バス釣りの本質集

クローラーベイト・羽根モノルアーの性能を引き出すタックルセッティングとは?【おすすめのロッド・リール・ライン】

強力なインパクトで大型のバスに非常に有効なクローラーベイト。ひと昔前まではイロモノ扱いされ、マニアックな部類のハードベイトというイメージでしたが、昨今ではその実力が幅広く知られるようになり各メーカーから様々な特徴を持つ魅力的なモデルがリリースされるようになりました。

そして何より、トップウォーターを舞台に繰り広げられる強烈なバイトシーンはクローラーベイトが高い人気を誇る最大の要因と言えますが、トップウォーターゲームは皆さんご存じの通り非常に奥が深くタックルのセッティングが大きく釣果を左右します。特に重量級のビッグなボディとウエイトが特徴的なクローラーベイトはその最たるもの。今回はそんなクローラーベイトの実力を引き出すおすすめのロッド5つと、ベストなタックルセッティングをご紹介します。

クローラーベイト・羽根モノルアーのロッドに必要な要素・性能とは?

ビッグベイトやスイムベイトなどのロッドと併用されがちなクローラーベイトですが、実際には求められるロッドスペックが少し違います。初めはそれほど気になりませんが、クローラーベイトを使い込んでいくと小さな違いが大きなデメリットとなることも多々あります。ここではクローラーベイトと相性の良いロッドにはどの様な性能が必要か?解説していきます。

ヘビーウエイトの羽根モノに負けないしっかりとしたパワー

2oz、3ozとヘビーなウエイトが一般的なクローラーベイトを快適に扱い、操作するには、その重量を十分扱えるパワーが必要不可欠と言えます。当たり前の様に思うかもしれませんが、意外と手元にあるロッドでだましだましキャストしている事も少なくないのではないでしょうか?ロッドのパワー不足をカバーするようなスローなスイングスピードでは高いキャスタビリティーはもちろん、飛距離も十分に稼げません。クローラーベイトはどちらかというと広範囲をサーチするルアーというよりはカバー際やその周辺で活躍するハードベイトなのでバイトしたバスに主導権を与えずコントロールするパワーも必須。ロッドを選ぶ際には使用したい羽根ものルアーを遠慮せずにフルキャストできるスペックを持ったロッドを選びましょう。

先生
先生
使用するシチュエーションにもよりますが最低でもロッドのパワーはH~XHクラス、しっかりとしたバットパワーでメインとするクローラーベイトをストレスなくキャスト出来るロッドを選びましょう!

ピンスポットをしっかりと狙い打てる取り回しの良さ

クローラーベイトはオープンウォーターを効率良く探るというよりも、ピンスポットの攻略で威力を発揮するトップウォータープラグ。大きく重量のあるハードベイトを正確に打ち込むには取り回しが良くコントロール性の高いロッドバランスが重要となります。

特にロッドの長さ(レングス)は大切な要素の1つで、現在は7フィート以上のロングレングスモデルと6フィート前半のショートレングスが主流となっていますが、ショートモデルは取り回しの良さを活かして野池など小規模フィールドのオカッパリゲームからレンタルボートなど、足場が制限される状況で真価を発揮します。ロングレングスにはない高いキャストアキュラシーはカバー最奥のピンスポットや水面との距離が近いレイダウンを攻略する事も可能となり、近距離戦に特化したスペックはクローラーベイトと抜群の相性を発揮します。

先生
先生
遠投性能よりもキャストの精度が釣果に直結しやすいクローラーベイトはややショートなロッドレングスの方が向いています。そもそもクローラーベイトは遠投が得意なハードベイトではないので、その性能をフルに発揮させるには取り回しの良いロッドを選ぶことが近道と言えます。

ラフなバイトも絡め獲るノセ重視のテーパー

数あるトップウォータープラグの中でもクローラーベイトへのバイトは非常にアグレッシブで強烈。ただでさえ他のハードベイトと比べてミスバイトの多いサーフェイス系ルアーの中でも、クローラーベイトは最もその傾向が強いルアーと言えるでしょう。

このようなルアーで多いラフなバイトでも、しっかりノセてキャッチ率を上げるにはロッド自体が良く曲がる特性のロッドがとても有効となります。最近では使いやすさを重視してファーストテーパーでもパラボリック(負荷に応じて曲がる)テーパーを採用しているモノもありますが、通常のロッドであれば、ファーストよりもレギュラー寄りのテーパーのほうがクローラーベイト向きと言えるでしょう。

先生
先生
ウエイトのあるクローラーベイトをイメージ通りにコントロールするにはゆったりとしたモーションでもしっかり曲がり込むレギュラー寄りのテーパーがマッチします!

