ルアーインプレッション

メガバス DEEP-X150 ルアーインプレッション

幅広い適応能力と高い基本性能!!
マルチな実力でアングラーをサポートするベーシックダイバー!

クランクマニアのちかみやが、個人的に気になるルアーをテストして、独断と偏見でお送りするルアーインプレッションコーナー。実際に使い込んだ上でそのルアーが持つ特徴や長所などを超個人的な目線でインプレションしています。今回はメガバスのリリースするダイビングクランク、DEEP-X150の特徴と性能について解説していきます。

ディープ‐X150のスペック

Length : 64.0㎜
Weight : 1/2oz.
フローティング
Hook : #4×2
カラー :20色

使いやすさ
実釣性能
おすすめ度

先生
先生
今までのディープ-Xシリーズとは違った血統を持つディープ-X150。名作ディープ-Xの名は関するものの1から新設計されたその特性は全く違うものになっています。

ディープ-X150の構造と外見の特徴

ここではディープ-X150の主要なコンポーネントや内部構造などから、このルアーが持つ特徴や本来のポテンシャルをひも解いて行きます。

リップの形状

オーソドックスな形状のラウンドリップを持つディープ-X150のリップは今までのディープ-Xや、LBOシリーズと比べて少し横幅がワイドになっています。しっかりとフロントフックをカバーし、スナッグレス効果を高めたリップはウィード、レイダウン、リップラップなど、様々なストラクチャーに強く、水を掴みやすい特性はピッチの早いウォブロールアクションを生み出します。

リップの角度

出典:メガバス様

ディープ-X150のリップは4mダイバーらしく水平に近い角度で、極めて軽い巻き心地ながらウォブルとロールのバランスが良いアクションを発生させます。タイトなアクションで定評のあったディープ-X200と比べ、ウォブルの強い性格はアピール力も高く本来クランクが得意とする水の濁った状況に強いセッティングとなっています。

潜行レンジはMAX4mとなっていますが、一番使いやすく感じるのは2~3mレンジでのクランキング。小さくピッチの早い使用感は水中の様子が非常に分かりやすく、同レンジを得意とするディープX200と上手に使い分ける事で非常に高い実釣性能を発揮します。

メガバス DEEP-X200 LBO ルアーインプレッションLBO搭載でダイビングクランクとしての性能を大幅強化!! シャイナーフォルムで驚異的なバイト率を誇るワーミングクランク! ディー...

ボディ形状

出典:メガバス様

ダイビングクランクとしてはやや細身のボディシェイプでシャッドライクなシルエットを持つディープ-X150のボディ形状は、必要十分な浮力と潜行能力、キャスタビリティーをバランス良く持ち合わせた優秀なボディとなっています。

旧ディープ‐X200とほぼ同じ内部構造は今までたくさんの評価を得た信頼できるもの。メガバスらしい目を引くギミックや、特筆するような目立った特性はないものの、細かい部分まで気を配り、しっかりと磨き上げた基本性能はマルチな性能を持つディープX‐150を完成度の高いオールラウンドクランクへと押し上げています。

ディープ-X150の特徴と長所

ここではディープ-X150が持つ特徴を3つご紹介します。
それぞれのルアーが持つ特徴や長所、強み理解していれば、状況に応じて正確にルアーを使い分けられるようになるので、より多くのバスに出会えるチャンスが広がります。

様々な使い方に対応できるマルチな性能!

ダイビングクランクとして高い基本性能を持つディープ-X150は様々な使い方やシチュエーションに幅広く対応できるマルチパーパスクランクと言えます。

スロー~ハイスピードリトリーブまでしっかりアクションする設計は優秀なアピール力とバイト誘発力を両立し、本来クランクベイトが活躍するような状況で最も高いパフォーマンスを発揮。クランクの基本を徹底的にブラッシュアップした特性は、状況に応じたクランクの使い分けを不要と感じさるほどの完成度を誇ります。

ルアーの状態が分かりやすい使用感と高いスナッグレス性能!

