バス釣り初心者おすすめ

8月のバス釣りは場所を釣れ!真夏に釣るためのコツとおすすめルアーとは?

梅雨明けしたとたん、地獄のような酷暑が続いていますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

8月というのは我々アングラーにとってもバスにとっても厳しい時期になりますが、魚は極端に偏った行動を取りやすく、考え方によっては比較的釣りやすい時期とも言えます。

今回はそんな時期にしっかり釣っていくためのポイントをまとめてみました。

先生
先生
真夏でも要点さえしっかり押さえれば魚は応えてくれますよ

高水温期の8月 バスのポジションと状態

8月のバス攻略法その1 水通しの良い場所を探す

水温の高い時期は何よりも水通しの良さが重要になります。

皆さんはこの時期、全く風の吹かない場所と常に風が吹き抜ける場所、選べるとしたらどちらを選びますか?

このうだるような暑さの中、涼しい所を求めてしまいますよね。

魚も一緒なんです。

魚にとっては水通しの良い場所=涼しい風の吹き抜ける場所と同じなんです。

でも水通しの良い所ってどんなところ?と初心者の方は思うかもしれません。具体的に狙うべき場所はこんなところになります。

流れ込みと流れ出し

流れ込み、流れ出しは一目瞭然、外から見ても涼しげで非常に魅力的なポイントです。どこのフィールドでもこの類のポイントは人気が高くなかなか入れなかったりするのですが、ほぼ例外なくこの時期は魚をストックしています。水門などもこのカテゴリーに入りますが規模が大きく水の動く量が多ければ多いほどそれに比例してストックする魚の量も多くなる傾向にあります。プレッシャーも高く一筋縄では攻略出来ない部分もありまが、間違いなくこの時期の大本命ポイント候補と言えるでしょう。

対岸との間隔が狭くなる場所

対岸との間隔が狭くなるポイントは一見すると大きな変化なのですが、注意深く観察しないと見逃しやすいポイントでもあります。砂時計をイメージして頂ければ分かり易いと思いますが、細くくびれている箇所は流れが集中し水の動きを加速させます。水深やストラクチャーの有無などの2次的要因も関わってきますが基本的には魚をストックしやすくプレッシャーも低めなため狙い目だったりします。

湖流の当たるところ

こちらのポイントは初心者の方にとってかなり見極めが難しいポイントになりますが一見全く水の動きが無いように見えるフィールドでも確実に水は動いています。流れがないはずなのにさっきまで目の前に浮いていた葉っぱが気付いたら向こうの方に移動していた。なんて経験はありませんか?そのフィールドの地形や風の当たり方によって変わってくるので一概には言えませんが、どんなフィールドでも湖流は存在します。夢中になってキャストを繰り返すのも良いですが、休憩がてら水面を見つめて湖流を読み解いてみるのも良いかもしれませんね。

魚も涼しいところに集まるんだね
先生
先生
私達が思っているよりも魚は上流まで行っているよ。

 

8月のバス攻略法その2 シェード(日陰)を探す

シェード(日陰)もこの時期にはかなり重要なファクターです。

先程と同じような質問になりますが、日陰と日向どちらがいいですか?

ただし、シェードの場合はどんなシェードでも良いというわけではなく、必ず上記した水通しを考慮したポイント選びをオススメします。シェードのみで形成されたポイントでも魚はいますが、複合的な要素を持ったポイントの方が断然魚をストックしやすいですし、釣れる魚のサイズもストラクチャーの大きさに比例して大型化する傾向にあります。特にオススメなポイントはこんなところです。

浮き桟橋
へら台などの足場
ヒシモなど水中の空間が出来る植物のカバー

上記したポイントに共通しているのはしっかりしたシェードを形成しやすく、水中は十分な空間を確保できているので水通しも非常に良いところです。

良い場所には良い魚をストックするってことだね。

8月のバス攻略法その3 釣れる時間帯を狙う

どうしてもこの時期は日が上ってしまうと水温も上がってしまうため、朝の早い時間帯か日が沈んでしばらくした時間帯に魚の反応が集中します。

またこの時期の日中はアングラーにとっても非常に危険です。猛烈な暑さについボーっとしてしまい、集中力が持ちません。良い釣りをするためにも狙いをすました短期決戦をオススメします。

上記した狙うべき変化が少ないようなフィールドではディープ狙いが有効です。

攻め手に欠ける場合はディープ攻略も視野に入れてみましょう。

先生
先生
本場アメリカではこの時期、むしろディープ攻略の方がメインなんだよ。

 

8月の釣りは前回の記事でもお話しさせて頂いた通り、「先ずは場所ありき」になってしまいますがこれから紹介する3点は今の時期、狙ったポイントのポテンシャルを最大限引き出せる力を持ったルアーになりますので次回の釣行時にタックルボックスの隅に忍ばせてみてはいかがでしょうか。

先生
先生
この3点は真夏のバス釣りには欠かせません

オススメルアーその1 ゲーリーヤマモト ファットイカ

上がオリジナル、下はベビー。オリジナルの方はフック#4/0を使用

オススメルアー堂々の第一位は元祖バックスライド系ワームのファットイカになります。

今さら説明の必要性を感じないほど有名なワームで、現在はオリジナルの他にカバー特化型で塩の含有量が少ない「カバー」とオリジナルよりシルエットの小さな「ベビー」の3種類がラインナップされています。皆さんの使うシチュエーションやフィールドの状況によって上記した3種類を使い分けて頂ければと思いますが、今回はオリジナルをメインに説明します。

扱いやすいウエイトで飛距離抜群

ファットイカは自重が約12gもあり、基本的にはノーシンカーで使用します。

その自重とパーツの少なさからノーシンカーでも容易に飛距離を稼ぐことが可能性で、やや沖のストラクチャーであってもノーシンカー特有のゆっくりしたフォールで誘う事ができます。写真にもある通りいわゆる「逆付け」と言われるフックセットをするのが一般的で、一見「あまり釣れなそう」に見えるのですが1度使用すればその実力を認めざるを得ないでしょう。多くのフォロワーを生み出しているのも納得できると思いますよ。

カバーの奥に侵入する驚異のバックスライド性能

ファットイカの驚愕性能は飛距離だけではありません。前述した自重の重さで正確なキャストも容易でパーツの少ないボディ形状はカバーに対するすり抜け性能も秀逸、こちらの使い方の方がむしろこのルアーの王道の使い方になります。

また、このワームの最大の特徴でもある「バックスライド」は狙ったカバーないしストラクチャーに対して奥に滑り込むようにフォールするのでカバーの最奥で油断している魚にも効果覿面です。

使っているアングラーを良く見かけますね。
先生
先生
それだけみんなに信頼されている証ですね。

オススメルアーその2 リアクションイノベーションズ スモールビーバー

上がオリジナル4.2インチスィートビーバー、下が今回の主役3.5インチスモールビーバー

初心者の方はあまり聞きなれない名前かも知れませんがこちらのワームは本場アメリカでは絶大な人気を誇るフィリップベイト、スィートビーバーの弟分に当たるワームになります。

とっつきにくそうな見た目をしていますが、その実力は折り紙つき。こちらではスモールビーバーの持つ潜在能力の高さと魅力をご紹介いたします。

このワームはあまり見かけた事がありませんw
先生
先生
本場アメリカではかなり有名なワームなんですよ。

カバー打ちワームとしてパーフェクトなスペック

スモールビーバーはノンソルティーで耐久性が高く長い時間ストレスを感じずに釣りに集中する事ができ、無駄なパーツを極力省いた扁平なボディ形状で抜群なすり抜け性能を有します。サイズの割にコンパクトな見た目ですが逆向きに設けられたリブと大きなパドルテールでアピール力は抜群。センター部分にあるスリットのおかげで高いフッキング成功率を誇ります。

何と言っても単純に釣れる、オススメカバー撃ちワーム

ちかみや自身カバーの釣りは大好きで、今まで多くのワームを使用して来ました。

それこそ誰もが1度は聞いたことがあるような有名所のワームや大手メーカーがリリースした革新的なギミックを持った物など、マーケットで売られている大体の物は試してきたつもりですが、その中でも圧倒的な性能と実釣能力で生き残ってきたのがこのワームでした。特に今回紹介したスモールビーバーはわざわざ日本の為にオリジナルをリサイズして作られた物なので、1度は使用してみる事をオススメします。

興味ががでてきたぞ!使ってみようかな。

オススメルアーその3 メガバス POP-X

POP-Xは僕も持っているよ。
先生
先生
バス釣りを続けていて、まだ使った事がない人はいないんじゃないかな?

8月にオススメしたいルアー、最後の1つはみんな大好き「ポップX」になります。

ほとんどの人に「もう持ってるよ」と言われてしまいそうですがこちらルアーの特徴となぜ釣れるのか?をご説明しますしたいと思います。

ポッパーとしての基本性能が高い

ポップXは何と言ってもポッパーとしての性能が高いです。

64mm,1/4ozというボディサイズは他のポッパーと比べると小柄な部類に入りますがポッパーに要求されるほぼ全てのアクションをアングラーの操作1つで演出する事ができます。ドックウォーク、ポッピング、スプラッシュ、スピット。状況に応じて様々なアクションに対応できるため釣果につながりやすいです。

適度なアピール力で魚をバイトに持ち込める

ポップXはポッパーの中でもかなりアピール力の弱い部類に入り、これはポップXの最大の特徴とも言えます。この時期はオイカワや小型のブルーギルなどのベイトの他に虫やカエルを捕食していることが多くそう言った場合にポッパーは威力を発揮します。

しかもこの時期のバスは高水温でタフってることが多く、アピール力が控えめなポップXはキラーベイトに非常になりやすい特徴があります。

8月のバス攻略法まとめ

いかがだったでしょうか?8月のバス攻略法。

釣り難いイメージが付きまとう真夏の釣りですが条件の良いポイントでは魚が溜まっていることも多く、しっかりとしたビジョンを持って攻略すれば固め釣りも夢ではありません。

しかしながら何度も言いますがこの時期は我々アングラーにとっても非常に危険な時期でもあります。十分な熱中症対策をして決して無理のない範囲で釣りを楽しんで下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

先生
先生
十分過ぎる程の熱中症対策を忘れずに 。暑いからと言って水に入ると危険だよ。
こまめな水分補給と日焼け対策も忘れずにね。
こちらの記事もおすすめ!