バス釣りの本質集

ロッドテスターがレビューする!エクスプライド 168L-BFS実釣インプレッション!!

絶妙なレングスとテーパーデザインで様々なルアーの実力を引き出す立役者!
シリーズトップの汎用性は活躍する場所を選ばないオールラウンダー!!

落ち着いたコスメティックとハイエンドモデルに迫る性能でエキスパートはもちろん、初心者の方にも絶大な指示を受けるシマノのエクスプライドシリーズ。必要な部分にはしっかりとコストと手間を掛け、削れる部分は思いきって削る事で高い性能とコストパフォーマンスを両立させた「絶対性能主義」な作りは様々な面で後発ロッドにたくさんの影響を与え、その後リリースされたロッド達多大な影響を与えました。

今回はそんなエクスプライドシリーズの中でも優秀なキャスタビリティー性能とライトリグに必須の操作性を両立させ、フィールドやシチュエーションを問わず活躍するシリーズの中核的存在、エクスプライド 168L-BFSを実釣で使い込んできました。今回は様々なライトリグや小型ハードベイトに高次元対応するシリーズきってのバーサタイル・モデルの実力を皆さんに共有します。

エクスプライド 168L-BFSのスペック

長さ:2.03m(6.8ft)
継数:1本
仕舞寸法:203cm
重さ:100g
適合ルアーウエイト:3.5~10g(1/8~3/8oz)
適合ライン(フロロ・ナイロン):6~12LB
グリップ長:215㎜
テーパー:FF(エクストラファーストテーパー)

エクスプライド 168L-BFSの外観とデザインの特徴

ここではエクスプライド 168L-BFSが持つコスメティックや、外見の特徴を紹介します。
エクスプライドシリーズではおなじみのコルクとEVAのグリップメイクやガイドセッティングにもそれぞれ意味があり、細部に散りばめられた製作者のメッセージを読み解くことが出来ます。

全体的なデザイン

ブラックをメインに、必要最低限のコスメを施したエクスプライドシリーズ統一の外観は非常にシンプルで引き締まったイメージがあります。良い意味で主張の少ない落ち着いたルックスはどんなリールともなじみ、コルクとEVAをミックスアップしたグリップ周りは、高性能なロッドに不可欠なバランスとコストダウンを高い次元で両立させています。

グリップの長さ

エクスプライド 168L-BFSのグリップ長は215㎜。6.8フィートのレングスに対して非常にバランスの取れたリアグリップはエクスプライド特有の細身のセパレートグリップと相まって様々なキャストがしやすい設計となっています。ダブルでもシングルハンドでも振り切りやすいグリップ長はオーバーヘッドによるロングキャストはもちろん、軽量リグのピッチングにも高いマッチングを発揮し、ライトリグに必要不可欠とされる高い操作性も両立しています。

ブランク

ロッドの性能を大きく左右するロッドブランクは高弾性カーボンをメインマテリアルにハイパワーXで補強したブランクを採用しています。
全体的にハリを感じるブランクは非常に軽く感じ、ワーミングロッドに必要な高い操作性と感度を両立。前モデルよりも気持ちソフト化したティップ~ベリー部分はより扱いやすく、軽量なリグへの対応力がアップしています。また、シリーズ共通の優秀なロッドバランスは、長時間の使用でも疲れにくく、ハイエンドモデルに迫るレスポンスと使いやすさはエクスプライドが絶対的な人気を誇る理由の1つと言えるでしょう。

リールシート

マットラバーコーティングにより見た目にも高級感があるエクスプライドシリーズのリールシートは、シマノ独自の素材CI4+を使用し、どんな人でも握りやすく高強度と軽さ重視したコンパクトデザインで優秀な感度と操作性が印象的。長時間の使用でも疲れにくく、軽く握っても力を入れやすいディテールは油断している時の不意打ちバイトもしっかり対応できる作りと言えます。

ガイド

ロッド自体の性格や性能に大きく差が出るガイドセッティングはエクスプライドシリーズ統一のステンレスフレームにSiCガイドの組み合わせ。ライトリグの操作性を引き上げるベイトフィネスシリーズ独自のマイクロガイドセッティングは軽量でキャストフィールに優れ、ブランクスの性能を引き出しています。コストパフォーマンスを優先しながらも必要な部分にはしっかりとコストを掛ける所はエクスプライドシリーズがハイエンドモデルに匹敵する最大の要因となっています。

エクスプライド 168L-BFS実釣インプレッション

テストしたルアーの一部。前回紹介したエクスプライド 164L-BFSと同時進行でテストしたため、同様のハードベイトや軽量リグを使用しました。もちろん、いつも通りここに写っているモノ以外にも様々なハードベイトとリグをテストしています。

エクスプライド 168L-BFS & ファーストムービング

エクスプライド 164L-BFSと比べて非常にマイルドでしっかりとルアーウエイトが乗るブランク特性のエクスプライドエクスプライド 168L-BFSはシャッドやタイニークランクなどベイトタックルかスピニングタックル、どちらで扱うか迷うような5~7g程度のハードベイトをコントロールしやすい特性を持っています。6.8フィートのやや長めのレングスはポッパーやペンシルベイト等ロッドワークを必要とするハードベイトではスキルを要しますが、ハイパワーXをまとった高品質なブランクは遠投性能も高く、広大なオープンウォーターを手早く、効率的にサーチするのにも好都合。掛け調子のファーストテーパーは小型スピナーベイトとの相性も良く、「投げて巻く」シンプルなファーストムービングゲームで真価を発揮します。

エクスプライド 168L-BFS & ワーミング

6.8フィートという長めのレングスながら、抜群の操作性とキャスティングパフォーマンスを発揮するエクスプライド 168L-BFSは、ネコリグやスモラバをはじめ、多用される事の多い様々なウエイト帯の様々なライトリグに高次元対応します。オープンウォーターからカバー際まで活躍するシーンを選ばず、考えられるベイトフィネスゲームを1本でまかなえる設定はまさにバーサタイル・ベイトフィネスの極みと言えるでしょう。Lパワーでハンドリング性能に長けた特性は、ヘビーカバーまでは攻略出来ませんが、4g程度のウエイトがあるリグであればイメージ通りに操れる特性は、タフな状況でこそカバー攻略の切り札的存在となり、ここぞという場面で、価値ある一匹をもたらしてくれます。

エクスプライド 168L-BFSの特徴

長めのレングスはカバー周りのピッチングやフィリッピングゲームにも好都合。コンパクトな作りのノーシンカーリグをストレス無くキャスト出来る特性は時期によって絶大な威力を発揮します。

ここではエクスプライド 168L-BFS実際に使用して感じた、優れた特徴を3つご紹介します。それぞれのロッドが持つ個性や特性が理解出来ればその実力をより引き出しやすくなります。

カバーもオープンウォーターも攻略出来る絶妙なロッドレングス!

6.8フィートとやや長めのロッドレングスを持つエクスプライド 168L-BFS最大の特徴と言えば、カバーもオープンウォーターも攻略出来るバーサタイル性能の高さと言えます。

特にロッドの長さというのはそのロッドの性格を決定する重要な要素となり、カバー攻略において長いロッドレングスはたくさんのメリットをもたらしますが、その反面、ライトリグに必要不可欠な操作性とキャストアキュラシーが低下してしまうというデメリットもあります。ライトリグに特化したロッドが短めの設定なのはそのためですが、エクスプライド 168L-BFSは優秀なロッドバランスと絶妙なレングス設定で本来ならば相反する2つの要素を見事に両立し、ベイトフィネス本来の活躍の場であるカバー際のライトリグから操作性を活かした軽量リグでのオープンウォーター攻略まで、ベイトフィネスに求められる様々な要素を幅広くカバー。どんなシチュエーションでも高いパフォーマンスと実釣性能を発揮する特性は、数あるベイトフィネスロッドの中でもトップクラスと言えます。

小型ハードベイトの実力を引き出す優秀な遠投性能!

