バス釣りの本質集

ロッドテスターがレビューする!エクスプライド170M-G 実釣インプレッション!!

しなやかでソフトなティップがショートバイトを絡め獲る!
グラス特有のメリットを活かして幅広いハードベイトの実力を引き出すただ巻きスペシャル!

落ち着いたコスメティックとハイエンドモデルに迫る性能でエキスパートはもちろん、初心者の方にも絶大な指示を受けるシマノのエクスプライドシリーズ。必要な部分にはしっかりとコストと手間を掛け、削れる部分は思いきって削る事で高い性能とコストパフォーマンスを両立させた「絶対性能主義」な作りは様々な面で後発ロッドにたくさんの影響を与え、その後リリースされたロッド達多大な影響を与えました。

今回はそんなエクスプライドシリーズの中でもグラス特有のしなやかさとソフトなティップを活かし、ハードベイトの性能を最大限に引き出す事の出来るエクスプライド170M-Gを実釣で使い込んできました。王道のクランキングスペックに内包される特化モデルの利点と特徴をロッドテスターの観点から皆さんにお伝えします。

エクスプライド170M-G のスペック

長さ:2.13cm(7ft)
継数:2本(グリップジョイント)
仕舞寸法:181.0cm
重さ:130g
適合ルアーウエイト:7~25g
適合ライン(フロロ・ナイロン):8~16LB
グリップ長:258㎜
テーパー:R(レギュラーテーパー)

先生
先生
7フィートのロングレングスにグラスらしいブランク特性でハードベイトに特化したエクスプライド170M-G。国内トップクラスの総合メーカーがリリースする王道クランキンスティックの実力とは!?

エクスプライド170M-Gの外観とデザインの特徴

ここではエクスプライド170M-G が持つコスメティックや、外見の特徴を紹介します。
エクスプライドシリーズではおなじみのコルクとEVAのグリップメイクやガイドセッティングにもそれぞれ意味があり、細部に散りばめられた製作者のメッセージを読み解くことが出来ます。

全体的なデザイン

ブラックをメインに、必要最低限のコスメを施したエクスプライドシリーズ統一の外観は非常にシンプルで引き締まったイメージがあります。良い意味で主張の少ない落ち着いたルックスはどんなリールともなじみ、コルクとEVAをミックスアップしたグリップ周りは、高性能なロッドに不可欠なバランスとコストダウンを高い次元で両立させています。

グリップの長さ

エクスプライド170M-Gのグリップ長は258㎜。ファーストムービングにフォーカスしたロッドとしてややショートな分グリップ設計は、ハードベイトのキモとなるキャストアキュラシー精度を高める役割を担っています。7フィートのロングレングスながらサークルキャストやアンダーキャスト、バックハンドキャスト等のテクニカルなキャストを繰り出しやすい取り回しの良さを両立させているのは何よりもこの絶妙なグリップ長のおかげと言えるでしょう。遠投を見越したダブルハンドでのキャスティングでも違和感を感じる事が無い作りはほぼ全ての状況で活躍するスペックとなっています。

ブランク

ロッドの性能を大きく左右するブランクは約70%がカーボン、残りの30%にグラスを使用したコンポジットブランクを採用しています。グラスコンポジットとしてはやや高めのカーボン含有率を持つブランクをハイパワーXで強化し、グラスコンポジットとは思えないほど素直でシャープな振り抜き感と操作性を作り出しています。カーボンブランクと比べて適応するウエイト幅が大きなグラスコンポジットに加えて、ミディアムパワーとしたブランク設計は、小さな負荷でもしっかりと曲がるレギュラーテーパーと相まって、様々なフィールドでメインとなりやすい3/8oz(10g前後)のハードベイトを中心にややキャストしにい軽めのシャッドプラグから3mレンジを攻略することが可能なダイビングクランクまでストレス無く扱う事が出来ます。

リールシート

マットラバーコーティングにより見た目にも高級感があるエクスプライドシリーズのリールシートは、シマノ独自の素材CI4+を使用し、どんな人でも握りやすく高強度と軽さ重視したコンパクトデザインで優秀な感度と操作性が印象的。長時間の使用でも疲れにくく、軽く握っても力を入れやすいディテールは油断している時の不意打ちバイトもしっかり対応できる作りと言えます。

