ルアーインプレッション

DUO レアリス クランク55SR カブキ ルアーインプレッション!食わせ重視のアクションでタフ時に強いオッカパリクランク!

コンパクトなボディとナチュラルなタイトアクション!!
ハイプレッシャーにも強い特性はオープンウォーターでもバイトに持ち込める食わせのシャロークランク!!

トーナメンター時代、予定のない日は馴染みの釣具屋でお手伝いをしていたちかみやが、個人的に気になるルアーをテストして、独断と偏見でお送りするルアーインプレッションコーナー。実際に使い込んだ上でそのルアーが持つ特徴や長所などを超個人的な目線でインプレションしています。今回は霞水系をメインフィールドとして開発されたDUOのフラットサイド系クランクベイト、レアリスクランク55SR カブキにフォーカスし、その特徴と性能についてお伝えしていきます。

レアリスクランク55SR カブキのスペック

Length : 55.0㎜
Weight : 10.0g
フローティング
Hook : #6×2
カラー :14色

使いやすさ
実釣性能
おすすめ度

先生
先生
関東屈指のハイプレッシャーレイクでもあり、日本一のオッカパリフィールドでもある霞水系で生まれたレアリスクランク55SRカブキは、様々なこだわりと特化した性能を持ったクランクベイトとなっています!

レアリスクランク55SR カブキの構造と外見の特徴

ここではレアリスクランク55SR カブキの主要なコンポーネントや内部構造などから、このルアーが持つ特徴や本来のポテンシャルをひも解いて行きます。

リップの形状

レアリスクランク55SR カブキのリップはボディサイズに対し、やや小ぶりなスクエアリップ形状となっています。水を良くとらえる特性のスクエアリップは小型化してもしっかりとアクションさせやすくレスポンスを求めるこの手のルアーとは相性の良いチョイスと言えます。また、スクエアリップといえば高いスナッグレス性能をイメージしますが、レアリスクランク55SR カブキのスナッグレス性能は思っているほど高くなく、あくまでもオープンウォーターでの使用を前提とした使い方が効果的。肝心な巻き心地も適度な使用感とストレスの無い軽さで長時間の使用も苦になりません。

リップの角度

出典:DUO様

シャローレンジをメインとするクランクとしてはやや水平に近い角度のリップは、リップサイドから水が抜けやすい構造で、アクションはロール主体の控え目なタイトアクションセッティング。ノーズアイに近い位置のラインアイは小さめなリップに効率良く水を受けて様々なリトリーブスピードで狙い通りのアクションを発生させます。

潜行レンジは約1.5~1.8m。この手のクランクとしては太いラインでも影響を受けにくく、タックルについてもそれほど選り好みしない特性は、クランクに慣れていない初心者の方でも使いやすい作りになっています。

ボディ形状

出典:DUO様

ハイプレッシャー化が進むオッカパリゲームでも結果を残すために設計されたレアリスクランク55SR カブキのボディ形状は、55㎜の全長を持つややコンパクトなデザインとタイトなロールアクションを活かすセミフラットなボディシェイプが特徴的。固定重心のメインウエイトはレスポンスも高く様々なリトリーブスピードに対応し、程よいボディウエイトは使いやすさも十分持ち合わせています。

レアリスクランク55SR カブキの特徴と長所

ここではレアリスクランク55SR カブキが持つ特徴を3つご紹介します。
それぞれのルアーが持つ特徴や長所、強み理解していれば、状況に応じて正確にルアーを使い分けられるようになるので、より多くのバスに出会えるチャンスが広がります。

オッカパリゲームで使いやすい総合性能!

関東屈指のバスフィッシングフィールドである霞ヶ浦水系をメインに、オッカパリゲームでの使いやすさにフォーカスして作られたカブキは、ほどよいボディ重量と適度な使い心地でフラットサイド系クランクとしては抜群の使いやすさを持っています。

通常、フラットサイドクランクといえばオープンウォーターでもバイトに持ち込める高い実釣性能を持つかわりに使いにくかったり、キャストしにくかったりしますが、カブキにはそのような要素がほとんどありません。メリットとデメリットが大きくてクセが強く、使い手を選ぶイメージの強いフラットサイドクランクの中でも特にカブキはアングラーのスキルに左右されない特性を持つ数少ないフラットサイド系クランクと言えるでしょう。

オープンウォーターでもバイトに持ち込むナチュラルアクション!

