バス釣り初心者おすすめ

タフコンデションの救世主!実力重視のスモラバおすすめ5選と釣果につながる使い方

時には食べ頃の甲殻類、時にはベイトフィッシュと使い方次第で様々なベイトに化けるスモールラバージグ。

コンパクトなシルエットながら存在感もあり、アピール力と食わせ能力のバランスが取れた性格はタフコンデションにも強く、私達のようなサンデーアングラーはもとよりトッププロの間でも使用率の高いリグの一つになっています。

その様な特性からか現在では、ほとんどのアングラーが一つはボックスに忍ばせているスモラバですが、その種類は実に膨大で特徴も様々。これからスモラバに挑戦する方はもちろん、ベストなスモラバを探している方にとっても本当に優れたスモラバ探しは永遠のテーマと言えるでしょう。

そこで今回は、今まで様々なスモラバを使い込んできた私が、「このスモラバは本当に優秀!」と感じたモノを5つご紹介します。

ここで紹介するスモラバはどれもが基本性能が高くその実力はトップクラス!きっと皆さんの釣果を伸ばす切り札となってくれるでしょう。

スモラバの特性とは?

非常に高い実釣性能を誇るスモラバは、他のライトリグにはない様々な特徴を持っています。スモラバが持つ強みを知っていれば他のリグと効果的に使い分け、効率良く釣果につなげる事が可能です。

コンパクトながら高いアピール力

スモラバ最大の特徴と言えば、コンパクトなシルエットと十分なアピール力を兼ね備えている部分です。

一般的なライトリグであれば、アピール力を上げたい場合はリグを大きくしなくてはなりませんが、スモラバの場合はスカートが水を押してくれるのでコンパクトなシルエットのままアピール力を確保する事が可能。

「シルエットが小さくないとバイトに持ち込めないタフな状況だけどアピール力が高くないとそもそもバスがルアーに気付いてくれない」

そんなプレッシャーの高いタフなフィールドで良くある状況でもスモラバであれば攻略可能です。

プレッシャーに強いファジーなシルエット

他のリグにはないスモラバ独特の特徴として、水流やロッドワークによってシルエットが変化する特性があります。

その時その時で形の変わるこの特性はプレッシャーに強くバスにルアーが見切られにくくなる効果があります。タフな状況で出番の多いスモラバにとってはうってつけの特性といえるでしょう。

様々なシチュエーションや使い方に高次元対応

ちょうちん釣りによるトップウォーターからボトムの地形変化、何も無いオープンウォーターからカバーまで、どんなシチュエーションにも対応できるスモラバはアングラー次第で様々な使い方が出来ます。

特に最近ではベイトフィネスによるカバー攻略が注目され、今までのスピニングタックルではどうしてもカバー周りで無理の効かなかったスモラバでも、ベイトフィネスの普及により大胆な攻略が可能に。

ライトリグの中でもトップクラスの食わせ能力を持つスモラバでバスをストックしやすいカバーを攻略出来れば必然的に釣果も底上げにつながり、プレッシャーの高いメジャーフィールドでは無くてはならないメゾットになっています。

おすすめスモラバ5選

ここでは、私が実際に長期間使い込み、数々の実績と釣果を残した優秀なスモラバを5つご紹介します。ここで紹介するモデルはスモラバとしてのバランスが非常に優秀で使いやすく、どんなシチュエーションでも対応できる高い総合性能を持っています。これからスモラバをじっくり使い込み、マスターしようと思っているアングラーさんにはとてもおすすめです。

おすすめその1 O.S.P JIG ZERO FOUR SYNCHRO(シンクロ)


スモラバに必要な性能を高次元で合わせ持つ優等生!
ハイプレッシャーな状況でもバスに警戒されないコンパクトなシルエットと、極めてナチュラルなボリュームで高いバイト誘発力を持つシンクロは、異なるウエイトごとにガードやヘッド形状を専用設計した究極のスモールラバージグ。タイプの異なる5サイズが、あらゆるフィールド状況に対応し、セレクティブなバスをバイトに持ち込みます。

おすすめその2 エバーグリーン ファクト C-4ジグ


経験とこだわりを凝縮した究極のフィネスジグ!
こだわり抜いたパーツを組み合わせ、高いトータルバランスを持つC-4ジグは非常にオールマイティーな性格で場所、用途を選ばない高性能なスモラバです。誰が使っても釣れる高い実釣性能はトッププロの間でも愛用者が多く、トーナメントでも勝てる戦闘力を持っています。

おすすめその3 レイドジャパン エグ弾タイプKIWAMI(極)


食わせにフォーカスし、他のスモラバに釣り勝てるスモラバ
スカートの素材と太さ、形状にまでこだわり、スモラバにとって最も重要なヘッド形状に独自のセミアーキー形状を採用したエグ弾タイプKIWAMI(極)は非常に高いスリ抜け性能とキャスタビリティーを両立。ウエイトバランスを調整する事でナチュラルなフォール姿勢を実現し、スモラバの中でも食わせに特化した能力は他のスモラバで結果を出せない渋い状況でも高い威力を発揮します。

おすすめその4 イマカツ アベラバ


高いスナッグレス性能と実釣性能で愛用者の多い釣れるスモラバの元祖
アベラバは独特の水平姿勢と適切なモノガード、そして横倒れしにくいフットボールヘッドで高いスナッグレス性能を有し、カバー攻略に特化した性質を持っています。アピール力と食わせ能力のバランスも良く、カバーのみならずオープンウォーターでも高い実力を発揮する特性は、まさにベイトフィネス時代の新スタンダードジグと言える仕上がりになっています。

