バス釣り初心者おすすめ

実績抜群!おすすめチャターベイト&トレーラーとその使い方、ロッドに求められる性能とは?

フルサイズのラバージグに金属のリップを付けた個性的なルックスのチャターベイトは、ブレーデッドジグやブレードジグとも呼ばれ、高いアピール力で広大なエリアをすばやくサーチ出来るその特性で非常に人気の高いルアーでもあります。

現在では様々なメーカーでリリースされ、個性的なチャターベイトが数多く存在しますが、自由度が高いトレーラーとの組み合わせ次第で実釣性能が大幅に変化するチャターベイト特有の特徴はチャターベイトそのものの使い込みレベルや経験がモノをいう部分でもあり、一朝一夕で獲得できるモノではありません。

いつでもどこでも驚異的な実釣性能を誇るルアーは誰だって欲しいもの。そこで今回は私が使い込んできた数々のチャターベイトの中でも本当に実釣性能が高いチャターベイトと、チャターベイトの性能を引き出してくれる優秀なトレーラーワーム、その実力を引き出す使い方やちょっとしたコツを皆さんにご紹介します。

先生
先生
日本で使われるチャターベイトという名前、実はZ‐MANというアメリカのメーカーがリリースするブレードジグの商品名で、本場アメリカではブレーデットジグという呼び方が一般的です。”chtter”(チャター)という言葉は直訳すると”おしゃべり”という意味になり、チャターベイトのアピール力の高さを物語るようなネーミングになっています。

おすすめチャターベイト5選

ここでは、私が実際に使ってきたたくさんのチャターベイトの中で、数々の実績と釣果を残し最後まで1軍として生き残った実釣性能抜群のチャターベイトを5つご紹介します。少し個性が強くマニアックなモノもありますが、その実力の高さは数あるチャターベイトの中でもトップクラスです。

おすすめその1 エバーグリーン ジャックハンマー

世界一チャターベイトで稼ぐブレット・ハイトも開発に関わったエバーグリーンのジャックハンマーは日本国内だけにとどまらず本場アメリカでも高い人気で、スポンサー契約の有無に関係なく多くのトッププロが使用するその実力は世界一のチャターベイトにふさわしいモノになっています。細部まで考え抜かれた作り込みは抜群の使用感と実釣性能をあわせ持ち、初心者でもその実力を体感しやすくなっています。

おすすめその2 イマカツ モグラモスチャター スーパーブレード

元祖チドリ系チャターベイトとして高い実績を持つモグラチャターは代名詞でもある”チドリ”を武器に他のチャターベイトとは一線を画す個性を持っています。一定スピードで巻くだけで急にバランスを崩して発生するチドリアクションは、直線的なリトリーブアクションの中でルアーが自らの意思を持ったかのように動くのでバスのスイッチを入れやすく、オートマチックにバイトに持ち込める性能を持っています。

おすすめその3 デプス Bカスタムチャター

極めてハイアピールで決してチドらない直進性を持つデプスのBカスタムチャターは明確な引き抵抗でルアーの状態がわかりやすく、素早い立ち上がりとファーストリトリーブでも水面を割らない優れたレンジキープ性能を備えています。フッキング効率とビッグバスとのやり取りを考慮した5/0の太軸ワイドゲイプフックは大型のトレーラーもセットしやすく、ビッグバスハンター必携の仕上がりになっています。

おすすめその4 ノリーズ フラチャット

後方のオフセットされた独特なブレードセッティングで、ヘッド部分とブレードが干渉しやすくカチカチと大きなスクラッチサウンドを生み出すフラチャットはどんなリトリーブスピードでもしっかりアクションし、大振りなアクション設定はアピール力が高いので濁りの入った状況で特に威力を発揮します。クセの無い使用感は初心者にも優しく、チャターベイト入門にふさわしい性能を持っています。

おすすめその5 ミブロ コブラチャター

独特なヘッド形状と下向きアイでスナッグレス性能が高い特徴を持つコブラチャターは、ヘッドやスカートに水流を受けて浮き上がりやすく、シャローレンジの攻略を得意としています。非常にパワフルなアクションはチャターベイトの得意とするマッディウォーターに強く、チャターベイトとしての基本性能をブラッシュアップさせた高性能チャターとなっています。

先生
先生
チャターベイトはたくさんの種類を持つよりも気に入った使用感のウエイトやカラーをそろえた方がずっと効率的です。まずはメインとするウエイトを決めて気に入ったモノを探してみましょう!

