ルアーインプレッション

エバーグリーン コンバットクランク480 ルアーインプレッション

軽い巻き抵抗とキャスタビリティーはカテゴリートップの使いやすさ!
高い基本性能と実釣性能で数々の実績を持つディープクランク!

若い頃、山中湖でディープクランクの修行をしたことのあるちかみやが、個人的に気になるルアーをテストして、独断と偏見でお送りするルアーインプレッションコーナー。実際に使い込んだ上でそのルアーが持つ特徴や長所などを超個人的な目線でインプレションしています。今回はエバーグリーンのリリースする数あるクランクベイトの中でも抜群の使いやすさで実績も豊富な高性能ディープクランク、コンバットクランク480について解説していきます。

コンバットクランク480のスペック

Length : 75.0㎜
Weight : 26.0g
フローティング
Hook : EGトレブルマジック#4×2
カラー :22色

使いやすさ
実釣性能
おすすめ度

先生
先生
他を寄せ付けない圧倒的性能や揺るぎない実釣性能を持った一部のルアーしか認められないこのカテゴリーにおいて、王道ディープクランクの外見と多数の実績を持つコンバットクランク480はどのような特色があるのでしょうか?

コンバットクランク480の構造と外見の特徴

ここではコンバットクランク480を構成する主要なコンポーネントや内部構造などから、このルアーが持つ本質的な性能や特徴、本来のポテンシャルをひも解いて行きます。

リップの形状

出典:エバーグリーンインターナショナル様

コンバットクランク480のリップは、ディープクランクらしいロングなリップとなっています。ウォブルよりもロールを強調したディープクランクらしい設定のリップはシリーズ共通のラウンドリップをベースにスクエアリップの要素をプラスしたような形状となっています。先端がワイドなリップ形状はストラクチャーにコンタクトした際、リップの当たる面積が一般的なリップよりも大きいのでとても優秀な感度を持ち、ウィードへのコンタクト感とコントロール性能は数あるディープクランクの中でもトップクラスです。

リップの角度

出典:エバーグリーンインターナショナル様

コンバットクランク480のリップ角度はディープクランクらしい水平な取り付け角となっていて、ラインアイの位置はやや先端寄りと、リップで受けた水の抵抗を適度に逃がして理想的なアクションを発生させるセッティングとなっています。かなり巻き抵抗が軽く、非常に使いやすい設定のリップ角ですが、他のディープクランクと比べて少し強めなアクション設定はアピール力も高く、中層クランキングでもバスを引っ張ってバイトに持ち込めるだけの高い実釣性能をあわせ持っています。

設定されている潜行レンジは約4.2~4.8mと王道ディープクランクらしい設定。キャスティングでは4m以深(最大潜行4.8m 10lb.ライン)をより広く効率的にサーチすることができ、ドラッギングでは8m以深をもっと広範囲に探ることができる驚異の潜行能力を発揮します。

ボディ形状

出典:エバーグリーンインターナショナル様

コンバットクランク480のボディは、コンバットクランクシリーズが共通で採用するヘキサゴンボディデザインと呼ばれる独特な形状をしています。

このボディ形状には水押しのパワーアップと、色覚変化を強調し、フラッシング効果を高める要素があり、理想的な空気抵抗を作り出すデザインで高いキャスタビリティー性能を発揮します。内部構造にはタングステン式の重心移動システムをメインに、低重心の固定サブウエイトを採用したボディセッティングはロングキャストに必要な自重をあわせ持ち、優秀な飛距離と軽快な泳ぎ出しを両立させています。

出典:エバーグリーンインターナショナル様

コンバットクランクが共通で採用するタングステン式重心移動システムは、ボディの全長をフルに使う大掛かりなもので、高いキャスタビリティーを発揮します。ロングキャスト性能が釣果と絶対性能に直結するディープクランクには必須の装備と言えるでしょう。

コンバットクランク480の特徴と長所

ここではコンバットクランク480が持つ特徴を3つご紹介します。
それぞれのルアーが持つ特徴や長所、強み理解していれば、状況に応じて正確にルアーを使い分けられるようになるので、より多くのバスに出会えるチャンスが広がります。

ディープクランクとしての高い総合性能

一見すると特に代わり映えの無いディープクランクであるコンバットクランク480。目を引くような最新技術や独創的なギミックなどは持ち合わせていませんが、このクランクがエキスパートやプロアングラーにこぞって使用される理由は、ディープクランクとしての高い総合性能を持っているからに他なりません。

ディープクランクは基本性能の高さがそのまま釣果となって表れやすいルアーです。

ただ投げて巻くだけでバイトに持ち込むクランクはアングラーのスキル差が出にくく、ルアーがモノをいうカテゴリーですがコンバットクランク480の持つ絶妙なアピール力を持つアクションはもちろん、キャスタビリティー、使いやすさ、トラブルの少なさ、ボディバランス、適応能力、実釣性能などなどそのどれもが高レベル。しっかりとした基本性能が無ければ巻くのが大変なディープクランクを巻き続ける事は出来ません。コンバットクランク480の持つ多数の実績は本物を見分けられるエキスパート達がこのクランクの性能を信じて巻き倒した結果なのです。

優秀なロングキャスト性能!!