ガイド

ロッド自体の性格や性能に大きく関わるガイドはエクスプライドシリーズ統一のステンレスフレーム+SiCガイドの組み合わせでミドルクラスの定番と言えるセッティング。軽量でキャストフィールに優れ、トラブルの少ないセミマイクロガイドを用途やテクニックに合わせた専用セッティングとする事でブランクスの性能を引き出しています。コストパフォーマンスを優先しながらも必要な部分にはしっかりとコストを掛ける所はエクスプライドシリーズがハイエンドモデルに匹敵する最大の要因となっています。

エクスプライド170M-G実釣インプレッション

テストしたルアーの一部。グラスロッドということでクランク率が高めですが、ここに写っているモノ以外にもちゃんとスピナーベイトや小さめなビッグベイトなど、一通りのファーストムービングルアーを使ってテストしました。

エクスプライド170M-G & ファーストムービング

グラスロッドとしてハードベイトにフォーカスした設計を持つエクスプライド170M-Gは、クランクベイトをはじめとしたハードベイトに幅広くマッチします。特にトレブルフックを搭載したファーストムービングルアーで、ただ巻きで使用する事が前提のハードベイトにはこれ以上無いマッチングでその実力を十分に発揮します。シマノのグラスコンポジットでは多く見られるカーボン比率を高めたハリのあるブランクは、グラスロッドに不慣れなアングラーさんでもコントロールしやすく、精度の高いキャストが可能。7フィートのロングレングスは遠投も効きやすく、広大なエリアを効率良くサーチしなければならないハードベイトには理想的なロッドと言えるでしょう。扱いやすいウエイトも幅が広く、下は7g程度のウエイト小型クランクベイトやシャッド、上は3mダイバーのクランクベイト、1ozクラスのノイジー系プラグも十分扱えますが、長いレングスはトゥイッチやジャークなどのロッドワークを苦手とするので、あくまでも「ただ巻きスペシャル」と捉えておくほうが望ましいでしょう。

エクスプライド170M-G & ワーミング

グラスコンポジットであるエクスプライド170M-Gは、ハードベイトに全力でフォーカスした特化型のロッド。ファーストムービングの実力を引き出す特性の強い特性はワーミングをはじめとしたスローダウンゲームには全く向きません。他のグラスロッドと同じくジグやワームの釣りをするなら、まだジギングロッドの方が向いていると言えるほどなので、仲間内での罰ゲームや極端なタックル制限で自分を間違った方向に追い込むタイプのアブノーマルなアングラーさん以外は止めておきましょう。

エクスプライド170M-Gの特徴

ここではエクスプライド170M-Gが持つ優れた特徴を3つご紹介します。それぞれのロッドが持つ強みを知っているとそのロッドの性能を引き出しやすくなり、より使いやすくなります。

幅広いハードベイトに対応する高いバーサタイル性能!

グラスロッドと言えば、カーボンブランクを使用したロッドに比べて幅広いウエイトに対応出来る部分が大きな特徴の1つと言えます。特にエクスプライド170M-G特有のソフトなティップは自発的に曲がり込む力が強く、通常のタックルではキャストしにくい小型で軽量なハードベイトから1oz以上の重量級ハードベイトでもストレスを感じる事なく扱う事が可能。7~28g程度のウエイトであればほぼ全てのハードベイトの実力を引き出して強力な武器へと変化させる力を持っています。

ロングレングスが持つ優秀なキャスタビリティー!

グラス系ロッドと言えばハードベイトの実力を引き出すパラボリックなアクションと引き換えに、どうしてもキャスタビリティー性能が落ちてしまう傾向にありますが、高めのカーボン含有率とハリのあるベリーセクションをハイパワーXで補強したシャープなブランク特性はキャスタビリティー性能も非常に優秀で、初心者からエキスパートまでストレスなくロングキャストが出来ます。取り回し性能も考えられた7フィートのレングスはどんなフィールドやシチュエーションでも使いやすいギリギリのセッティングと言え、より広範囲を効率良くサーチ出来るこの特性は、ハードベイト本来の性能に磨きを掛けるだけでなく、ちょっとしたディスタンスが釣果を分けるタフな状況や、足場の制限があるオカッパリ、ロングキャストを生かせるビッグフィールドで高い威力を発揮します。

初心者でも使いやすいシャープなブランク設計!

