ルアーインプレッション

ダイワ ワイルドピーナッツ ルアーインプレッション

特有のワイドアクションと使いやすさを両立!!
名作クランクの名前と血統を受け継いだ正統派ワイドウォブラー!!

自称クランカーのちかみやが、個人的に気になるルアーをテストして、独断と偏見でお送りするルアーインプレッションコーナー。実際に使い込んだ上でそのルアーが持つ特徴や長所などを超個人的な目線でインプレションしています。今回はあの名作クランクベイトであるピーナッツをファクトリーチューンした異色モデル、ワイルドピーナッツの特徴と実力を解説していきます。

ワイルドピーナッツのスペック

出典:ダイワ様

Length : 50.0㎜
Weight : 9.3g
フローティング
Hook  :サクサストレブル #6×2
カラー :8色

先生
先生
名作クランクの名を受け継いだワイルドピーナッツのボディは、オリジナルピーナッツと同じボディを流用し、通常モデルとボーンマテリアル仕様がリリースされています。

ワイルドピーナッツの構造と外見の特徴

ここでは ワイルドピーナッツの主要なコンポーネントや内部構造などから、このルアーが持つ特徴や本来のポテンシャルをひも解いて行きます。

リップの形状

出典:ダイワ様

これぞワイドウォブラーのリップ!と言えるようなラウンドにスクエア要素を足した縦長でワイドなリップ形状はボディバランスと比べて明らかに大きく、付け根まで幅があって中央部分に少しくぼみのあるリップは全体でしっかり水を受けてコールドウォータークランクらしいワイドなアクションを生み出します。

また、ワート系特有のワイドリップは、フロントフックをすっぽりと覆い隠せるほど大きく、非常に優秀なスナッグレス性能も持っています。ボトムノックを基本とするこの手のクランクベイトとしては必須の性能と言え、ワイルドピーナッツのポテンシャルを大きく引き出すパーツとなっています。

リップの角度

出典:ダイワ様

ワイルドピーナッツのリップ角は水平に近い角度に設定されていて、大きなリップで受け止めた水はほとんどが左右から逃げ、その際に特有のワイドなアクションを発生させます。

潜行レンジは約2m程度で早春のブレイク周りを攻めるにはちょうど良いセッティングで、低水温期のプリスポーナーを狙い撃てる設定と言えます。

ボディ形状

出典:ダイワ様

ワイルドピーナッツのボディ形状は名作クランクベイトである”ピーナッツ”のボディ形状と同一のモノを使用しています。

標準的なラウンドクランクと同様のボディ形状は、目を見張る新技術等は採用されていませんが、この手のハイアピールクランクとしては珍しくサイレント仕様となっています。

ボディ下部に固定させたメインウエイトは、ワイルドピーナッツのアクションをよりハイピッチでワイドアクションとし、ラトルが暴れすぎてアクションが大きく破綻する現象を防ぎます。安定したアクションを生み出すことで常にバスからのストライクチャンスを期待でき、早春の貴重なバイトを取りこぼさないようになっています。

ワイルドピーナッツの特徴と長所

ここではワイルドピーナッツが持つ特徴を3つご紹介します。
それぞれのルアーが持つ特徴や長所、強み理解していれば、状況に応じて正確にルアーを使い分けられるようになるので、より多くのバスに出会えるチャンスが広がります。

破綻寸前のハイアピール・ワイドアクション!

ワイルドピーナッツに搭載された独特のリップ形状を見ていただければ分かるように、このルアーはウィグル・ワートなどに代表されるコールドウォータークランクの仲間となります。

ぞくにウォブラーと呼ばれるこの手のクランクは、ロールを極力排した独特のワイドウォブルアクションで非常に高いアピール力が自慢です。スローに巻いても大きく水を押して暴れ回るそのアクションは早春のビッグバス攻略だけでなく急な濁りにも強い特徴を持ち、条件次第では圧倒的な実釣性能を発揮するクランクベイトと言えます。

高いボディバランスと使いやすさ!

