バス釣りの本質集

ロッドテスターがレビューする!エクスプライド 172H実釣インプレッション!!

ロングレングスと軽量設計が圧倒的なアドバンテージ!!
高い操作性とパワーで狡猾なバスをねじ伏せるカバー特化の王道ロッド!

ハイエンドモデルに迫る実釣性能と優秀なコストパフォーマンスを両立させ、初心者からベテランアングラーまで使用率の高いシマノのエクスプライドシリーズ。

実釣に必要な性能をしっかりと抑えつつも、控えめなコスメによってコストを下げた作りは究極の実戦主義ロッドとしてエキスパートアングラーの間でも高い評価を受けています。

今回はそんなエクスプライドシリーズの中でもビッグバス攻略を見据え、強さと軽さ、感度を高めたパワーゲームロッドとされるエクスプライド172Hを実際に使い込んできました。ロッドと言うタックルは決して安くはないものの、実際に現場で使い込んで見ないとその本質を見抜くのは難しいもの。エクスプライド172Hが気になっている、買おうか迷っているというアングラーさんのために元ロッドテスターが感じた素直な感想と、このロッドが持つ特性や個性をお伝えする事で皆さんのロッド選びの参考になれば幸いです。

エクスプライド172Hのスペック

長さ:2.18cm(7.2ft)
継数:2本
仕舞寸法:186.0cm
重さ:125g
適合ルアーウエイト:12~42g
適合ライン(フロロ・ナイロン):12~25LB
グリップ長:263㎜
テーパー:F(ファーストテーパー)

エクスプライド172Hの外観とデザインの特徴

ここではエクスプライド172Hが持つ外観とデザインの特徴を紹介します。

全体的なデザイン

ブラックをメインに、必要最低限のコスメを施したエクスプライド172Hの外観は非常にシンプルで引き締まったイメージがあります。良い意味で主張の少ないルックスは様々なリールとなじみ、コルクとEVAをミックスアップしたグリップ周りは、高性能なロッドに不可欠なバランスとコストダウンを高い次元で両立させています。

先生
先生
エクスプライドシリーズの特徴でもあるコルクとEVAのミックスセッティング。実は使い心地やロッドバランス、コスト面などをハイレベルで実現させるための工夫でもあるんです。

グリップの長さ

扱いやすさや取り回し、使用感に影響するグリップ長は263㎜で、ブランクとのバランスを考えてセッティングされた重心バランスは、高い取り回し性能を実現。ピッチングなど近距離戦では抜群のアキュラシー精度を持っています。また、しっかり握れて力を込めやすい絶妙な長さはバスとのやり取りの中でも力を入れやすく、常にファイトを優位に進められるのはもちろん、遠投時でもダブルハンドでしっかり振り切る事が出来ます。

ブランク

ロッドの性能を大きく左右するブランクは質の良い高弾性カーボンをメインマテリアルに全身をハイパワーXで強化し、タフユースに耐えるブランクス強度と長時間使用を支える軽さを両立した完成度の高いブランクを採用。カバー攻略の王道とも言えるスペックを持つエクスプライド172Hはファーストテーパーとする事でワーミングゲームに必須とされる繊細な操作性とパワフルなバットセクションをあわせ持ち、数あるエクスプライドシリーズの中でもトップクラスのパワーを誇ります。

リールシート

出典:シマノ様

マットラバーコーティングにより見た目にも高級感があるエクスプライドシリーズのリールシートは、シマノ独自の素材CI4+を使用し、どんな人でも握りやすく高強度と軽さ重視したコンパクトデザインで優秀な感度と操作性が印象的。長時間の使用でも疲れにくく、軽く握っても力を入れやすいディテールは油断している時の不意打ちバイトもしっかり対応できる作りと言えます。

