ルアーインプレッション

実釣性能と使いやすさが桁外れ!O.S.PブリッツEX-DR実釣インプレッション

ちかみやが、個人的に気になるルアーをテストして、独断と偏見でお送りするルアーインプレッションコーナー。実際に使い込んだ上でそのルアーが持つ特徴や長所などを超個人的な目線でインプレションしています。今回紹介するのは高い実釣性能と使いやすさでリリース以降圧倒的な人気を誇るO.S.Pのコンパクト・ディープクランク、ブリッツEX-DRの特徴と本当の実力を解説していきます。

O.S.P ブリッツEX-DRのスペック

Length : 53.0㎜
Weight : 12.0g
フローティング
Hook  :#6×2
カラー :36色

先生
先生
ブリッツEX-DRはブリッツMAX‐DRのダウンサイジング版だと思っている方が多いですが、実際にはオリジナルブリッツのディープランナーバージョンになります。中~小型ボディのクランクベイトがディープレンジに到達する事自体、すごい事なんですよ!

O.S.P ブリッツEX-DRの構造と外見の特徴

ここではブリッツEX-DRの主要なコンポーネントや内部構造などから、このルアーが持つ特徴や本来のポテンシャルをひも解いて行きます。

リップの形状

出典:O.S.P様

ボディ全長に対してかなりの部分を占めるブリッツEX-DRのリップ形状は通常のディープクランクに見られるような先端が幅広のロングリップを採用しています。リップは先端が幅広ながら付け根部分は絞られた形状で水を逃がしやすく、ややタイトなアクション設定でディープクランクとは思えないような軽快な巻き感を実現しています。ゴロタや立ち木、ウィードなどあらゆるストラクチャーに対してスナッグレス性能が高く、ボトムノックでは適度にヒラを打ちつつ狙ったラインを直線的にトレースすることができる高い直進安定性を持っています。

リップの角度

出典:O.S.P様

ブリッツEX-DRのリップ角度は水平に近く、ディープクランクのお手本と言えるようなリップ角となっています。ラインアイの位置がちょうど中心にあるので水噛みのバランスも良く、肝心のスイムアクションはややロールの強いタイトなアクション設定で、タフコンデションにも強いセッティングと言えます。

設定された潜行レンジは最大4mとされていますが、通常のキャスティングでは3.5m程度というイメージです。ラインを8~10LB(もちろんフロロ)くらいまで落とせば近いレンジまで潜ってくれますが、実際には3mラインのボトムをタッチさせるのにちょうど良いダイビング性能です。

ボディ形状

出典:O.S.P様

ブリッツEX-DRのボディ形状は、ブリッツシリーズが共通で採用しているセミフラットボディとなっています。ラウンドクランクとフラットサイドのメリットを良いトコ取りをしたセミフラットボディはフラッシング効果と水押しを両立させ、小粒サイズながらもバスを引き寄せバイトに持ち込めるアピール力を持っています。大胆な軽量化と強度を両立できるO.S.P独自のハニカムスーパーHPボディはノンラトルで固定ウエイトを低重心でマウントし、超ハイレスポンスな泳ぎと高いキャスタビリティーを実現させています。

O.S.P ブリッツEX-DRの特徴と長所

ここではブリッツEX-DRが持つ特徴を3つご紹介します。
それぞれのルアーが持つ特徴や長所、強み理解していれば、状況に応じて正確にルアーを使い分けられるようになるので、より多くのバスに出会えるチャンスが広がります。

タックルセッティングを選ばない驚異的な使いやすさ!

通常のクランクベイトと同じようなサイズ感のブリッツEX-DRは、ディープクランクの割に引き抵抗がとても軽いので本格的なクランキングタックルを必要としません。

一般的なディープクランクはロングキャストをする為にボディ重量が重く、それにつられてボディサイズが大きくなるものがほとんどでした。ボディが重く、引き抵抗も強いクランクベイトの性能をフルに引き出すには専用のタックルがどうしても必要だったのでディープクランクは今まで中~上級者向けのルアーとなっていましたが、ブリッツEX-DRのコンパクトなボディはバーサタイル系のロッドでも十分対応する事ができ、MLクラスの巻きモノロッドでもその性能を引き出すことが出来ます。

幅広いリトリーブスピードに対応するボディバランス!

