バス釣りの本質集

パワームービングバーサタイル!2020 ゾディアス1610MH タックルインプレッション

必要十分なバットパワーと素直なティップはヘビー級ファーストムービングとの相性抜群!!
ロングレングス特有のキャスタビリティーがビッグレイク攻略で頼りになるパワー系巻物ロッド!!

2020年に満を持してモデルチェンジを行ったシマノの人気ロッドゾディアスシリーズ。

ハイエンドモデルなどに採用されるカーボンモノコックの採用と、基本設計の見直しでロッド全体の軽量化と基本性能の底上げに成功しながらもアングラーに優しいコストパフォーマンスでエキスパートも納得の性能を誇る20ゾディアスは今最も注目度の高いロッドと言っても言い過ぎではありません。

今回はそんなゾディアスシリーズの中でも特に人気のある20ゾディアス1610MHを実釣でがっつり使い込む機会がありました。優れた遠投性能を発揮するロング&パワーバーサタイルという位置図けでゾディアスシリーズの中核を担い、旧モデルを通して非常に人気の高いモデルとなっていますが、果たしてその本質はどのようなものなのでしょうか?個人的な感想を交えてその特徴を皆さんにお伝えしてみたいと思います。

2020ゾディアス1610MHのスペック

長さ:2.08cm(6.10ft)
継数:2本
仕舞寸法:177.7cm
重さ:112g
適合ルアーウエイト:10~30g
適合ライン(フロロ・ナイロン):10~20ポンド
グリップ長:249㎜
テーパー:F(ファーストテーパー)

2020ゾディアス1610MHの外観とデザインの特徴

ここではゾディアス1610MHが持つ外観とデザインの特徴を紹介します。

全体的なデザイン

旧モデルと同じく全体的にブラックをメインに、アクセントのレッドカラーが入った外観はとてもカッコ良く引き締まったイメージでゾディアスシリーズが高い人気を誇る理由にもなっています。2万円以下のロッドとして初めて採用されたカーボンモノコックグリップはロッド全体の軽量化と大幅な感度の上昇に一役買っています。

グリップの長さ

出典:シマノ様

扱いやすさや使用感に影響するグリップ長は249㎜で、様々な体勢からのキャストを重視したレングスになっています。7フィートに迫るのレングスにはやや短く感じる方もいらっしゃると思いますが、絶妙な長さのリアグリップはとても取り回しが良く、ピンスポットを正確に狙い撃つことが可能です。

ブランク

ロッドの性能を大きく左右するロッドブランクは中弾性カーボンをメインマテリアルにハイパワーXで補強したファーストテーパーのブランクを採用しています。

MH表記ながらイメージしているよりも軽いルアーウエイトで曲がり込んでくれるティップセクションはハードベイトを吸い込ませてしっかりフッキングできる余裕を感じます。バットセクションは十分なパワーを持ち、7フィート近いロングレングスはストレスの無いキャスタビリティー特性で空気抵抗の大きなルアーでも遠投しやすくなっています。

リールシート

出典:シマノ様

旧モデルで採用していたパーフェクションシートをさらに進化させたパーフェクションシートXTはシマノ独自の素材CI4+を使用しコンパクトで握りやすく、とても軽量なので感度と操作性が高いのはもちろん、長時間の使用でも疲れにくくなっています。

ガイド

旧モデルに引き続き、必要にして十分な性能を持ったアルコナイトガイドは#5.5と今のロッドとしては少し大きめで、大口径ガイドと少なめのガイド数でブランク本来のしなやかさを引き出すセッティングとなっています。トップガイドはSicを採用し、必要な部分にはしっかりコストをかけて高い実釣性能とコストパフォーマンスを両立させている部分も旧モデルと同じく、ゾディアスが高く評価されている理由となっています。

先生
先生
アルコナイトはPEラインでけずれてしまうというウワサがありますが、そんなことはありませんよ。アルコナイトの特性に関してはこちらの記事で解説しています。
アルコナイトってどうなの?導入が心配な方に教えたい本当の性能2015年に登場したシマノの「ゾディアスシリーズ」が採用して一躍有名になったアルコナイトリング。最近では多くのエントリーモデルに採用され...

2020ゾディアス1610MH 実釣インプレッション

テストしたルアーの一部。ここに写っているモノ以外にも1ozクラスのスイムベイトやディープクランク、フロッグやヘビキャロなどをテストしています。

ゾディアス1610MH & ファーストムービング

ゾディアス1610MHは1oz程度のハードベイトもちろん、同クラスのハネモノやワイヤーベイトと非常に相性の良い印象です。

特に1/2ozクラスのスピナーベイトやスイムジグなどは抜群の組み合わせで、これ以上は無いと思わせるような使い心地です。しっかり入るパラボリックなアクションはディープクランクやバイブレーションにも良好。ウエイトが軽くキャストしにくいフロッグなども使いやすい部類に入りますが、長いレングスと柔らかいティップは繊細な操作を少しやりにくく感じます。

