バス釣りの本質集

ベイトフィネスタックルのおすすめな使い方 その1 カバー攻略特化型

今回はベイトフィネスの基本でもあるカバー攻略に特化したベイトフィネスのメリットや使い方、おすすめのタックルを紹介、解説していきます。

スピニングタックルで扱うようなネコリグもベイトフィネスならカバー攻略が可能です。

カバー攻略を主に置いたベイトフィネスはベイトフィネスというジャンルが誕生するキッカケになったものでもあり、フィールドに対峙するアングラーの必要に応じて誕生したこのスタイルにはベイトフィネスに大切な基本がたくさん詰まっています。リールやロッドにもそれほど多くの性能を要求しないこのスタイルはベイトフィネスにこれから挑戦してみたいと思っている方や、通常のカバー攻略の他にバリエーションが欲しいと思っている方にも、それ程大掛かりな準備を必要とせずに気軽にベイトフィネスの世界に参入出来るメゾットになっています。カバー攻略特化型がお手軽に始められるベイトフィネスとはいえ、効果を釣果として体感するには十分な実力を兼ね備えていますので、これからベイトフィネスをはじめてみようと思っている方はカバー攻略特化型から挑戦してみることをおすすめします。

ベイトフィネス=カバーというイメージがありますね!
先生
先生
ベイトフィネスでカバーを攻略するのはベイトフィネスの基本です。

カバー攻略特化型とは?

カバー攻略特化型は文字通り、今までテキサスリグやラバージグで攻略していたカバーをスピニングタックルで扱うようなライトリグでアプローチ出来るようにしたスタイルになります。基本的には比較的近距離のスポットを狙う釣りになるので小さくて軽いライトリグで飛距離を稼ぐ必要がなく、専用のリールやロッドなど高性能なタックルはほとんど必要としません。既存リールのスプール交換とラインの見直し程度の簡単なリールチューニングやパーツの入れ替えでチャレンジする事ができ、コスト面から見ても非常に参入しやすいスタイルになります。

既存リールに取り付けて使うベイトフィネス用のスプールが各メーカーから多数リリースされています。

先生
先生
最近のリールは非常に高性能な物が多く、特にパーツ交換をしなくてもはじめからベイトフィネスに対応しているリールがふえてきましたね。

カバー攻略特化型のメリットと使い方

ベイトフィネスによるカバー撃ちではスモールラバージグの出番も多く、各社からいろいろな個性を持ったフィネスジグが登場しています。

カバー攻略特化型のメリットは何と言ってもスピニングタックルで扱うようなライトリグで大胆にカバーを攻める事が出来という部分になります。これによって今まで取りこぼしていたバスを取れる確率が大幅に向上し、カバーを攻略するためのバリエーションが増えました。

使い方は従来テキサスリグなどで攻略していたポイントやカバーが何らかの理由で反応しなくなってしまった時などに出番となります。バスという魚は反応がなくなった場合でも目先を変えてやると反応が戻ったりしますのでこんな時にベイトフィネスのはとても有効です。

また、通常の釣り方でポイントを攻め切った後でも、ベイトフィネスを使用したライトリグでフォローするとスコアを追加できる事も多々あるので、フォローベイトとしても十分に有効な交換を期待出来ます。

通常のリグでは反応しなかったのにフォローとしてベイトフィネスを使ったら釣れました!
先生
先生
カバーに潜むバスは大胆な事が多いのでアプローチが合っていればアグレッシブに反応してくれる事が多いですよ。

ネコリグも使用頻度の高いリグで、適度なボリュームがカバー内のバスに強烈にアピールします。

おすすめのタックルテンプレート

ロキサーニBF8は始めからベイトフィネス専用機として作られており、特にスプールやパーツ交換の必要が無いコストパフォーマンスに優れたモデルです。

カバー攻略特化型で参考になる基本的なタックルセッティングのテンプレートを紹介します。

皆さんのスタイルや使用するフィールドの状況に合わせてアレンジして下さい。

ロッド6.6~7ftのML~MH
リールスプール交換をしたもの
ライン7~12℔程度 30~40m
ルアーウエイト4~14gメイン

7~12℔程度のライン、6.6~7ftのML~MHロッドを使用してカバーを攻略します。スピニングで扱うのと同等、もしくは少しウエイトのあるリグを使用し、近距離のスポットを狙うスタイルなので高性能なリールでなくてもスプールを専用の物へ変更する程度で本格的なベイトフィネスに取り組めるスタイルになります。ただし、ラインの糸巻き量に関しては、スプールのレスポンスを上げる為に30~40mほどにとどめて下さい。少し心細いかも知れませんが、元々から近距離で展開するゲームの上にカバー周りの釣りなのでラインを出してやり取りする事も無く心配ありません。ロッドに関しては、やや長めのロッドの方がピッチングでのアプローチがやりやすく、カバー際でも優位に立ち回れるので、特に取り回し等の問題がないのであれば長めのロッドを選んだ方がよりメリットが多く、おすすめになります。

先生
先生
今使っているカバー撃ちタックルをパワーダウンさせたタックルをイメージすると分かりやすいですし、使いやすいかも知れませんね。イメージが湧かない方はご自分のカバー撃ちタックルと相談してみてはいかがでしょうか?

カバー攻略特化型ベイトフィネスのまとめ

ここまでカバー攻略特化型のベイトフィネスを解説して来ました。

近年では大きな技術革新やテクノロジーの進化でリールやロッドの性能が著しく向上し、大きくバス釣りのスタイルが変化しつつあります。その最たるものが極細、高強度PEラインの進出やベイトフィネスの登場によるもので、私達のバス釣りに大きく貢献してくれています。しかしながらどんなに便利なものでも使い方がわからなかったり、間違った使い方をしてしまうと効果は十分に得られません。今回の記事はリクエストによって一つカテゴリーに特化したマニアックな内容になってしまいましたが、ここで解説した内容がこれからベイトフィネスを始めてみようと思っている皆さんのタックル選びのヒントになればと思っています。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ!