バス釣りの本質集

エクスプライド166MLインプレッション!中~軽量級のルアーにマッチするライトウエイトバーサタイル!

軽快なキャストフィールと取り回しがクセになる!!
素直なブランク特性が様々なルアーの実力を引き出すマルチプレイヤー!

シマノのリリースするエクスプライドシリーズは落ち着いたコスメティックとハイエンドモデルに迫る性能でエキスパートはもちろん、初心者の方にも絶大な指示を受けるロッド。必要な部分にはしっかりとコストと手間を掛け、削れる部分は思いきって削る事で高い性能とコストパフォーマンスを両立させています。その絶対実戦主義な作りは様々な面で後発ロッドにたくさんの影響を与え、その後リリースされるロッド達の一種の「基準」とされるほどのシリーズとなりました。

今回はそんなエクスプライドの中でも非常にマルチな性能を持ち、中・軽量級ルアーとのマッチングに定評のあるエクスプライド166MLを実釣で使い込んできました。166Mや1610Mなど、数々のバーサタイルモデルをリリースしているエクスプライドシリーズにおいて、極端にエキスパートアングラーの愛用率が高いこのロッドの本質はいったいどのようなものなのでしょうか?「気になるロッドがあるけれど、どんな使用感なのか知りたい!」そんな皆さんのために元ロッドテスターが感じた素直な感想と、このロッドが持つ特性や個性を皆さんにお伝えしてみたいと思います。

エクスプライド166MLのスペック

長さ:1.98cm(6.6ft)
継数:1本
仕舞寸法:198.0cm
重さ:107g
適合ルアーウエイト:5~15g(3/16~1/2oz)
適合ライン(フロロ・ナイロン):7~14LB
グリップ長:230㎜
テーパー:RF(レギュラーファーストテーパー)

エクスプライド166MLの外観とデザインの特徴

ここではエクスプライド166MLが持つ外観とデザインの特徴を紹介します。セパレートでセットされたコルクとEVAのリアグリップや、ガイドセッティングにもそれぞれ意味があり、小さな努力の積み重ねによって構築されたロッドとしての完成度はハイエンドモデルに匹敵するものがあります。

全体的なデザイン

ブラックをメインに、必要最低限のコスメを施したエクスプライドシリーズ統一の外観は非常にシンプルで引き締まったイメージがあります。良い意味で主張の少ない落ち着いたルックスはどんなリールともなじみ、コルクとEVAをミックスアップしたグリップ周りは、高性能なロッドに不可欠なバランスとコストダウンを高い次元で両立させています。

先生
先生
エクスプライドシリーズの特徴でもあるリアグリップのコルクとEVAのミックスセッティング。賛否両論ありますが、実は使い心地やロッドバランス、コスト面などをハイレベルで実現させるための工夫でもあるんです。

グリップの長さ

扱いやすさや取り回し、使用感に影響するグリップ長は230㎜。近いスペックを持つ166Mと比べ、5㎜ショート化したリアグリップは非常に優秀な取り回しの良さと高い操作性を持っています。特にサークルハンドやバックハンドでのキャスト時、グリップエンドが衣服や身体に当たってしまう事がありますが、166MLはそのようなことがほとんどなく、高いキャストアキュラシーを実現させています。

ブランク

ロッドの性能を大きく左右するロッドブランクは高弾性カーボンをメインマテリアルにハイパワーXで補強したブランクを採用しています。
全体的にハリを感じるブランクは非常に軽く感じ、非常に高い操作性と使いやすさを両立させています。レギュラーファーストテーパーとすることで色々なルアーやリグへの適応能力を引き上げたブランクはシャープなイメージが強く、優秀なロッドバランスは、長時間の使用でも疲れにくく、ハイエンドモデルに迫るレスポンスと使いやすさを持っています。

リールシート

出典:シマノ様

マットラバーコーティングにより見た目にも高級感があるエクスプライドシリーズのリールシートは、シマノ独自の素材CI4+を使用し、どんな人でも握りやすく高強度と軽さ重視したコンパクトデザインで優秀な感度と操作性が印象的。長時間の使用でも疲れにくく、軽く握っても力を入れやすいディテールは油断している時の不意打ちバイトもしっかり対応できる作りと言えます。

