ルアーインプレッション

ラパラ フラットラップ ルアーインプレッション

とぼけた見た目に搭載された驚異的なレスポンス!
キビキビとしたアクションと明滅効果が売りのフラットサイドミノー!!

シーバス用のルアーだってバスに転用するちかみやが、個人的に気になるルアーをテストして、独断と偏見でお送りするルアーインプレッションコーナー。そのルアーが持つ特徴的なルアーの構造と形状、実際に使用した感想と独自の解釈でルアーの特徴をひも解き、超個人的な目線でルアーを解説しています。今回はラパラ史上最高傑作のバルサ製フローティングミノーと称されたバルサ製ミノー、フラットラップをインプレションしたいと思います。

フラットラップ FLR8のスペック

Length : 8㎝
Weight : 7g
フローティング
Hook  :#5×2
カラー :7色

先生
先生
フラットラップは発売当初FLR8と10、2サイズのラインナップがあり、最終的には4サイズまで増えましたが現在はFLR8だけになってしまいました。

フラットラップの構造と外見の特徴

フラットラップの外見や内部構造などから、このルアーが持つ本来のポテンシャルを解き明かしてみましょう。バルサボディに固定重心、何ともラパラらしいその作りは絶妙なバランスによって高いポテンシャルを発揮しています。

リップの形状

フラットラップのリップ形状はクランクベイトで言う所のスクエアビルのような形状をしています。ボディサイズと比較するととても小さくて、どこか心もとなく感じるかも知れませんが、しっかりと効率良く水を受けさせる事で、レスポンスの良いバルサボディをキビキビとアクションさせる事が出来ます。

リップの角度

ロール主体のアクションが基本となるミノーとしては、やや立ち気味のリップを持っているフラットラップ。通常であればワイドなウォブルアクションになってしまう所ですが、絶妙なリップサイズで理想的なアクションを実現しています。ロールアクションを出すためならば他のミノーのように付け根部分を絞ったデザインのリップを採用すれば済みますが、フラットラップがあえての小型のリップを採用した理由は、高いキャスタビリティー性能を確保するためです。通常のリップデザインよりもフラットラップのような小型のリップの方が空気抵抗を抑えられ、理想のキャスタビリティー性能を手に入れることが出来ます。最大到達深度は0.6-1.2m。通常のミノーと比べ、一段浅いレンジを主戦場とするサーフェイスミノーとなっています。

ボディ形状

特徴的なフラットラップのボディデザインはその名が示すようにフラットサイドボディになっています。まるでフラットサイドクランクのようにパタパタと左右に倒れ込むアクションは非常に個性的な明滅アクションを繰り出し、はじめて見る方はビックリするくらいのレスポンスを誇ります。扁平で低重心なボディは空気抵抗も少なく、とてもバルサボディとは思えない程のキャスタビリティーを誇ります。

フラットラップの特徴と長所

ここではフラットラップが持つ特徴を3つご紹介します。
それぞれのルアーが持つ特徴や長所、強み理解していれば、状況に応じて正確にルアーを使い分けられるようになり、より多くのバスに出会えるチャンスが広がります。

キビキビとした立ち上りの早いアクション

浮力の高いバルサボディと固定重心を持つフラットラップはとてもキビキビとしたアクションと早い立ち上がりを見せます。メリハリのあるアクションはもちろんですが、立ち上がりが早いという特徴は、誘える距離の短いピンスポット勝負でも非常に有利で少ないチャンスを逃しません。

高いレスポンスを持ったロールアクションとフラッシング

フラットラップはとてもボディバランスが良く、様々な巻きスピードやアクションに対応出来る高いレスポンスを持っています。個性的なフラットサイドボディは基本としているロールアクションによってパタパタと左右に倒れ込み、強烈な明滅アクションを生み出します。潜行レンジが比較的浅いフラットラップですが、その力強い明滅アクションは遠く離れた魚にも効率良くアピールし、バイトまで持ち込めるだけの実力を持っています。

アクションに関しては動画を見た方が早いですね。

どうでも良い事ですが、この動画でフラットラップを解説しているこのお兄ちゃんは初心者でしょうか?

キャスティングやロッドさばきがどことなくおぼつかない感じがありますねww

バルサボディ+固定重心とは思えないキャスタビリティー

フラットラップの秀でた特徴の一つに、非常に優秀なキャスタビリティー性能があります。バルサボディと固定重心というセットアップは、どう見てもスイムアクションを重視したセッティングで、ロングキャストには向かない設計になっているのですが、フラットラップはそのセッティングを思わず疑いたくなるようなキャスタビリティー性能を持っています。

その理由は空気抵抗が少ないフラットサイドボディと小さいリップ、そして低重心で固定されたウエイトにあります。低い位置で固定されたウエイトは飛行姿勢を安定させ、細身のボディシェイプと小さいリップは空気抵抗を減らして飛距離を稼ぐことが可能で、様々な要素がバランス良く絡み合い、フラットラップの驚異的なキャスタビリティーを作り出しています。

先生
先生
フラットラップはまさにフラットサイドクランクのミノー版といったイメージです。クラストップのキャスタビリティーは一度で広範囲のサーチを可能とし、極めて高いアクションレスポンスはフラッシングによる集魚効果とオープンウォーターでも優秀なバイト誘発率を誇ります。

フラットラップの感想と今回のまとめ

シーバスフィッシングの世界では総じて高い評価を受けているフラットラップですが、実は一度廃盤になっています。通常のミノーと比べて個性的なためか、それほど店頭で目にすることはありませんが、このミノーが持つアクションレスポンスとフラッシング効果は目を見張るモノがあります。見た目がカッコ良い方ではないので、バスフィッシングの世界では使用しているアングラーさんをほとんど見かけませんが、私の仲間内では隠れた実力派ミノーとして愛用者も多く、忘れた頃に2桁釣れてみたり、50アップを連発してみたりする不思議なミノーでもあります。

今回はかろうじて再生産にこぎつけましたが、正直なところ、また売れないので今度こそ完全に廃盤になってしまう可能性大です。

ラパラ史上最高傑作のバルサ製フローティングミノー。そう謳われたその実力は納得できる部分も大いにあります。手に入る今のうちに一度試してみてはいかがでしょうか?

フラットラップが持つそのアクションレスポンスとフラッシングを見たら、必ず驚くハズです。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


※詳細なカラーラインナップや価格は上記のAmazon、楽天のリンクからご確認ください。

ジャークベイトの使い方やオススメのタックルセッティングはこちら!!

バスが湧く!釣れるジャークベイトの基本とコツ、使い方を徹底解説!!本場アメリカではクランクベイトやスピナーベイトと並び、最もポピュラーなサーチベイトであるジャークベイト。 ハードベイトにしては中層...
釣れるジャークベイトロッドの選び方とおすすめのタックルセッティング一定のレンジてステイさせる事が出来るジャークベイトは低水温期やタフタイムにクオリティーの高いバスをバイトまで持ち込める方法として有名です...
こちらの記事もおすすめ!