シリーズを通して採用されるキャストしやすいボディウエイトと空気抵抗を考えたボディデザイン、固定式サブウエイトにボディ長をフルに使ったタングステン式の重心移動システムで優秀なキャスタビリティーを持つコンバットシリーズですが、今回紹介したコンバットクランク480も非常に優秀なロングキャスト性能を持っています。

優秀なキャスタビリティーは、少ないキャスト数で効率良く広範囲を探れるためファーストムービングルアーには無くてはならない性能と言えます。特にディープクランクにとってロングキャストは狙ったレンジを長くサーチできるようになる重要な要素。戦闘力の高いディープクランクには必須と言えるでしょう。

長時間使い続ける事ができる軽い巻き心地

コンバットクランク480は、ディープクランクとは思えないような軽い巻き心地を持っています。大きなボディとリップを持つディープクランクはどうしても巻き心地が重く、中には長時間巻き続ける事が大変なクランクもありますが、ディープクランクもファーストムービングルアーである以上巻き続けなければ釣果には結び付きません。

そのためディープクランクにとって、軽い巻き心地というのは使い続けるために必須の要素となりますが、コンバットクランク480の持つストレスフリーな軽い巻き心地は長時間巻き続けても疲れにくく、手元に伝わる確かな手ごたえはアングラーの集中力を長続きさせるのに一役買っています。

先生
先生
ディープクランクとしては少し強めなアクション設定もコンバットクランク480の持つ魅力の一つ。ウィード内にもぐりこんだバスを引き出せるアピール力は、優秀なウィードコンタクト感と相まって琵琶湖や山中湖などで猛威を振るいます。

コンバットクランク480の感想とまとめ

ディープクランクとしての高い総合性能を持つコンバットクランク480は、マッドペッパーマグナムやTDスーパークランクといったレジェンドディープクランクにも負けない実力を持つ数少ないクランクです。

エバーグリーンはディープクランクのリリースが少ないように思いますが過去にはコンバットクランクマグナムと呼ばれるディープクランクをリリースしていました。

若かりし頃のちかみやにはどう見てもマッドペッパーマグナムにしか見えませんでいたが、マッドペッパーがディープクランク最強と呼ばれていた時代、コンバットクランクマグナムはいつの間にか姿を消していました。

そんなイメージもあってか、正直なところコンバットクランク480にはあまり期待していませんでした。個性的な特徴も無く、オーソドックスな作りは「見た目通りの性能」だと、思っていましたが、実際のところコンバットクランク480の持つ実力は数あるディープクランクの中でも確実にトップクラスです。細かい説明は本文内で触れているので割愛しますが、高い総合性能と実釣性能を優先するディープクランクにおいて、たくさんのエキスパートがコンバットクランク480を愛用する理由はただ一つ。「使いやすくて釣れるから」です。

ディープクランクというカテゴリーはどちらかというとコアでエキスパート向きなカテゴリーです。ストイック志向のアングラーが多いせいか釣れるルアーや絶対性能の高いルアーばかりが一強となりやすいジャンルですが、過去のマッドペッパーマグナムやT.Dスーパークランクがそうであったようにコンバットクランク480もまた、そのようなレジェンド級クランク達と肩を並べる日が来るかもしれませんね。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


※詳細なカラーラインナップや価格は上記のAmazon、楽天のリンクからご確認ください。

クランクベイトの性能をフルに引き出せるおすすめタックルセッティングはこちら!!

クランクベイト中毒者が解説!釣果が変わる理想のクランキンロッドとは?クランクベイトは活躍するシチュエーションにあまり左右されず、年間を通して良く釣れるルアーとして非常に人気の高いルアーですね。 基本...
グラスロッドとは?そのメリットとデメリット、相性の良いルアーを完全解説!釣りを続けていると一度は聞いた事があるグラスロッドのお話。 現在主流になっているカーボン素材とは違い、様々なメリットとデメリットを...
おすすめディープクランク5選と釣れる使い方、理想のタックルとは?数あるルアーの中でもディープクランクというのは専門性が高く、使い手やタックルセッティングを選ぶイメージがあるので、なかなか取り組めないで...
こちらの記事もおすすめ!