バス釣り初心者おすすめ

ダウンショット、ヘビダン、キャロでおすすめなスイベル5選

ダウンショットやヘビダン、キャロなどで使われるスイベル。

日本では古くから糸ヨレを解消するサルカンとして親しまれてきましたが、実は私、おすすめのフックやシンカー、ラインと同じくらいの頻度で「おすすめのスイベル」を聞かれます。

スイベル自体はとても安価で小さなパーツ。どこのメーカーのモノを使ってもあまり変わらないと思われがちですが実は非常に重要なパーツだったりし、その性能の高さが「使いやすさ」や「トラブルの少なさ」に直結します。

小さなパーツだからこそ、安価なパーツだからこそ良い物を使いたい。

そんな意識の高いアングラーさんに送るジャンクフィッシャーマンちかみや厳選のおすすめスイベル。数あるスイベルの中からバス釣りで使える本当に優秀なスイベルを5つ選び抜きました。

ダウンショット、ヘビダン、キャロにおけるスイベルの役目

ダウンショットやヘビダンに使うスイベルにはワームが回転する事によって発生する糸ヨレを解消する効果を狙って取り付けます。

ダウンショット系のリグは、シンカーの上にワームが付きます。

そのためワームの自由度が高く、水の抵抗も受けやすいためにワームが回転してしまいラインにヨレが発生します。

たまにワームとシンカーの間にスイベルをセットする方を見かけますが、理論上それだと全く意味がありません。

また、キャロの場合は「シンカーの可動域に制限を掛けるため」に使われる事が一般的です。

乱暴な形で表現してしまえばキャロ系のリグは「シンカーをつける事でボトム付近をスピーディーで手返し良く探れるノーシンカー」のようなもの。このノーシンカー状態をしっかりと確保するためにシンカーの可動域に制限を掛ける必要があります。

ダウンショットとキャロで役割は違いますが、どちらのリグにとってもスイベルは無くてはならないパーツなんですね。スイベルによって糸ヨレが解消するとトラブルも一気に減り、扱いやすさが格段に向上します。

ダウンショット、ヘビダン、キャロでおすすめなスイベル5選

それではここで、私が実際に使って「このスイベルは高性能!」と感じたモノを5つご紹介します。バス釣り以外にも、様々な釣りを経験してきたジャンク・フィッシャーマンであるちかみやおすすめのスイベルは、バス釣り専用にとどまらないマニアックなチョイスですよ!

ラインシステム 片デカサルカン


小型、軽量の作りは繊細な釣りとベストマッチ!小さな工夫で使いやすさ抜群のスイベル
ラインシステムがリリースするスイベルは本来ヘラブナ釣り用のスイベルですが、極めて高性能でコンパクトな作りはバス釣りのみならず、ワカサギやタナゴ釣りなど繊細さが要求される釣りにも使える優れもの。特にシンプルな形状の片デカサルカンはメインライン側のアイはひし形で結び目の位置を固定し安定感じをアップし、結び替えの多いリーダー側はひと回り大きな円形アイを採用して使いやすさを重視。非常に軽量ながらトップクラスの強度を誇る本体は、ライトラインを使用したダウンショットと最高の相性を見せます。

ラインシステム 片デカダブルサルカン


数あるダブルスイベルの中でも圧倒的なレスポンスが自慢の高性能スイベル!
糸ヨレが特に出やすいヘビダンなどで良く使われるダブルスイベルは、シングルのモノと比べて回転する部分が多く糸ヨレを解消する効果が高くなりますが、ラインシステムがリリースする片デカダブルサルカンは圧倒的なレスポンスが最大の魅力。バス釣りよりも格段に繊細なヘラブナ仕掛けの小さな糸ヨレも徹底的に排除出来るスペックは、数あるダブルスイベルの中でも確実にトップクラスと言えるでしょう。強度も申し分無く、リーダーを結びやすくする片デカアイは使えば使う程に機能美を感じられる良品です。

オーナー Wクレン


強度が売りの老舗メーカーが作る万能スイベルの決定版!!
非常にオーソドックスな作りで、どこか安心感のあるオーナーのWクレンは、バス釣りはもちろん、様々なフィッシングシーンで活躍するスイベル。プロアングラーやエキスパートの間でも高い使用率を誇る理由は、圧倒的な実績があるからに他なりません。

きめ細かなサイズラインナップもとても魅力的で、どんな釣具店にも置いてある定番商品は、自分のスタイルやホームフィールドに合わせてお気に入りのサイズを選ぶことが出来ます。

オーナー トリプルクレン


徹底した糸ヨレ排除へのこだわりが産んだ三連結スイベル!!
ディープエリアを狙う海釣りや、枝バリのたくさん付いた仕掛けで良く用いられるトリプルスイベルは、非常に強力な糸ヨレ緩和性能が自慢。琵琶湖などで活躍する一部のエキスパートが愛用するこのスイベルはとても高性能ですが、唯一のデメリットとしては自重が重く、繊細な釣りやリグには少し不向き。バルキーなワームを使用した強気なヘビダンや、ヘビーウエイトのシンカーと組み合わせたディープエリア攻略で真価を発揮するスイベルと言えるでしょう。