おすすめその5 ダイワ スティーズ スピンフィネスジグ 


スピニングタックルでの使用を前提としたアルティメットフィネスジグ
オープンウォーターでの使用に特化し、ヘッド形状からラバーの本数、太さ、ガードの強さを徹底的に磨き上げたスピンフィネスジグは、究極とも言える操作性とアピール×食わせ能力のバランスでエリア一帯のバスを根こそぎ釣ってしまうような実力を持っています。反則のような実釣性能はもはやエサレベル。コストパフォーマンスにも優れる特性は、スモラバにはじめて挑戦する方にこそ使ってほしい実力派スモラバの筆頭と言えます。

先生
先生
細分化の進むスモラバにはカバー用やオープンウォーター用など特化性能も様々。ヘッドの形状やガード性能によって得意なシチュエーションとそうでないシチュエーションがあるのでスモラバを選ぶ時は使うシチュエーションをしっかりイメージしましょう。

釣果に差が出るスモラバの使い方

ここでは他のアングラーと差がつくスモラバの使い方を解説します。
カバー攻略からオープンウォーターでの食わせまで、様々な使い方が有効なスモラバですが、下記に紹介する要素を意識して使ってあげると釣れるバスの数が倍増します。

先生
先生
スモラバはバスが小さいシルエットに好反応だけどアピール力も欲しい状況で非常に有効なライトリグです。様々な使い方も出来てサーチ能力も高いので、フィールドの状況を確認したい時のパイロットルアーとしてもおすすめですよ!

ウエイトの使い分けでフォールスピードを調整する

スモラバはヘッド部分のウエイトを変更する事でフォールスピードを調整する事が出来るほか、ラバーの量や長さ、トレーラーによっても大きくフォールスピードを変えることが可能です。特にカバーゲームにおいてはフォールスピードを調整するだけでバスからの反応が劇的に変わることも多いので、まずは自分の基準となるウエイトを設定し、その日の状況やバスの反応を見てフォールスピードを早くしてみたり、遅くしてみたりしてみましょう。

スカートやトレーラーのボリュームを調整して使う

スモラバはバスが小さなシルエットに好反応を示す状況でとても有効なリグになります。ラバーによる水押しは他のライトリグよりもアピール力が高く、広範囲からバスを誘うことが出来ますが、プレッシャーの高い状況やベイトサイズにセレクティブな状況では持ち味であるスカートのボリュームやアピール力がかえって邪魔になる場合があります。

そんな時はトレーラーのワームを変更したり、ラバーのスカートの長さや量を調整する事でボリュームやシルエットに変化をつけてみましょう。思っている以上にバスからの反応がかわる事が多々あります。

先生
先生
スモラバはパッケージから開けた状態で使ってはいけません。使うフィールドの状況に合わせて必ずスカートやガードを調整してから使いましょう。それだけで劇的に釣果が変わりますよ!
今よりも格段に釣れるようになるラバージグ&スモラバのチューニングと作り方ラバージグやスモールラバージグ(スモラバ)は使用前にいろいろと手を加えてから使うということを知っていますか? 各メーカーからリリー...

攻めるレンジやアクションを変えてみる

スモラバはライトリグの中でも特に自由度が高いリグと言えます。

特にアングラーの使い方次第でエビにもベイトにも化ける特性は特筆モノで、トップウォーターからボトムまでサーチでき、カバー攻略からボトムのズル引きによる地形変化の釣り、中層スイミングまで高次元で対応できる能力はまさに全方位対応のライトリグそのもの。

いつもの使い方でバスからの反応がない時は目先を変えて違った使い方を試してみて下さい。思ってもみなかった使い方でバスが反応することもスモラバには良くある事です。

おすすめのスモラバと使い方 最後に・・

ライトリグ=数釣りではない部分もスモラバの大きな魅力の一つ

マルチな性能に目が行きがちですが、その本質を理解して使えばスモラバは皆さんにとって強力な切り札となるでしょう。

コンパクトなシルエットと適度なアピール力で様々なシチュエーションに対応し、数釣りから大型のバスまで幅広く狙えるスモラバは、タフ化が進む今のバス釣りシーンにおいて無くてはならない存在になりました。ヘッドのウエイトとトレーラーワーム、スカートの長さとボリュームで大きく特性が変わる性格は経験がものを言う部分ですが、使い込めば使い込む程にスモラバの特性はつかめてきます。

皆さんが長い期間使い込み、ホームフィールドの事を考えて手を加え、作り上げたスモラバは、きっと誰にも負けない最強のキラーベイトとなるでしょう。

ぜひともその手で最強のキラーベイトを作り上げてみて下さい。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

実績抜群!スモラバが10倍釣れるようになる最強のトレーラーおすすめ5選コンパクトなシルエットと高いアピール力でタフコンデションに強いスモールラバージグ。 その絶対的な実釣性能と抜群の安定感で、私達のよ...
バス釣り動画なら釣りビジョンVODが断然おすすめ!釣り好きのためのVODを徹底解説!釣りのスキルアップには足繫くフィールドに通う事ももちろん大切ですが、短期間で上達する効果的な方法の一つに自分よりも上手なアングラーの釣り...
使い分ければ釣果アップ!テキサスリグ&ラバージグでカバー攻略ラバージグとテキサスリグ、どちらもカバーを攻略する上では欠かす事の出来ないリグですが両者の使い分けは意識したら事はありますか? カ...
こちらの記事もおすすめ!