グラスロッドと言えば、全体に広がるパラボリックなアクションでハードベイトの実力を引き出す代わりに、ややクセのあるブランク特性が特徴的と言えるでしょう。ちょっとした負荷を掛けてもイメージ以上に曲がり込むブランクはキャスト時のリリースポイントを掴みにくく、多少の「慣れ」を要しますが、エクスプライド170M-GのハイパワーXで補強したブランクは、非常に素直で使いやすいシャープさとハリが特徴的。他のグラスコンポジットと比べ、グラス含有率を高めてベリーにパワーを持たせたブランク特性は低弾性カーボンに迫るフィーリングで、はじめてグラスロッドを手にするアングラーさんでも使いやすく感じます。キャスト時のリリースタイミングも掴みやすくメリハリのあるセッティングは、ファーストムービングルアーで重要となるキャストアキュラシーも高いので、ハードベイト上達を目的とするグラスロッド初心者にとっては、うってつけの一本になっています。

先生
先生
王道のクランキングスペックに非常に素直で扱いやすい特性を持つエクスプライド170M-G。様々なシチュエーションで効果的なセッティングは初心者から上級者まで、幅広いアングラーの実力も引き出してくれます。

エクスプライド170M-G実釣インプレッションまとめ

トレブルフック×ただ巻きの組み合わせで使われるハードベイトには理想的なスペックを持つエクスプライド170M-G。クセの無い作りはファーストムービングゲームをより楽しいモノへと変化させてくれます。

エクスプライド170M-Gと相性抜群のリグ&ルアー

・7~20gまでのただ巻き系トップウォータープラグ
・中~小型の羽根モノルアー
・1/2ozクラスのただ巻き系ミノー、プロップベイト
・タイニークランクから3mダイバーまでのクランクベイト
・バイブレーションプラグ
・7g以上のシャッド

以上がエクスプライド170M-Gとの相性が光る代表的なルアーになります。

7フィートレングスで王道のクランキングスペックを持つロッドというのは比較的マニアックな番手ながら各メーカーがリリースしている激戦区ロッドと言えます。そもそもクランキングロッドには強力なデメリットを受け入れる代わりにアングラーのスキルではカバーしきれないような圧倒的メリットを手に入れる色合いが強いモノで、ある種の「クセ」がありましたが、ここまでグラス特有のメリットを活かしながらデメリットを打ち消したロッドはなかなかお目にかかれません。非常にマイルドで使いやすい特性は様々なハードベイトへの対応力も高く、グラスロッドならではの特性はハードベイトでの戦略を主体とするアングラーさんの強力な武器となってくれるでしょう。必ず必要!というワケではありませんが、ハードベイトゲームのスキルアップを目指すアングラーさんはぜひ1度専用設計された特化型ロッドの優位性を、このロッドを通してフィールドで体感してみてください。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


★グラスロッドに関する深い記事はコチラをどうぞ!!

グラスロッドとは?そのメリットとデメリット、相性の良いルアーを完全解説!釣りを続けていると一度は聞いた事があるグラスロッドのお話。 現在主流になっているカーボン素材とは違い、様々なメリットとデメリットを...
使いこなせば釣果が変わる!エキスパートも愛用するグラスロッドおすすめ5選!!コアなクランカーが高確率で愛用しているグラスロッド。 グラスロッドはクセも強く中~上級者向けのロッドと言えますが、浅いバイトをしっ...
クランクベイトの性能を引き出す!究極のクランキンロッド5選!!バス釣りをしているアングラーさんのBOXには、必ず1つは入っているクランクベイト。 ファーストムービング系のハードベイトとしては幅...
こちらの記事もおすすめ!