大型のドラグノブは非常に調整しやすく、グローブを装着した状態でも正確に調整する事が出来ます。

左側面

左右非対称のローター構造で操作性と感度の向上、回転レスポンスを実現したマグナムライトローターを採用し、さらに上位機種に採用される事の多いラインローラーの軽量化、ベールのチタン化、ローターのバランシングなど、21コンプレックスXRのサイドビューからはレスポンスアップのための様々な工夫が見受けられます。

後面

シックで落ち着いたイメージの強いガンメタリックなボディには、軽量化と高剛性と両立するシマノ独自のカーボン技術であるCI4+を採用。軽量カーボン素材であるCI4をさらに進化させた新カーボン素材は軽さをそのままに剛性、耐久性が大幅にアップし、リールの小型、軽量化を可能にしています。

右側面

ウォームシャフトをカバーするボディデザインが印象的な右側面部。スプールを前後運動させるためのストロークセクションをリール本体上部に配置し、リール全体の重心を手元に近づけることに成功した作りは、ロッドとの一体感が向上するのでキャストによる疲労の低減や操作性の劇的な向上など、様々な効果があります。

上面

上から見ると、そのコンパクトさが良くわかる21コンプレックスXR。コストと実釣性能を両立させたミドルクラスながらもバランスの良い総合性能は初心者、エキスパート問わずたくさんのアングラーから絶大な信頼を勝ち取るに十分な完成度を誇っています。

21 コンプレックスXRの特徴

ここでは21コンプレックスXRが持つ、「目を見張るべき特徴」を紹介します。様々な制限がある中で、決して数字には表れない小さな工夫をたくさん詰め込んだ高い完成度は、その実釣性能を大幅に引き上げています。

自重155gを誇る軽量・コンパクトなボディサイズ

バスフィッシングに特化し、無駄を排する事で上位機種にあたるヴァンキッシュと同等と言えるほどの重量設定を持つ21コンプレックスXRは、必要な性能だけを詰め込んだボディは非常にコンパクトで操作性が高く、ハイレスポンスな特性で繊細なロッドワークやリーリングが釣果に直結するライトリグゲームでその真価を発揮。「今までよりも1ランク上のハイレベルなライトリグ」を展開したいと考える中~上級者には21コンプレックスXRの軽量・コンパクト設計が大きなアドバンテージとなるでしょう。

シーンや使い方に合わせた機種別のドラグ設定

使うシーンを限定し、あらかじめ特化した性能を持つ21コンプレックスXRには機種に応じて2種類のドラグシステムが搭載されています。4LB以下のラインを使用し、断続的な負荷よりも瞬間的なレスポンスが必要な2000番台の機種には瞬時の動作性能が高いハイレスポンスドラグを、太めのラインやPEラインを使い、ビッグフィッシュやカバー際でのファイトを想定した2500番台には少しの調整でドラグ力が大きく変化するラピッドファイアドラグを採用し、それぞれのシチュエーションで高いポテンシャルを発揮するように設計されています。

成熟した内部機構によるシルキーな巻き心地

ベイト、スピニング問わず注目される事の多い巻き心地。一般的に滑らかでしっとりとした巻き心地が長く続くほど良いリールとされていますが、こと、上級者やエキスパートにとっては「巻き感度」も釣果を左右する重要なファクター。21コンプレックスXRにはHAGANEギアやマイクロモジュールギアIIをはじめとした様々な機能を搭載し、巻き心地も巻き感度も、高い次元で両立させています。

タフな使用にも耐える高い剛性感

ボディの軽量化が急速に進む昨今においてリールの”タフさ”も決して見逃せない部分。最近リリースされている機種の中には少しラフに扱っただけでベールアームが曲がってしまったり、強打しただけで異音が発生してしまう物も少なくありませんが、21コンプレックスXRはシマノ独自のカーボン素材、「CI4+」を適材適所で採用し、ひと昔前では考えられないほどの剛性感を手に入れています。

21 コンプレックスXRの使用感

今回は様々なライトリグにバーサタイルな性格を発揮する6.4ft、Lパワーのベーシックなロッドを中心に、フルソリッドのショートロッドからパワーフィネス用ロングロッドなど、色々なロッドと組み合わせてテストをしています。

ここでは私が実際に21コンプレックスXRを使い込んで感じた使用感を紹介します。皆さんもご存知の通り、リールには使ってみてはじめてわかることがたくさんあります。

巻き心地

HAGANEギアやマイクロモジュールギアIIなど、「ギヤ屋シマノ」の先進技術を搭載した21コンプレックスXRの巻き心地は当然ながら非常に滑らかでシルキー。決して軽いだけではないしっとりとした巻き心地は、同メーカー最上位機種であるステラや上位機種のヴァンキッシュに迫るモノがあります。その上でとても特徴的だと感じたのはその耐久性で、タックルの扱いが自他共に認めるほどラフな私が長期間メインに使っても、初期の回転性能は失っていません。ノーメンテナンスでも性能劣化が少ないと言う特性は道具よりもスキル重視、実釣第一主義のエキスパートはもちろん、リールの構造や特性に詳しくない初心者からステップアップしたての中級者にもうってつけと言えるでしょう。