ガイド

ロッド自体の性格や性能に大きく関わるガイドはステンレスフレームにSiCガイドの組み合わせでミドルクラスの定番と言えるセッティング。軽量でキャストフィールに優れ、トラブルの少ないセミマイクロガイドを用途やテクニックに合わせた専用セッティングとする事でブランクスの性能を引き出しています。コストパフォーマンスを優先しながらも必要な部分にはしっかりとコストを掛ける所はエクスプライドシリーズがハイエンドモデルに匹敵する最大の要因となっています。

エクスプライド166ML 実釣インプレッション

テストしたルアーの一部。今回は軽量級バーサタイルということで、使用する事の多い5~21g辺りのハードベイトやリグを中心にテストしています。

エクスプライド166ML & ファーストムービング

バーサタイルな味付けの強いエクスプライド166MLは様々なハードベイトと高いマッチングを見せます。1/2ozを超えるウエイトや巻き抵抗の大きいルアーではロッドが入りすぎてしまい、本来の性能を発揮出来なくなるので注意が必要ですが、7~10g(1/4~3/8oz)前後のウエイトであればほとんどのファーストムービングと相性が良いと言え、小型のペンシルやポッパーのようなトップウォーターから80㎜クラスのジャークベイト、コンパクトなワイヤーベイト系、シャロー~2mくらいまでダイブするクランクなどはとても使いやすい特性を持っています。特に繊細な操作が釣果を分けるトップウォーターやジャークベイトでは非常にハイレベルなマッチングを見せ、特性的には一般的なバーサタイルロッドではややオーバーパワー感じてしまう中~軽量級のウエイトやルアーにはジャストフィットするスペックになっています。

エクスプライド166ML & ワーミング

MLクラスのベイトロッドと聞くと最近ではベイトフィネスをイメージしてしまいますが、エクスプライド166MLは他のMLクラスロッドと比べて少しパワフルな印象。シャープな使い心地ながらもレギュラーファーストテーパーを採用する事でマイルドさを出したティップセクションは、ベイトフィネスロッドのような超軽量リグよりも3~5g程度のシンカーを使った軽めのヘビーダウンショットや3~4インチくらいのノーシンカー、小型のジグやテキサスリグとマッチします。他のバーサタイルロッドと同じく、1本のロッドでこなせるアドバンテージは持ち運べるロッドに限りがあるオカッパリで活躍し、中小型のリグを幅広くこなせるスペックは、タフ化が進む現代のフィールドに非常に有効。バットパワーはしっかりしていますが、特性面を考えれば、ベイトフィネスでは重すぎるけれど一般的なMクラスロッドではオーバーパワーなリグをオープンウォーターで使用する使い方がベストと言えるでしょう。

先生
先生
エクスプライド166MLはハードベイトもソフトベイトもバランス良く扱える1本。イメージしている以上に活躍する場面が多いですよ!!

エクスプライド166MLの特徴

ここでエクスプライド166MLが持つ特性と優れた特徴を3つご紹介します。ロッドの持つ特性をしっかり理解して使うことが道具本来の性能を引き出し、釣果を伸ばすコツと言えるでしょう。

様々な中~軽量級ルアーをほぼフルカバーする懐の深さ

タフ化が進む現代のフィールドにおいて、通常よりもコンパクトで軽いルアーが活躍する場面が多くなりました。小型のルアー類は一般的にタックルセッティング(特にロッド)の影響を受けやすく、使用するタックル次第で扱いやすさがガラリと変わりますが、数あるバーサタイルロッドの中でも中~軽量級のルアーやメゾットに対応したロッドというのは思った以上に少なく、そのような場面でエクスプライド166MLの存在は非常に重宝します。また、様々なメゾットに1本で幅広く対応出来る特性は、持ち込むタックル数に制限があるレンタルボートのバックシートやオカッパリとの相性も抜群。様々な中~軽量級ルアーをほぼフルカバーする懐の深さは皆さんがイメージしているよりも大きなアドバンテージとなっています。

取り回しと操作性に優れたロッドバランス

166MLの6.6フィートというレングスは特別短いわけではありませんが、一般的になロッドと比べてややショートなグリップは高い取り回しやすさと操作性を持ち、その上で調整されたロッドバランスは特筆に値すべき特徴と言えるでしょう。

特にペンシルベイトやポッパー、ジャークベイトなどロッドワークを多用するハードベイトを扱う場合、アクションがつけやすくなる優秀な操作性は本当に重要な要素。そのようなロッドは、集中力が途切れがちな状態でも集中しやすく、アングラーをしっかりとサポートしてくれるので釣果に差がつきやすくなります。また、優れた取り回し性能はキャスト面でメリットが大きく、アキュラシー精度が釣果を左右するような厳しい状況下では、正確無比なキャストを強烈に後押し、価値ある一匹を引き出してくれる強い味方になってくれます。