おすすめのクローラーベイト・羽根モノルアー用ロッド5選

ここでは私自身が実際に使い込み、自信を持っておすすめ出来るクローラーベイトと相性抜群のロッドを5つご紹介します。

ダイワ  リベリオン 691HFB-SB


スペック
■全長:6’9”(2.06m)
■自重:115g
■適応ルアーウエイト:11~113g(3/8~4oz)
■適応ライン:14~30lb(PEラインMAX5号)
■おすすめ度

様々なリグや釣り方に特化した性能を持ちながらも、コストパフォーマンスに優れたダイワのリベリオン。その中でも扱いやすいスペックと明確な個性を持つ691HFB-SBは羽根モノルアーはもちろん、リップ付きのビッグベイトやなど水を強く押すタイプの大型ハードベイトと抜群の相性を誇ります。特徴的なファーストアクションはルアー操作性に優れた一面を持つ反面、しなやかなティップはスイムジグやスイムベイトなど、様々な大型リグやルアーに高次元対応します。

シマノ ポイズンアドレナ 166H-SB


スペック
■全長:6’6”(1.98m)
■自重:107g
■適応ルアーウエイト:10~56g(3/8~2oz)
■適応ライン:12~25lb(PEラインMAX5号)
■おすすめ度

6.6フィートのオーソドックスなレングスでロングキャストからアキュラシーキャストまで、幅広いシチュエーションで活躍するアドレナ166H‐SBは、羽根モノはもちろん、様々なハードベイトの実力を引き出す事の出来る1本。スパイラルXによってネジレを抑えたブランクスは特にアキュラシー精度が高く、オーバーハングへのアンダー&サイドハンドキャストを用いた正確なアプローチはもちろん、トゥイッチ&ジャークといったテクニカルなルアーコントロールも得意としています。

ツララ アべントゥーラ59


スペック
■全長:5’9”(1.75m)
■自重:170g
■適応ルアーウエイト:14~113g(1/2~4oz)
■適応ライン:フロロ・ナイロン ~30Lb(PEライン MAX7号)
■おすすめ度

国内のビッグベイトゲームのみならず、世界中のモンスターハンティングに対応したツララのアベントゥーラ59は様々なウエイトのハードベイトを扱う事の出来る究極のバーサタイルロッド。オーバーパワーとも言えるほどの強力なブランク特性はクローラーベイトとの相性も良く多くのエキスパートに愛用されています。思い切ったショートレングスは抜群の操作性と取り回しを誇り、プレッシャーの高いリザーバーのピンスポット攻略などでその性能をフルに発揮して、至近距離での突発的バイトや難しい状況でのファイトにも相手に一切の主導権を渡すことなく、ここ一番で本領を発揮してくれます。

レジットデザイン WSC64XH  “Big Bait Special”


スペック
■全長:6’4”(1.93m)
■自重:168g
■適応ルアーウエイト:10~100g(3/8~3.5oz)
■適応ライン:14~25lb
■おすすめ度

ショートレングス・ビッグベイトロッドの火付け役、レジットデザインのWSC64XHはビッグベイトをストレスなく操れるパワーと、取り回しの良いレングスで関東圏に多く存在するリザーバーを中心に高い人気を誇るロッドです。本来はビッグベイトにフォーカスされたスペックと言えますが、マイルドな特性のブランクはクローラーベイトはもちろん、大型のトップウォーターやフロッグに対応できる懐の深さを持っているので、一本持っていると何かと重宝します。非常に高い完成度はアングラーのスキルに左右され難く、常に実力を発揮する性格は、エキスパート、初心者を問わず幅広いアングラーにおすすめの1本と仕上がっています。

ノリーズ ロードランナーヴォイス HB680XH


スペック
■全長:6’8”(2.06m)
■自重:192g
■適応ルアーウエイト:21~84g(3/4~3oz)
■適応ライン:16~30lb
■おすすめ度

負荷を掛けるとしっかりと曲がり込み、アングラーのスキルを最大限サポートするようなブランクが特徴的なロードランナーのHB680XHは、クローラーベイトをはじめとした大型ルアーに適応する性質を持ち、重量のあるルアーとの相性が光るロッド。サイドハンドで低弾道キャストするために最適な取り回しの良さと、静かな着水音を作れる絶妙なレングスとパワーのバランスは他には無い特性と言えるでしょう。太軸トレブルフックのフッキングをしっかりと決める強靭なブランクでありながら、自由自在にルアーを動かせるレングスとティップバランスはクローラーベイトを自在に操れるテクニカルな攻略を得意とし、パワーゲームを楽にこなす強大なトルクと、繊細な食わせを併せ持つ特性は様々な場面で活躍する事が出来ます。

クローラーベイト・羽根モノルアーの性能を引き出すリールスペックとは?

