ルアーインプレッション

エンジン ヴィショップ60 ルアーインプレッション

状況やシチュエーションに応じて2タイプを使い分け!
細かい部分まで考えて作り込まれた特化型シャッド!!

ちかみやが、個人的に気になるルアーをテストして、独断と偏見でお送りするルアーインプレッションコーナー。実際に使い込んだ上でそのルアーが持つ特徴や長所などを超個人的な目線でインプレションしています。今回はエンジンのリリースするシャッド、ヴィショップ60を掘り下げていきます!

ヴィショップ60のスペック

出典:エンジン様

Length : 60.0㎜
Weight : 3/16oz[5.0g]
タイプ1:サスペンド タイプ2:スローフローティング
Hook  :フロント#6 リア#8
カラー10色

先生
先生
ヴィショップ60にはロール主体のアクションでスローに誘えるタイプ1と、ウォブルアクション主体で、クランキンに特化したタイプ2がリリースされています。

実は今回、ルアーを実釣テスト中にロストしてしまうトラブルがありまして、画像が少なめです。ごめんなさい。

ヴィショップ60の構造と外見の特徴

ここではヴィショップ60の主要なコンポーネントや内部構造などから、このルアーが持つ特徴や本来のポテンシャルをひも解いて行きます。

リップの形状

ヴィショップ60のリップ形状は先の尖ったリーフ形状のリップで、ボディサイズの割にワイドなリップは水を掴みやすく、水の抵抗をアクションにしやすいリップになっています。付け根部分の幅もしっかりと確保されているので、水の抵抗が少なくてもしっかりアクションするセッティングになっています。

リップの角度

ヴィショップ60のリップ角度はやや水平に近い角度で取り付けられています。ラインアイとリップ角の関係でサラサラとした抵抗の少ない巻き心地で巻きやすく、ボディの左右へ水を流す設定のリップ角は安定したスイミングアクションを実現しています。
潜行レンジはMax2.5mとややディープな設定で、かなり急潜行するタイプのシャッドになっています。

ボディ形状

シャッドとしてはスタンダードなボディのヴィショップ60は、本物のベイトフィッシュに近いシルエットでタフコンディションに強い特性を持っています。とてもバランスの良いボディが持つスイムアクションは非常にナチュラルで、何も無いオープンウォーターでのバイト誘発力に優れ、適度なアピール力を兼ね備えています。

ヴィショップ60の特徴と長所

ここではヴィショップ60が持つ特徴を3つご紹介します。
それぞれのルアーが持つ特徴や長所、強み理解していれば、状況に応じて正確にルアーを使い分けられるようになるので、より多くのバスに出会えるチャンスが広がります。

タイプ別に設けられた明確なコンセプト

ヴィショップ60にはロール主体の喰わせ系アクションで、重心移動&サスペンド、ミノーに近いシャッドコンセプトのタイプ1と、ウォブル主体の弱アピールアクションで固定重心&スローフローティング、レスポンスの高くてアクションもキレのあるクランキンスペックに特化したタイプ2があります。

タイプ1は低水温期やタフコンディション時にスローに誘って見せてバイトに持ち込むタイプの食わせシャッド、タイプ2は幅広いエリアを手早くチェック出来るサーチベイトとして活躍します。状況やシチュエーションに応じて使い分ければ釣果を大きく伸ばす事が可能です。

高い基本性能で様々な使い方が可能

極めてオーソドックスなシャッドであるヴィショップ60は非常に基本性能が高く、しっかりしているのでシャッドに求められる様々な使い方に高次元で対応出来ます。デッドスローからハイスピードのただ巻きはもちろん、ジャークやトゥイッチ、ストップ&ゴーでもレスポンス良く対応し、活躍の場を選びません。

急潜行でプロダクティブゾーンが長い

潜行レンジ設定が2.5mとややディープな設定のヴィショップ60は、かなり前のめりな浮き姿勢で、狙ったレンジへ急潜行出来るタイプのシャッドです。

いち早く目的のレンジへ到達可能なこの特性は、有効なレンジに長くルアーをとどめることが出来るのでサーチ効率が上がって結果的にバイト数を増やすことが出来ます。

先生
先生
オーソドックスな作りの中にしっかりとした基本性能を高い次元でバランスの良く詰め込んだルアー。ヴィショップ60を一言で言い表すならこんなイメージになります。

ヴィショップ60の感想と今回のまとめ

シャッドを使い込んだ事がある方ならわかると思いますが、シャッドというルアーは突き詰めると二極化した性能を求められます。今回紹介したヴィショップ60は、はじめから2モデル用意する事でこの問題を解決し、各々のモデルがしっかりとしたコンセプトを持って作り込まれています。タイプ1とタイプ2、両モデルとも狙ったコンセプトが高い次元で詰め込まれており、アングラー側が状況を判断してちゃんと使い分けてあげれば、他のシャッドでは手も足も出ないような釣果残せる実力を持っています。

ヴィショップ(ビショップ)とはチェスの駒の一種であることは知られていますが、将棋でいうところの「角」にあたり、キングとクイーンの両脇に配されます。英語での直訳ではキリスト教(特にカトリックや正教会)における高位の聖職者司教を指し、ビショップがいかに重要なポジションかが分かります。

もしかしてヴィショップ60のネーミングには、皆さんの使い方一つで重要なポジションを任せられるほどのシャッド。という意味合いが込めれれているのかも知れませんね。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


※詳細なカラーラインナップや価格は上記のAmazon、楽天のリンクからご確認ください

ヴィショップ60の性能を引き出すおすすめベイトフィネスタックルはこちら!!

シャッドプラグ厨がおすすめする理想のシャッドロッドとは?シャッドプラグはタフタイムに強く、プレッシャーの高い日本のフィールドでは出番の多いハードベイトの一つですね。最近ではタックルの進化によっ...
巻物特化型ベイトフィネスのメリットとタックルテンプレート 巻物特化型ベイトフィネスのメリットとタックルテンプレート 小型プラグでベイトタックルを使用出来るというのはたくさん...
使いやすさは釣果に直結!!おすすめの巻物特化型ベイトフィネスロッド5選!近年では飛躍的なベイトリールの性能向上やタックルの進化で、ひと昔前はスピニングタックルでの使用が当たり前だったスモールプラグ達もベイトタ...
こちらの記事もおすすめ!