バス釣り初心者おすすめ

初心者必見!プロが厳選した釣れるバスロッドおすすめ5選【ベイト編】

ロッドはバス釣りにおいて最も重要なタックルの1つ。水中の状況もバスからのバイトもウキを使わないバス釣りではラインとロッドを伝わる感触で判断しなければなりません。現在では各メーカーが様々なロッドをラインナップしていますが、残念ながらそのどれもが胸を張っておすすめ出来るロッドではないのも事実です。栄美なデザインを採用しているが性能が全然伴わない物、最新の技術やパーツをふんだんに搭載していてもロッドとしての機能が低い物、まるでアングラー自身を釣るためだけに作られたようなロッドもマーケットには出回っています。エキスパートアングラーの方ならば、ロッドを少し振っただけでおおよそどんなロッドなのか判断出来ると思いますが、初心者の方はどのロッドを選んだら良いか解らないと思います。今回は今までに何百本ものロッドを振り、ロッドテスターとして数々のロッド開発に携わってきた私が、これを選べば間違いないと自信を持って勧められるロッドを5つご紹介します。

初心者向けのロッドに求められるスペックとは?

本格仕様と入門用。どんなスポーツでも初心者とエキスパートの使用するアイテムが違うように、バス釣りにおいても初心者に求められるロッドのスペックとエキスパートに求められるロッドスペックは違います。もちろん、初心者に寄り添った性能を持つロッドの方がスキルアップも早くなり、より釣れるロッドと言えますが、ここではより釣れるようになるために必要な初心者向けロッドの必須の性能を紹介します。

コストパフォーマンス

バス釣りの道具の世界、特にロッドと言うのは意外とかんたんで、基本的には高いロッド=高性能なロッドになります。(もちろん例外もあります。)

ハイスペックなロッドほど基本性能が高く、出来る事の幅や質は上がりますが、初心者の方が続くかどうかもわからない趣味の道具に高いお金は出せません。

そこで重要なのがコストパフォーマンス。

ただ安いだけではない、アングラーを助けるための必要な性能をしっかりと満たした上で価格をおさえた作りが、初心者向けのロッドには必須と言えます。

タフユースに耐える耐久性

バス釣りに限らず、釣りをしていて辛くなる瞬間の上位にロッドが折れてしまった時があります。

特に初心者の方は経験も浅く、タックルの扱いに不慣れなもの。知らずに雑な扱いをしてしまったり、ロッドに大きな負担を掛けてしまう事も珍しくありません。「せっかくのおもいで手に入れた大切なロッドが折れた・・・」こんな事が起きたら精神的なダメージが大きすぎて釣りに対するモチベーションも下がってしまいます。こんな事にならないためにもロッドの耐久性は必要不可欠。欠かせない性能となります。

トラブルの少なさ

バス釣りのロッドは専門性が高くなればなるほど実釣性能が高くなりますが、同時に扱いもむずかしくなります。中にはある一定の性能を引き上げるために必要な性能をけずっているロッドもありますが、そう言ったロッドは非常に強力な武器となる反面、トラブルも多く、スキルや経験の浅い初心者が使うと釣りどころではなくなってしまう事もしばしば。トラブルが少なく、釣りに集中出来る性能というのも初心者向けのロッドにとって大切なファクターとなるでしょう。

長時間の使用でも疲れないバランス

釣りは集中力が結果を大きく左右します。特にバス釣りはバイトを知らせてくれるウキや目印が無く、ロッドやラインから伝わってくる”感覚”や”手応え”でバスからの反応や水中の状況を読み解かなければなりませんが、そのためには釣り自体に集中しなくてはなりません。しかしながら、ロッドが変なふうに重かったり、扱いにくいなど、バランスが悪かったりするとロッドを扱う方に集中してしまい、大切なところで貴重なチャンスを逃がしてしまうなどミスの原因となるため、優秀なロッドには長時間の使用でも疲れないようなロッドのバランスが重要となります。優秀なバランスを持つロッドはアングラーに対する負担も少なく、まるで手足の延長のように自然と操れる特性は、集中力も続くので自然と釣果も伸び、結果的にアングラー自身のスキルアップをバックアップしてくれます。

先生
先生
バス釣りは釣れなければ楽しさや面白さがわかりません。ロッドには釣り人をサポートする役割があり、初心者になればなるほどその役割は重要。総合的に考えれば初心者向けのロッドにも最低限の基本性能は必要と言えます。

初心者におすすめ!釣れるバスロッドランキング ベイト編

それではここで、実際に私が使い込んで初心者の方に非常におすすめだ!と感じたロッドを5つに絞ってランキング形式でご紹介します。

下記に紹介するロッドはどれも基本性能が高く、エキスパートが使っても十分戦力となるスペックを持つモデル。スキルが上がってもしっかりと対応出来る懐の深さは皆さんの釣りを強力にサポートし、ステップアップの手助けをしてくれます!

