バス釣り初心者おすすめ

テキサスリグ信仰財団局員がおすすめする無敵のテキサスリグロッドと理想のスペックとは?

バス釣りの中では最も基本的なリグであり、高い汎用性で幅広い状況に対応出来るテキサスリグ。

非常にセッティングの自由度が高く、アングラーのスキル次第で大幅に釣果が変わる性格は使い込めば使い込むほど釣れるようになる実力を持っています。特に、テキサスリグが持つ、絶妙なボリューム感とアピール力は食わせ能力のバランスが良く、時にはバスの状態を確認するためのパイロットルアーに、またある時はセレクティブなバスをバイトに持ち込むための切り札にもなるほどで、年間を通して活躍する実釣性能はスキルアップを目指すアングラーにとって外すことの出来ない存在です。

今回はそんな万能にして最強のリグであるテキサスリグの性能を引き出すおすすめのロッドとタックルセッティングをご紹介します。

先生
先生
テキサスリグは幅広いシチュエーションに対応出来るリグなので、フリッピングやスイミング等タックルセッティングは多岐にわたります。今回は通常のテキサスリグをベースにタックルセッティングをご紹介します。

テキサスリグのスイミングに関するセッティングはコチラ!

実釣性能ぶっ壊れ!最強のシャッドテールワームおすすめ5選とその使い方スイムベイトに匹敵する高いアピール力とボリュームのあるボディで大型のバスに非常に効果的なシャッドテールワーム。様々なリグに対応出来る守備...

テキサスリグの性能を引き出すロッドスペックとは?

ノリーズのリリースする”ジャングルスティック”は、7.6フィートのレングスを持つ由緒正しいフリッピングスティック。一日中フリップ出来る使いやすさとヘビーカバーに負けないロッドパワーはカバー攻略のスキルを何倍にも引き上げてくれます。

テキサスリグは適度なボリュームを持つワームとのセットアップが一般的なのでロッドにはそれなりのパワーが必要となり、オールマイティーに使いたい場合はMH程度のパワーを持ち、操作性の高い繊細なティップを持った7フィート前後のロッドが好ましいでしょう。

テキサスリグのメインとなるカバー攻略の場合はカバー内でフックアップさせたバスをいち早くカバーから引きはがすためのバットパワーが何よりも最優先のスペックとなります。オープンウォーター攻略のように繊細なリグ操作は特に必要としないので、MH~Hクラスのロッドパワーレギュラーファースト~ァーストテーパーのロッドが好ましくなります。ロッドの長さは長ければ長いほどカバーの上からリグを落とせるようになるので、カバーへの突破力は上がり、テキサスリグによるカバー攻略に特化したフリッピングでは、7.6フィートが基準の長さとなります。フィールドの状況や体格にもよりますが、基本的に長すぎるロッドは繊細なリグ操作を難しくします。カバー攻略もオープンウォーターも幅広く対応したい場合、長すぎるロッドには注意が必要です。

一方ライトテキサスなど地形変化を探るタイプのテキサスリグでは、カバー型のテキサスリグよりもロッドのパワーを必要としない分、リグの正確で繊細な操作が釣果を左右します。広いエリアを効率良くサーチするためにはキャスタビリティー性能も必要で、地形変化や沈み物をメインにサーチする場合はM~MHのパワー番手であって、感度が高めで細かい操作性に優れたファーストテーパーのロッドが使いやすく感じます。ロッドのレングスについてもあまり長すぎる物は繊細な操作をしにくくなってしまうので6.6フィート~7フィート程度の扱いやすいレングスが良いでしょう。

ベストなロッドレングスは使う方の体格はもちろん、フィールドのシチュエーションや状況によっても大きく変わります。厳密に言えば「どの様なテキサスリグをメインにするか?」でも変わってくる部分なのでホームフィールドや自分のスタイルとよく相談してから選びましょう。

ラバージグロッドとテキサスリグロッドの違い

テキサスリグとラバージグは、使うシチュエーションや状況が近いので同一のロッドにまとめられてしまうことの多くありますが、実際には求められるロッドのスペックは少し違います。同じロッドで扱う事は可能ですが、より性能を引き出すには専用のロッドが必要。ここではそんな小さい部分でも突き詰めていきたいストイック志向のエキスパートアングラーのためにラバージグロッドとテキサスリグロッドの違いを紹介します。

ラバージグロッドに求められる性能

・水の抵抗が大きいバルキーなリグを自在に操れる硬いティップ
・大きなシングルフックをブラシガードの上からフッキングさせるパワー
・ボリュームと重量のあるリグに対応するパワー

ラバージグはボリュームのあるトレーラーワームとのセットアップが一般的なので水の抵抗が大きく、思い通りに動かすにはロッドの先端までしっかりとパワーのあるものが求められます。使用するラバージグによってはガード付きのモノも多く、ヘビーゲージのシングルフックを硬いバスのアゴに突き刺すにはかなりのパワーが必要となり、MHよりはHクラスのロッドが好ましいでしょう。イメージとしてはテキサスリグのロッドよりもライトなビッグベイトロッドの方がしっくりくるスペックを持っています。

