バス釣りの本質集

ロッドテスターがレビューする!エクスプライド 164L-BFS実釣インプレッション!!

抜群のロッドバランスでライトリグゲームが自由自在!
シリーズ随一の操作性でオープンウォーターを制圧するベイトフィネスロッド!!

落ち着いたコスメティックとハイエンドモデルに迫る性能でエキスパートはもちろん、初心者の方にも絶大な指示を受けるシマノのエクスプライドシリーズ。必要な部分にはしっかりとコストと手間を掛け、削れる部分は思いきって削る事で高い性能とコストパフォーマンスを両立させた「絶対性能主義」な作りは様々な面で後発ロッドにたくさんの影響を与え、その後リリースされたロッド達多大な影響を与えました。

今回はそんなエクスプライドシリーズの中でもショートレングスによる抜群の取り回し性能と繊細なティップで操作性に磨きを掛けたエクスプライド 164L-BFSを実釣で使い込んできました。スピニングで扱うような超軽量リグの性能を引き出すこのロッドならではの特性をロッドテスターの観点から深く掘り下げて皆さんにお伝えします。

エクスプライド 164L-BFSのスペック

長さ:1.93m(6.4ft)
継数:1本
仕舞寸法:193cm
重さ:100g
適合ルアーウエイト:3.5~10g(1/8~3/8oz)
適合ライン(フロロ・ナイロン):6~12LB
グリップ長:205㎜
テーパー:FF(エクストラファーストテーパー)

エクスプライド 164L-BFSの外観とデザインの特徴

ここではエクスプライド 164L-BFSが持つコスメティックや、外見の特徴を紹介します。
エクスプライドシリーズではおなじみのコルクとEVAのグリップメイクやガイドセッティングにもそれぞれ意味があり、細部に散りばめられた製作者のメッセージを読み解くことが出来ます。

全体的なデザイン

ブラックをメインに、必要最低限のコスメを施したエクスプライドシリーズ統一の外観は非常にシンプルで引き締まったイメージがあります。良い意味で主張の少ない落ち着いたルックスはどんなリールともなじみ、コルクとEVAをミックスアップしたグリップ周りは、高性能なロッドに不可欠なバランスとコストダウンを高い次元で両立させています。

グリップの長さ

エクスプライド 164L-BFSのグリップ長は205㎜。ブランクの長さに対してバランスの取れたリアグリップはサークルキャストやアンダーキャスト、バックハンドキャスト等のテクニカルなキャストがしやすさと、様々なライトリグを思い通りに操作出来る設定になっています。ハンドリング性能を重視したグリップ長は遠投性能にやや欠けますが、まるでスピニングのようなリニア感はこのロッドが持つ特性を大きく表現した部分と言えます。

ブランク

ロッドの性能を大きく左右するロッドブランクは高弾性カーボンをメインマテリアルにハイパワーXで補強したブランクを採用しています。
全体的にハリを感じるブランクは非常に軽く感じ、ワーミングロッドに必要な高い操作性と感度を両立。前モデルよりも気持ちソフト化したティップ~ベリー部分はより扱いやすく、軽量なリグへの対応力がアップしています。また、シリーズ共通の優秀なロッドバランスは、長時間の使用でも疲れにくく、ハイエンドモデルに迫るレスポンスと使いやすさはエクスプライドが絶対的な人気を誇る理由の1つと言えるでしょう。

リールシート

マットラバーコーティングにより見た目にも高級感があるエクスプライドシリーズのリールシートは、シマノ独自の素材CI4+を使用し、どんな人でも握りやすく高強度と軽さ重視したコンパクトデザインで優秀な感度と操作性が印象的。長時間の使用でも疲れにくく、軽く握っても力を入れやすいディテールは油断している時の不意打ちバイトもしっかり対応できる作りと言えます。

