バス釣り初心者おすすめ

釣り用サングラスで釣果UP!偏光サングラスのおすすめな選び方とは?

ある程度バス釣りの腕が上達し、今あるアイテムを使いこなせるようになるとアングラーは更なる発展を目指してタックルの買い増しを検討します。スキルが上がるにつれてより専門特化したコアなタックルを欲するのはとても自然な流れなのですが、新しいタックルを増やす前に是非とも”偏光サングラス”の導入を考えてみて下さい。効果を実感したことのない方からすれば「ただの釣り用のサングラスでしょ?」と思うかもしれませんが、偏光サングラスは3セット目のタックルよりもあなたのバス釣りをさらに昇華させてくれます。今回は偏光サングラスの魅力についてお話していきます。

偏光サングラスは直接魚を探すというよりも、魚が居そうな場所を探す時に効果的。ハイシーズンの強い照り返しや不意な事故から目を守る大きな役割も果たすので小さなお子様や初心者の方にはぜひとも使って欲しいアイテムです。

偏光サングラス?それよりも僕は新しいロッドの方が欲しいかな。
先生
先生
偏光サングラスはとても効果的なアイテムです。下手にロッドを増やすよりも釣果に直結しやすいので3本目のロッドを買う前に偏光サングラスを用意する事をおすすめします。

偏光サングラスとは?

偏光サングラスは水面にキラキラと反射する光をカットして見えにくかった物を見やすくしてくれます。2枚のレンズの間に反射光をカットする特殊なフィルムが入っていてギラギラした光をカットし、水中の状況をより確認しやすくしてくれます。
偏光サングラスには「可視光線透過率」と「偏光度」というものが存在します。それぞれ偏光サングラスを選ぶときの指針になりますので説明しておきます。

可視光線透過率

可視光線透過率とは、とり込む光の量を数値で表したもので数値が大きいほど取り込む量が多くなって明るく見えるようになります。逆に、数値が小さいほど取り込む量は少なくなって暗く見えます。

偏光度

偏光度とは、光のカット度合いを数値で示しているもので、数値が高いほど、歪みが少なく疲れにくくなります。逆に数値が低いほど、歪みが大きくなり疲れやすくなくなる面があり、偏光度の限界値は99%です。

画像提供:タレックス様

偏光グラスには水面の余分なギラつきをカットして水中の状況を目視しやすくする効果があります。

偏光サングラスのメリット

偏光サングラスのメリットは何と言っても水中の情報を裸眼とは比較にならないほど簡単に入手出来る部分にあります。今まで正確に確認出来なかったものが視覚を通して正確に把握出来るようになると言うのは圧倒的なアドバンテージになります。「そこにあるものが何なのか?バスはどのような状態なのか?」その内容を目で見ながらポイントの攻略ができるのなら難易度がグッと下がるとは思いませんか?偏光サングラスはそれを可能とする夢のようなアイテムなのです。

また、偏光サングラスには強烈な直射日光や照り返し、紫外線からも大切な目を守る効果もあり、突然のアクシデントからも目を保護してくれます。

水の中が見えるようになる?本当かな?
先生
先生
全てではありませんが、今まで見えなかったものが見えるようになるのは本当ですよ。

偏光グラス初心者におすすめなレンズカラーはこれ!

初めの1本目、レンズの色はブラウン系かレッド系を選びましょう。ブラウンやレッド系は物の輪郭(コントラスト)をハッキリと見せる効果が高く水中の状況を把握するのにうってつけです。初心者の方は晴天でも曇天でもそこそこ使えるオールラウンド系のレンズを選びがちですが、ちかみや的にはローライト用のレンズが天候、朝夕などの時間帯を問わず使用できるのでおすすめです。ハイライト用やオールウェザー対応の偏向サングラスでは朝夕やローライト時に暗くなりすぎて使い物になりません。初めから複数本購入を検討しているならともかく、ちかみやの経験上最初の1本はローライトレンズがおすすめします。

提供:タレックス様

最初の1本におすすめのレンズカラー 左からラスターブラウン、ラスターオレンジ

また、「偏向サングラスは複数所持した方が良いの?」という質問を良く聞きますが、ちかみや的にはそれほど必要性を感じません。ちかみや自身それぞれのシチュエーションに合わせて現在5本の偏向サングラスを所持していますが、上記したローライト用のものでほとんど事足りる事が多いです。複数持つくらいなら、まずは最初の相棒にお金を使いましょう。安い物を複数買うよりはタレックスやサイトマスターなどのレンズをおすすめします。
タレックスやサイトマスターの偏光サングラスは釣りの現場から生まれたレンズだけあって非常に高い性能を持っていますし、専門店へ行けば度付き、好きなフレームへのセットだって出来ます。知名度の高いレンズですからアフターも万全。もしもの破損の時だって信頼性が違います。安い偏光サングラスだと頭が痛くなったり、目が回ったりすることもあるので最初の1本だからこそ信頼できる製品を選びましょう。

全天候対応のオールラウンドモデルではなくて、ローライト用がおすすめなんですね。意外だなあw
先生
先生
オールラウンドモデルは光量が少ないと暗くなりがちで見えづらくなったりします。ローライト用は晴天でもちゃんと使えますから安心して下さい。

最初の一本におすすめの偏光サングラス3選

偏光サングラスの選び方はわかったけど具体的におすすめな製品はどれ⁉
ここではそんな方におすすめな偏光サングラスを3つご紹介します。

おすすめ偏光サングラスその1 ダイワ TLO 028

日本が誇る総合釣りメーカーのダイワがリリースするTLO 028はレンズにタレックスのトゥルービューを採用したマルチパーパスモデル。あらゆるシーンで活躍する性能は信頼性も高く、コストパフォーマンスも優秀なので最初の一本にうってつけです。

おすすめ偏光サングラスその2 サイトマスター セプター

タレックスと並び、ティムコのリリースするサイトマスターは非常に高品質で評価の高く、で根強い人気を誇るレンズとなっています。
私の周りでも使用率がとても高く、初心者の方はもちろん、エキスパートまでも納得のスペックは長く付き合うことの出来る製品と言えるでしょう。

こちらの記事もおすすめ!