バス釣り初心者おすすめ

本当は教えたくない!実釣性能がぶっ壊れたおすすめクランクベイト5選

クランクベイトはバスフィッシングで使用するルアーの中でもトップクラスの人気を誇り、現在では様々なクランクベイトが市場に溢れています。たくさんの選択肢の中から選ぶことが出来るのはとても良い事ではありますが、クランクベイトというのは一つ一つアクションが違い、その時その時の状況やシチュエーションによって効果的なクランクベイトも変わります。基本的には風や濁りなどのフィールドシチュエーションにそれほど左右されずに一定の釣果を期待できるルアーですが、本当の性能を引き出そうとするとその実態はとても奥が深く、ルアーの本質を見抜く力とその時のシチュエーションを把握して正確に使い分けることの出来るスキルがあってはじめて、その性能を引き出すことが可能となるルアーで、どちらかといえば上級者向けのルアーと言えるでしょう。一つのメーカーで同じようなクランクベイトを何個もリリースしているのはそのためなんですが、中にはそんなクランクベイトの”常識”から外れたぶっ壊れ性能のクランクベイトというのも存在します。

今回は私が実際に使用して来た数々のクランクベイトの中でも極めてハイスペックで対応出来るシチュエーションも広く、常に安定した釣果を約束してくれるぶっ壊れ性能のクランクベイトを5つ紹介します。本当に釣れるクランクベイトが欲しい方にはぜひとも試して頂きたいルアーになっています。

ぶっ壊れ性能のクランクベイト5選

ミブロ バレットヘッド

ミブロのバレットヘッドは小粒で固定重心でありながらもキャスタビリティーに優れ、広く長く、バスを誘い続ける力をもち、なおかつノンラトルのためスレにくくなっています。また、高浮力なボディとコフィンリップを搭載したことによりカバーにも強く、高い剛性を誇るボディは、ヘビーデューティーでラフな扱いでも使うことができます。ロッドを立ててゆっくり巻けば、30cmのシャローでも大きなアクションでゆったりとトレースでき、ミディアムリトリーブで巻けば、ピッチの細かいアクションと大きなウェイクでカバー内のバスにアピールします。またファーストリトリーブでは、不規則なフラつき軌道でリアクションバイトを誘えるため、多彩な攻めが可能です。ボトムやカバーに当てても、中層をミディアムリトリーブしても釣れるオールラウンダーですので、あらゆるフィールドで活躍してくれるでしょう。

先生
先生
バレットヘッドにはもう一段深く潜るバレットヘッドDDというモデルもあります。どちらも非常に良く釣れるので使いたいフィールドや状況に合わせてチョイスすると良いでしょう。

ラッキークラフト RTO1.5

ラッキークラフトのRTO1.5オールドバグリーなどのバルサウッドのクランクを使っていたアメリカのツアープロ達も「バルサウッドのクランクを探さなくて良くなった。」と絶賛するほどの実力を誇るクランクベイトで、その開発にはあのクランクベイトの神様と称されるリック・クランが携わっており、バスマスターで活躍するトッププロが手掛けた本気のマネーベイトであるというのはあまりにも有名な話です。現在の「RTO」というのネーミングの由来は、”Respect Takahiro Omori(リスペクト・タカヒロ・オオモリ)”の略で、日本人ツアープロ、大森貴洋プロのシグネチャーモデルとなっています。抜群のレスポンスを土台にしたウォブルとロールの比率が絶妙で、カバークランキングはもちろん、オープンウォーターでもズバ抜けたバイト誘発率を誇る部分が最大の特徴となっており、日本でもその実力はすでに広く知られいます。

先生
先生
RTOは昔、LCというネーミングでした。名前が変わっただけで性能は変わりません。名前の後の1.5という数字はボディサイズを現していて、他にもTiny. 0.5 0.7 1.0 1.5 2 2.5 3.5 4.5と様々なサイズラインナップがあります。