ランキング第5位 メガバス  HYUGA(ヒューガ) 66ML


スペック
■全長:6’6”(1.98m)
■自重:111g
■適応ルアーウエイト:7~21g(1/8-1/2oz)
■適応ライン:6~12lb
■おすすめ度

老舗のロッドメーカー、メガバスのリリースするヒューガシリーズはより多くの人にメガバスのロッドを使ってもらいたい。そんな思いから作られたオカッパリ仕様のマルチロッド。パープル基調のシックながらも高級感のあるブランクカラーは所有する喜びを与えてくれます。ロッドの性能を左右する重要なパーツにはしっかりコストを掛けながらも、価格をおさえた作りは基本性能も高く、ややライトなブランクセッティングは3インチクラスのノーシンカーリグから3/8ozのスピナーベイトまで、初心者の方がオッカパリゲームで多用するルアーやリグに高次元対応します。

ランキング第4位 ジャッカル BPM BC-65M 


スペック
■全長:6’5”(1.96m)
■自重:129g
■適応ルアーウエイト:5~21g(3/16-3/4oz)
■適応ライン:8~16lb
■おすすめ度

道具としての基本性能とコストパフォーマンスに磨きを掛けたジャッカルのBPMはしっかりとしたパワーとオシャレな外観で初心者はもちろん、エキスパートでも納得の性能を持ったシリーズ。その中でも最もオールマイティーな性格のBC‐65Mは使用率の高いリグやハードベイトとの相性も良く、常にアングラーのスキルを最大限まで引き出してくれます。

ランキング第3位 アブガルシア ホーネットスティンガープラス HSPC-661M MGS


スペック
■全長:6’6”(1.98m)
■自重:119g
■適応ルアーウエイト:5~21g(3/16-3/4oz)
■適応ライン:8~20lb
■おすすめ度

圧倒的なコストパフォーマンスと確かな性能が光るHSPC-661M MGSあらゆるルアー、あらゆるフィールドに対応するバーサタイルなベイトロッド。ハイエンドモデルにも採用されるナノカーボン素材を採用したブランクスはスペック以上の感度と剛性を実現し、マルチパーパスロッドの鉄板セッティングとも言える6フィート6インチの素直なミディアムアクションで、巻きモノハードルアーから、トップウォーターなどの操作系ルアー、ラバージグ、テキサスなどのワーミング系など様々なルアーの性能を存分に発揮させてくれます。

ランキング第2位 ダイワ ブレイゾン C66M


スペック
■全長:6’6”(1.98m)
■自重:104g
■適応ルアーウエイト:5~18g(3/16-5/8oz)
■適応ライン:7~16lb
■おすすめ度

大手釣り具メーカーのダイワが誇るブレイゾンシリーズは圧倒的な実釣性能とリーズナブルプライスを実現したハイパフォーマンスロッド。ハイエンドモデルに採用されるHVFカーボンというマテリアルやブレーディングXを採用し、基本的な戦闘力を高めた作りはエキスパートアングラーが使用しても十分に答えられる性能を持っています。特に高いバーサタイル性を持つC66Mはクランクベイトやスピナーベイト等のハードベイトからダウンショットやテキサスなどの撃ちモノまで幅広く適応し、初心者の方だけでなくこれからバス釣りを再開したいと思っているけどコストは掛けたくない・・・でも良いロッドが欲しいというアングラーさんの思いにも、十分答えられるロッドとなっています。

先生
先生
これだけの装備と性能を有しているのにこのコストパフォーマンス・・・本当におすすめです。

ランキング第1位 シマノ ゾディアス166M


スペック
■全長:6’6”(1.98m)
■自重:107g
■適応ルアーウエイト:7~21g(1/4-3/4oz)
■適応ライン:10~20lb
■おすすめ度

シリーズを通して最もオールマイティーなスペックを持つゾディアス166Mは、初心者の方でも非常にキャストしやすいテーパーを採用し、おおよそ良く使われるタイプのリグやハードベイトを完全にカバーする事が出来ます。本場アメリカで鍛え抜かれたスペックは何よりも使いやすさと目を見張るようなタフさを持っていて、性能とコストを両立させるための様々な工夫が散りばめられた作りは同クラスのロッドと比べて非常に高性能な仕上がりになっています。

初心者の方はもちろん、エキスパートの方でもゾディアスシリーズを使用している人を良く見かけます。
先生
先生
それだけ多くのアングラーに評価されている良いロッドということですね。

初心者必見!プロが厳選した釣れるバスロッドおすすめ5選【ベイト編】 まとめ

ロッド選びは失敗したくない!!良いロッドと出会いたい!

皆さんがロッドを選ぶ時、必ずこの条件を一番に考えると思います。

ロッドに限らず良い道具、タックルというのは、どんな時でもアングラーの足りないスキルをフォローしバスを釣るための手助けをしてくれます。また所有する喜びや価値を与えてくれてバス釣りをより面白く、楽しくしてくれる部分も良いロッドが持つ素晴らしい特性の1つ。私が今まで出会ってきた本物のロッド達は例外無くみんなそうでした。

そうしたロッド達は必ず皆さんの釣りを全力でサポートしてくれます。結果として釣れる数もサイズも増え、ステップアップのためにそのロッドを手放なした時、「釣れるロッド」の存在を改めて知ることが出来るでしょう。

皆さんにとって、どうかこの記事がそんなステキなロッドとの出会いのキッカケになりますように・・・

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

初心者の方必見!プロが絶対的な自信を持っておすすめするタックルの記事はコチラ!!

バス釣り初心者におすすめ!プロ直伝のエサより釣れるリグとルアー ワーム3選バス釣りを始めたはいいけど、全然釣れない。頑張って続けているけど周りに教えてくれる先輩アングラーや仲間もいなくて心が折れそう...そんな...
バス釣りが上手くなる!プロが厳選する初心者におすすめのベイトリール3選ベイトリールは「これぞバス釣り!」と言えるようなバス釣りを代表するタックルの一つ。まだバス釣りを始めたばかりという人の中には「いつかはベ...
初心者におすすめ!プロが厳選した釣れるバスロッド5選【スピニング編】バス釣りおいてロッドは最も重要なタックルの1つ。 長年バス釣りに携わってきた私が大切にしている真理として「本当に優秀で良い道具とい...
こちらの記事もおすすめ!