ゾディアス1610MH & ワーミング

ヘビーバーサタイルを銘打つ1610MHはイメージよりもティップセクションが柔らかく、かなり入る設定なので操作性を重視するワーミングではティップが入りすぎてしまい、扱いにくく感じます。そのため繊細な操作を必要とするオープンウォーターでの地形変化の釣りやウィードを優しくほぐすような釣りには向きません。短いグリップで取り回しも良く、長いレングスを利用して楽にカバーを打って行くことが出来ますが、カバー周りで使用するならゾディアス172MHか、エクスプライド168MHをおすすめします。

先生
先生
ゾディアス1610MHは相性の良いルアーとそうでないルアーがハッキリしているイメージです。少し特化した性格を持っていますが、しっかり理解して使えばおもしろいロッドとなっています。

2020ゾディアス1610MHの特徴

ここではゾディアス1610MHが持つ優れた特徴を3つご紹介します。

7フィートに迫るレングスでロングキャストもラクラク

ゾディアス1610MHはしっかりと曲が込む特性で空気抵抗の大きいルアーでもロングキャストが非常にしやすく、ディスタンスが必要な状況やロングキャストを生かせるビッグフィールドで非常に役に立ちます。

特にそれなりのウエイトを持ったルアーを遠投しようとする場合、通常のMクラスバーサタイルロッドでは少々パワー不足を感じてしまいますが、1610MHならばしっかりとウエイトをのせて一気に振り抜くことが可能。

圧倒的なキャスタビリティー性能はこのロッドが得意とするファーストムービングルアーにとって大きなアドバンテージ。ワイヤーベイトでの釣りをスキルアップさせたいアングラーさんにはうってつけのスペックと言えます。

自重112gながらしっかりしたロッドパワー

軽いロッド=パワー不足になりがちなロッドの中で、軽いながらもハイパワーXで強化したゾディアス1610MHのブランクは十分なパワーがあり、不意の大物にも常に余裕を持ったやり取りをする事が出来ます。

軽量な設計は長時間の使用でも疲れにくく、しっかりとしたバットパワーはカバー際でのバイトでも安心出来るパワーで、カバーやウィードに潜ろうとするビッグバス相手でも優位に立ったファイトが可能です。

ソフトなティップで幅広いウエイトがキャストしやすい

MHと聞くとティップからバットまでハリの強いロッドを想像してしまいますが、イメージしているよりもしなやかなティップセクションを持つゾディアス1610MHはキャスト出来るルアーウエイトの幅がとても広く、様々なルアーをキャストしやすい特性を持っています。

ロッドスペックは10~30gとなっていますが実際には7g程度の軽いルアーでもストレスなくキャストする事ができ、40g(1.5oz.)くらいのウエイトであればも問題なくキャストする事が出来ます。

2020ゾディアス1610MH実釣インプレッションまとめ

ゾディアス1610MHは1oz程度のファーストムービングとの相性も抜群。重量級ファーストムービングに対応できるスペックは意外と貴重で琵琶湖などのビッグフィールドでとても潰しが効きます!

ゾディアス1610MHと相性抜群のリグ&ルアー

・1/2oz~クラスのスピナーベイト
・1.5ozくらいまでのビッグベイト、スイムベイト
・3/8oz以上のスイムジグ
・1ozクラスのハネモノやロッドワークの要らない大型トップウォーター
・フロッグ

以上がゾディアス1610MHと相性抜群のリグとルアーになります。

飛距離に優れたパワーバーサタイルとしてリリースされているゾディアス1610MHは、非常に幅広いルアーへの対応力とロングキャスト性能が魅力的なロッドです。広大なエリアをロングキャストで一気にサーチする使い方を得意とし、イメージするよりもソフトでパラボリックなティップはノセ重視のセッティングで、特に1/2ozクラスのスピナーベイトやスイムジグとのマッチングが光ります。

どちらかと言えば長めのレングスですが、ややショートなリアグリップは取り回しも良く、一般的な野池や小規模なフィールドでもストレス無く使えるギリギリのセッティングでトータルバランスの優秀な一本と言えるでしょう。MHと聞くとカバー周りで活躍するロッドと思われがちですが、このロッドはあくまでも重量のあるマキモノを快適に扱うためのロッド。テキサスリグやラバージグをセットしてカバーを攻略するためのロッドではありません。世間ではこのロッドに対する酷評を耳にしますが、ヘビー級ファーストムービングにフォーカスしたロッドは意外と珍しく、その性格をしっかりと理解して使えばかなり頼りになる一本と言えるでしょう。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


ゾディアスの他モデルインプレッションはこちら!!

グラスロッド初心者におすすめ!シマノ ゾディアス166ML-G実釣インプレッショングラスロッドながらハリのある使用感は初心者にうってつけ! グラスのメリットを残しつつハイパワーXでネガを消した仕上がりは銘竿と呼べるレ...
ビッグベイト初心者におすすめ!シマノ ゾディアス175XH 実釣インプレッションMAX2ozまで対応出来るブランクはビッグベイトゲームにうってつけ! 軽いルアーウエイトでも曲がりやすく、自重の軽いロッド特性は幅広い...

 

こちらの記事もおすすめ!