バス釣りの本質集

カバー攻略におすすめの一本! 2020 ゾディアス172MH 実釣インプレッション

シャープなティップとパワフルなバットのバランスが絶妙!!
ロングレングスでカバー攻略に有利な撃ちモノ系ロッドの基本形!!

圧倒的なコストパフォーマンスを持ちながらロッドとしての基本性能が高く、エキスパートも納得の性能を誇る20ゾディアス。今までの価格設定と性能の常識を完全に塗り替えた作りは様々なレベルのアングラーが注目する注目度の高いロッドとなっています。

今回はそんなゾディアスシリーズの中でも特に人気のある20ゾディアス172MHを実釣でがっつりと使い込んで来ました。カバーを攻略する為のロッドとしては申し分ないスペックを持つ172MHはこれから本格的にカバーの釣りに挑戦したいアングラーさんにとっては非常に気になる存在。決して数字だけでは解らない本当の使用感を元ロッドテスターの私が個人的な感想を交えながらその特徴を皆さんにお伝えします。

2020ゾディアス172MHのスペック

長さ:2.18cm(7.2ft)
継数:2本
仕舞寸法:185.6cm
重さ:122g
適合ルアーウエイト:10~30g
適合ライン(フロロ・ナイロン):10~20ポンド
グリップ長:270㎜
テーパー:F(ファーストテーパー)

2020ゾディアス172MHの外観とデザインの特徴

ここではゾディアス172MHが持つ外見上のスペックやデザインの特徴をご紹介します。

全体的なデザイン

旧モデルと同じく全体的にブラックをメインに、アクセントのレッドカラーが入った外観はとてもカッコ良く引き締まったイメージでゾディアスシリーズが高い人気を誇る理由にもなっています。2万円以下のロッドとして初めて採用されたカーボンモノコックグリップはロッド全体の軽量化と大幅な感度の上昇に一役買っています。

グリップの長さ

出典:シマノ様

扱いやすさや使用感に影響するグリップ長は270㎜でやや長めの設定。ピッチ&フィリッピングには長すぎる様に感じますが、7.2フィートのレングスでも先重りを感じないセッティングはバランスも良く、テキサスリグやラバージグなどでピッチングする場合にはとても取り回しやすくなっています。長時間使用しても快適に正確なピッチングを続けることが可能で、ダブルハンドでのフルスイングでも力を掛けやすい長さと言えます。

ブランク

ロッドの性能を大きく左右するロッドブランクは中弾性カーボンをメインマテリアルにハイパワーXで補強したファーストテーパーのブランクを採用しています。

しなやかながらもスティッフなティップは非常に操作性も高くピンスポットを射抜くような正確なキャストコントロールが可能でカバー攻略で使いやすい特性を持っています。バットセクションは十分なパワーを持ち、7フィートオーバーのロングレングスはストレスの無いキャスタビリティー特性で、重く大きなルアーでも遠投しやすくなっています。

リールシート

出典:シマノ様

旧モデルで採用していたパーフェクションシートをさらに進化させたパーフェクションシートXTはシマノ独自の素材CI4+を使用しコンパクトで握りやすく、とても軽量なので感度と操作性が高いのはもちろん、長時間の使用でも疲れにくくなっています。

ガイド

旧モデルに引き続き、必要にして十分な性能を持ったアルコナイトガイドはダブルフットガイド4個とシングルフットガイドを5個搭載しています。ガイド径は#5.5と今のロッドとしては少し大きめで、大口径ガイドと少なめのガイド数はブランク本来のしなやかさを引き出して飛距離アップに貢献します。トップガイドはSicを採用し、必要な部分にはしっかりコストをかけて高い実釣性能とコストパフォーマンスを両立させている部分も旧モデルと同じく、ゾディアスが高く評価されている理由となっています。

先生
先生
アルコナイトはPEラインでけずれてしまうというウワサがありますが、そんなことはありませんよ。アルコナイトの特性に関してはこちらの記事で解説しています。
アルコナイトってどうなの?導入が心配な方に教えたい本当の性能2015年に登場したシマノの「ゾディアスシリーズ」が採用して一躍有名になったアルコナイトリング。最近では多くのエントリーモデルに採用され...

2020ゾディアス172MH 実釣インプレッション

テストしたルアーの一部。ここに写っているモノ以外にも1ozクラスのスイムベイトやディープクランク、フロッグやヘビキャロなどをテストしています。

ゾディアス172MH & ファーストムービング

ゾディアス172MHは1oz程度のハードベイトもちろん、同クラスのハネモノやワイヤーベイトと非常に相性の良い印象です。

特に1/2ozクラスのスピナーベイトやスイムジグなど、掛け感が大切なシングルフック搭載のファーストムービングとは相性が良く、遠投した先でも積極的に掛けていく事が出来ますが、ディープクランクやバイブレーションにはややハリが強く、ティップが入りにくく感じます。PEラインと組み合わせればフロッグロッドとしても優秀で、どちらかというとノセるロッドというよりも掛けるロッドというイメージが強く感じます。