おすすめチャターベイトトレーラー3選

ここではチャターベイト性能を引き出す優秀なトレーラーワームをご紹介します。トレーラーによって大きく性能が変わるチャターベイトにとって、トレーラーの持つ役割は重大。それぞれの特徴を理解して使い分ける事がとても大切になります。

トレーラーを選ぶ時の注意点

チャターベイトのトレーラーには様々なワームが使えますが、それぞれの特徴を理解して使い分ける事とかんたんに釣果を伸ばす事が出来ます。ここではチャターベイトに良く使われるトレーラーの特徴を形状別にご紹介します。

先生
先生
チャターベイトのトレーラーはボディの大きさや形状、重さによって水の抵抗が変化し、トレーラーに当たる水の抵抗が大きければ大きいほどチャターベイトのアクションはおとなしくなります。使うチャターベイトとトレーラーの組み合わせでアクションの強さを調整する事がチャターベイトで釣果を伸ばすコツです!!

ピンテール系

デプスのデスアダーやスタッド、ドライブスティックなどに代表されるピンテール系はチャターベイトに与える影響も少なくその性能をフルに発揮させることが出来ます。

先生
先生
チャターベイトのトレーラーとして人気のあるサカマタシャッドなんかもピンテール系に入りますね。個人的にはもう廃盤になってしまったスティールベイト改がお気に入りでした。探せばまだ出てくるので、興味のある方は探してみてください。

シャッドテール系

チャターベイトのトレーラーとして高い装着率を誇るシャッドテール系は泳がせた時の水の抵抗も大きく、中層をスローにリトリーブする事が出来ますが、チャター本来のウォブルアクションを打ち消す傾向にあります。特に大きなテールでアクションも大振りな設定のワームではお互いにアクションを打ち消しあってしまうので、トレーラーとして使用する場合は慎重に選びましょう。

先生
先生
世界一のチャター使いとして有名なブレット・ハイトは、現在のザコをメイントレーラーにする前、ゲーリーヤマモトのスイムセンコーを良く使っていました。あの青木大介選手もスイムセンコーをチャターのトレーラーとして使用していた時期があり、スイムセンコーはチャターベイトとの相性が良いシャッドテールといえます。

ダブルカーリーテール系

チャターベイトのトレーラーとしてはややマイナーなダブルカーリー系は、水の抵抗が大きく、シャローレンジをゆっくりサーチしたい状況にうってつけです。ロールアクションを発生させないアクション特性はチャターベイトのアクションを損なわず、非常に高いアピール力が持ち味となります。

先生
先生
ゲーリーヤマモトのダブルテールグラブのようにテールがヒラヒラするモノではなく、パタパタと水を強く押すアクションのワームがチャターベイトにはマッチします。

おすすめトレーラー その1 O.S.P ドライブステック


様々な使い方が可能で、各方面で高い実績を誇るO.S.Pのドライブスティックはチャターベイトのトレーラーとしても高い実釣性能を誇ります。適度なボリュームを持つボディはしっかりとした重量があるのでロングキャストもしやすく、ビッグレイクから野池まで使うシチュエーションやフィールドを選ばないので初心者からエキスパートまで幅広いアングラーに信頼されています。現在では細かくサイズを区切ってリリースされているのでバスの状況やベイトサイズに合わせて細かくローテーションすればより効果的です。

おすすめトレーラーその2 ゲーリーヤマモト ザコ スイムベイト

アメリカのゲーリーヤマモトで取り扱っているザコは、あのミスターチャターベイトと呼ばれるブレット・ハイトがジャックハンマーのメイントレーラーとして使用している事で人気に火がついたワームです。フラットサイドなボディはチャターベイトの動きを抑えて直進安定性が増し、ジャバラ状のテールセクションはチャターベイトのウォブリングを活かして艶やかなアクションを生み出します。

おすすめトレーラーその3 ジャッカル Bクロールフラッパー


ふたつのフラップアームを持つジャッカルのBクロールフラッパーは水の抵抗が大きく、シャローレンジをゆっくり巻きたいときに活躍します。スイムジグやチャターベイト専用のトレーラーとして開発されており、使いやすさは抜群。今回紹介したトレーラーのセットアップの中でも一番アピール力が高く、春先や急な濁りなどアピール力が必要な状況で真価を発揮。特に早春のプリ狙いでは他を圧倒するほどの実力で、ビッグバスキラーの名を欲しいままにしています。

