バス釣りの本質集

エクスプライド 265UL+実釣インプレッション!ミドストがかんたんに出来るようになる魔法のロッド!

エキサイトトップの採用でラインスラッグの操作性はピカイチ!
ミドストはもちろん様々なライトリグに対応出来るオールラウンダー!

ハイエンドモデルに迫る実釣性能と優秀なコストパフォーマンスを両立させ、初心者からベテランアングラーまで使用率の高いシマノのエクスプライドシリーズ。

実釣に必要な性能をしっかりと抑えつつも、控えめなコスメによってコストを下げた作りは究極の実戦主義ロッドとしてエキスパートアングラーの間でも高い評価を受けています。

今回はそんなエクスプライドシリーズの中でも抜群のラインコントロール性能を持ち、シェイキングスペシャルの名を冠するエクスプライド 265UL+を実釣で使い込んできました。繊細なティップセクションと強靭なバットをレギュラーファーストテーパーでまとめ上げた、ある種独特な使用感はその特性を理解してこそ実力を発揮するモデル。使い方によっては他を寄せ付けない圧倒的なパフォーマンスを持つ特化型スピニングの実力とその特徴を皆さんにお伝えします。

エクスプライド 265UL+のスペック

長さ:1.96cm(6.5ft)
継数:1本
仕舞寸法:196.0cm
重さ:92g
適合ルアーウエイト:2~10g
適合ライン(フロロ・ナイロン):2.5~6LB
グリップ長:200㎜
テーパー:RF(レギュラーファーストテーパー)

エクスプライド 265UL+の外観とデザインの特徴

ここではエクスプライド 265UL+が持つコスメティックや、外見の特徴を紹介します。

全体的なデザイン

無用なコスメティックを減らし、ブラックをメインにとした落ち着きのある外見は使い手や組み合わせるリールを選ばないシックなデザインとなっています。

全身をハイパワーXで強化したブランクスは非常にストイックなイメージで、強度を保持したまま前モデルよりも約10%もの軽量化を達成。直接触れる機会の多いグリップはハイグレードのコルクを使用して、シルキーなタッチ感とダイレクトな操作性を確保しつつも、置きキズなどが付きやすいエンド部分には耐久性のあるEVAを採用し、ハイブリッドグリップとする事で必要性能とコストパフォーマンスを両立させつつも高級感のある仕上がりになっています。

グリップの長さ

操作性や取り回しに影響するグリップ長は200㎜。絶妙なロッドバランスを保ちながらも抜群の操作性を両立させた設定は、ストレスの無い取り回しも実現し、ライトリグを軽快に操るために必要とされる要素を高い次元であわせ持っています。6.5フィートのレングスを考えればややショートな設計のグリップですが、バランサーに頼らないハイレベルな重量配分はブランクが持つ本来の性能を引き出すことに貢献し、このロッドがハイエンドモデルと対等なポテンシャルを発揮する一因となっています。

ブランク

ロッドの性能を大きく左右するロッドブランクは高弾性カーボンをメインマテリアルにハイパワーXで補強したレギュラーファーストのテーパーを採用しています。
全体的にシャープなイメージのあるブランクですが、適度にしなやかさをあわせ持つセッティングはミドストに必要とされるラインスラッグを作り出しやすく、たるんだラインからでもリグの状態を明確にイメージ出来るほどの高い感度と使いやすさを両立させています。実際に現場で微調整を繰り返しながら整えられたロッドバランスは、長時間の使用でも疲れにくく、難易度が高いとされるミドストをより身近なテクニックにしてくれます。

リールシート

リールシートは軽量で高強度のカーボン強化素材 CI4+を用いた軽さ重視のコンパクトデザイン。手の小さい方でも握りやすく、ロッド自体の軽量化にも一役買っています。使いやすいリールシートは軽く握ってもグリップ力が高く、感度と操作性が優秀なのはもちろん、マットラバーコーティングにより見た目にも高級感が漂います。