操作性

軽量・コンパクトな作りでハイエンドモデルとも渡り合えるほどの実釣性能を誇る21コンプレックスXRが個人的に最も優れていると感じる部分はこの「操作性」。機種ごとに使うシチュエーションや組み合わせるタックルとルアー、リグを想定し、そのパフォーマンスを最大限に引き出したセッティングは一定の釣りに「特化」したからこそ手に入れられたモノと言え、場面、場面でしっかりと使い分ける事が出来れば、その実力は1ランク上の上位機種をも上回るほどのポテンシャルを発揮します。特にスローで繊細な操作がキーとなるライトリグゲームでは他を圧巻するほどのコントロール性能で、遠く離れた軽量なリグをイメージ通り操作する事が出来ます。

剛性感

軽量化にフォーカスしてしまうと、どうしても両立が難しくなってしまうボディの剛性アップですが、巻き心地や動作不良に関わる耐久性やリール自体の感度に直結するトータルの剛性は決して無視することの出来ない要素。特に繊細な釣りをメインとするスピニングリールにはその性能を左右するほど重要なファクターと言えますが、21コンプレックスXRの剛性感は非常に高く、コンパクトな作りながら使っていて安心感をおぼえます。また、ミドルクラスにありがちな大きな負荷を掛けた時に「パーツとパーツの継ぎ目」がきしんだり、リール全体がゆがむ、曲がるような感覚をいっさい感じない部分も21コンプレックスXRの優れた部分で、ハードな場面が多いエキスパートの釣行にも長期間寄り添う事が出来る高い剛性感は釣果第一主義のガチ勢に高い評価を受けています。

ドラグレスポンス

番手によってラピッドファイアドラグとハイレスポンスドラグ、2種類のドラグシステムを搭載する21コンプレックスXRですが、どの機種にも共通して言えるのは非常にハイレスポンスでクイックな立ち上がりを持ったドラグであると言う部分。クリック音はややチープですが、負荷が掛かったらその分だけを過不足無く引き出す滑らかな滑り出しは高い戦闘能力を持っており、ライトラインでのビッグフィッシュゲームでも抜群の安定感で安心してやり取りに集中する事が出来ます。上位機種であるステラやヴァンキッシュ等と比べれはドラグとしての性能は一歩譲りますが、優秀な動作性能とレスポンスはアジングやトラウトなど、ドラグの性能が釣果を左右するような釣りでも十分すぎるほどの実力を発揮します。

感度

非常にコンパクトで軽量、剛性も高いボディを持つ21コンプレックスXRはリール自体が持つ感度も当然ながらとても優秀。バス用スピニングリールとして必要な性能をバランスの良く内包した作り込みは実釣時の使用感もクリアでノイズが少なく、ちょっとした違和感や抵抗をリニアに伝えてくれます。実際にどのくらい感度が高いか?というと、ロングキャストした先の1gのスモラバがウィードに触れた瞬間がわかったり、バスがルアーに接近した時の前アタリがわかります。トラウトでは一般的な「魚がルアーの後ろにつく(スリップに入る)」感覚もわかりやすく、感度に関しては申し分ない仕上がりとなっています。

バス釣りガチ勢による21 コンプレックスXRインプレッション まとめ

21 コンプレックスXRの特筆すべき特徴

・使うシチュエーションやルアーを限定する事で高い実釣性能を発揮!
・軽量、コンパクトで操作性はピカイチ!ライトリグとの相性は最高レベル!

・長期間性能が落ちないタフなエンデュランス性能
・内外ともに高い剛性感で感度も優秀巻き感もシルキーで滑らか
・何事にもハイレスポンスでクイックな動作性能!ライントラブルも少ない!

様々な先進技術と工夫を詰め込んだ21 コンプレックスXRは、全体的なまとまりとバランスが非常に印象的なリール。使うシーンを想定し、無駄をなくして特化した性能は、チープな面がある反面、実釣性能は完全に1ランク上の実力を持っています。特に軽量・コンパクトを活かした操作性の高さは数あるスピニングリールの中でもトップクラスと言え、フィネスなライトリグと組み合わせれば、その実力を最大限に発揮してくれるでしょう。価格やデザイン面を考えれば王道のミドルクラスと言えますが、この価格でこの実釣性能は正直言って十分すぎると言えます。ロッドやリールには「所有感を満たす。」という大切な要素もありますが、ただひたすらに実釣性能だけにフォーカスして磨き上げた高い完成度は、何よりも釣果第一主義のエキスパートやスキルアップを熱望するアングラーさんにこそ手に取ってほしいと感じる1台。その圧倒的な実力を皆さんの手で試して頂ければ幸いです。

先生
先生
21コンプレックスXRはコストを抑えながらも実釣性能にこだわったまさに戦闘機。デザインや質感はチープな部分がありますが、その実力は確実に次世代のスタンダードと言える仕上がりとなっています!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

⇩こちらの販売店様がおそらく小売り最安値だと思います。⇩



リールに関するインプレッションやレビューはコチラ!

バス釣りが上手くなる!プロが教える初心者におすすめのスピニングリール3選今回は初心者の方に安心して使って頂けるおすすめスピニングリールを3つに厳選してご紹介いたします。 多くの場合、バス釣りを始めたら最初の...
シマノ 20メタニウム 長期使用インプレッション!他機種には無い特徴とその違いとは?国内最大級のリールメーカーであるシマノがリリースするメタニウムシリーズ。 モデルチェンジを繰り返すごとに熟成を重ねた中核モデルは、究極...
初心者におすすめ!プロが厳選した釣れるバスロッド5選【スピニング編】バス釣りおいてロッドは最も重要なタックルの1つ。 長年バス釣りに携わってきた私が大切にしている真理として「本当に優秀で良い道具とい...
こちらの記事もおすすめ!