バス釣りの本質集

ラバージグの性能を10倍引き出すおすすめロッドとリールとラインのタックルセッティングとは?

ラバーとトレーラーが織りなす複雑なアクションと、圧倒的なボリュームで大型のバスにとても有効なラバージグ。

テキサスリグと比べれば自由度も低く、ややエキスパート向けなイメージがありますが、思い描いたように釣れた瞬間はどんなルアーにも負けないほどの達成感があります。

ラバージグにとって理想的なタックルを探しているアングラーさんは多いと思いますが、ラバージグというルアーは使うシチュエーションや状況、アングラーのスキル次第で大きく変わります。ここではそんなラバージグの性能を引き出すロッドとタックルセッティングをご紹介します。

先生
先生
ここでは通常のカバージグやフットボールジグについて解説します。スイムジグについては他でまとめていますのでそちらをご覧ください。
デカバスに効果的!おすすめのスイムジグ【スコーンリグ】とトレーラー、その使い方とは?ラバージグのボリュームと大きめなトレーラーで高いアピール力を持つスイムジグは春から秋口にかけ大型のバスに非常に効果的なリグです。琵琶湖な...
テキサスリグ信仰財団局員がおすすめする無敵のテキサスリグロッドと理想のスペックとは?バス釣りの中では最も基本的なリグであり、高い汎用性で幅広い状況に対応出来るテキサスリグ。 非常にセッティングの自由度が高く、アング...

ラバージグの性能を引き出す理想のロッドスペックとは?

ラバージグは大きなシングルフックを持ち、ボリュームのあるトレーラーワームとのセットアップが一般的なのでリグの総重量はかなり重くなります。使用するラバージグによってはガード付きのモノも多く、ヘビーゲージのフックを硬いバスのアゴに突き刺すにはそれなりのパワーが必要となり、MH以上のロッドが好ましいでしょう。カバージグの場合はそれほど繊細なロッドワークは必要とせず、カバー内でフックアップさせたバスをいち早くカバーから引きはがすパワーと、強烈なフッキングからラインを守る少しマイルドなレギュラーファースト~ファーストテーパーのロッドが好ましくなります。ロッドの長さは長ければ長いほどカバー攻略のアドバンテージになりますが、ジグの持ち味でもあるスキッピングも多用する場合は、長くても7フィート前後にとどめた方が無難でしょう。

フットボールジグなど、地形変化や沈み物をメインにサーチする場合は同じMHのパワー番手であっても細かい操作性に優れたファーストテーパーのロッドが使いやすく感じます。ロッドのレングスについてもあまり長すぎる物は繊細な操作をしにくくなってしまうので6.6フィート程度の扱いやすいレングスが良いでしょう。ボーターの場合はキャスタビリティーもそれほど必要としないので、5フィート後半から6フィート前半のレングスでもかまいません。

ロッドは長ければ長いほどカバーの上からルアーを落としやすくなるのでカバー突破力が上がり、フッキング時の打点も上にくるのでフッキングパワーも伝わりやすくなりますが、レングスの長いロッドは取り回しに苦労します。7フィート程度のロッドは道具のデメリットをスキルでカバーできる中級者以上の方にメリットが生まれるタックルなので自信が無い方や実際に長いロッドを振ってみて違和感を感じる方は素直に6フィート後半のレングスを選びましょう。

ベストなロッドレングスは使う方の体格はもちろん、フィールドのシチュエーションや状況によっても大きく変わります。厳密に言えば「何グラムのジグをメインにするか?」でも変わってくる部分なのでホームフィールドや自分のスタイルとよく相談してから選びましょう。

おすすめのラバージグロッド5選

ここではラバージグと相性が良いロッドを5つ紹介します。
扱いやすいロッドはラバージグの性能を存分に引き出してたくさんのバスを連れてきてくれるでしょう。

メガバス デストロイヤー F5-510X


メガバスのゴーテンといえばフットボールジグと最高もマッチングを見せた伝説の名竿ですが、現行版ゴーテンはストイックなまでの軽量化で戦闘能力がアップした伝説のジグ専用シャフトとなっています。ショートバイトが多発する接近戦だけでなく、ディープウォーターでのジグ&テキサス、ヘビーダウンショットにも高次元に対応。ショートハードロッドにありがちなバラシも、応力を短いブランクで分散する、独自のテーパーデザインによって激減させたデストロイヤーの伝統を象徴する稀代のカスタムシャフトです。

シマノ エクスプライド 169H


カバー周りのジグ&テキサスの釣りから1ozクラスのハードベイトの釣りまで柔軟に対応するヘビーロッド。比較的短距離の接近戦で抜群の使いやすさを誇り、高いバランスと絶妙なレングスは高精度なピッチング動作にストレスを感じさせない、取り回しのよいミドルレングス設定です。フロッグゲームでの連続したドッグウォークやスプラッシュも得意で、ボート、オカッパリ、そしてシーズンを問わず活躍します。

ダイワ ブラックレーベルSG 671MHFB


ダイワのブラックレーベルSG 671MHFB絶妙なレングスで取り回しも良く、カバージグからフットボールジグまで高次元にこなしてくれます。PEラインを使えばフロッグゲームにも使え、一本あると何かと便利なロッドに仕上がっています。