ガイド

ロッド自体の性格や性能に大きく関わるガイドはステンレスフレームにSiCガイドの組み合わせでミドルクラスの定番と言えるセッティング。軽量でキャストフィールに優れ、トラブルの少ないセミマイクロガイドを用途やテクニックに合わせてロッドごとに専用セッティングとする事でブランクスの性能を引き出しています。コストパフォーマンスを優先しながらも必要な部分にはしっかりとコストを掛ける所はエクスプライドシリーズがハイエンドモデルに匹敵する最大の要因となっています。

エクスプライド 265UL+ 実釣インプレッション

ここではエクスプライド 265UL+を実際に使い込んで感じたイメージや使い心地をお伝えします。

テストしたルアーの一部。この他にもダウンショットやネコリグはもちろん、ジグヘッドワッキーやノーシンカーリグなども試しています。

エクスプライド 265UL+ & ファーストムービング

ワーミングロッドというイメージの強いエクスプライド 265UL+ですが、しっかり胴まで曲がり込むレギュラーファーストテーパーと想像以上にパワーのあるバットセクションは小型ハードベイトとの相性も良く、様々なファーストムービングルアーに対応する事が出来ます。その中でもシャッドやプロップベイトなど、ただ巻きで使用するハードベイトとのマッチングは目を見張るものがあり、バイトの浅いタフコンディション時でもスパッと入り込むティップはここぞと言う場面で大きな差が生まれます。優秀な感度を持つブランクはルアーの状態がわかりやすく、小さな違いが大きな差となって跳ね返ってくるようなシビアな状況では非常に強力な武器となります。

エクスプライド 265UL+ & ワーミング

エキサイトトップを採用し、軽い力でもティップが大きく振れてラインスラックが発生しやすいエクスプライド 265UL+は、ハイレベルなワーミング・ゲームであるミドストやボトストなどシェイキングでの使用を視野に入れて開発された一本。ラインのたるみを操作しながらリグを自在にコントロール出来る操作性は一般的なライトリグロッドには無い特性と言えます。

また、ラインが大きくたるんだ状態でもリグの姿勢や状態がハッキリイメージ出来るほど優秀な感度を持っている部分もこのロッドが持つ大きな特徴の一つ。ジグヘッドのスイミングはもちろん、軽量、小型のネコリグやスモラバ、ダウンショットなどでも生きるこの特性は様々なライトリグの実釣性能を引き出し、高いバーサタイル性能を発揮します。

先生
先生
一般的なライトリグロッドと比べ、非常に個性的なスペックを持つエクスプライド 265UL+。一定の使い方やリグに特化しやすいこの手のロッドとしては使い回しが効くのもこのロッドの特徴です。

エクスプライド 265UL+の特徴

ここではエクスプライド 265UL+が持つ優れた特徴を3つご紹介します。
ロッドの持つ特性をしっかり理解して使うことが道具本来の性能を引き出し、釣果を伸ばすコツと言えるでしょう。

ミドストが半オートマチックになるエキサイトトップ採用

シェイキングスペシャルの異名を持つエクスプライド 265UL+はティップに「エキサイトトップ」を採用したモデル。軽い力でもティップが大きく振れてラインスラックが発生し、艶めかしく揺らぐワームアクションをオートマチックに演出することが可能です。

特にミドストなどに代表されるような引き抵抗が弱く、いまいちリグの状態がイメージしにくい中層スイミングにおいてこの効果は本当に絶大。難易度の高いとされているミドスト系の釣りにおいて真価を発揮するこの特徴は、本来難しいとされるミドストのレベルを一気に押し下げて一気に身近なものへ変えるだけでなく、これからミドストに挑戦したいと考えているアングラーさんや、釣れるのは分かっているけどこの釣りに何となく苦手意識のある方を強力にバックアップしてくれます。

ビッグバスとのやり取りを優位に進めるUL+のモアパワー!

