ルアーインプレッション

デプス イヴォーク2.0 ルアーインプレッション

大きなボディとワイドなアクションでアピール力を強化!
オリジナル譲りのスペックと強い水押しでバスをバイトに持ち込む特化型クランク!

シャロークランクには変なこだわりを持つちかみやが、個人的に気になるルアーをテストして、独断と偏見でお送りするルアーインプレッションコーナー。実際に使い込んだ上でそのルアーが持つ特徴や長所などを超個人的な目線でインプレションしています。今回はデプスのリリースするフルサイズ・シャロークランク、EVOKE 2.0の特徴と、個性的な性能、その性質について解説していきます。

イヴォーク2.0のスペック

Length : 66.5㎜
Weight : 18.0g
フローティング
Hook : RYUGI・ピアストレブルTCコート #3×2
カラー :23色

使いやすさ
実釣性能
おすすめ度

先生
先生
カバークランクとして非常に高い実釣性能を持つオリジナルをベースにボディをスープアップしてアピールに磨きをかけたEVOKE 2.0。使う事を一瞬ためらうようなボリュームとパワフルなアクションは、一定の条件下でオリジナルを上回る実力を発揮します。

イヴォーク2.0の構造と外見の特徴

ここではイヴォーク2.0の主要なコンポーネントや内部構造などから、このルアーが持つ特徴や本来のポテンシャルをひも解いて行きます。

リップの形状

イヴォーク2.0のリップ形状は、オリジナルと同様のコンセプトを持った非常にスナッグレス性能の高いワイドなスクエアリップとなっています。ボディの横幅と同じくらいまで大きく張り出した特徴的なリップは高いスナッグレス性能を発揮し、ただ巻いてくるだけでもオートマチックに根掛かりをかわせるほどの力を持っています。水をがっちり掴むリップはハイレスポンスでワイドなウォブルアクションを発生させ、少し大きめなボディをしっかりとアクションさせる事が出来ます。

リップの角度

イヴォーク2.0のリップ角は水噛みとスナッグレス性能を両立させた角度となっています。他のシャロークランクよりもワイドなアクションでカバークランクとしての要素が強いイヴォーク2.0は、巻き抵抗を抑えるためにリップが少し水平気味にセッティングされている部分が特徴的。そのため水中へダイブする際の潜行角度はかなり緩やかで、最大深度の2mへ到達させるにはかなりの助走距離を必要とします。

ボディ形状

出典:デプス様

何よりもカバークランクとしての基本性能と、泳ぎ出しの速さを優先したイヴォーク2.0のボディ構造は、シリーズ共通となる最下部に固定ウェイトのみを搭載したシンプルなもの。高い浮力を最大限に活かした作りは障害物を回避した後も素早く立ち上がり、狭いカバーの中でもしっかりとアクションしてカバー内のバスに効率良くアピールする事が可能です。

クラストップの高い直進安定性は狙ったストラクチャーをタイトにトレース出来るのでバイトチャンスが増大し、短いストライクゾーンでもその実力を発揮します。

また、固定ウェイトの最大の弱点といわれた飛距離においても、作り込まれたボディ形状とリップ角度で空気抵抗を軽減させ、必要十分なキャスタビリティーを確保。特化した性能を持ちながらも使いやすさをあわせ持っている部分がイヴォークシリーズ全体のに高い評価につながっています。

イヴォーク2.0の特徴と長所

ここではイヴォーク2.0が持つ特徴を3つご紹介します。
それぞれのルアーが持つ特徴や長所、強み理解していれば、状況に応じて正確にルアーを使い分けられるようになるので、より多くのバスに出会えるチャンスが広がります。

大きなボディとワイドなアクションで非常にハイアピール!

ボリュームのあるボディとウォブルアクションを主体としたイヴォーク2.0は非常に強い水押しでアピール力が高く、バスがルアーを発見しにくい複雑なカバー内や水の濁りがキツい状況でとても効果的。

特に通常のシャロークランクでは反応がないような濁りの中ではイヴォークだけに反応が集中することも多々あり、バスをだましやすい濁りを味方に出来るイヴォーク2.0はそれだけで強力な武器となります。

オリジナル譲りの優秀なスナッグレス性能!

オリジナルと同じく、根掛かりに強いスクエアリップとしっかりとした浮力を持つイヴォーク2.0はスナッグレス性能がとても高く、カバーに強い性質を持っています。

カバー攻略にフォーカスしたオリジナルと比べればどうしてもスナッグレス性能は落ちますが、それでも数あるフルサイズのシャロークランクの中では非常に優秀。オダやレイダウンなど通常のストラクチャーはもちろん、本来ならばクランクが苦手とするアシやハスなどにも強い特性はイヴォークだけが持つ特別な性能と言えるでしょう。バスが付きやすいこれらのカバーやストラクチャーを大胆に攻め込めるということはそれだけ釣果に直結しやすくなり、強烈なインパクトを残すワイドなアクションはカバー最奥にいるバスでさえ反応させるだけの実力があります。

大きなボディでもハイレスポンスでキレのあるアクション!!

大きなボディで水の抵抗を受けやすい大型のクランクベイトというのは、一般的にレスポンスが鈍くなりがちですが、イヴォーグ2.0はアクションを優先した固定重心と非常に浮力の高いボディ構造でとてもハイレスポンス。短い距離でも動き出しが早く、しっかりとアクションする特性は自前のハイピッチアクションと相まって短い距離で効率良くアピールする事が出来ます。

特にこの設定はカバークランキングとの相性が抜群。何らかの理由でバスのストライクゾーンが狭くなっている状態でもバイトに持ち込みやすく、通常のカバークランクでは結果を出せないシビアな状況で絶大な効果を発揮します。

先生
先生
イヴォーク2.0はアピールに磨きをかけた特性で、バスがルアーを発見しにくい状況で真価を発揮するクランクベイトです。特に水の濁りにはめっぽう強く、オリジナルと上手に使い分ける事が釣果への近道です。

イヴォーク2.0の感想とまとめ

オリジナルであるイヴォーク1.2がカバー攻略に特化したシャロークランクならばイヴォーク2.0はハイアピールにフォーカスしたアピール特化型クランクと言えるでしょう。

大きなボディと強い水押しが作り出すアピール力は本当に強力で、急な濁りやフィールドが荒れている一定の条件下では他のルアーを寄せ付けないような圧倒的パワーを発揮する事があります。

真価を発揮する条件だけ見れば、出番自体はそれほど多くはありませんが、このクランクが持つ「バスを引き寄せる力」は相当なもの。

ぜひ機会があればその力を体験して見てください。

そう言えるだけの仕上がりと価値を、このクランクは持っています。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


>※詳細なカラーラインナップや価格は上記のAmazon、楽天のリンクからご確認ください。

クランクベイトの性能をフルに引き出せるおすすめタックルセッティングはこちら!!

クランクベイト中毒者が解説!釣果が変わる理想のクランキンロッドとは?クランクベイトは活躍するシチュエーションにあまり左右されず、年間を通して良く釣れるルアーとして非常に人気の高いルアーですね。 基本...
グラスロッドとは?そのメリットとデメリット、相性の良いルアーを完全解説!釣りを続けていると一度は聞いた事があるグラスロッドのお話。 現在主流になっているカーボン素材とは違い、様々なメリットとデメリットを...
本当は教えたくない!実釣性能がぶっ壊れたおすすめクランクベイト5選クランクベイトはバスフィッシングで使用するルアーの中でもトップクラスの人気を誇り、現在では様々なクランクベイトが市場に溢れています。たく...
こちらの記事もおすすめ!