ガイド

ロッド自体の性格や性能に大きく関わるガイドはステンレスフレームにSiCガイドの組み合わせでミドルクラスの定番と言えるセッティング。軽量でキャストフィールに優れ、トラブルの少ないセミマイクロガイドを用途やテクニックに合わせてロッドごとに専用セッティングとする事でブランクスの性能を引き出しています。コストパフォーマンスを優先しながらも必要な部分にはしっかりとコストを掛ける所はエクスプライドシリーズがハイエンドモデルに匹敵する最大の要因となっています。

エクスプライド172H 実釣インプレッション

テストしたルアーの一部。このロッドが得意とする打ちモノ系を中心に1ozクラスのスイムベイトやヘビキャロなどをテストしています。

エクスプライド172H & ファーストムービング

エクスプライド172Hはラバージグやテキサスリグなど、いわゆる「打ちモノ系」に特化したロッド。スティッフでハリの強いティップセクションはバイトをはじきやすく、決してファーストムービング向きとは言えませんが、パワフルな特性のブランクはビッグスプーンや2ozクラスまでのビッグベイト&スイムベイト、フロッグとの相性は抜群。ラインスラッグを上手にコントロールする事が出来るアングラーであればこのロッドが持つパワーと操作性を十分に引き出してハイレベルなファーストムービングゲームを展開出来るでしょう。

先生
先生
エクスプライド172Hをヘビー級ファーストムービングで使うのであればリトリーブスピードを調節して常にラインスラッグを出すようにする事がキャッチ率を引き上げるキモになります!

エクスプライド172H & ワーミング

1/2oz以上のウエイトを持ったジグやテキサスリグでのカバー攻略にフォーカスしたエクスプライド172Hは、ピッチングやフィリッピングを用いた近距離の釣りで最も活躍するスペックを持っています。7フィートを超えるレングスはディスタンスを取った状態でもアキュラシー精度が高く、よりストラクチャーに対してタイトに、静かにアプローチすることが可能。また、スティッフで強い張りを持つティップ~ベリーセクションは、操作性も高いのでカバーに潜む警戒心の強いビッグバスのバイトを誘発し、フッキング後はカバーから一気にビッグバスを引きずり出すことが出来ます。

先生
先生
エクスプライド172Hの持つロングレングスとハイパワーなスペックはまさにカバーロッドの王道。打ちモノに特化した特性はあらゆるシチュエーションでアドバンテージを発揮します!

エクスプライド172Hの特徴

ここではエクスプライド172Hが持つ優れた特徴を3つご紹介します。
ロッドの持つ特性をしっかり理解して使うことが道具本来の性能を引き出し、釣果を伸ばすコツと言えるでしょう。

カバー攻略を優位に進めるロングレングス!

ピッチングやフィリッピングでの近距離戦にフォーカスし、7フィートを超えるロングレングスを持つエクスプライド172Hは、カバー攻略に特化した特性を持つロッド。長いブランクはその分、ピッチ&フィリッピングでの攻略範囲(射程距離)が伸びるので、ディスタンスを取った繊細なカバー攻略を可能としてくれます。また、ロッドは長ければ長いほどカバーの真上からリグを落としやすくなるので必然的にカバー突破能力も上がり、通常であれば手こずるような分厚いカバーでさえも効率良くイージーに攻略する事が可能。単調な作業となりがちなカバーゲームの精度を驚くほど引き上げ、ハイレベルなカバーゲームを実現してくれる特性は最終的な釣果に圧倒的な差を生み出します。

高い操作性と取り回しの両立!