一般的なベイトフィネスロッドと比べ、やや長めのレングスを持つエクスプライド 168L-BFSのもう一つの大きな特徴と言えば、他のベイトフィネスロッドには無い優秀な遠投性能だと言えます。ただ単純にロングレングスで、遠投出来るモデルなら多少はありますが、キャスタビリティー性能が非常に高い上に取り回しも良く、ハードベイトをストレス無くコントロール出来るのは様々な機種がリリースされている同種ロッドの中でもエクスプライド 168L-BFSくらいと言えるでしょう。初心者からエキスパートまで扱いやすく、シャープな特性ながらもハードベイトのウエイトをしっかり乗せることの出来るブランクは、ちょっとしたディスタンスが釣果を分けるタフな状況や、足場の制限があるオカッパリ、ロングキャストを生かせるビッグフィールドでライトリグの実力はもちろんのこと、ハードベイトの実力さえも最大限まで引き出してくれます。

軽量なリグも思い通り操れる高いコントロール性!

非常にシャープな特性のファーストテーパーブランクに、マイクロガイドをセッティングしたエクスプライド 168L-BFSは、軽量なリグのリニアな操作性が特徴的。スピニングタックルで扱うようなウエイトの軽いリグはもちろん、ラインスラッグまでも思い通りに操作出来る高いコントロール性能は、シビアな状況でのオープンウォーター戦略でもその実力を発揮します。また、ベイトタックル特有の手返しの良さと操作性はそのままに、ライトリグをカバー際にアプローチし、しっかり操作してバイトを引き出せる特性はシリーズ随一。まさにベイトフィネスタックル本来の優位性を具現化し、その使い方を正常進化させたようなスペックは一度使えばベイトフィネスの破壊力を体感出来るような仕上がりとなっています。

エクスプライド 168L-BFSインプレッションまとめ

ベイトフィネスタックルの中でも王道と言えるライトリグによるカバー攻略にフォーカスしながらも、高いバーサタイル性能と実釣性能をかね備えたエクスプライド 168L-BFSはベイトフィネスの登竜門としても最適。全体的にマイルドな特性は使い手を選びません。

エクスプライド 168L-BFSと相性抜群のリグ&ルアー
・3~5インチ程度のネコリグ
・総重量5~7gのスモラバ
・2.5~5gシンカーを使ったダウンショットリグ
・軽めのテキサスリグ、フリーリグ
・4インチ前後のノーシンカー
・軽めのキャロライナリグ
・シャッド、タイニークランクなどただ巻き系小型ハードベイト全般

以上がエクスプライド 168L-BFSと相性抜群のリグとルアーになります。

少し長めのレングス設定ながらも全体に渡って微調整を重ねた絶妙なロッドバランスで軽快な取り回しとキャスティングアビリティ、ライトリグに必要不可欠な操作性を兼ね備えたエクスプライド168L-BFSはベイトフィネスの王道とも言えるスペックで様々なシーンで活躍します。最近では手返しの良さやベイトタックルならではの操作性を活かしてオープンウォーターでスピニングタックルの代替えとしてベイトフィネスを使ったり、小型ハードベイトに特化した運用なども見かけますが、それらのメゾットをそつなくこなすバーサタイル性能を内包しながらも、スピニングタックルで扱うようなライトリグをカバー周りでコントロール出来るスペックは、まさにベイトフィネスだけが持つ特権を凝縮したようなロッドと言えます。ベイトフィネスロッドはイメージ以上にクセが強く、とがった仕様の物も多いですが、エクスプライド168L-BFSの素直なブランク特性はきっと皆さんにベイトフィネスタックル特有の有用性で釣りの幅を広げてくれるでしょう。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


ベイトフィネスロッドを選ぶ時のコツと具体的なタックルセッティングこちら!!

釣果につながるベイトフィネスタックルおすすめの使い方とは?近年ではベイトリールの革新的な進化によってベイトフィネスが一般的に浸透してきました。一昔前と比べ、かなり高性能なリールが増えてきたおかげ...
ベイトフィネスタックルのおすすめな使い方 その1 カバー攻略特化型今回はベイトフィネスの基本でもあるカバー攻略に特化したベイトフィネスのメリットや使い方、おすすめのタックルを紹介、解説していきます。 ...
ベイトフィネスタックルのおすすめな使い方 その2 操作性重視型 ベイトフィネスタックルのおすすめな使い方 その2 操作性重視型 前回に引き続いて今回はベイトフィネスの主流の一つである操...
巻物特化型ベイトフィネスのメリットとタックルテンプレート 巻物特化型ベイトフィネスのメリットとタックルテンプレート 小型プラグでベイトタックルを使用出来るというのはたくさん...
こちらの記事もおすすめ!