クローラーベイトで使用するリールは繊細なラインコントロールを可能とするローギヤ(通常のギヤ比)のリールがおすすめです。特に昨今のクローラーベイトはデッドスローリトリーブをする事で実力を発揮するモデルが多く、アクションするギリギリの速度でラインをたるませながら一定スピードでリトリーブする必要があります。また、カバー際のピンスポットで活躍する事が多い上にルアー自体の重量も重く、ビッグサイズのバスが反応しやすいクローラーベイト特有の性格を考えると、ローギヤでしっかりとしたラインキャパシティーを持つリールが望ましいでしょう。

先生
先生
しっかりとしたウエイトがあるクローラーベイトにはリールの剛性も非常に重要。パワフルで自重のあるロッドと組み合わされる事の多いクローラーベイトのタックルには、少し重いリールの方がバランスが取りやすくなります。


高いボディ剛性感と十分なラインキャパシティー、シルキーな巻き心地で定評のあるシマノのバンタムMGLはクローラーベイトとの相性も良くまさに理想的とも言える1台。他のリールには無いバリエーション豊富なギヤ比は、イメージしている以上に強力な武器になります。


ベーシックを極めた作りで剛性感とキャスティングレスポンス、操作性の3要素を高次元でミックスアップしたダイワのZILLION(ジリオン) SV TWもクローラーベイトにはうってつけのリール。幅広いウエイトのルアーを快適にキャスト可能な特性はトラブルも少なく、アングラーをフルサポートしてくれる深い懐を持っています。

クローラーベイト・羽根モノルアーの性能を引き出すラインは?

クローラーベイトで使用するラインは適度なしなやかさと伸縮性を持つナイロンラインが最も相性の良いラインと言えるでしょう。トップウォータールアーであるクローラーベイトでは現在主流となっているフロロラインではコシが強すぎる上にラインそのものの重さが重いのでクローラーベイトの持つパワフルなアクションをスポイルしてしまいます。

また、キャスト時の飛行姿勢が安定しにくく、大きなクロールアクションが特徴的なクローラーベイトではPEラインを使用するとライントラブルが多発する傾向にあります。ハイアピールで存在感とインパクトが強く、一発で勝負を決めるタイプのハードベイトであるクローラーベイトにとってキャストミスは命取り。ここ一番のシチュエーションで信頼できる性能を持つラインがクローラーベイトとの相性が良いラインと言えるでしょう。

ラインの太さはルアー自体の自重やビッグなサイズのバスが反応しやすいクローラーベイトの特性を考えれば16LB以上、十分な強度があって扱いやすい太さを選びましょう。


ナイロンラインとしては圧倒的なシェアを誇り、様々な場面で活躍するマシンガンキャストはクローラーベイトでの使用率も高いアイテム。根ズレに強く高感度、適度に柔らかくてキャスタビリティーも良い特性は、まさにナイロンラインとしての欲しい性能が高次元でバランス良くミックスされたラインと言え、エキスパートからの信頼も十二分にクローラーベイトの性能を引き出すことが出来ます。


古くから絶大な人気を誇るサンヨーナイロンのGT‐Rは、ナイロンらしいしなやかさと柔らかさが特徴的なライン。想像以上にスレなどの摩耗に強く、数あるナイロンラインの中でもトップクラスのトラブルの少なさは初心者の方にこそ使って欲しいと思えるラインに仕上がっています。ベテランアングラーからの指示も強く、ナイロンラインのメリットを十分引き出した特性は今でもたくさんのファンを抱えています。

先生
先生
ナイロンのしなやかな特性はクローラーベイトのアクションを最大限に引き出してくれます。ダッジなど1oz級の軽めのクローラーベイトには最低でも14LB以上、2ozクラスの平均的なクローラーベイトには16LB以上のナイロンラインが望ましいでしょう。

クローラーベイト・羽根モノルアーの性能を引き出すタックルセッティングとは?【ロッド・リール・ライン】最後に・・・

最近では高い実釣性能を認められ、本気の勝負ルアーとしての地位を獲得したクローラーベイトですが、その実力を引き出すには冒頭部分でも触れたようにタックルのバランスが重要なファクターとなっています。ヘビーなウエイトと大きなシルエットがゆえに、ビックベイトロッドを流用される事の多いクローラーベイトは、専用のタックルで運用すればするほどその実力を発揮して釣果が倍増する典型的なハードベイト。本来、各々のルアーが理想とするタックルのセッティングを出すためには時間もコストもかかりますが、今回紹介したタックル群はどれも実釣を通して実力を確認した本物ばかり。私達の積み重ねてきた膨大なトライ&エラーから生まれたタックルセッティングが、皆さんのクローラーベイトゲームのお役に立てれば幸いです。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

クローラーベイトの実力を引き出す関連記事はコチラ!!

とにかく釣れる至高のクローラーベイト・羽根モノルアーおすすめランキングTOP5と使い方のコツ大全!!インパクトのあるハイアピールなビッグボディで、トップウォーターをゆっくり誘う事が出来るクローラーベイト。ひと昔前では細部の調整やチューニ...
野池やリザーバーで大活躍!取り回し抜群のショートレングスビッグベイトロッド5選大きなシルエットが持つ存在感と他のルアーにはない圧倒的なアピール力で大きなバスを引き付けてバイトに持ち込むビッグベイトゲーム。 「...
コスパ最高!初心者にもおすすめな高性能で安いビッグベイトロッド5選大きくてインパクトのあるルアーを大遠投し、強烈なバイトで見たこともないビッグバスをキャッチする・・・ビッグベイトゲームにはそんな魅力が溢...
こちらの記事もおすすめ!