カッツ・バディー チャッキー

カッツ・バディーのチャッキーは元FLWツアープロ、古沢勝利さんがリリースするクランクベイトです。カッツ・バディーはドラフトウェイカーやC1クランクベイトなど、今では入手の難しい古き良きアメリカンルアーにその感性をプラスして再現しているメーカーで、このチャッキーは凄まじい実釣性能を誇るとして有名なオールドのバンディット200をモチーフに作られています。古き良きアメリカンクランクベイトのテイストは変える事なく忠実に再現。そこに昨今の日本のフィールドに必要不可欠な要素をプラスしてしまったことによりサイズを選ばず無差別に釣ってしまうクランクベイトが誕生してしまいました。クランクベイトで釣りたい時。それもどうしても釣りたい時にだけ、このチャッキーを使ってくださいと注意書きされる程の実力は、本家オールドバンディット200に負けず劣らずの実釣性能を持っていて、常に品薄状態が続く見つけたら即買いの逸品に仕上がっています。

O.S.P ブリッツ

O.S.Pのブリッツ。このクランクベイトに関してはあまり説明は必要ないかと思いますが、確かな実釣性能と人気を誇るクランクベイト界のスター的存在です。一見スタンダードなルックスに見えますが、内部にこだわり、あらゆる基本性能を高次元でまとめています。カバーに当っても弾かれて軌道が大きくそれることのない安定したなスイミングのためにメインウエイトを固定し、低重心化。重心移動がないことによって懸念されるキャスタビリティもウエイト設計と空気抵抗を計算したボディデザインによって、狙ったスポットにキッチリ落せる性能を実現しました。また、フラットサイド的要素を盛り込んだ独自のハニカムスーパーHPボディはセミフラットボディ特有の高いアピール力を発揮し、徹底した軽量化によって高浮力と、リップにはスクエアタイプの軽量極薄HPスラッシュビルを採用し、ハイピッチなアクションレスポンスを実現。オープンウォーターでもカバー周りでも使用するシチュエーションを選ばず、常にバスを誘い続けることが出来ます。

先生
先生
ブリッツシリーズには様々なボディサイズの他、色々な水深を攻められるようにシステムクランクとしてのラインナップが充実しています。使う状況に合わせて最適なモデルを選びましょう。

ボーマー モデル4A

歴史の長いボーマー社の中でもモデル4Aは後発の部類に入ります。

4Aの潜行深度は約1.5~1.8mなので同社の名作クランクベイト6Aと全く同じ守備範囲を持っています。モデルAシリーズといえば”ハート型リップ”と呼ばれるリーフ型リップが特徴的ですが、4Aにはオリジナル形状のリップが搭載されていて、一見すると全く意図が分からないルアーなのですが、コアなクランカーなら4Aを使えば、その正体が分かります。

先ほどチャッキーの説明文でオールドのバンディット200の話をしましたが4Aはその使用感、フィーリング、釣れっぷりまでまさにオールドバンディットそのものなんです。このクランクベイトを興味本位で泳がせてみた時になぜ今になって異端的な存在の4Aをリリースしたのか全て理解し、とても胸が高鳴りました。本来ならばいちアングラーとして「教えたくない」と素直に思っていたので書こうかどうか悩みましたが、私の弱小ブログでは大した影響力も無いので、ここまで読み進めてくれた皆さんに4Aの秘密を明かすことにしました。4Aはコストパフォーマンスも良く、お試しで使うには持って来いのクランクベイトです。塗装が弱いのでワームバーンには注意が必要なのと、フックは交換しないと直ぐに後悔する事になりますよ。

クランクベイトの特徴と活躍するシチュエーション

クランクベイトで釣るにはそのルアーが得意とするシチュエーションを知らなければなりません。ここではクランクベイトの長所や特徴と、その本来の性能を発揮しやすい出しどころをご紹介します。

一定のレンジをトレース出来る

クランクベイトはミノーやシャッドと同じく一定のレンジを引ける特徴があります。この特徴は攻めたいポイントの水深やバスのレンジが分かっているととてもメリットの多い特徴になります。ポイントとしてはバスの目線より上を通す事。バスは自分の目線より下にあるものには反応しにくいという特性があります。しかしながら、「バスのポジションなんてわからない」そんな方も多いと思います。そんな時は自分が狙っているポイントの半分の水深よりも気持ち上を狙うようにしましょう。

また、一定のレンジをトレース出来るということは、色々な巻きスピードで同じレンジを狙うことも可能にします。バスからの反応がない場合は遅く巻いてみたり早く巻いてみたりと様々な巻きスピードを試すことも一匹につながる近道になります。

先生
先生
クランクベイトは巻くレンジと巻くスピードがとても大切です。この2つを意識するだけでも格段に釣れるようになります。

ウォブル主体のアクションでハイアピール!