チャターベイトの性能を引き出す使い方

ここでは他のアングラーと差がつくチャターベイトの使い方を解説します。
ヘッドのウエイトとトレーラーを調整する事で様々なレンジとリトリーブスピードに対応し、サーチベイトとして優秀な性能を持つチャターベイトですが、下記に紹介するコツを意識して使用すると釣れるバスの数が倍増します。

リトリーブスピードを意識する

ヘッド部分のウエイトやトレーラーを変更する事で様々なリトリーブスピードに対応できるチャターベイトですが、実はリトリーブスピードが非常に重要なルアーです。ゆっくり巻くよりも早めのリトリーブの方が性能を発揮しやすいチャターベイトですが、早く巻きすぎるとバランスを崩しやすく、程よい振動が手元に伝わる各チャターの理想的な巻きスピードの上限と下限を確認しておきましょう。

先生
先生
下記のリップチューンで巻きスピードを調整するするのも非常に効果的ですよ!

アピール力を調整する

トレーラーや金属リップの角度を変える事でアピール力を調整できるチャターベイトは様々な状況に対応出来るルアーといえます。チャターベイトそのもののアピール力とトレーラーとの関係性を理解しておけば自分がイメージするアピール力を作り出すことも可能。当日の天候や水の色、使用するシチュエーションや状況によって自由に組み合わせれば釣れるバスの量もサイズも一気にアップします。

チャターベイトのリップチューニング方法出典:デプス様

ブレード先端を後方へ倒すと水が逃げやすくなり、アピール力は落ちますがハイスピードリトリーブでも安定したアクションをしてくれます。

反対にブレード先端を前方へ倒すと水を受けやすくなり、ハイアピールでデッドスローでもアクションするようになりますが、巻きスピードへのストライクゾーンが狭くなり、ちょっと早く巻いただけでも直ぐにバランスを崩しやすくなります。

大きく角度がついてしまうとバランスが崩れてしまいますので慎重に調整をしてください。
耐久性の高いステンレスブレードを使用しておりますが、使用条件により金属疲労で破損してしまう恐れがあります。

ボリュームを調整する

チャターベイトはトレーラーを変更する事でかんたんにボリュームやシルエットを調整する事が出来ます。フルサイズのラバージグと大きめなトレーラーを使用するチャターベイトは存在感も大きく、その高いアピール力で遠く離れたバスにも効率良くアピール出来ますが、プレッシャーの高い状況やベイトサイズにセレクティブな状況では持ち味のボリュームと強烈なアピール力がマイナスに働く場合があります。
そんな時はトレーラーのサイズを変更したり、ラバーのスカートの長さやボリュームを調整する事で対応してみましょう。今まで全く反応が無かったバスが急に反応し始めるなんて事が事が多々あります。

番外編 チャターベイトが効果的なシチュエーションとは?

元祖チャターベイトであるZ-MANのオリジナルチャターベイトは良い意味で製品のバラツキが大きく、10個買うと1個位の確率で異常に高い実釣性能を持った個体に巡り合えます。大型の量販店ではワゴンセールで売られている事もあり、夢を買うつもりでまとめ買いするとおもしろいルアーでもあります。

チャターベイトは強い水押しとヘッドと金属リップがぶつかるサウンドで非常にアピール力が強いルアーです。オープンウォーターではそのアピール力の強さですぐにスレてしまうため使うタイミングを限定されますが、大雨などで発生した急な濁りや、ウィードエリアなどでバスが目視でルアーを確認しにくい状況ではとても効果的なルアーになっています。

また、バスへのプレッシャーが低いフレッシュな状況や、春先などアピール力の高いルアーをバスが好む状態では無類の強さを誇ります。

この特性を良く理解し、状況によってルアーをローテーションすれば、チャターベイトは強力な武器になるでしょう。

チャターベイトの性能を引き出すロッドやタックルとは?

