ルアーインプレッション

イマカツ ISワスプ ルアーインプレッション

究極のボディバランスでシャッドに必要な性能を完全網羅!
ビッグタイトル制覇の過去と今でも根強いファンを持つ高性能シャッド!!

イマカツのルアーに付いている目を見るとウシガエルを連想してしまうちかみやが、個人的に気になるルアーをテストして、独断と偏見でお送りするルアーインプレッションコーナー。そのルアーが持つ特徴的な構造や形状、実際に使用した感想と、独自の解釈でルアーの特徴をひも解き、超個人的な目線でルアーをインプレションしています。今回は日本最高峰のバストーナメント、バサークラシックでウイニングルアーの輝いた経歴を持つシャッド、イマカツのISワスプのインプレッションをシェアします!

ISワスプ55のスペック

Length : 55.0㎜
Weight : 4.5g
サスペンド
Hook  : #8×2
カラー35色

先生
先生
ワスプには50㎜ボディで1.5m潜るモデルと、55㎜で2mレンジに届くモデル、ベイトフィネス対応で潜行レンジは約1m。ハイスピードリトリーブに特化した60㎜ボディの攻速IS‐ワスプという3モデルが存在します。

ISワスプの構造と外見の特徴

ここではISワスプの外見や内部構造などから、このルアーが持つ特徴や本来のポテンシャルをひも解いてみましょう。考え抜かれたボディ形状と、固定重心を採用した内部構造はこだわりを感じることが出来ます。

リップの形状

ISワスプのリップ形状は少しワイドなリップながら基本的な形状はリーフ型で、しっかりと水を掴むリップはジャークやトゥイッチにも対応しやすくなっています。大胆に絞られたリップの付け根部分が個性的で、たくさんの水を一気に受け止めて、一気に逃がすような構造はワスプの特徴でもあるハイレスポンスでシャッドとしてはワイドなアクションの原動力となっています。

リップ角度

ISワスプのリップ角度は他のシャッドよりも角度のついた状態で取り付けられています。しっかりと水を受けて左右へ流すリップの角度は、存在感のあるウォブリングを発生させ、ラインがたわむようなデッドスローリトリーブでもアクションするように設定されています。
潜行レンジはワスプ50で約1.5m、ワスプ55では2m前後のレンジをメインにしています。攻速IS‐ワスプでは約1mの潜行能力でシャローレンジに特化した性能を持ち、各モデルによって潜行レンジを選べる設定はバスのレンジを絞り込む際に一役買ってくれます。

ボディ形状

固定重心を採用しているISワスプのボディはやや太めのボディデザインでしっかり水を押し、シャッドとしてはかなりアピール力が高く設定されています。こだわりの詰まったボディ形状は、空気抵抗の少ないボディラインで安定した飛行姿勢を実現し、優れたキャスタビリティーを発揮します。

ISワスプの特徴と長所

ここではISワスプが持つ特徴を3つご紹介します。
それぞれのルアーが持つ特徴や長所、強み理解していれば、状況に応じて正確にルアーを使い分けられるようになり、より多くのバスに出会えるチャンスが広がります。

あらゆるリトリーブスピードに対応

固定重心で極めてハイバランスなワスプはシャッドをまるで小型のクランクのように
ファーストムービングとして扱えるように作られているので様々なリトリーブスピードに対応し、デッドスローからハイスピードリトリーブまでバランスとアクションを崩すこなくしっかり泳ぐように設定されています。特にスローリトリーブでもしっかりアクションする特性は他のシャッドにはなかなか無い特徴で厳寒期やタフタイム、極端にバスがスローな場合に真価を発揮します。

シャッドらしからぬハイアピールアクション

シャッドとしては異色な水押しと力強いウォブリングを持つISワスプは、タイニークランクにも匹敵するようなアピール力を持っています。小さいボディのシャッドプラグは時としてアピール力不足になりがちですが、ISワスプにはその心配はありません。多少の濁りやローライトコンディションでもしっかりとバスを寄せるしゃかりきな泳ぎは、とてもハイピッチで幅広い状況で使える使いやすさと守備範囲の広さを持っています。

ハイレスポンスボディで様々なアクションに対応

非常にレスポンスの高いISワスプはロッドワークにも機敏に反応し、ジャークやトゥイッチにも高次元で対応します。ただ巻きをメインアクションとするクランキンシャッドの中にはISワスプと同じくジャークやトゥイッチにも対応出来るシャッドはありますが、ここまで高レベルで両立させているシャッドはかなり珍しいといえます。

先生
先生
ワスプは直訳すると スズメバチやジガバチのことを指します。スピーディーなイメージのこのルアーにはピッタリなネーミングですね!

ISワスプの感想と今回のまとめ

ISワスプはジャークやトゥイッチでもその実力を十分発揮出来ますが、ハイピッチでシャッドらしからぬアピール力を持つその特性は、やはりただ巻きでの使用がしっくりきます。リリースされてから10年近く経ち、現在活躍している高性能なスペックを持ったシャッドの元祖とも言えるISワスプですが、その実力は今でもトップクラスと言えるでしょう。

他のシャッドと比べるとハイピッチ&ハイレスポンスな特性やタイニークランクに負けないアピール力など、だいぶ個性的な特徴を持ったISワスプですが、ビッグタイトルを勝ち取ったその実力は本物です。このルアーが持つ特性をしっかりと理解し、上手に使って上げる事が出来れば、ISワスプの毒針はどんどんバスを仕留めてきてくれるでしょう。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


※詳細なカラーラインナップや価格は上記のAmazon、楽天のリンクからご確認ください。

ISワスプの性能を引き出すおすすめベイトフィネスタックルはこちら!!

シャッドプラグ厨がおすすめする理想のシャッドロッドとは?シャッドプラグはタフタイムに強く、プレッシャーの高い日本のフィールドでは出番の多いハードベイトの一つですね。最近ではタックルの進化によっ...
巻物特化型ベイトフィネスのメリットとタックルテンプレート 巻物特化型ベイトフィネスのメリットとタックルテンプレート 小型プラグでベイトタックルを使用出来るというのはたくさん...
使いやすさは釣果に直結!!おすすめの巻物特化型ベイトフィネスロッド5選!近年では飛躍的なベイトリールの性能向上やタックルの進化で、ひと昔前はスピニングタックルでの使用が当たり前だったスモールプラグ達もベイトタ...
こちらの記事もおすすめ!