ルアーインプレッション

イマカツ ゲキアサⅡ アライブローラー ルアーインプレッション

本物のワカサギをモデルに徹底したリアルシェイプ化!
ハイピッチタイトロール&シミ―ライズに特化したリアルミノー!!

ちかみやが、個人的に気になるルアーをテストして、独断と偏見でお送りするルアーインプレッションコーナー。そのルアーが持つ特徴的なルアーの構造と形状、実際に使用した感想と独自の解釈でルアーの特徴をひも解き、超個人的な目線でルアーを解説しています。今回はイマカツがリリースする本物そっくりなリアルシェイプミノー、ゲキアサⅡ アライブローラーをインプレションしていきます

ゲキアサⅡ アライブローラーのスペック

 

出典:イマカツ様

Length : 105㎜
Weight : 10.5g
フローティング
Hook  :#6×2
カラー :21色

先生
先生
ゲキアサⅡにはオリジナルのアライブローラーの他に1.2mまで潜行能力を高め、浮力を落としてスローライズ化したフットマジックというモデルがリリースされています。

ゲキアサⅡ アライブローラーの構造と外見の特徴

ゲキアサⅡ アライブローラーの外見や内部構造などから、このルアーが持つ本来のポテンシャルを解き明かしてみましょう。外見のみならず、アクションもリアル化を目指したゲキアサⅡにはボディデザインにも工夫が見られます。

リップの形状

出典:イマカツ様

ご覧の通り、ゲキアサⅡ アライブローラーのリップ形状は意外にもワイドで、水を受けやすい形状をしています。リップ先端をシャープにすることで、余分な水流を逃し、バタつくアクションを排除するように工夫されていますが、タイトでハイピッチなロールアクションをメインとするのであれば、付け根部分を絞って水を逃がす方法が定番の手法となっています。しかしながらゲキアサⅡ アライブローラーはトータルのボディバランスを考え、あえてこの様な形状のリップを採用しています。

リップの角度

リップの角度はボディに対してやや水平に近い角度で取り付けられています。いかにも「ロール主体のアクションをします。」と、言っているようなリップ角度で、水につけなくてもこのルアーがどんなアクションをするのか想像出来るようなセッティングになっています。メインとしている泳層は約80㎝前後と、霞水系のシャローフラットを視野に入れたレンジ設定になっています。

ボディ形状

出典:イマカツ様

ゲキアサⅡ アライブローラーのボディデザインは、、逆テーパーのボディー断面とフラットなサイド部分が基本となっており、メインアクションであるハイピッチロールアクションと相まってアピールの高い明滅効果と水押しを発生させます。メインウェイトを超低重心にすることで飛行姿勢が安定し、 リアに配置したタングステン球により固定重心でありながら圧倒的な飛距離を実現しています。

ゲキアサⅡ アライブローラーの特徴と長所

ここではゲキアサⅡ アライブローラーが持つ特徴を3つご紹介します。
それぞれのルアーが持つ特徴や長所、強み理解していれば、状況に応じて正確にルアーを使い分けられるようになり、より多くのバスに出会えるチャンスが広がります。

ただ巻きで真価を発揮するハイピッチタイトロールアクション

ゲキアサⅡ アライブローラーはただ巻きによってその性能を発揮するように設計されています。とてもハイピッチでタイトなロールアクションはまさに本物のワカサギそのもの。春の産卵期にアングラーで超ハイプレッシャー化したシャローバンクに強風で流されてくるワカサギを偏食する、本物のワカサギにしか反応しないスレ切ったバスをも騙す事が可能なリアリティを持っています。

高いバイト誘発率を誇るシミーライズアクション

100㎜サイズのミノーにしては珍しく、固定重心を備えフローティングに設定されているゲキアサⅡ アライブローラーは、ストップモーション時に高い適応バイト率を誇るシミーライズアップアクションを見せます。まるで瀕死のワカサギがもがくように浮上するようなこのアクションは春先はもちろん、トップウォーターに出きらない時やバスが水面付近を意識している時など、アフター以降のバスにも非常に効果的です。

固定重心でも抜群のキャスタビリティー性能

高いアクションレスポンスに期待して固定重心を採用してしまうと、たいていの場合は多かれ少なかれキャスタビリティーに影響が出てしまいます。ゲキアサⅡ アライブローラーもアクションレスポンスを優先して固定重心を採用していますが、フラット面が大きく、空気抵抗の少ないボディデザインとリアに配置したタングステンウエイトのおかげで固定重心の割にはストレス無く飛距離を稼ぐ事が出来ます。高いキャスタビリティー性能は一度に広範囲をサーチ出来る事につながり、ファーストムービングルアーにおいては使いやすさと実釣性能の高さという部分に直結します。

先生
先生
ハイピッチでタイトなロールアクションとシミーライズアップアクションがこのミノー最大の特徴と言えます。春爆後半になると、ライズアップアクションにバイトが集中するようになるので、ウエイトを調整してライズアップするスピードを調節してあげるとより効果的です!

ゲキアサⅡ アライブローラーの感想と今回のまとめ

ただ巻きで使うロールアクション主体のミノーがここ最近のトレンドとなっていますね。各メーカーが競って優秀なただ巻き特化型ミノーをリリースしていますが、ここまでリアルなルックスとアクションを持ったミノーはなかなかお目にかかれません。メガバスのFX9VISION 95など、似たようなスペックを持っているミノーは他にもありますが、少しずつ性格が違うので、その時々の状況によって細かく使い分けてあげると釣果として跳ね返りやすくなります。この手のミノーは使うフィールドやシチュエーションを選ばず、年間を通して、安定して釣れるので自分のフィッシングスタイルにあったモノを一つ用意しておくと大変重宝します。様々な商品が出そろった今がチャンス。この機会に自分に合ったモノを探してみてはいかがですか?

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


※詳細なカラーラインナップや価格は上記のAmazon、楽天のリンクからご確認ください。

ジャークベイトの使い方やオススメのタックルセッティングはこちら!!

バスが湧く!釣れるジャークベイトの基本とコツ、使い方を徹底解説!!本場アメリカではクランクベイトやスピナーベイトと並び、最もポピュラーなサーチベイトであるジャークベイト。 ハードベイトにしては中層...
釣れるジャークベイトロッドの選び方とおすすめのタックルセッティング一定のレンジてステイさせる事が出来るジャークベイトは低水温期やタフタイムにクオリティーの高いバスをバイトまで持ち込める方法として有名です...
こちらの記事もおすすめ!