エバーグリーン HCSC-70H-LTS ヘラクレス7LTS


エバーグリーンのフラッグシップモデルであるヘラクレスのジグロッド、ヘラクレス7LTSはジグ番長の右腕とされたオリジナルモデルに軽量化を施してロングレングス化したファクトリーチューンモデル。7フィートとは思えない軽さは長時間の使用でもアングラーの負担を軽くし、4軸採用で強化されたバットセクションはヘビーカバーからバスを一瞬で引きはがしだけの凶暴なパワーを持っています。

デプス サイドワインダー HGC-70XF/GPスーパーボーダー


デカバスハンター御用達のデプスからはスーパーボーダーがエントリー。サイドワインダー立ち上げ時からラインナップされるジグ専用機は、非常にクセが強く使い手を選ぶスペックながらもロッドを縦にさばくリアクションジグ、ディープ・ラバージギングでの繊細なアクションをより高精度なロッドワークでコントロールできるハイレスポンスと、ロッドを横にさばくスイムジグ、スローロールにおいてウィードやボトムへの僅かなコンタクトを察知し、優れたレンジコントロール性を誇ります。
“掛け”ロッドならではの操作性と、モンスタークラスとのラフファイトを考慮したグリップ・レングスはパワフルさの中にも繊細さを持った究極のジグロッドと言えるでしょう。

ラバージグの性能を引き出す理想のリールスペックとは?

ラバージグで使うリールはギア比の高いハイスピードのベイトリールが理想です。

とくにカバー攻略ではいち早くバスをカバーから引きはがすために必要不可欠。着水後のフォール中にバイトが多発する事も多く、ハイスピードなギヤ比を持ったリールは外す事が出来ません。

また、基本的には数よりも大型のバスがバイトしやすいルアーです。カバー絡みで使うことも多いカバージグにおいては使用するラインも太くなりがち。しっかりとしたラインキャパシティも必須の性能と言えるでしょう。


ハンドル1回転106cm、ギア比10.0:1でハイスピードな巻き取りが可能なジリオン10は最もジグとの相性が良いリールの一つでしょう。フルメタルハウジングで剛性もばっちりなジリオンであれば心おきなくカバーを攻め込む事が出来ます。


シマノの人気リールであるメタニウムXGは、剛性感、重量、サイズ感などトータルのバランスが非常に優れたモデル。様々なルアーやスタイルに対応する懐の深さはジグとのマッチングも抜群で、最も信頼できるリールの一つとなっています。

ラバージグの性能を引き出す理想のラインとは?

ラバージグには根ズレに強く、感度も高いフロロカーボンラインがマッチします。カバー攻略をメインで使うなら16LB以上、フットボールジグジグの場合はフィールドやバスのアベレージサイズによりますが、12~16lb前後が使いやすいでしょう。スモールマウス攻略でフットボールジグを使う場合はもっと細くても良く、10LB前後でも問題ないでしょう。


カバー攻略において絶対的な性能を誇るシューターは数あるフロロラインの中でも耐摩耗性がトップクラスで、劣化した時のここ一番のふんばりが効きやすいラインです。


本気のトーナメントタックルを数多くリリースするバリバスのアブソルートは、オカッパリでタックルが限られるシチュエーションや、絶対にミスのできないトーナメントシーンで多くのバサーから愛用されるラインです。耐摩耗性や結節強度などバスフィッシングに求められる全ての要素を兼ね備え、一般的なフロロラインと比べて同じ強さでもワンランク細いラインを使用可能です。

ラバージグの性能を引き出すおすすめロッドとタックルセッティング 最後に・・・

ラバージグというルアーは、ラバージグ本体とトレーラーがセットになってはじめて完成する珍しいタイプのルアーです。使い手によってセッティングが変われば、使うフィールドによっても釣れるラバージグが大きく変わる面白い性格を持ち、愛用するラバージグを見ればそのアングラーさんがどんな性格でどんな釣りが得意なのかよくわかります。

まるでアングラーをうつす鏡のようなルアーですが、私の周りでも多くのアングラーがラバージグで自己記録のバスをキャッチし、その実力は疑う余地の無いもの。

今回紹介したタックルセッティングを元に、皆さんも自己レコード更新の目標をラバージグに託してみてはいかがでしょうか?

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

ジグマニアが実践する10倍釣れるラバージグの作り方はこちら!!

実績抜群!!デカバスキラーのラバージグおすすめ5選とトレーラーの正しい使い方とは?「大きいバスが釣れるルアーはどれ?」 そう聞かれて真っ先に思い浮かべるルアーの一つにラバージグがあります。 一説によれば、大...
ラバージグの性能をフルに引き出す最強のトレーラーおすすめ5選と効果的な使い方とは?存在感のあるシルエットと高いアピール力で大型のバスにとても効果的なラバージグ。 ラバージグを使用する時はほとんどの場合トレーラーを...
今よりも格段に釣れるようになるラバージグ&スモラバのチューニングと作り方ラバージグやスモールラバージグ(スモラバ)は使用前にいろいろと手を加えてから使うということを知っていますか? 各メーカーからリリー...
使い分ければ釣果アップ!テキサスリグ&ラバージグでカバー攻略ラバージグとテキサスリグ、どちらもカバーを攻略する上では欠かす事の出来ないリグですが両者の使い分けは意識したら事はありますか? カ...
こちらの記事もおすすめ!