クランクベイトは高い浮力を備え、ウォブリングというお尻を左右に振るアクションをメインにしているので、アクションの際にはグイグイと水を押し力強くアピールします。このアピール力はクリアウォーターやプレッシャーの高いオープンウォーターでは逆効果になってしまう事もありますが、朝夕のマズメ時や濁りのある状況、バスがカバーの中に入っているなどバスがルアーを認識しづらい状況で特にその効果を発揮します。視覚的なアピールが通じない状況や、何らかの理由で強い水押しによるアピールが必要な時はクランクベイトの出番!と憶えておきましょう。

先生
先生
最近ではアクションを調整してオープンウォーターでもカバーでも釣れるクランクベイトがたくさん増えました。朝夕のマズメ時や濁りのある状況でなくても、バスがアグレッシブになっていると感じたらクランクベイトをキャストしてみましょう。

大きなリップと高い浮力で根掛かりに強い!

クランクベイトは大きなリップと高い浮力を持ったワイドなボディなのでフックをカバーして沈み物やリップラップ、レイダウンなどのカバーに強い特性があります。一言で言えば根掛かりしにくいルアーとなっているのでバスが潜んでいそうな障害物やカバーの周りに大胆にキャストしましょう。特に今回紹介した5つのクランクベイトはどれもトップクラスの障害物回避能力を持った優秀なクランクベイト達です。障害物にぶつけるつもりでキャストすれば結果は直ぐについてきますよ。

先生
先生
根掛かりしそうになったら巻くのをやめれば浮いて障害物をかわしてくれます。クランクベイトの高い浮力はレスポンスアップの他に障害物を浮いてかわすためのものでもあるんです。

クランクベイトの力を最大限に引き出すおすすめカラー

ここでは私が実際に使ってきて実績のあるカラーを紹介します。カラーに関しては使う状況や水の色によって変わるので皆さんの好きなカラーで良いと思いますが、クランクベイトはアピール力の高さを売りにしているルアーなので少し強めのカラーチョイスが高実績になっています。

クローム系

クローム系は全てのハードベイトの基本的なカラーと言えます。水の色やフィールドコンデションに特に変化がない状況であれば先ずはベースカラーのクローム系で様子を見ます。水への溶け込み方やバスの反応の有無で他のカラーへのローテーションを考えます。

先生
先生
高い実績を持つキンクロもクローム系に入ります。水の色は通常だけど光量が少ないマズメ時に非常に強いカラーという特徴があります。

レッドクロー系

レッド系のカラーはいつもよりも水の色が緑色や薄い茶色に濁った時に多用するカラーになります。シルエットがハッキリ出るカラーなので光量があるけれども濁った状況に強い特徴があります。

チャートリュース系

チャートリュースカラーは光量が少ない状況や濁りのある状況、またはその両方で非常に効果的なカラーです。一見派手に見えますが適応できるシチュエーションは意外と広範囲で、クランクベイトのカラーを一つ選べ。言われたら、私なら迷わずチャート系カラーを選びます。

まとめ

クランクベイトは昔から最も好きなルアーで、一番釣れる気がするルアーでした。今まで相当数のクランクベイトを使ってきましたが今回紹介したクランクベイトは達は今でも1軍として実際に使っています。決して大きくは無く、入れ替わりの激しい私の1軍ボックスに長い年月常駐しているこのルアー達の実力は本物であると思っていますし、皆さんにも使ってその真意を確かめて欲しいと思う自慢の品ばかりです。クランクベイトの釣りは最もバス釣りらしく奥の深い釣りですが、その反面投げて巻くだけのシンプルな釣りでもあります。シンプルがゆえに良いルアーとの出会いがとても重要になる釣りなので、この記事が皆さんと良いクランクベイトの出逢いのきっかけになればと思います。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ!