ルアーインプレッション

O.S.P バジンクランクヘビーヒッター ルアーインプレッション

新設計のボディとセッティングの見直しでアピール力を大幅強化!!
オリジナルの使いやすさはそのままに特化した性能を持つワークス仕様のサーフェイスクランク!!

ちかみやが、個人的に気になるルアーをテストして、独断と偏見でお送りするルアーインプレッションコーナー。実際に使い込んだ上でそのルアーが持つ特徴や長所などを超個人的な目線でインプレションしています。今回はO.S.Pがリリースする大人気サーフェイスクランクのワークスチューンモデル、バジンクランクヘビーヒッターの特徴と本当の実力をひも解いていきます。

バジンクランクヘビーヒッターのスペック

Length : 50.0㎜
Weight : 10.0g
フローティング
Hook  :#6×2
カラー26色

先生
先生
高性能サーフェイスクランクでおなじみのバジンクランクをワークスチューンモデルしたヘビーヒッターは強烈なサウンドがとても印象的ですが、ただサウンドをプラスしただけのモデルではないんですよ!

バジンクランクヘビーヒッターの構造と外見の特徴

ここではバジンクランクヘビーヒッターの主要なコンポーネントや内部構造などから、このルアーが持つ特徴や本来のポテンシャルをひも解いて行きます。

リップの形状

出典:O.S.P様

バジンクランクのリップ形状はオリジナルと同じ形状のワイドなスクエアビルで、幅の広いリップはフロントフックをストラクチャーから守り、高いスナッグレス性能を発揮すると共に、しっかりと水を掴んで早いピッチのウォブルアクションを生み出します。リップカラーはオリジナルの透明からボーンカラーになったものの、浮力が上がった事でレスポンスは向上し、トップウォーターでの使用であればリップの色が釣果に影響することはありません。

リップの角度

リップ角度もオリジナルとほとんど変わらずにボディに対してほぼ垂直に取り付けられています。ほんの少し角度のついたリップは、水を受けることでボディを前傾姿勢でスイムさせ、浮き上がった部分で水を押して水面に引き波を立てます。サーフェイスクランクとして決して潜らせないこだわり設計はクランクとしてはありえないほど浅い潜行深度で、着水地点から足元まで効率良くアピールしてバスを誘い続けることができます。

ボディ形状

オリジナルとヘビーヒッター。この両モデルで大きく異なる部分が内部構造を含めたボディセッティングの部分です。重心の集中化やサーフェイスリグの採用などはオリジナルと同様ですが、ヘビーヒッターは、その特徴的なサウンドを最大限に引き出すために複数の樹脂を独自に調合することによって作られたABS樹脂を採用しています。(いわゆるボーンマテリアル)また、これまであそびの少なかったタングステンメインウエイトを、左右の壁に激しくHitするよう内部の金型を改造し、新たな内部構造を獲得。5%軽量化されたボディ重量はアクションをワイドにさせ、サウンドとアクションの両方でバスにアピールします。

バジンクランクヘビーヒッターの特徴と長所

ここではバジンクランクヘビーヒッターが持つ特徴を3つご紹介します。
それぞれのルアーが持つ特徴や長所、強み理解していれば、状況に応じて正確にルアーを使い分けられるようになるので、より多くのバスに出会えるチャンスが広がります。

強烈なワンノッカーサウンドによる高いアピール力

バジンクランクヘビーヒッター最大の特徴と言えば大きなサウンドを奏でるワンノッカーサウンドでしょう。非常にハイアピールなサウンドはビックバスにとても効果的なほか、広範囲をスピーディに効率良くチェック出来るサーチベイトとしての高い能力を持ち、マズメ時などのローライトコンディションや濁りによって視界が悪い時、雨で水面がザワついている時や、高活性時などで特に有効です。フィールドコンディションに合わせてオリジナルと使い分けることで圧倒的釣果をもたらすその特徴は、もう一つのバジンクランクとして高い実釣性能を発揮し、愛用者の多いモデルとなっています。

決して潜らないサーフェイス設計

通常のサーフェイスクランクというのはその特性上、どうしても巻き始めに少し潜ってしまい、プロダクティブゾーンが短くなってしまうルアーでしたが、バジンクランクヘビーヒッターはオリジナルと同じくサーフェイスクランクの弱点を徹底的見直して巻き始めでも決して潜らずベストなパフォーマンスを発揮出来るようになっています。この特性は一見するとそれほど効果が無いように思われがちですが実際には非常に大きなメリットで、「バンク際から1m以内でないとバイトしない。」と言ったような状況ではバジンクランクでしかバスを反応させる事が出来ません。

どんなリトリーブスピードでもしっかり泳ぐ!

サーフェイスクランクというクランクベイトは、ボディに水を掴ませにくいため、リトリーブスピードにとてもシビアな一面があります。水面直下というレンジではボディ上部からの水の抵抗が無いので早く巻きすぎてしまうと水面から飛び出してしまい、遅く巻きすぎると十分に水押しできずにアピール不足となってしまうばかりか、アクションしないなんて事もしばしば。特にオリジナルよりも浮力の高いABS樹脂を採用し、アクションがワイドになったヘビーヒッターはストライクゾーンが狭くなるハズですが、新設計の内部構造とウエイトパターンの見直しでハイバランスを保つ事に成功。さざ波立っている時や足場の高いオカッパリなどのトップウォータークランクが不利とされる状況下でも、普通ならアクションが止まるデットスローから、飛び出してしまうような超早巻きまでアピール力を失うことなく、最高のアクションを見せてくれます。

先生
先生
オリジナルと比べてサウンドだけでなくアクションもワイドになったヘビーヒッターは、まさにアピール特化型のサーフェイスクランクと言える特性を持っています。オリジナルのようにオールマイティーではありませんが、一定の条件下で絶大な効果を発揮します。

バジンクランクヘビーヒッターの感想と今回のまとめ

ローライトコンディションや雨風で水面がざわついている時や濁りによって視界が悪い時、バスがルアーを認識しにくい状況ではオリジナル以上に活躍するヘビーヒッター。オリジナルをベースに特化した性能を持たせたその特徴は、オリジナルと上手に使い分ける事で実力を発揮します。使い方や活躍する場所はオリジナルと変わりませんが、オリジナル以上強烈な個性は、ハマった時の爆発力も非常に強烈です。

いつもよりも反応が悪いかな?バスへのアピールが足らないかな?と感じることがあればそれはヘビーヒッターの出番。

強烈なパワーを持ったこのルアーは、沈黙の続く状況をそのにぎやかなサウンドで打開してくれるでしょう。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


※詳細なカラーラインナップや価格は上記のAmazon、楽天のリンクからご確認ください。

クランクベイトの性能をフルに引き出せるおすすめタックルセッティングはこちら!!

クランクベイト中毒者が解説!釣果が変わる理想のクランキンロッドとは?クランクベイトは活躍するシチュエーションにあまり左右されず、年間を通して良く釣れるルアーとして非常に人気の高いルアーですね。 基本...
グラスロッドとは?そのメリットとデメリット、相性の良いルアーを完全解説!釣りを続けていると一度は聞いた事があるグラスロッドのお話。 現在主流になっているカーボン素材とは違い、様々なメリットとデメリットを...
使うだけで釣果が変わる!実釣性能抜群のグラスロッドおすすめ集グラスロッドはクセも強く中~上級者向けのロッドと言えますが、ノリの良さや軽いルアーをキャストしやすい特性はカーボンロッドに無いものであり...
こちらの記事もおすすめ!