全長55㎜のコンパクトなボディとフラットサイド気味のボディシェイプを持ち、ロール主体のナチュラルなアクションを持つカブキはタフな状況に強く、オープンウォーターでもバイトに持ち込める特性を持っています。通常のクランクでは反応を得られなかったりするような状況にでもただ巻くだけで実力を発揮する特性と絶妙なアピール力のバランスは、様々な状況に対応することができ、プレッシャーのかかりやすいオッカパリゲームにおいて優秀なパイロットルアーとなってくれます。

リトリーブスピードを問わずしっかりアクションするボディ設計!

フラットサイドクランクの様なロール主体アクションを持つ中層クランクは、アクションを重視するあまり、リトリーブスピードのストライクゾーンが狭いモノも多数ありますが、カブキはしっかりとしたボディ設計と作り込みで、どのようなリトリーブスピードでも狙ったアクションが出るようになっています。

バスのコンディションやフィールドの状況に応じてリトリーブスピードを変化させられる特性は非常に効果的で、巻きスピード一つでバスからの反応が大きく変わることも珍しくありません。特にこの手のフラットサイドクランクが活躍しやすい時期はバスがセレクティブになっている事も多くその効果は絶大。ちょっとした差でバスからの反応がガラッと変わります。

先生
先生
フラットサイドクランクはクセが強く、どちらかというと使いにくいタイプのルアーですが、この手のルアーとしては非常に使いやすくデザインされている部分がカブキの持つ最大の特徴と言えるでしょう。もちろん、フラットサイドクランクとしての基本性能や特性はしっかり押さえてあります!!

レアリスクランク55SRカブキの感想とまとめ

カブキのリリース元であるDUOインターナショナルはDesigned by Ultimate Organizerの略称だって知っていました!?昔からバス釣りを楽しんでいる方にとっては他社製品のOEMメーカーというイメージが強いブランドかもしれませんが、今では実力派ルアーを数々リリースする通好みのブランドとなっています。

フラットサイドクランクとしての特性や基本性能をしっかりと持ちながらも、圧倒的な使いやすさを実現したルアー。一言でカブキのイメージを語るならこのような表現がとてもしっくりきます。

総合的な性能としてはかなりしっかりしたモノを持っていますが、個人的には初心者向けのフラットサイドクランクというイメージが強く、私のような廃人クランカーにとっては少し物足りなさを感じるかもしれません。

しかしながらこのルアーの大きな特徴は晴天無風、ハイプレッシャーでタフな状況でもただ巻くだけでバイトに持ち込める特性と、オッカパリゲームでの使用でもストレスを感じない使い勝手を両立させた部分と言えます。タフコンデション時の実釣性能にフォーカスしたコンパクトなボディと固定重心によって作り出されたキレのあるナチュラルなロール主体のアクションはとてもバイト誘発力が強く、昨今のフィールド事情を考えればとても有効ですが、そのような設計のクランクは使いにくい事ががほとんど。カブキ開発のこだわりは、この相反する性能を両立させたところだと実際に使用して強く感じました。

フラットサイドクランクを使ってみたいと考えているアングラーさんは、まずカブキから試してみてはいかがでしょうか?

このクランクであればフラットサイドクランクの本当の実釣性能を手軽に体験する事が出来るでしょう。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


※詳細なカラーラインナップや価格は上記のAmazon、楽天のリンクからご確認ください。

クランクベイトの性能をフルに引き出せるおすすめタックルセッティングはこちら!!

クランクベイト中毒者が解説!釣果が変わる理想のクランキンロッドとは?クランクベイトは活躍するシチュエーションにあまり左右されず、年間を通して良く釣れるルアーとして非常に人気の高いルアーですね。 基本...
グラスロッドとは?そのメリットとデメリット、相性の良いルアーを完全解説!釣りを続けていると一度は聞いた事があるグラスロッドのお話。 現在主流になっているカーボン素材とは違い、様々なメリットとデメリットを...
バス釣り動画なら釣りビジョンVODが断然おすすめ!釣り好きのためのVODを徹底解説!釣りのスキルアップには足繫くフィールドに通う事ももちろん大切ですが、短期間で上達する効果的な方法の一つに自分よりも上手なアングラーの釣り...
こちらの記事もおすすめ!