7フィートを超えるロングレングスと、カバー攻略に特化した特性を持つエクスプライド172Hは、ロングレングスとは思えないような高い操作性と優秀な取り回しの両立が印象的な一本。リグの細かいコントロールが難しいとされるロングロッドながら、思い通りにリグを操れる高い操作性は一筋縄では結果が出ないようなタフな状況でこそ貴重な1匹を引き出せる実力を持っています。また、極めてハイバランスでシャープでハリがあるブランクは、長さとストレスを感じさせない取り回しでハイエンドモデルに匹敵する使いやすさを有し、長時間の使用でもストレスを感じにくい設計は集中力が続きやすいのも特徴。丁寧なアプローチがカギを握る近距離のカバー打ちで真価を発揮するスペックは、初心者からエキスパートまで使い手を選びません。

長時間使用でも疲れない軽量自重とパワーの融合

ヘビーカバー攻略に特化したスペックを持ちながら、わずか125gという驚異的な軽さを誇るエクスプライド172Hは、数あるヘビークラスのロッドの中でもトップクラスの軽量設計と言えるでしょう。自重の軽いロッドというのは長時間に渡る正確で丁寧なアプローチを強力にバックアップし、質の高いカバーゲームをサポートしてくれますが、この手のロッドにはカバー内でフックアップさせたバスをいち早くカバーから引きはがし、バスに主導権を与えないパワーが絶対条件。各社からリリースされているヘビークラスのロッドの中には、残念ながら軽さを優先するあまりパワー不足となっているロッドも存在しますが、このロッドが持つパワフルさと軽量ハイバランスな特性を両立させたスペックは、カバー特化型ロッドの理想形とも言える完成度でアングラーのカバー攻略を強力にバックアップしてくれます。

先生
先生
カバー攻略にフォーカスしたエクスプライド172Hのスペックはまさに理想的。琵琶湖などのビッグレイクでは強力な武器となるでしょう!

エクスプライド172H 実釣インプレッションまとめ

エクスプライド172Hは正統派のカバー特化型ロッド。ロングレングスが持つ長い射程距離とライト~ヘビーまでウェイトに関わらず発揮される繊細な操作感は琵琶湖などのビッグフィールドで真価を発揮します!

エクスプライド172Hと相性抜群のリグ&ルアー

・3/8ozクラス以上のテキサスリグやラバージグ
・1/2oz以上のシンカーを使ったヘビーキャロライナ
・フロッグ
・ビッグスプーン
・1oz前後のビッグベイト

以上がエクスプライド172Hと相性抜群のリグやハードベイトになります。

7フィートを超えるロングレングスのメリットをフルに引き出しながら、ハンドリングは6フィートクラス。非常に軽量で長時間使い続けても疲れにくいのにしっかりとしたパワーを内包し、相反する様々な要素を高次元で満たしながらも使用するリグのウェイトを問わない特性を持つエクスプライド172Hはまさに究極のカバー特化型ロッドと言える仕上がりになっています。特にピッチングでの射程距離の長さと近距離でのフッキング時に見せる打点の高さは非常に優秀で、カバー攻略時に見せる優位性は特筆に値する大きな魅力の1つ。ヘビーキャロライナやフロッグにも転用可能なスペックは、これからカバー攻略のスキルを上げたいと考えている初心者の方にはもちろん、「本当に高性能なロッドが欲しい!」と心底考えるエキスパートアングラーにこそ手に取ってもらいたいロッドと言えるでしょう。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


関連記事はコチラ!!

ラバージグの性能を10倍引き出すおすすめロッドとリールとラインのタックルセッティングとは?ラバーとトレーラーが織りなす複雑なアクションと、圧倒的なボリュームで大型のバスにとても有効なラバージグ。 テキサスリグと比べれば自...
使いやすさは釣果に直結!おすすめのバス用フロッグタックルとは?【ロッド、リール、PEライン】圧倒的なスナッグレス性能で難攻不落のヘビーカバーを攻略し、バスのバイトを誘うフロッグゲームは、ルアーを目で見ながら操作し、バイトする瞬間...
テキサスリグ信仰財団局員がおすすめする無敵のテキサスリグロッドと理想のスペックとは?バス釣りの中では最も基本的なリグであり、高い汎用性で幅広い状況に対応出来るテキサスリグ。 非常にセッティングの自由度が高く、アング...
こちらの記事もおすすめ!