素直なティップセクションとしっかりしたバットパワーの両立

MLクラスのロッドといえばワーミングでの釣りにフォーカスしたベイトフィネスロッドか、ハードベイトとのマッチングに焦点をあてたマキモノ成分多めのロッドを思い浮かべてしてしまいがちですが、エクスプライド166MLは、ハードベイトもソフトベイトも守備範囲とするマルチプレイヤー。負荷を掛ければしっかり曲がるレギュラーファーストテーパーとしながらも、少しハリの強いブランクは、素直なティップセクションとしっかりとしたバットパワーをあわせ持ち、1つのメゾットに特化しがちなMLクラスのロッドに様々なメゾットに対応する器用さを持たせています。通常の同クラスロッドとは比べ物にならないほどの高いバーサタイル性能は、まさにこのティップセクションとしっかりとしたバットパワーの両立から成り立つもので、活躍するシチュエーションを選ばない性格は、どのような場面でも圧倒的なパフォーマンスを発揮します。

先生
先生
優れた性能を持つエクスプライド166MLは使い方次第でハイエンドモデルに負けないくらいのポテンシャルを持つロッド。多くのエキスパートが手放さないのも納得のスペックとなっています。

エクスプライド166ML 実釣インプレッションまとめ

数本のバーサタイルモデルをリリースエクスプライドシリーズの中でも、166MLは最も初心者向きのロッドと言えるでしょう。ハード、ソフト問わず中~小型のルアーを幅広くカバーする特性は、オッカパリのお供にも最高です。

エクスプライド166MLと相性抜群のリグ&ルアー

・1/4~3/8ozクラスのペンシルベイトやポッパー
1/4~3/8ozクラスのジャークベイト
・1/4ozクラスのスピナーベイト、ジグスピナー
・中~小型のクランクベイト
・大きめのシャッドプラグ
・3/16~1/4ozのテキサスリグやラバージグ

・3/16~1/4ozのヘビーダウンショット
・大きめなワームを使用したネコリグ
・3~4インチクラスのノーシンカーリグ

などなど

以上がエクスプライド166MLと相性抜群のリグやハードベイトになります。

「全く情報のないフィールドでオッカパリをするにあたって、エクスプライドシリーズの中からどれか1本だけロッドを持って行くとしたら?」

と聞かれたら、私はおそらく166MLを選びます。

エクスプライドシリーズには166Mや1610Mなど、他にもバーサタイルと呼べるスペックを持ったロッドが存在しますが、私個人的には今回紹介した166MLが最も使用する機会が多いロッドと言えます。本文でも触れたように、1/2ozよりも軽いウエイトの中~軽量級のルアーはタフ化が進む昨今のフィールドにおいてメインとなることが多く、トップウォーターからスピナーベイト、クランクやワーミングまでカバーする特性は本当に優秀。まさにライトウエイトバーサタイルと呼ぶに相応しい仕上がりは、車で例えるなら決して直線は速くないけれど、コーナーリングでは軽快なフットワークを見せる中排気量のスポーツカーといったところです。

「バーサタイルロッドとしてのMLクラスはややパワー不足。」そのような先入観が強いアングラーさんは多いかと思いますが、エクスプライド166MLの持つ器用貧乏では無い本当のバーサタイル性能は、きっと皆さんが思っている以上のポテンシャルで、そのイメージを塗り替えてくれるでしょう。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


使い方やルアーに合わせて専用設計されたエクスプライドのインプレッションはコチラ!!

エクスプライド166Mインプレッション!バーサタイル性の中に特化した性能を持つハイスペックロッド!!強めのティップセクションは掛け感重視の釣りで真価を発揮!! シャープな操作性と感度で積極的に攻めていける攻撃型ロッド! シマノの...
エクスプライド1610Mインプレッション!マルチな性格で幅広い対応力が魅力の優等生ロッド!優秀な遠投性能と素直な性格は巻きも撃ちも高次元対応! 使用率の高いウエイトをフルカバーした究極のオールラウンダー!! 「おすすめ...
エクスプライド165ML+実釣インプレッション!ジャークベイトの達人が作ったこだわりの操作系ロッド!ジャークベイトに特化した独自のセッティングが絶品!! 細部へのこだわりを積み重ねる事で高い完成度を実現した現代の銘竿! シマノの...
こちらの記事もおすすめ!