リューギ キャロダンスイベル


キャロ&ダウンショットにフォーカスして作られた専用設計のスイベル!
インパクトのあるネーミングで専用設計であることが直ぐにわかるキャロダンスイベルは、その名の通りキャロとダウンショットにフォーカスして開発されたモデル。ヘビー〜ライトなダウンショットリグからキャロライナリグまで対応する高性能スイベルは、ハイスペックな性能の上に通常のスイベルではヨリが取れない、3連スイベルではスイベルが重すぎる上、ワームが回転し過ぎるといったジレンマを絶妙なバランスで両立させた理想のスイベル。数々のテストの結果作り出されたこの2連スイベルは、ラインのヨレを軽減しつつも、ワームの回転も適度に抑制し、本体は軽量かつ、高強度を実現。目的別にチョイスできる3サイズラインナップのバスフィッシング専用スイベルです。

ダウンショット、ヘビダン、キャロのスイベルに求められる性能

今回紹介したスイベルはあくまでも私個人のおすすめ。釣りをするフィールドやスタイルによって優先する性能が違えばベストなスイベルも必然的に変わってきます。ここで紹介したスイベル以外でも優秀なスイベルはたくさんありますが、この項目ではスイベルを選ぶ時に重視したい3つのポイントをお伝えします。

破断強度

どんなに優秀な性能でも、どんなに使いやすくても、かんたんに壊れてしまうようなスイベルは信用して使う事は出来ません。

タックルのセッティングというのは無理が掛かった時、一番最初にラインが切れる事が理想的なセッティングと言えます。

無理な負荷が掛かった時にラインが切れる事でロッドやリールを守りますが、立場的に最も弱いラインよりもスイベルが壊れてしまうのはもってのほか。ヘビダンやヘビキャロは、テキサスリグやラバージグと比べてややライトなラインを使います。最近のスイベルにはパッケージに破断強度の記載があるものも多いので、最低限メインラインよりも強度の高いスイベルを選ぶ様にしましょう。

スイベルの自重

スイベルを選ぶ際に最も重視したい性能が「スイベル自体の自重」です。(破断強度は除く)

特に繊細なアクションが釣果に直結するダウンショット系のリグにおいて、ワームより上にセットするスイベルの自重は非常に重要。重すぎるスイベルは、それだけでナチュラルなワームのアクションに悪影響を及ぼし、場合によってはダウンショット系リグの最大の武器であるボトムを切った中層サスペンドを台無しにしてしまいます。

キャロ場合はそれほど神経質になることはありませんが、ダウンショット系のリグの場合は必要最低限のサイズを使うようにしましょう。

スイベルのサイズ

先ほど説明した重さにも関わりますが、「スイベルのサイズ」も出来れば気にしたいスペック。特に水の動きが大きいフィールドや河川、流れ込みなどのポイントでは、スイベルが受ける水の抵抗によってイメージ通りの操作が出来なくなる事があります。

繊細な操作性はライトリグの生命線。イメージ通り操作する事で釣果が左右されるこの手の釣りにおいては、使用するスイベルサイズに気を使い、出来るだけ小さくするように心掛けましょう。

ダウンショット、ヘビダン、キャロでおすすめなスイベル 最後に・・・

私が好きな格言の一つに「神は細部に宿る」という言葉があります。

本当に素晴らしい技術やこだわりとは、一見して分かりにくいという意味ですが、今回紹介したスイベルはまさにこの言葉がピッタリな存在です。

決して表舞台には立ちませんが、無くてはならない名脇役のような存在。

スイベルがしっかりと仕事をするからワームのアクションやアングラーの集中力が増し、釣果につながる部分もあると思いますし、何より優秀なスイベルが持つ完璧な仕事は格段に釣りがしやすくなります。

小さなこだわりや改善を積み上げ続ける事が「とんでもない領域」に達する唯一の手段だと聞きます。先ずは小さな巨人であるスイベルにこだわってみてはいかがでしょうか?

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

先生
先生
私の経験上、小さなパーツにこだわっている方は間違いなく釣りが上手な方ばかりです。その様な方が組み上げるタックルやリグは、とてもバランスが良く、基本に忠実なのでお手本になります!!
ヘビダンがうまくなりたい人必見!プロも愛用するおすすめロッド5選と釣果に差がつくタックルセッティング超解説!最近では高い実釣性能でトップカテゴリーのトーナメントでも注目される機会が多くなったヘビダン【ヘビーダウンショット】は、ダウンショット譲り...
ヘビダン【ヘビーダウンショット】の実力を引き出すアクションとおすすめのワーム5選!!テキサスリグのようなスピーディーな展開と、ダウンショット系リグ特有の高い食わせ能力が特徴的なヘビーダウンショットリグ。アフター以降から晩...
リーダーの長さ、スイベル、シンカーはどれが良い?釣れるヘビダンの作り方、リグり方ダウンショットリグのような高いバイト率を持ちながらもスピーディーな展開で強気に攻めることが出来るヘビーダウンショットリグ【略称ヘビダン】...
こちらの記事もおすすめ!