ガイド

ロッド自体の性格や性能に大きく差が出るガイドセッティングはエクスプライドシリーズ統一のステンレスフレームにSiCガイドの組み合わせ。ライトリグの操作性を引き上げるベイトフィネスシリーズ独自のマイクロガイドセッティングは軽量でキャストフィールに優れ、ブランクスの性能を引き出しています。コストパフォーマンスを優先しながらも必要な部分にはしっかりとコストを掛ける所はエクスプライドシリーズがハイエンドモデルに匹敵する最大の要因となっています。

エクスプライド 164L-BFS実釣インプレッション

テストしたルアーの一部。ベイトフィネス機なので小型ハードベイトや軽量リグを中心にテストしましたが、ここに写っているモノ以外にも様々なハードベイトとリグをテストしています。

エクスプライド 164L-BFS & ファーストムービング

非常に細身で軽量なブランクの割に、幅広いウエイトにマッチするエクスプライド 164L-BFSは、そのショートレングスを活かして近距離での精度の高いキャストを得意とします。特にタイニークランクやシャッドなどを使ったカバー際でのクランキングでは、他のロッドには無い優秀なアキュラシー能力で際どい場所でも思い通りのキャストが決まるシャープな振り抜け感が特徴的。ワーミングによるスローダウンゲームを主軸とするブランク特性はややハリが強く、掛け感重視のセッティングですが、小型のペンシルベイトやポッパー、ジャークベイトなどはその操作性を活かして自在にアクションさせることが出来るので、テクニカルなハードベイトゲームを展開することが可能です。

エクスプライド 164L-BFS & ワーミング

まるでスピニングタックルのように、ライトリグをイメージ通り操る事の出来るエクスプライド 164L-BFSは、ネコリグやスモラバをはじめ、様々なライトリグに高次元で対応します。非常に繊細で、リニアな操作性と十分な感度を持つブランクはカバー周辺はもちろん、オープンウォーターでも十分に実力を発揮し、スピニングでは多少扱いにくく感じるような、水の抵抗が大きいネコリグやジグヘッドワッキーなどではスピニング以上にしっかりとイメージ通りアクションさせられる設定となっています。

また、3種類リリースされているエクスプライドのベイトフィネスシリーズの中で最も軽量なウエイトに対応する特性は非常に守備範囲が広く、パワーも繊細さも必要なシチュエーションではスピニングタックルの代わりになる唯一のロッドと言えるでしょう。

エクスプライド 164L-BFSの特徴

今回のテストではベイトフィネスの王道リールであるアルデバランの他にSLX-BFSも使用。様々なシチュエーションやセッティングでロッドの本質を推し量っています。

ここではエクスプライド 164L-BFS実際に使用して感じた、優れた特徴を3つご紹介します。それぞれのロッドが持つ個性や特性が理解出来ればエクスプライド 164L-BFSがどのようなロッドなのかイメージしやすくなります。

軽量なリグも思い通り操れる高いコントロール性!

非常にシャープな特性のブランクに、マイクロガイドをセッティングしたエクスプライド 164L-BFSは、何よりも軽量なリグのリニアな操作性が一番の特徴。ウエイトの軽いリグでもイメージ通りに操る事の出来るハンドリングは、ネコリグやスモラバなど少し引き抵抗のあるライトリグと組み合わせる事で最強とも言えるコントロール性能を発揮し、その実力は数あるベイトフィネスロッドの中でもトップクラスと言えるでしょう。ハイエンドモデルに迫るほどのスペックと優れたコストパフォーマンスは、モノの本質を知るエキスパートやベテランアングラーからの評価も高く、ベイトフィネスの有効性を手軽に体感する事の出来る優秀なロッドに仕上がっています。

ショートレングスとハイバランスな設計による抜群の取り回し!