ワート系クランクは非常に大振りなワイドアクションのため、リトリーブスピードにうるさく、少しでも早く巻きすぎるとバランスを崩しやすいという特徴があります。

バイトトリガーとなりえるこの手のクランク特有の”チドリ”は、時として非常に効果的ですが、実はデメリットも大きく、「ここ一番!」という場面でしっかり泳がなくなったりしてバイトチャンスを逃してしまう事もしばしば。

そのためワート系クランクを使う際はリトリーブスピードに細心の注意を払いアクションが破綻しないギリギリのスピードを狙うわけですが、ワイルドピーナッツはワート系クランクとしては珍しくボディバランスはとても良好です。他のウォブラーと比べてもリトリーブスピードの幅が圧倒的に広いので非常に使いやすくなっています。

ハードボトムを巻き倒せる高いスナッグレス性能

ゴロタエリアやリップラップ、ディープ隣接のブレイクなど、早春の低水温期にバスが上がってきやすいエリアを主戦場とするワイルドピーナッツは、ただ巻くだけでもオートマチックに根掛かりを回避出来るほどの高いスナッグレス性能を発揮します。

まるでザリガニをイミテートしたように、ボトムノックを基本とするワイルドピーナッツはゴロタやリップラップ以外にもスタンプやオダなどの沈み物全般に強く、急な濁りでストラクチャーに張り付くバスに有効な一面も持っています。

先生
先生
最近ではワート系クランクを使っているアングラーさんをほとんど見かけなくなりました。使うシチュエーションやエリアが合っていれば驚異的な実釣性能をまだまだ体感することの出来るおすすめのルアーですよ!

ワイルドピーナッツの感想と今回のまとめ

今でも本場アメリカのトッププロ達がこぞって使う名作ウィグルワート。ここまでたくさんのフォロワーを産んだクランクベイトはウィグルワートとバルサB3くらいでしょう。

様々なクランクベイトの中でもワート系クランクは少し扱いが難しく、どちらかというと中~上級者向けのクランクベイトという位置図けでしたが、ワイルドピーナッツの持つバランス感覚とアクションは良い意味でクセが無く使いやすいものでした。

名作と呼ばれるウィグルワートのフォロワーは今までたくさんリリースされ、私自身もそれなりの数を使い込んで来ましたが手元に残ったのはウォブラーの元祖であるウィグルワートの他数種類だけでした。今まで試してきた物の中には、今回紹介したワイルドピーナッツと同じようなコンセプトのもと、使いやすさを前面に押し出したモデルもありましたが、その様なモデルはことごとくアクションが弱く、”らしさ”を感じられないモノばかりで使う価値を見出せませんでしたが、ワイルドピーナッツはしっかりとしたアクションとボディバランスで本物のワート系クランクと呼ぶに相応しい仕上がりになっています。

「本家」と比べるとウォブルアクション至上主義なボディ形状ではないのでアクション自体は少しおとなしめですが、それがこのクランクの使いやすさにつながっています。

少し扱いにくかったワート系クランクに使いやすさをプラスしたワイルドピーナッツはまさにコールドウォータークランク入門にうってつけのルアーと言えるでしょう。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


※詳細なカラーラインナップや価格は上記のAmazon、楽天のリンクからご確認ください。

クランクベイトの性能をフルに引き出せるおすすめタックルセッティングはこちら!!

クランクベイト中毒者が解説!釣果が変わる理想のクランキンロッドとは?クランクベイトは活躍するシチュエーションにあまり左右されず、年間を通して良く釣れるルアーとして非常に人気の高いルアーですね。 基本...
グラスロッドとは?そのメリットとデメリット、相性の良いルアーを完全解説!釣りを続けていると一度は聞いた事があるグラスロッドのお話。 現在主流になっているカーボン素材とは違い、様々なメリットとデメリットを...
春バス釣りの救世主!!ウィグルワート系クランクベイト5選「春」といえばウィグルワート。 バス釣りを続けているアングラーなら、誰もが一度は聞いた事があるフレーズですね。 その可愛い見...
こちらの記事もおすすめ!