バス釣り初心者おすすめ

万能にして最強!釣れるテキサスリグの使い方とおすすめワーム5選

数あるリグの中でも最も基本的で、様々な状況に幅広く対応するテキサスリグ。

皆さんは使っていますか?

最近では目新しいリグが注目されることも多く、昔のように必ず1セット用意しているというリグではなくなりましたが、バランスのとれた性能と高い実釣性能は今も現役。フック、シンカー、ワームのセッティング次第で大きく特性が変わる奥の深さは時として他のリグを圧倒する実力を発揮します。

そこで今回は、今でも必ずテキサスリグを1セット用意する私が、長年愛用している実績抜群のワームと、その使い方をご紹介します。

ここでおさらいテキサスリグのメリット

・ライトリグには無い適度なボリュームとナチュラルなアクション!
・数あるリグの中でもトップクラスのスナッグレス性能
・様々な使い方が可能でどんなシチュエーションや状況でも有効
・シンカーとフックの変更が出来るので、状況に合わせたセッティングが可能
・使いやすくてトラブルレス!使い手を選ばない安定した実釣性能!!

テキサスリグの使い方

テキサスリグは非常に万能なリグです。
程よいボリューム感とナチュラルなアクションはバイトに持ち込める力も強く活躍するシチュエーションを選びません。様々な使い方にやアクションにも対応しますが、ここでは代表的な使い方を3つご紹介します。

カバー打ち

テキサスリグほど効率良くカバーを攻略出来るリグは他にありません。エキスパートも多用するその実力は、いつまでも定番と言える力を持っています。

テキサスリグによるカバー攻略は、最もスタンダードな使い方です。
フックポイントがワーム内に隠れ、無駄なパーツの少ないテキサスリグは非常に高いスナッグレス性能を持ち、根掛かりしにくいリグとして知られています。数あるリグの中でも高いカバー突破力を持つ特性は、攻略するカバーがヘビーであればあるほどその実力を発揮します。

ボトムズル引き

ジャンボグラブなどのワームを用いたボトムでのテキサスリグはひと昔前に霞水系で高い実績を作った定番のリグです。その実力は今も衰えておらず、一部のエキスパートアングラーの間で絶対的な信頼を勝ち取っています。

シンカーとワームの距離が近く、リトリーブすると必ずシンカーからストラクチャーにコンタクトする特性を持つテキサスリグは、その構造上とても感度が高く、ボトムの地形変化を探るのにうってつけのリグと言えます。

特にゴロタエリアやリップラップなど、通常のリグでは根掛かりが多発するような状況ではテキサスリグの高いスナッグレス性能が本領を発揮し、ストレスのない攻略を可能にします。

スイミング

シャッドテール系のワームやカーリーテールを使用したテキサスリグのスイミングも最近主流となる使い方。高いスリ抜け性能を利用したウィード攻略は非常に効果的で、琵琶湖などでは「マキマキ」という愛称で親しまれています。

とてもナチュラルなアクションを持つテキサスリグは、何もない中層をリトリーブしてくるだけでもバイトに持ち込めるだけの高い実釣性能を持っています。ハードベイトでは反応しないような状態や、根掛かりが多発してしまう状況ではサーチベイトとして非常に有効。使用するワームやシンカーを変更する事でリグのアピール力やリトリーブスピードを手軽に調整でき、バスのコンディションにアジャストしやすい部分もテキサスリグのスイミングが優れている要因となっています。

最強のテキサスリグワームおすすめ5選

それではここで、実際に私が愛用しているテキサスリグのワームを5つご紹介します。使うフィールドや状況に応じて多少変化はあるものの、ここで紹介するモノは長年の間、様々なフィールドや状況で安定して実績を積み上げることの出来たワームばかり。ここで紹介したものを参考に皆さんのお気に入りを見つけることが、釣果につながる近道になります。

おすすめ その1 ZBC ウルトラバイブスピードクロー


2枚のバイブラテールがフォール時に強烈アピール!
テキサスリグによるカバー攻略では定番とされるZBCのウルトラバイブスピードクローは非常にコンパクトでシンプルなボディを持ち、スリ抜け性能も高い高性能クロー系ワームです。多くの実績を持ち、トッププロやベテランアングラーに愛用される高い使用率は一度は使い込んで欲しい逸品となっています。

