バス釣り初心者おすすめ

ライトリグに釣り勝てる!おすすめのタイニークランク5選

クランクベイトはバス釣りの中で最も奥が深く人気のあるルアーですが、タイニークランクはイマイチその実力が認識されていないルアーの一つと言えるのではないでしょうか?

日本には優秀なシャッドが多く、その影に隠れがちなタイニークランクですが、実は強力な実力を持ったハードベイトなんです。

今回はそんなタイニークランクの中でも、扱いやすく、ライトリグにも釣り勝てる驚異の実釣性能を持ったモノを5つご紹介します。
ここで紹介するタイニークランク達は複雑なテクニックや高度なスキルを必要とせず、初心者でも簡単に「投げて巻く」だけでそのエリア一帯のバスを根こそぎ釣ってしまう魔法のクランクベイト達です。

「ただの小さいクランクベイトでしょ?」

そう思っている方は今回紹介するタイニークランク達を使って見て下さい。

きっとその釣れっぷりに考え方が変わるハズですよ。

おすすめタイニークランク5選

ここでは私が実際に使って、何度もノーフィッシュの危機から救ってくれた優秀なタイニークランクを5つご紹介します。シチュエーションや状況によってシャッドやノーマルサイズのクランクと使い分ける事で、さらにその性能に気付く事が出来ます。

おすすめその1 ビル・ノーマン ディープタイニーN

ビル・ノーマン ディープタイニーNはタイニークランクの実釣性能を世界中に広めたルアーとして有名です。

元々はアメリカに生息するクラッピー(ブルーギルの親分みたいな魚)を釣るために作られたクランクベイトですが、その優れた実釣性能はバスにも非常に有効で本場アメリカのトーナメントではしばらくシークレットとしてひた隠しにされていたほどでした。ノーマルのタイニーNではリアフックを大きくするチューニングが必要でしたが、今ではあらかじめリアフックに#4のフックを付けたモデルが販売されています。他のタイニークランクと比べてとてもコストパフォーマンスに優れ、タイニーNとディープタイニーNというレンジ違いのリリースがあります。狙いたい水深や状況に応じての使い分けましょう。

おすすめその2 ラッキークラフト クラッチDR

ラッキークラフトのクラッチシリーズは、タイニークランクというカテゴリーを日本に広めた実力の持ち主です。”シンプルクランキング”を開発コンセプトに、必要な機能だけをとことん突き詰めたその性能は、トーナメントシーンの最前線で戦うアングラーの声から生まれた、純粋競技仕様のクランクベイトに仕上がっています。 ハードベイトだからこそ釣れるバスを狙ってタフコンディションを制する。『スモールクランクキング』の切り札的存在で、数々のメジャートーナメントでウイニングルアーに輝いた実績を持っています。

クラッチシリーズには潜行能力の違うモデルが全部で5種類ラインナップされていますが、今回フォーカスしたDRはシリーズの中で最も使い勝手が良く、幅広いシチュエーションに対応出来る守備範囲の広さが魅力となっています。

おすすめその3 ノリーズ TGワーミングクランクショット

数々の実績を誇るタイニークランクの代表作、ノリーズのTGワーミングクランクショットはタイニーNに感銘を受け、さらに使いやすく、さらに釣れるように作られたクランクベイトです。その実力は日本のみならず、ルアーの性能にはうるさくて一切妥協しない本場アメリカのトッププロも使用しているほどで、その性能の高さが伺えます。タングステン製のウエイトとすることでよりアピール力の高い硬質なサウンドとアクションレスポンス、キャスタビリティを獲得し、高い障害物回避能力で誰もが根掛かりを嫌ってテキサスリグやラバージグで攻めてしまうシャローカバーを、ハードベイトの集魚効果でスピーディに攻略していけるのがショット最大の強みになっています。

おすすめその4 O.S.P タイニーブリッツDR

非常にバランスの良いボディと圧倒的な使いやすさで人気の高いタイニーブリッツ。皆さんも一つは持っているのではないでしょうか?固定重心による高いレスポンスとナイロンライン10℔のキャスティングで最大3.4mに到達する潜行能力は他のタイニークランクを寄せ付けない高性能っぷりです。3mオーバーの世界にここまで小さなボディのクランクベイトが到達したらそれはもう釣れたようなもの。スローからファストリトリーブまで全てのリトリーブスピードに完全対応出来る高い適応能力はタイニークランク初心者の強い味方になります。

おすすめその5 miblo デリンジャー

最後のご紹介はmiblo【ミブロ】のデリンジャーになります。
デリンジャーは、48mmという大きさながら、ウエイトが7.7gあるため、タックルセッティングにややうるさいタイニークランクの中でも通常のタックルでストレス無くキャスト出来る設計になっています。ファットなボディは浮力が高く、高いカバー回避能力だけでなく、キビキビとした使い心地と、強風の中でもしっかりと飛ぶ力強さでアングラーに投げ続ける安心感を与えてくれます。専用設計の#6ショートシャンクフックが前後に搭載されていて、ビッグバスの大きな口からもスッポ抜けることなく、ガッチリとフッキングさせることができるデリンジャーは、パワータイニークランクの真髄を体感させてくれるでしょう。

ライトリグに釣り勝てる!おすすめのタイニークランク5選のまとめ

以上が経験と実績から選び抜いた、本当に実釣性能が高くておすすめ出来るタイニークランク5選となりました。

タイニークランクには明確な”出番”というものがあり、しっかりと状況を見極めて投入すれば他を圧倒する力を持っています。

ボディサイズが小さくて自重が軽いのでキャストがしにくく、ややタックルのセッティングを選ぶところがありますが、シャッドと比べればキャストもしやすくカバーにも強いというメリットがあります。

また、小型ルアーなのでプレッシャーに強いのは当然ですが、その他割にはビッグフィッシュ率が高く、数もサイズも十分に狙えるという特徴があります。

この機会にお気に入りのタイニークランクを見つけて、使い込んでみてはいかがでしょうか?

時にはボウズ逃れの切り札として、またある時はビッグフィッシュを仕留めるための最終兵器として、きっと皆さんをサポートしてくれるハズです!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

タイニークランクの具体的な使い方や理想的なタックルセッティングはこちら!!

釣れない時におすすめ!3倍釣れるタイニークランクの使い方ルアーの中でも少し特殊なカテゴライズであるタイニークランク。 皆さんは使ってますか? クランクベイトというのは、ルアーの中で...
クランクベイト中毒者が解説!釣果が変わる理想のクランキンロッドとは?クランクベイトは活躍するシチュエーションにあまり左右されず、年間を通して良く釣れるルアーとして非常に人気の高いルアーですね。 基本...
こちらの記事もおすすめ!