ゾディアス172MH & ワーミング

ヘビーバーサタイルを銘打つ172MHはスティッフながらもしなやかなティップセクションでキャストコントロールがしやすく、ピッチ&フィリッピングでのカバー攻略はもちろん、繊細な操作を必要とするオープンウォーターでのワーミングでも抜群の使用感を発揮します。ハイエンドモデルと比べれば決して感度が高いロッドではありませんが、全体的なバランスが優秀なのでオープンウォーターでの地形変化の釣りやウィードを優しくほぐすような釣りでも高い適応能力を発揮します。1/2ozのカバージグからバックスライドのノーシンカーまでとてもキャストしやすく、パワフルなバットパワーはよほどのヘビーカバーでない限り攻略する事が可能です。

先生
先生
ゾディアス172MHはカバー攻略をイメージした味付けが強いロッドとなっています。やや長めのレングスは慣れるまで取り回しにくく感じますが、ピッチ&フィリッピンでの絶対的なアドバンテージが非常に魅力的な一本となっています。

2020ゾディアス172MHの特徴

ここではゾディアス172MHが持つ優れた特徴を3つご紹介します。

7.2フィートのレングスでカバー攻略に特化

7.2フィートのロッドレングスは、通常のロッドと比べてかなり長めの設定。ロングロッドに不慣れな初心者の方や、ロッドの取り回しに制限の掛かるフィールドでは扱いにくく感じるかも知れませんが、長いロッドはその分、ピッチ&フィリッピングでの攻略範囲(射程距離)を大きくしてくれます。また、長ければ長いほどカバーの真上からルアーを落としやすくなるので必然的にカバー突破能力も上がり、カバー攻略をかんたんにしてくれる特性を持っています。

7フィートオーバーのレングスで圧倒的なキャスタビリティー性能

7フィートを超える長さを持つゾディアス172MHはロングキャストが非常に効きやすく、オッカパリゲームでのヘビキャロやフットボールジグはもちろん、ディスタンスが必要な状況で非常に役に立ちます。

特にそれなりのウエイトを持ったルアーを遠投しようとする場合、通常のMクラスバーサタイルロッドでは少々パワー不足を感じてしまいますが、172MHならばしっかりとウエイトをのせて一気に振り抜くことが可能。

圧倒的なキャスタビリティー性能は誰も到達したことのないはるかかなたまでルアーを運んでくれます。

自重122gながらしっかりしたロッドパワー

軽いロッド=パワー不足になりがちなロッドの中で、軽いながらもハイパワーXで強化したゾディアス172MHのブランクは十分なパワーがあり、不意の大物にも常にアドバンテージを感じながらやり取りをする事が出来ます。

軽量な設計は長時間の使用でも疲れにくく、しっかりとしたバットパワーはカバー周りでのピッチング&フィリッピングゲームでも安心。カバーに潜むビッグバス相手でもロッドを立てて構えてるだけで引き出してこれるトルクを持っています。

2020ゾディアス172MH実釣インプレッションまとめ

様々なカバー撃ちロッドの中でもゾディアス172MHは非常にバランスが良くおすすめの一本。長めのレングスは慣れが必要ですが、撃ちモノ系ロッドの最初の一本にはうってつけのスペックとなっています

ゾディアス172MHと相性も抜群のリグ&ルアー

・1/4oz以上のテキサスリグやラバージグによるカバー打ち
ファットイカなどのバックスライド系ワーム
・1/2ozクラスのヘビーキャロライナ
・PEラインを使用したオープンウォーターでのフロッグゲーム
・1/2ozクラスのスピナーベイト
・1.5ozまでのビッグベイト、スイムベイト
・3/8oz以上のスイムジグ
・1ozクラスのハネモノやロッドワークの要らない大型トップウォーター

以上がゾディアス172MHと相性抜群のリグとルアーになります。

元ロッドテスターとしてこれまで様々なロッドを使って来ましたが、7.2フィートというレングスはストレス無く取り回せるギリギリの長さと感じています。

もちろん、ギリギリのセッティングを生かすにはロッドのトータルバランスや重さ、グリップの長さなどを突き詰める必要がありますが、ゾディアス172MHは本当に良くまとまっていて非常に使いやすく、長い時間正確なキャストを続ける事が可能。しなやかながらも適度にハリがあるスティッフなティップセクションは少しの負荷でもしっかりとリグをはじき出し、ピッチ&フィリッピングに不慣れなアングラーさんでも精度の高いキャストがしやすい設定。必要十分なパワーを持つブランクはカバー周りでも安心して使えるロッドに仕上がっています。

ヘビーバーサタイルと銘打っていますが、ゾディアス172MHを使用した感想はかなりカバー攻略にフォーカスした撃ちモノ系ロッドといった特性を持っています。少し長めのレングスは慣れるまで多少取り回しにくく感じますが、その分ロングレングスによるカバー攻略のアドバンテージは絶大。これから撃ちモノ系ロッドを手に入れたい。カバー用ロッドとしてゾディアス172MHが気になっている方には自信を持っておすすめ出来るロッドとなっています。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


ゾディアスの他モデルインプレッションはこちら!!

グラスロッド初心者におすすめ!シマノ ゾディアス166ML-G実釣インプレッショングラスロッドながらハリのある使用感は初心者にうってつけ! グラスのメリットを残しつつハイパワーXでネガを消した仕上がりは銘竿と呼べるレ...
ビッグベイト初心者におすすめ!シマノ ゾディアス175XH 実釣インプレッションMAX2ozまで対応出来るブランクはビッグベイトゲームにうってつけ! 軽いルアーウエイトでも曲がりやすく、自重の軽いロッド特性は幅広い...
こちらの記事もおすすめ!