バス釣り初心者おすすめ

初心者におすすめ!プロが厳選した釣れるバスロッド5選【スピニング編】

バス釣りおいてロッドは最も重要なタックルの1つ。

長年バス釣りに携わってきた私が大切にしている真理として「本当に優秀で良い道具というのは使い手を助ける」というものがありますが、スピニングロッドに関してはそれを一番具現化しているタックルと言えるのではないでしょうか?

今回はこれからバス釣りを始めたい方、復帰勢の方、そろそろタックルを増やしたいと考えている初心者の方に、私が実際に実釣で使用し、トータル的な性能面やコストパフォーマンスを考えてもこれは自信を持っておすすめ出来ると思ったスピニングロッドを5本に絞ってご紹介いたします。

今回はスピニングタックル篇ですね。
先生
先生
今回紹介する5本は正直どれも良くできていて、性格の違いはあるものの、ほとんど性能の差はありません。実釣性能はお墨付きですので、コスト面やディテール、コスメティックスにこだわって選んでも面白いかも知れませんね。

スマホがあればどこにいても見放題!釣りの動画サービスなら

初心者向けのスピニングロッドに必要な性能とは?

本格仕様と入門用。どんなスポーツでも初心者とエキスパートの使用する道具が違うように、バス釣りにおいても初心者に求められるロッドのスペックとエキスパートに求められるロッドスペックは違います。もちろん、初心者に寄り添った性能を持つロッドの方がスキルアップも早くなり、より釣れるロッドと言えますが、ここではより釣れるようになるために必要な初心者向けスピニングロッドの必須の性能を紹介します。

コストパフォーマンス

バス釣りの道具の世界、特にロッドと言うのは意外とかんたんで、基本的には高いロッド=高性能なロッドになります。(もちろん例外もあります。)

ハイスペックなロッドほど基本性能が高く、出来る事の幅や質は上がりますが、初心者の方が続くかどうかもわからない趣味の道具に高いお金は出せません。

そこで重要なのがコストパフォーマンス。

ただ安いだけではない、アングラーを助けるための必要な性能をしっかりと満たした上で価格をおさえた作りが、初心者向けのロッドには必須と言えます。

長時間の使用でも疲れないロッドバランス

バス釣りは集中力が釣果を大きく左右します。タフな状況で出番の多いスピニングには軽くて小さなリグをイメージ通りに操作する必要もあり、そのためには釣り自体に集中しなくてはなりませんが、ロッドが重かったり、扱いにくいなど、バランスが悪かったりするとしっかり誘えなかったり、キャスト出来ないなどの原因となるため、優秀なスピニングロッドには長時間の使用でも疲れないような使いやすさとロッドのバランスが重要となります。優秀なバランスを持つロッドはアングラーに対する負担も少なく、連続した使用でも集中力が続きやすくなるので自然と釣果も伸び、結果的に大きな差となって帰ってきます。

丈夫な設計とストレスフリーな使いやすさ

初心者の方は経験も浅く、タックルの扱いに不慣れなもの。知らずに雑な扱いをしてしまったり、ロッドに大きな負担を掛けてしまう事も珍しくありません。特にスピニングタックルは繊細なため、ちょっとした間違いでロッドを破損してしまうなど使い物にならなくなってしまう事もしばしば。多少雑な扱いをしても大丈夫なタフさは初心者向けのスピニングロッドになくてはならない性能と言えるでしょう。

また、同時にトラブルの少なさも大切なファクターの1つ。ベイトタックルと比べて細いラインを使う事の多いスピニングタックルは、小さなトラブルでもラインブレイクなどの原因になったりします。スキルや経験の浅い初心者にとっては、トラブルが少なく、ストレスフリーで釣りに集中出来る性能というのも重要な要素となるでしょう。

先生
先生
バス釣りは釣れる事でどんどんスキルがアップしていきます。初心者になればなるほど単純に「釣る」事が難しくなるバス釣りにとって、ロッド持つ「役割」は非常に重要と言えるでしょう。

初心者におすすめ!釣れるバスロッドランキング スピニング編

それではここで、実際に私が使い込んで初心者の方に非常におすすめだ!と感じたスピニングロッドを5つに絞ってランキング形式でご紹介します。

下記に紹介するロッドはどれも基本性能が高く、エキスパートが使っても十分戦力となるスペックを持つモデル。スキルが上がってもしっかりと対応出来る懐の深さはエントリーモデルという枠にとらわれず、長期間使用する事も可能な実釣性能を持っています!

ランキング第5位 ジャッカル BPM BS-66L


スペック
■全長:6’6”(1.98m)
■自重:121g
■適応ルアーウエイト:1.8~7g(1/16-1/4oz)
■適応ライン:3~6lb
■おすすめ度

オーソドックスな6.6ft/ライトパワーの設定で非常に応用範囲が広く、使用するルアーやフィールド問わず様々な状況下で有効なジャッカルBPMのBS‐66Lはバス釣りのスキルをしっかりと積み上げていきたい初心者向けロッドの代表格。スピニングタックルで多用されるソフトベイトや7g以下の小型ハードルアーを想定し、スムースなレギュラーテーパーを採用したブランク特性はクセも無く最初の1本にうってつけのロッドとなっています。

ランキング第4位 メガバス  レヴァンテ(LEVANTE) F1-63LVS


スペック
■全長:6’3”(1.90m)
■自重:90g
■適応ルアーウエイト:0.9~3.5g(1/32-1/8oz)
■適応ライン:2~6lb
■おすすめ度

デストロイヤーシリーズで有名なメガバスがリリースする本格派モデルのレヴァンテF1-63LVSはややショートなレングスで、野池や山間部の小規模フィールドなど、身近なシーンで効果的なモデル。シャープに振り抜けるファストアクションは非常に軽く取り回しの良いセッティングで、タフな状況ほど威力を発揮します。