おすすめ その2 ノリーズ エスケープツイン

時間差で倒れ込むツインアームはビッグバスの実績多数!
数あるクロー系ワームの中でも抜群の実績を持ち、エキスパートに愛用者の多いエスケープツインは、存在感のあるボディと重厚なツインアームがアピールポイント。無駄なパーツの少ないボディ形状はスリ抜け性能も優秀で、時間差で倒れ込むアームの自発的アクションが大きなバスの本能を強烈に揺さぶります。

おすすめ その3 リアクションイノベーションズ スイートビーバー


エキスパートの使用率と実績はNo.1!カバーで釣れるテキサスワーム!
本場アメリカのフリッパーに絶大な人気を誇り、スポンサー契約の有無にかかわらわず圧倒的な使用率を誇るスイートビーバーは、すり抜けの良い扁平なボディとバルキーなシルエットでカバー用テキサスワームに求められる性能を高い次元で有しています。現在では日本のフィールドでもたくさんの実績を持ち、多くのフォロワーを生んでいるその実力はただ単純に「釣れるから」に他なりません。

おすすめ その4 デプス ブルフラット


独特のスパイラルフォールがバイトを誘発するギル系ワーム!
独特のスパイラルフォールでビッグバス率の高いブルフラットは、比較的新しいワームながらすでに多くの事績を持つ釣れスジワームの筆頭です。軽めのシンカーを用いたライトテキサスはカバー突破力こそ低いものの、体力のあるバスが好んで捕食するブルーギルを模したシルエットは非常に効果的。使って見ればこのワームでしか反応しないバスがたくさんいることを教えてくれる良品です。

おすすめ その5 ゲーリーヤマモト ジャンボグラブ


様々な状況に対応する実力は今も現役!テキサスリグ最強の一角!
ひと昔前ではテキサスリグの筆頭ワームだったジャンボグラブ。今では使っている方をほとんどみませんが、その実力は現在でもトップクラスの性能を持っています。特にオープンウォーターでの地形変化攻略やウィードエリアでのスイミングでは絶妙なボリュームとアピール力で絶大な効果を発揮し、時として大きめのベイトやテナガエビなどの甲殻類に化ける特性は、使用するフィールドやシチュエーション、状況を選ばず、年間を通して安定した釣果を約束してくれます。

テキサスリグの性能をフルに引き出す3つのポイント

ここでは、テキサスリグの性能をフルに引き出す3つのポイントを紹介します。フックやシンカー、ワームサイズの組み合わせで様々なセッティングを試せるテキサスリグは自由度も高い反面、少しの違いが大きく釣果を左右します。今からあげる3点はテキサスリグでの釣果を劇的に引き上げてくれる重要な要素なので、バスからの反応を見て少しずつ調整していくとさらに釣れるリグが完成するでしょう。

シンカーのウエイトを調整する

テキサスリグの大きな特徴の一つにシンカーのウエイトをかんたんに変えられる部分があります。シンカーのウエイトを変更するだけでシルエットを変えずにフォールスピードを調整したり、スイミング時のレンジ設定やリトリーブスピードを変えられるこの特性はルアーのボリューム感やフォールスピードが釣果に直結しやすいバス釣りにおいて圧倒的なアドバンテージとなり、バスの反応を見ながらシンカーとワームを組み合わることの出来る自由度はテキサスリグならではのものです。

また、ウィードやゴロタエリアなど地形変化を探る釣りでもこの特性は非常に効果的。

上級者のアングラーはキャスタビリティー性能リグの操作感感度使いやすさなどを総合してシンカーのウエイトを調整します。

特に大事なのは狙ったストラクチャーや地形変化にコンタクトした時の「引っ掛かり具合」で「適度にスタックする使用感」こそがオープンウォーター攻略で猛威を振るうテキサスリグの必須要素となります。

フックサイズを変更する

テキサスリグと良く比較されるリグの一つにラバージグがあります。使用するシチュエーションや状況が近いテキサスリグとラバージグですが、大きな違いの一つにフックをかんたんに変えられる部分があります。フックサイズの変更ってそんなに大切?と思う方も多いと思いますが、実はとっても大切な要素で「バイトがあるけどフックアップまでいかない。」という状況ではフックサイズを調整する事で解決する事がほとんどです。

ちなみにバイトはあるけどフックアップ出来ないというと状況ではフックを小さくする選択がベストフックサイズを大きくした方がいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、ショートバイトが多発する時は多くの場合、フックが大きすぎてしっかりと口に入ってない事がほとんど。フックをひと回り小さくする事で劇的に状況が変わります。

先生
先生
バイトはあるけどフックアップしない。という状況はテキサスリグあるあるですね!