テキサスリグに求められる性能

・操作性の高いシャープなファーストテーパー
・軽いバイトでもしっかり入る少しソフトなティップ
・ストラクチャーにコンタクトした感覚や地形変化を感じ取れる感度

一方テキサスリグの場合、カバー攻略に特化したフリッピングならまだしも、オープンウォーター攻略やライトなカバーで活躍するテキサスリグの場合は操作性の高いティップが必須。ストラクチャーにコンタクトした感覚や地形変化を感じ取れる感度も大切で、ラバージグロッドよりもソフトでシャープなティップが求められます。

先生
先生
テキサスリグに求められる性能の中でジグロッドと一番違う点は「ティップの硬さ」になります。7gくらいまでの軽めのフットボールジグやラウンドジグであればテキサスリグのロッドでも十分扱えます。

シチュエーション応じたロッドの選び方

では標準的なテキサスリグに求められるロッドスペックとはどの様なものか?
シチュエーション別に具体例を挙げてみます。

・オールラウンドに対応出来るテキサスリグロッドの基本スペック
6.6~7ft前後のMHクラス、ファーストテーパーのロッド

このスペックのロッドであれば基本的にどの様なシチュエーションでも対応出来ると思います。テキサスリグはシェイクなどの小さいロッドアクションを多用するものの、大きなロッドワークが主体となるリグではありませんのでキャスタビリティーやカバー攻略も考えて若干長めのレングスの方がメリットになりやすくおすすめ出来ます。

レングスの長いロッドは取り回しに苦労します。7フィート程度のロッドは道具のデメリットをスキルでカバーできる中級者以上の方にメリットが生まれるタックルなので自信が無い方や実際に長いロッドを振ってみて違和感を感じる方は素直に6フィート後半のレングスを選びましょう。

テキサスリグを使うシチュエーションは大きく分けて2通り

テキサスリグの使い方は大きく分けて2種類あります。上記のオールラウンドに対応出来るロッドをベースにしてシチュエーションによってスペックを特化させるとより使いやすくなります。

シャローカバーをメインに攻略する場合

テキサスリグの基本でもあり、王道とも言えるカバー打ちの場合はレングスは長めでパワーのあるMHクラス以上のロッドがおすすめです。この釣り方は何よりもカバーに負けないパワーが大切で、カバー攻略の難易度を下げてくれるロングレングスも有利です。また、長時間ピッチングやフリッピングを繰り返す場合はロッドのバランスも重要。意外なほど集中力が釣果に影響を及ぼす釣りなので先重りのないバランスのロッドを選びましょう。

先生
先生
通常のMHクラスロッドであればよほど軽いリールをセットしない限りリールをセットした時点で先重りしない設計になっています。バランスのことはそれほど気にしなくて良いでしょう。

オープンウォーターで沈み物や地形変化を狙う場合

最近ではこちらの使い方をする方はあまり見かけなくなりましたが、ひと昔前は釣れるリグの代名詞として人気のあった釣り方です。テキサスリグのスイミングメゾットもこちら含まれますが、オープンウォーターで沈み物や地形変化を狙う場合はカバー攻略と違ってロッドのパワーはあまり必要とせず、狙ったスポットへリグを送り込めるキャスタビリティー性能と、遠く離れたリグの状態をリニアに伝える感度、そのリグを繊細に操作出来るティップが必要です。

具体的にはロッドはM~MHクラスでファーストテーパー、キャスタビリティーを考えると7フィートくらいまでの少し長めのロッドを選ぶと良いでしょう。この場合極端に長いロッドにしてしまうと操作性が悪くなってしまうので注意が必要です。キャスタビリティーよりも優先すべきは操作性と感度なので、ロッドを選ぶ際には良く使用するフィールドのシチュエーションや状況で選びましょう。

おすすめのテキサスリグロッド5選

ここでは実際に使ってこれは!と感じたテキサスリグと相性抜群の専用ロッドを5つ紹介します。
専用のロッドはやはり使いやすく、テキサスリグの性能を存分に引き出してくれるのでテキサスリグを極めたい方にはもちろん、釣果を伸ばしたい方にも非常におすすめです。

レジットデザイン ワイルドサイド WSC610M


幅広い用途に使えるオールラウンド系ワーミングロッド
5g~10g程度のテキサスリグ、ヘビーダウンショットリグ、高比重ノーシンカーワーム、ライトウェイトカバージグ、バルキーワームのネコリグ・・・など、カバーに正確に、繊細に撃っていくためのロッド。シャープな操作感と軽さはシェイクやリフト&フォールなど小技を効かせる際の高い操作性と感度を実現しています。琵琶湖で繊細にウィードを撃つ、霞ケ浦、北浦水系でアシを正確に撃つ、そんな時に重宝するロッドとなるでしょう。