ミドストなどに代表される中層攻略は、難易度が高い分釣れるサイズに期待が持てる実戦的な釣りですが、今までのULクラスのロッドでは「パワー不足」を感じる場面が少なからずありました。Lクラスのロッドでは逆に繊細さや操作性で不満が残る事も多かったのですが、エクスプライド 265UL+は一般的なULクラスのロッドと比べ、バッドパワーを強化してUL+という独特なパワーセッティングを持つ現場第一主義のロッド。「ここぞ!」といった場面でタメの効くバッドセクションは相手が大きければ大きいほど効果的でキャッチ率を大幅に引き上げてくれます。

イメージ以上に守備範囲の広いバーサタイル性能

レギュラーファーストテーパーやUL+といったパワー設定など、マニアックなセッティングでシェイキングに特化した特性を持つエクスプライド 265UL+は、”ミドスト専用機”と言うイメージが先行しがちですが、実は様々なリグに対応する高いバーサタイル性能を持っています。

この特性は他のミドストロッドにも見られますが、エクスプライド 265UL+の場合は特にその傾向が強いイメージ。もちろん、メインとするミドストには他のロッドに負けないくらい高いマッチング性を見せますが、一本のロッドでたくさんのリグに高次元対応する特性もこのロッドならではと言えるでしょう。持ち込むタックル数に制限があるレンタルボートのバックシートやオカッパリなどでは一本あると何かと重宝し、バーサタイル性能と特化性能をバランス良くミックスアップした性格は、これからタックルを揃えようと考えているアングラーさんにとっても、末永く付き合えるロッドになっています。

エクスプライド 265UL+ 実釣インプレッションまとめ

ミドストやボトストなど、メインであるシェイキングゲームに完全対応しつつも、高いバーサタイル性をあわせ持つエクスプライド 265UL+。ロッドの本数を絞らなければならない場合には、とても頼りになる一本です。

エクスプライド 265UL+と相性も抜群のリグ&ルアー

・4~7gクラスの小型シャッド、ただ巻き系ミノー
・4~7gクラスのⅠ字系ミノー、プロップベイト
・2~4インチクラスのワームを使ったジグヘッドリグのスイミング
・MAX3g程度のスモラバ
・MAX3g程度のシンカーをセットしたダウンショットリグ
・3~4インチクラスのネコリグ
・3~4インチクラスの小型ジグヘッドワッキー

以上がエクスプライド 265UL+と相性抜群のリグとルアーになります。

たるんだラインを巧みに操作し、中層を攻略するミドストは時期や状況によっては圧倒的な実釣性能を誇る一方で、非常にマスターするのが難しいとされるメゾットと言われています。

数々の専用ロッドがリリースされているのを見ればわかるように、この釣りにおけるロッドの役割は本当に重要。その性能や味付け次第ではミドストの難易度が大きく変わることはもちろん、釣果を左右することも珍しくありません。

そんな中エキサイトトップを採用し、レギュラー寄りのテーパーとプラスαのバッドパワーという独特なセッティングを持つエクスプライド 265UL+は一見すると個性の際立ったロッドに見えますが、その細かいセッティングは実際にフィールドで使い込み、「必要」と感じたからこそ実現した実釣第一主義のセッティングそのもの。

実釣の中で培われた本物の実釣性能は、ハイレベルなワーミングメゾットを一気に身近なものと変化させ、きっと皆さんの中層攻略に新しい一手を増やしてくれることでしょう。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


関連記事はこちら!!

ミドストを確実にマスターできる!釣果に差が出るタックルとおすすめロッド5選春先から晩秋まで、常にキーとなるミドルレンジ。 安定した水温と外部からの影響を受けにくいポジションは年間を通してやる気のあるバスを...
中層攻略の最終兵器!釣果が変わる最強のミドストワームおすすめ5選通年を通してセレクティブなバスに絶大な効果を誇るミッドストローリング。 「ミドスト」と呼ばれ、ひと昔前までは一部のエキスパートアン...
こちらの記事もおすすめ!