また、ライトシャフトでありながら幅広い対応力を持つ部分もこのロッドならではの魅力。様々なライトリグをはじめ、スモールミノーやシャッドなど、小型ハードプラグの抜群のマッチングを見せる特性は初心者のみならずエキスパートクラスのサブロッドとしても有用です。

ランキング第3位 アブガルシア ホーネットスティンガープラス HSPS-641L MGS


スペック
■全長:6’4”(1.93m)
■自重:92g
■適応ルアーウエイト:0.9~21g(1/32-1/4oz)
■適応ライン:2.5~8lb
■おすすめ度

高いコストパフォーマンスを発揮しながらも優秀なキャスタビリティーと取り回しを両立させたアブガルシアのHSPS-641L MGSはしっかりとした操作性とシャープさ、軽さをあわせ持つスピニングロッドの理想を具現化したようなモデル。ライトウエイトのダウンショットやネコリグはもちろんスプリットショットやノーシンカーなどのライトリグ全般に高次元で対応するスペックはワーム系の釣りはもとより小型のハードベイトにも幅広く適応し、オカッパリでは何かと重宝するお助けロッドに仕上がっています。

先生
先生
ホーネットスティンガープラス HSPS-641L MGSは高いコストパフォーマンスが魅力的な1本。シャープでややワーミング寄りの特性はライトリグ入門にうってつけの本格派スペックになっています。

ランキング第2位 シマノ ゾディアス264L


スペック
■全長:6’4”(1.93m)
■自重:95g
■適応ルアーウエイト:3~10g(1/8-3/8oz)
■適応ライン:3~6lb
■おすすめ度

ライトリグロッドに必要な繊細さと様々なリグやルアーに対応する懐の深さ、細身のブランクからはイメージ出来ないようなパワーとトルクを内包したゾディアスの264Lは同クラスのロッド中、最もバーサタイルな性能を持つ1本。あらゆるリグを快適に操り、他を圧倒するほどの高い実釣性能を発揮する特性はエキスパートやベテランアングラーの間でも非常に人気が高く、様々なレベルのアングラーに広く愛されるロッドとなっています。

先生
先生
ワーミングによるスローダウンから小型のハードベイトまで、まんべんなくカバーしたいならゾディアス264Lがおすすめ。クラストップのオールマイティーな性格は使うルアーもフィールドも選びません!

ランキング第1位 ダイワ ブレイゾン S64L


スペック
■全長:6’4”(1.93m)
■自重:87g
■適応ルアーウエイト:0.9~7g(1/32-1/4oz)
■適応ライン:2.5~6lb
■おすすめ度

非常にシャープで軽量な特性を持つダイワのブレイゾンS64Lはハードベイトはもちろんの事、メインとなるライトリグとのマッチングでミドルクラス顔負けの実釣性能を発揮するモデル。絶妙なロッドバランスで優秀な取り回しを誇るブランクは操作性も高く、軽量なリグをイメージ通り操って、厳しい状況ほど大きな差を生み出します。コストパフォーマンスも良好で、とにかくライトリグのスキルをアップさせたいというアングラーさんにとってはこれ以上ないロッドと言えるでしょう。

先生
先生
ゾディアスに比べてよりライトリグに特化した性能が欲しいならブレイゾンS64Lをおすすめします!

初心者におすすめ!プロが厳選した釣れるバスロッド5選 スピニング編 まとめ

今回はこれからバス釣りを始めたいと思ってる方、またはロッドを増やしたいけどどれがいいか迷っている方におすすめしたいロッドを5本に絞ってご紹介しました。本来ならば他のサイトさんみたいにもっとたくさんのロッドを紹介したいところですが、たくさん紹介したところでロッド購入に迷っている皆さんが余計に混乱するだけだと思い、知り合いのショップや友人に協力してもらって事前にリサーチし、30本以上におよぶ様々なモデルを実際に使い込んだ上で今回の5本に絞りました。

厳しい状況だからこそ出番の増えるスピニングロッド。

冒頭でも触れましたが、スピニングロッドほど道具としての基本性能が釣果を大きく左右するタックルも他にありません。だからこそ最初の1本としてチョイスされやすいスピニングロッド選びは間違えるワケには行かないのです。バス釣りはアングラー1人1人の経験やスキルが結果に大きく影響する釣りですが、ある程度はタックルの性能でカバー出来る部分もあります。スキルや経験が足らない初心者なのであれば、なおさらしっかりとした基本性能を持ったロッドが必要なのではないでしょうか?

この記事が皆さんのロッド選びの参考になれば幸いです。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

初心者の方必見!プロが絶対的な自信を持っておすすめするタックルの記事はコチラ!!

バス釣り初心者におすすめ!プロ直伝のエサより釣れるリグとルアー ワーム3選バス釣りを始めたはいいけど、全然釣れない。頑張って続けているけど周りに教えてくれる先輩アングラーや仲間もいなくて心が折れそう...そんな...
バス釣りが上手くなる!プロが教える初心者におすすめのスピニングリール3選今回は初心者の方に安心して使って頂けるおすすめスピニングリールを3つに厳選してご紹介いたします。 多くの場合、バス釣りを始めたら最初の...
初心者必見!プロが厳選した釣れるバスロッドおすすめ5選【ベイト編】ロッドはバス釣りにおいて最も重要なタックルの1つ。水中の状況もバスからのバイトもウキを使わないバス釣りではラインとロッドを伝わる感触で判...
こちらの記事もおすすめ!