ルアーインプレッション

ダイワ T.Dミノー95SP ルアーインプレッション

長期に渡って愛されているのは名作の証。
基本性能を過不足無く搭載したスタンダードミノー!

ちかみやが、最新ルアーや名作ルアーをテストして、独断と偏見でルアーインプレッションをお送りする名作訪問のコーナー。そのルアーが持つ特徴的なルアーの構造と形状、実際に使用した感想と独自の解釈でルアーの特徴をひも解き、超個人的な目線でルアーを解説しています。今回は若き日のちかみやもお世話になった、ダイワのT.Dミノー95にフォーカスしてみたいと思います。

T.Dミノーには95㎜と60㎜がラインナップされていますが、両モデルともコンセプトが違い、それに伴って内部構造も違うので、今回は個別に紹介していきます。

先生
先生
今回紹介する95㎜モデルは名作T.Dミノー1091の後継機になります。現在でもファンが多い名作の後継機。その実力はいかに?
昔のT.Dミノーは本当に良く釣れましたが塗装が弱かった印象があります。フックサークルも付きやすくて直ぐにボロボロになっていました。

T.Dミノー95のスペック

Length : 95.0㎜
Weight : 8g
サスペンド
Hook  : #6x2
カラー :10色

先生
先生
旧T.Dミノーは根強い人気があったルアーで、廃盤になる度にファンから再生産を望まれて、廃盤と再販を繰り返したルアーでした。実はちかみやも再販の度にひっそりと大人買いしていましたw

T.Dミノー95の構造と外見の特徴

T.Dミノー95の外見や内部構造などから、このルアーが持つ本来のポテンシャルを解き明かしてみましょう。オーソドックスな見た目には確かな基本性能が息づいています。

リップの形状

T.Dミノー95のリップは、他のジャークベイトと比べて小さめのリップを採用しています。ボディサイズと比較してもやや頼りないサイズのリップになっていますが、水自体は掴みやすく、この様な小さなリップでも十分なダートを可能としています。

リップの角度

リップの角度は、通常のジャークベイトに採用される事の多い45°程度の角度に設定されています。
この角度はルアーのレスポンスを引き出しやすく、リップの形状と合わせれば様々なアクションに味付けが出来る角度ですが、T.Dミノー95はリップ自体が小さめなので、ロール主体のアクション強調されやすくなります。

潜行深度は約1m前後。意外と繊細なルアーで、ラインの太さが潜行深度に大きく影響するのでタックルのセッティングには十分注意しましょう。

ボディ形状

T.Dミノー95のボディ形状はフラット面の少ないボディ形状なので水の抵抗を受けにくい形状と言えます。通常のラウンドボディなのでアピール、水押し共に強くはありませんが、とても素直なアクションをしてくれます。

T.Dミノー95の特徴と長所

ここではT.Dミノー95が持つ特徴を3つご紹介します。
それぞれのルアーが持つ特徴や長所、強み理解していれば、状況に応じて正確にルアーを使い分けられるようになり、より多くのバスに出会えるチャンスが広がります。

バスを引き付ける絶妙なアピール力!!

T.Dミノー95はサイズを問わず、たくさんのバスを連れてきてくれるという大きな特徴がありますが、その最大の要因はこのアピール力にあり、強すぎず、弱すぎない独特で絶妙なアピール力はどんなフィールドでもどんなシチュエーションでも常に安定した効果を発揮し、アングラーの期待に答えてくれます。

お手本のようなダートと高い操作性

T.Dミノー95のダートはとてもキレイで簡単にアクションさせることが出来ます。

これぞジャークベイト!というようなダートのアピール力を前面に押し出した幅の広い、ダイナミックなダートではありませんが、軽い力でも左右にダートさせやすく、その性能を簡単に引き出すことができます。初心者でも扱いやすく、集中力が長続きする特性はジャークベイトで釣果を残すためには必須の性能と言えます。

ただ巻きで見せるナチュラルなスイミングアクション!

T.Dミノー95のただ巻きは非常にナチュラルで高い実釣性能を誇ります。

水つかみの良いリップが、ただ巻きでのリトリーブアクション時に左右へのヒラヒラと細かいロールアクションを演出し、ジャークでは反応しないバスへアピールします。特に水面直下でフィーディングしている魚には効果覿面で、高確率でバイトに持ち込むことができます。

先生
先生
T.Dミノーには独特のアピール力があり、魚を引き付ける力があります。ミノーとしての基本性能と操作性をしっかり持っていて、名作と呼ぶに相応しい仕上がりになっています。

T.Dミノー95を使った感想と使い方のまとめ

長期に渡って愛されているのは名作の証。基本性能を過不足無く搭載したスタンダードミノー!T.Dミノー95のルアーインプレッションは以上でおしまいとなります。今回のまとめとして、もう一度このルアーの特徴を振り返ってみましょう。

T.Dミノー95の大きな特徴

・バスを引き付ける絶妙なアピール力!!
・お手本のようなダートと高い操作性
・ただ巻きに見せるナチュラルなスイミングアクション!

この特徴を理解して有効なシチュエーションで使ってあげるようにすれば、より効率良く釣果を伸ばすことが出来ます。

基本性能がしっかりと詰まったT.Dミノーは誰にでも使いやすく、活躍するフィールドやシチュエーションを選びません。独特のサイズ感とアピール力が持つ実釣性能は非常に高く、T.Dミノーが名作と呼ばれる要因になっていますが、欲を言えば少し個性が足らないように感じます。飛び抜けた性能はありませんがトータルバランスは本当に高いので、良いジャークベイトとはどんなルアーなのか知りたいアングラーさんは、一度T.Dミノー95を使ってみると良いでしょう。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


※詳細なカラーラインナップや価格は上記のAmazon、楽天のリンクからご確認ください。

ジャークベイトの使い方やオススメのタックルセッティングはこちら!!

バスが湧く!釣れるジャークベイトの基本とコツ、使い方を徹底解説!!本場アメリカではクランクベイトやスピナーベイトと並び、最もポピュラーなサーチベイトであるジャークベイト。 ハードベイトにしては中層...
釣れるジャークベイトロッドの選び方とおすすめのタックルセッティング一定のレンジてステイさせる事が出来るジャークベイトは低水温期やタフタイムにクオリティーの高いバスをバイトまで持ち込める方法として有名です...
こちらの記事もおすすめ!