ディープクランクでありながら細部までこだわって作られたブリッツEX-DRはとても高いアクションレスポンスとボディバランスを持っています。

浮力の高いハニカムスーパーHPボディと、低重心でマウントされた固定ウエイトはルアー全体のアクションレスポンスを底上げし、水の抵抗が少ないデッドスローリトリーブでもしっかり泳ぐ高いレスポンスを実現。ハイスピードリトリーブでもキビキビ泳ぎ、バランスを崩さないボディバランスはとても直進安定性が高く、ストラクチャーにタッチしても大きくトレースコースが変わらないのでバイトチャンスを大幅に増やしてくれます。

固定重心でキレのあるアクションとロングキャスト性能を両立!

ブリッツEX-DRはアクションを優先した固定重心ながらロングキャスト性能も充実させ、クランクベイトとして高い完成度を誇ります。

クランクベイトのようなファーストムービングルアーにおいて、広範囲を効率良くサーチ出来るキャスタビリティー性能は必要不可欠。特にオカッパリではキャスタビリティー性能が大きく釣果に影響を及ぼす事も多く、高いロングキャスト性能は優秀なクランクベイトにとって必須の性能と言えるでしょう。

また、ブリッツEX-DRに設定されているアクションはロールの割合が高いややタイトなものになっています。ある意味シャッド的なライブリーさを持ったナチュラルアクションは非常にアクションのキレが良く、コンパクトなシルエットと相まってタフコンディションに強い特性を持っています。

先生
先生
ブリッツEX-DRはゴロタやリップラップなどの地形変化から、沈みオダなどのストラクチャー攻略を得意としています。急潜行する特性は急深なリザーバーなどの他、水門周りや垂直護岸など足元まで水深があるポイントもしっかり探れるのでオカッパリでもとても使いやすくなっています。

O.S.P ブリッツEX-DRの感想と今回のまとめ

ブリッツEX-DRをはじめて使った時、「すごいクランクベイトが出たな。」と関心してしまった事を今でも良く覚えています。ディープクランクの”定説”を見事にひっくり返したその仕上がりはリリース以降多くの実績を残して今でも私のボックスの中でエースの座を欲しいままにしています。

様々な面で優秀なブリッツEX-DRですが、その中でも最も優れた性能の一つに高い潜行能力があります。コンパクトな中~小型ボディのクランクベイトでここまでしっかりアクションし、しっかり潜るクランクベイトはそうそうありません。この特性一つだけでもブリッツEX-DRを使う価値は大いにあると言え、このサイズのクランクベイトがディープレンジに侵入するというだけで強力な実釣性能を発揮し、たくさんのバスを釣れて来てくれます。

コンパクトボディのブリッツEX-DRは専用タックルを必要としないばかりか、そのサイズ感は親しみやすく初心者アングラーでも安心してキャストを続けることが出来ます。キャストを続けられるルアーは当然ながら実績を残しやすいのでこれからディープクランクをマスターしようと考えているアングラーの方にはうってつけのクランクベイトと言えるのではないでしょうか?

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


※詳細なカラーラインナップや価格は上記のAmazon、楽天のリンクからご確認ください。

クランクベイトの性能をフルに引き出せるおすすめタックルセッティングはこちら!!

クランクベイト中毒者が解説!釣果が変わる理想のクランキンロッドとは?クランクベイトは活躍するシチュエーションにあまり左右されず、年間を通して良く釣れるルアーとして非常に人気の高いルアーですね。 基本...
グラスロッドとは?そのメリットとデメリット、相性の良いルアーを完全解説!釣りを続けていると一度は聞いた事があるグラスロッドのお話。 現在主流になっているカーボン素材とは違い、様々なメリットとデメリットを...
使うだけで釣果が変わる!実釣性能抜群のグラスロッドおすすめ集グラスロッドはクセも強く中~上級者向けのロッドと言えますが、ノリの良さや軽いルアーをキャストしやすい特性はカーボンロッドに無いものであり...
こちらの記事もおすすめ!