非常にピッチの早いウォブロールアクションを持つディープ-X150は、ロッドに伝わる使用感がとても明確で心地よく、ルアーの状態が手に取るようにわかります。

この特徴は特に、本格的なダイビングクランクをはじめて使う方におすすめ。高いスナッグレス性能でオートマチックにストラクチャーをかわし、ボトムやウィードへのタッチ感が分かりやすい特性は、少しのゴミを拾っただけでも違和感を感じるほどセンシティブで操作性も抜群。理想的なトレースコースをイメージ通りにリトリーブ出来れば、結果としてたくさんのバイトを引き出すことが可能となってきます。

ストレスフリーなロングキャスト性能と高い潜行能力!

クランクのようなファーストムービングルアーにとって、サーチ能力に影響を与えるキャスタビリティーは最も大切なファクターの一つ。1回のキャストで広範囲をサーチ出来る特性は中途半端なキャストや捨てキャストも減るのでプレッシャー回避にも大きく貢献し、ファーストインプレッションが重要なハードベイトにとっては欠かすことの出来ない性能と言えるでしょう。

また、ディープレンジ攻略をメインとするこの手のクランクには高い潜行能力も必要。短い助走距離でいち早く目標レンジに到達出来る特性は、より広い範囲を効率良くサーチする事にもつながりますが、ディープ-X150はこの2つの必須性能を高次元で両立。複合的な要素を積み上げて実現したストレスフリーなロングキャスト性能と高い潜行能力は、同クラスクランクの中でもトップクラスとなっています。

先生
先生
ディープ-X150はクランクに求められる性能を高次元であわせ持ったハイパフォーマンス・ベーシッククランクというイメージです。

ディープ-X150の感想とまとめ

ディープ-Xシリーズと言えばシャッドライクなフォルムにロール主体のアクションで食わせにフォーカスしたクランクベイトというイメージですが、ディープ-X150はウォブルとロールのバランスが良いベーシックなアクションを持ったクランクベイトになっています。

ベーシックなクランクとしてはややロールが強めですが、ディープクランクは基本的にロールアクションがメイン。旧モデルのディープ-X200と比べてファットなボディは水押しも強くアピール力も高めなので水が濁った状況など、通常のクランクが有効なシチュエーションで非常に効果的です。同じレンジ帯をサーチ出来るナチュラルなロールアクションが持ち味のディープ-X200 LBOと状況に応じて使いける事がとても大切で、通常時はディープ-X150、水がクリアでプレッシャーが高そうならディープ-X200 LBOとローテーションすれば飛躍的にバイト数が増大します。

最後になりましたが、このクランクを使っていて感じたのはとにかく基本性能の高さ。クランクとしての完成度の高さです。

極めてベーシックな作りは一見すると地味で特徴らしい特徴もないように見えますが、その高性能っぷりは確かなもの。しっかりと使い込んであげる事ができれば、このクランクはきっと期待に応えてくれるでしょう。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


※詳細なカラーラインナップや価格は上記のAmazon、楽天のリンクからご確認ください。

クランクベイトの性能をフルに引き出せるおすすめタックルセッティングはこちら!!

クランクベイト中毒者が解説!釣果が変わる理想のクランキンロッドとは?クランクベイトは活躍するシチュエーションにあまり左右されず、年間を通して良く釣れるルアーとして非常に人気の高いルアーですね。 基本...
グラスロッドとは?そのメリットとデメリット、相性の良いルアーを完全解説!釣りを続けていると一度は聞いた事があるグラスロッドのお話。 現在主流になっているカーボン素材とは違い、様々なメリットとデメリットを...
バス釣り動画なら釣りビジョンVODが断然おすすめ!釣り好きのためのVODを徹底解説!釣りのスキルアップには足繫くフィールドに通う事ももちろん大切ですが、短期間で上達する効果的な方法の一つに自分よりも上手なアングラーの釣り...
こちらの記事もおすすめ!