ペグ止め【ペギング】は状況に応じて使う

テキサスリグはシンカーを固定する場合ペグを使いますが、皆さんはこの「ペグ」の有無を意識したことはありますか?

ペグはテキサスリグで使うバレットシンカーを強力にロックし、シンカーとワームを一体化してくれます。一体化したリグは高いスナッグレス性能を発揮し、スムーズにカバーを攻略するためには無くてはならないものですが、同時にワーム本来のアクションを制限してしまうデメリットもあり、状況に応じて使い分けるのがベストとなります。

特に自発的なアクションが持ち味のワームはその実力をスポイルしてしまう可能性が大きくペグの使用には注意が必要。私自身としてもペグを外したらいきなり入れ食いになったという体験を何度も経験しているので、カバー攻略などペグがどうしても必要な場合以外はリグの組み直しが手間でも使わないようにしています。

【ペグ有りのワームアクション】【ペグ無しのワームアクション】

先生
先生
ペギングの有無は本当に釣果を左右します。地形変化を探る時やスイミングで使うときはつけていてもほとんど効果がないので外すか、シンカーとの間隔を大きくあけて使うようにしましょう。

釣れるテキサスリグの使い方とおすすめワーム5選  最後に・・・

万能にして最強!様々な状況に高次元対応するテキサスリグは、バス釣りにおいて最も基本的なリグであると同時に、一通りマスターすべき価値のあるリグと言えます。

バス釣りの中では最も基本的なリグであるにもかかわらず、高い実釣性能と様々な状況に対応するバーサタイル性をあわせ持つテキサスリグ。

ゼロダンやフリーリグといった進化系リグが登場した後でも根強い人気と絶大な信頼を勝ち取っているのは、やはり釣れるからに他なりません。セッティング次第で特色を変えられる個性はアングラーの腕の見せ所ですが、考え抜いて作り上げたリグで獲ったバスはサイズに関係なく嬉しいものです。

また、年間を通して安定した実績を叩き出し、初心者の方にとっては釣果を大きく底上げしてくれる部分もテキサスリグの大きな魅力の一つ。

この機会をきっかけに偉大なる基本リグであるテキサスリグを皆さんも見直してみてはいかがでしょうか?

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

テキサスリグ信仰財団局員がおすすめする無敵のテキサスリグロッドと理想のスペックとは?バス釣りの中では最も基本的なリグであり、高い汎用性で幅広い状況に対応出来るテキサスリグ。 非常にセッティングの自由度が高く、アング...
使い分ければ釣果アップ!テキサスリグ&ラバージグでカバー攻略ラバージグとテキサスリグ、どちらもカバーを攻略する上では欠かす事の出来ないリグですが両者の使い分けは意識したら事はありますか? カ...
テキサスリグ信仰財団局員がおすすめする美しいテキサスリグの作り方ワームの釣りの中では最も初歩的なリグであり、万能な性能を持つテキサスリグ。 スナッグレス性能も高く、複雑なストラクチャー攻略からオープ...
実績抜群!!デカバスキラーのラバージグおすすめ5選とトレーラーの正しい使い方とは?「大きいバスが釣れるルアーはどれ?」 そう聞かれて真っ先に思い浮かべるルアーの一つにラバージグがあります。 一説によれば、大...
ラバージグの性能を10倍引き出すおすすめロッドとリールとラインのタックルセッティングとは?ラバーとトレーラーが織りなす複雑なアクションと、圧倒的なボリュームで大型のバスにとても有効なラバージグ。 テキサスリグと比べれば自...
こちらの記事もおすすめ!