バーサタイルなタックルでキャストされがちなチャターベイトにもその性能を引き出す理想のタックルセッティングがあります。
ここではそんなチャターベイトの性能をフルに引き出せるロッドやタックルセッティングをご紹介します。長年チャターベイトを使い込み、メインウェポンの一つとしてきた私なりの経験から導き出した一つの答えです。

ロッド

チャターベイトはスピナーベイトのような大きなシングルフックを持ち、しっかりとしたフッキングをするにはそれなりのロッドパワーが必要となるのでカーボンマテリアルのロッドが理想的なロッドと思われがちですが、エキスパートになればなるほどグラスコンポジットのロッドを多用するようになります。チャターベイトはリップで水を受け、その力をアクションに変換しますが、硬いカーボンロッドではリップの動きを制限してしまいアクションが小さくなってしまいます。カーボンとグラスコンポジットを使い比べればその差は歴然。もちろん、よりアクションがワイドでナチュラルなグラスコンポジットの方がバイト数も多く、チャターベイトの性能を引き出せる理想的なロッドは固めのグラスコンポジットロッドと言えるでしょう。ジグとトレーラーを足した総重量は1oz近いのでMH以上のロッドが好ましく、ロッドレングスは長めの方がロングキャストもかんたんでトレースコースを調整しやすくなります。

エバーグリーンのレパードは固めのグラスコンポジットでチャターベイトにベストマッチ。ブレット・ハイトがメインで使用しているロッドでもあります。

高いコストパフォーマンスと幅広いルアーウエイトに対応出来る性能で一本持っていると潰しが効くタトゥーラ エリート701MHRB-Gはグラスロッドを使ったことのない方にも使いやすくておすすめのロッドです。

リール

チャターベイトで使用するリールについては特に縛りはありませんが、最近リリースされているXG(エクストラハイギア)では必要となるラインのたるみが足らなくなるためか、バイトを弾いてしまう現象が一気に増加します。
また、あまりにも早い巻き取りスピードはチャターベイトにとって生命線である巻きスピードの調整を難しいものにしてしまいます。通常のギヤ比(6~7.0:1)程度のリールが使いやすくて他のファーストムービングルアーにも使い回せるので何かと重宝します。


高いボディ剛性感とシルキーな巻き心地でファーストムービングルアーとの相性が抜群なシマノのバンタムMGLは理想的なギヤ比でチャターベイトにもベストなスペックを持っています。

ライン

チャターベイトと相性が良いラインはフロロカーボンライン(12~20lb.)になります。PEラインでは私の経験上、バイトの弾きが多発してしまうので使用しません。
フロロカーボンラインは伸びが少なく、絶対的パワーではカーボンに劣るグラスコンポジットでもフッキング成功率を高める効果があります。また、ディープレンジの攻略やロングキャストした場合では高い感度でルアーの状態をインフォメーションし、感度の低いグラスコンポジットのデメリットをサポートしてくれる一面もあります。

おすすめチャターベイト&トレーラーとその使い方、ロッドに求められる性能とは? まとめ

組み合わせるチャターベイトとトレーラーによって様々な特徴を引き出せるチャターベイトは、使い込みと経験がそのまま釣果に跳ね返ってくるようなルアーです。無限に存在するチャターベイト+トレーラーワームの組み合わせの中で本当に釣れるチャターベイトセッティングを見つけた時の実釣性能と爆発力は他のルアーには無いものがあり、狂ったようにチャターに襲い掛かるバスの姿は忘れられないほどエキサイティングです。

今回はどこのフィールドでも安定して釣果を伸ばす事の出来る優秀なチャターベイトを選りすぐって紹介しましたが、皆さんが足繫く通うフィールドで本当に効果的なチャターベイトを見つけ出しその性能を引き出すことが出来るのは実際にフィールドに対面する皆さんだけです。圧倒的な実釣能力とチャターベイトだけが持つ実力をぜひ皆さんも体験してみてください。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

チャターベイトはスイムジグを使い分けると釣果が伸びやすくなります!

デカバスに効果的!おすすめのスイムジグ【スコーンリグ】とトレーラー、その使い方とは?ラバージグのボリュームと大きめなトレーラーで高いアピール力を持つスイムジグは春から秋口にかけ大型のバスに非常に効果的なリグです。琵琶湖な...
実釣性能ぶっ壊れ!最強のシャッドテールワームおすすめ5選とその使い方スイムベイトに匹敵する高いアピール力とボリュームのあるボディで大型のバスに非常に効果的なシャッドテールワーム。様々なリグに対応出来る守備...

※こんな実験もしています。

シャッドテール テールは上向き?下向き?効果的な使い分け皆さんはシャッドテールワームやグラブに付いているテールの上下について、一度か二度は考えたり、疑問に思ったりした事はありませんか? ...
こちらの記事もおすすめ!