短めのリアグリップと6フィート半ばのレングスでトータルバランスに優れた性格が特徴的なエクスプライド 164L-BFSは優秀な取り回しも大きな特徴の1つ。先述したようにハンドリング性能を重視したグリップ長は遠投性能にやや欠けますが、昨今のタフ化が進むフィールドでは際どいコースへのファーストアプローチが釣果を左右する大きなファクターとなります。比較的近距離のスポットをサークルキャストやアンダーキャスト、バックハンドキャスト等、様々なキャストで正確に打ち抜ける特性は非常に勝負が早いのも特徴で、プレッシャーレイクにおいてもテンポの速い釣りで確実に結果を出しやすくなっています。

小さな変化を見逃さない優秀な感度

優秀なロッドバランスと軽量設計のエクスプライド 164L-BFSは、数あるベイトフィネスロッドの中でも抜群の感度を持っています。オープンウォーターはもちろん、本来ベイトフィネスの主戦場とも言える複雑なカバーにアプローチしただけではかんたんにバイトに持ち込めないようなタフコンディション時は、ちょっとした違和感を感じられる高い感度や、移動距離を抑えて細かく、丁寧にリグをコントロール出来る操作性が威力を発揮しますが、エクスプライド 164L-BFSはこれらの性能を見事に両立させたワーミング特化型のロッド。小さなボトムの変化やリグの姿勢まで手元に伝えることが出来る高い感度は、イメージ通りのアクションをワームに与え、ハイレベルなワーミングは周りのアングラーが苦戦を強いられている中でも貴重なバイトを絞り出す事が出来ます。

エクスプライド 164L-BFS インプレッションまとめ


様々なモデルがリリースされているベイトフィネスロッドの中でもスピニングタックルと同等の操作性や感度を持つエクスプライド 164L-BFSは、最もライトリグへの対応力を強化したモデルと言えるでしょう。

エクスプライド 164L-BFSと相性抜群のリグ&ルアー
・3~5インチ程度のネコリグ
・総重量5~7gのスモラバ
・2.5~5gシンカーを使ったダウンショットリグ
・軽めのテキサスリグ
・4インチ前後のノーシンカー
・小型のトップウォータープラグ
・小型のジャークベイト

以上がエクスプライド 164L-BFSと相性抜群のリグとルアーになります。

絶妙なレングスで非常に取り回しが良く、高い感度と操作性を兼ね備えたエクスプライド164L-BFSはスピニングタックルで扱うような軽量リグに特化したロッド。ライトリグをイメージ通りに操る事の出来る繊細さはシリーズトップクラスと言えますが、特に5~10g程度のネコリグやスモラバとの組み合わせでは、その操作性と手返しの良さを活かしてカバー周辺のみならず、オープンウォーターでもスピニングタックルを超えるようなハンドリングを見せてくれます。スピニングタックルではパワー面で不安が残るシチュエーションや地形変化や沈み物周辺をライトリグでチェックしないとバイトが得られないようなタフコンデション時、エクスプライド164L-BFSはその実力を発揮し、貴重な釣果をもたらしてくれるでしょう。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


ベイトフィネスロッドを選ぶ時のコツと具体的なタックルセッティングこちら!!

釣果につながるベイトフィネスタックルおすすめの使い方とは?近年ではベイトリールの革新的な進化によってベイトフィネスが一般的に浸透してきました。一昔前と比べ、かなり高性能なリールが増えてきたおかげ...
ベイトフィネスタックルのおすすめな使い方 その1 カバー攻略特化型今回はベイトフィネスの基本でもあるカバー攻略に特化したベイトフィネスのメリットや使い方、おすすめのタックルを紹介、解説していきます。 ...
ベイトフィネスタックルのおすすめな使い方 その2 操作性重視型 ベイトフィネスタックルのおすすめな使い方 その2 操作性重視型 前回に引き続いて今回はベイトフィネスの主流の一つである操...
巻物特化型ベイトフィネスのメリットとタックルテンプレート 巻物特化型ベイトフィネスのメリットとタックルテンプレート 小型プラグでベイトタックルを使用出来るというのはたくさん...
こちらの記事もおすすめ!