ホーネットスティンガープラス HSPC-6101MMHS MGS


ソリッドの搭載で操作性と食わせを両立した究極のテキサスリグ専用機
アブガルシアのリリースするコアな用途特化型モデル、ホーネットスティンガープラスの中でも特に異色なスペックを持つHSPC-6101MMHS MGSは、より繊細なジグ・テキサスなどのカバー撃ちをメインに設計されたカバー攻略ソリッドティップモデル。感度と剛性を損なうことなく、「ルアー操作性」と「違和感を感じさせないフックアップ」を実現し、「喰わせの釣り」に特化した特性は、急なバスの突進もしなやかに吸収しランディングできるので、カバーからのファイトなどで、大きなアドバンテージをもたらします。

ダイワ スティーズ 701MH/HFB 【HUSTLER(ハスラー)】


名だたる「テキサス使い」も納得の高性能テキサスロッド
性能繊細なMHティップで誘い、強靭なHパワーのバットが顎を貫くテキサスリグ・スペシャリティロッドのハスラーは、各セクションに求められる機能に対して適材適所の素材とテーパーデザインを追求することで、テキサリグにフォーカスした特性を持っています。カバー攻略はもちろん、オープンウォーターでも異次元の性能を発揮するスペックは、「我こそはテキサス使い」を自負する方に握ってほしい銘竿です。

デプス サイドワインダー HGC-70HF バレットショット 


規格外のトルクでビッグバスをねじ伏せるパワーロッド
デプスのリリースするバレットショットは、デカバスの負けないパワーはもちろん、鋭敏なティップレスポンスと金属的なバットパワーを併せ持つファーストテーパーでハイレベルなテキサスリグを極めるためのスペシャルモデル。ボトムマテリアルやウィードを正確に感じ取れる優れた感度と、卓越したフッキングパフォーマンスを誇る7フィートレングスは、ワイドなフッキングストロークを実現しながらも長さを感じさせない、リニアな操作性を持つ絶妙なバランスフィールを実現し、かすかなバイトを感知した瞬間、一瞬にしてフッキングが決まるテクニカル・ワーミングを可能としています。

ノリーズ ロードランナー ヴォイス ジャングル 760JH “JUNGLE STICK”


7.6フィートレングスを守り続ける正統派フリッピングロッド
フリッピング専用機の中でも強めで、特にウエッピングでは最強を誇るノリーズの正統派フリッピングロッドジャングルスティック。腕力ではなくロッドのトルクでバスを引き抜くために、硬さよりもブランクを強化した特性は、絶妙にウエイトを感じながらフリップできるティップを持ち、バスを掛けてからはロッド全体でファイトを吸収し、バラシの少ない高確率なゲームを実現。トルク重視の極厚ブランクは決して軽くはないものの、バランサーとのマッチングで腕に馴染むバランスが取れ、軽いロッドでは成し得ないアクションを獲得。25lb.ラインや太めのPEラインを使った1〜2oz.シンカーでのパンチングも安心して繰り出せます。

テキサスリグの性能を引き出すおすすめロッドとタックルセッティング 最後に・・・

デプスのブルフラットは独特のスパイラルフォールでビッグバス率も高く、ライトテキサスの実釣性能を再認識させてくれた釣れスジワームです。

「何か一つだけリグを使っていい。」

そんな縛りがあったら、私は迷わずテキサスリグを選びます。

それほどまでにテキサスリグは、実釣性能も高く、幅広い状況に対応出来る万能リグです。

新しいリグの台頭で、昔ながらのジグヘッドリグやスプリットショットリグなど、バス釣りにおいて基本となるリグの使用率が低くなってしまった現在でも、テキサスリグは第一線で活躍出来る実力を持っています。

シンカーやワームを高い自由度で組み合わせることができる特性は、使うアングラーによって釣果に差が出やすく実績と経験が必要なリグですが、年間を通して頼りのなる圧倒的な信頼感と安定感は専用のロッドを用意するだけの価値があります。

釣りには行くけどイマイチ釣果が安定しない。

そんな方はぜひ一度テキサスリグを使い込んで見てください。

このリグには皆さんの釣りを大きく変える。そんな力を持っています。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

※テキサスリグ信仰財団は架空の団体です。

テキサスリグ信仰財団局員がおすすめする美しいテキサスリグの作り方ワームの釣りの中では最も初歩的なリグであり、万能な性能を持つテキサスリグ。 スナッグレス性能も高く、複雑なストラクチャー攻略からオープ...
万能にして最強!釣れるテキサスリグの使い方とおすすめワーム5選数あるリグの中でも最も基本的で、様々な状況に幅広く対応するテキサスリグ。 皆さんは使っていますか? 最近では目新しいリグが注...
使い分ければ釣果アップ!テキサスリグ&ラバージグでカバー攻略ラバージグとテキサスリグ、どちらもカバーを攻略する上では欠かす事の出来ないリグですが両者の使い分けは意識したら事はありますか? カ...
ラバージグの性能を10倍引き出すおすすめロッドとリールとラインのタックルセッティングとは?ラバーとトレーラーが織りなす複雑なアクションと、圧倒的なボリュームで大型のバスにとても有効なラバージグ。 テキサスリグと比べれば自...
こちらの記事もおすすめ!