バス釣り初心者おすすめ

9月のバス釣りで釣果に差がつく!釣るためのコツとおすすめルアーとは?

まだまだ暑い日が続きますが皆さんは9月と聞くとどんなイメージを持っていますか?なかなか下がらない気温にまだまだ夏が続いていると思っている方も少なくないと思いますが、意外にも水の中では一足先に秋の入り口に差し掛かっていたりします。過去のデータを紐解いてみると9月というのは、台風が多い時期でもあり、秋の長雨というのもあってまさに季節の変わり目と言っても過言ではない時期。こんな目まぐるしい季節の変わり目にバスに出会うにはどんな釣りが効果的なのか?今回は9月のバス釣りで釣果を伸ばすために抑えておきたいポイントと、過去に高い実績を納めたおすすめルアーをご紹介します。

9月のバス釣りはどんな釣りになるのかな?
先生
先生
バスの大まかな動きを理解しておけば、釣り方も見えてきますよ!

9月のバス釣り 主な特徴とフィールドの状況 

この時期はアジサイやユリの花が代表的。地上の季節と水中の季節はリンクしているので、水の中の季節を知るための目安になります。この時期良く見かける花と言えばこちらの彼岸花。地上の季節と水中の季節はリンクしていますが、土手沿いに群生することの多いこの花は、水の中の季節を知るための目安になります。

9月の上旬はまだまだ暑い日が続きますので8月に引き続き王道のサマーパターンが有効の日が多くなるため、カバー周りや水通しの良いエリア、流入河川の上流域を重点的に攻めるのが良いでしょう。サマーパターン優勢の状態ではトップウォーターやノーシンカーリグなど長時間バスの目線よりも上でアピールできるルアーが効果的です。カバー周りではテキサスリグや高比重のノーシンカーなど、カバーに強いリグが活躍します。

中旬以降になると夏を象徴する積乱雲は徐々に見られなくなって、秋らしく高い空に変わってきます。放射冷却も少しずつ始まるので朝夕は気温も下がり始め、季節の移り変わりを肌で感じられるようになってきます。9月は台風と長雨の時期なので、おそらく1度か2度は台風の進路に当たるか、もしくは3日以上断続的に雨が降るなどしてフィールドの水温が一気に下降するタイミングが必ず訪れます。そうなって来ると水の中はサマーパターンから解放されて一時的にとても釣れやすい状況になるので、今からしっかり準備をして絶好のチャンスを逃さないようにしましょう。

先生
先生
9月の雨は大人しく降りますが、意外と冷たいのでしっかり準備しましょう。
ワークマンやアウトドアブランドのレインウェアは買うな!釣り用レインウェアのおすすめな選び方「釣りで使うレインウェアはどれが良いですか?」 長年釣りにたずさわっていると、結構な頻度で聞かれるオススメのレインウェア。 ...

9月のバス釣り 結果につながる釣り方とコツ

しっかりと状況を把握していれば比較的かんたんに釣ることの出来る9月ですが、周りのアングラーよりも良い釣果を目指すのであれば押さえておきたい釣り方のコツがあります。効率良く釣果につなげるためにはとても効果的なポイントなので意識するようにしましょう。

バスはカケアガリなどの地形変化につく!

台風の接近や長雨の影響で水温が下がり始めると、この時期のバス達は少し水深あるブレイクや沈みモノなどのストラクチャーにポジションを取ることが多く、3インチ程度のワームを使用したダウンショットやキャロライナが非常に効果的。とにかく数が釣れやすいのもこの時期の特徴で、9月中旬ごろになったら気温と水温が高くてもこの釣りを試してみることをおすすめします。この釣りで好反応が得られれば水中は秋になったと判断しても良いでしょう。

マズメ時やローライトコンディションはシャロー狙いが効果的!

大雨や台風の影響で水温が下がり、朝、夕のマズメ時や強い風が吹いているなどフィールドに+αのプラス要素が加わるとバス達は沖目のブレイク付近から一気にシャローフラット(地面が平らな場所)に上がり、盛んにベイトを追い始める傾向にあります。特にローライトコンディションの状況下では、バスは思っている以上にアグレッシブに活動している事が多く、フラットサイドクランクやスピナーベイト、シャッド系などの横に広く浅く探れる釣り方にはかなりの好反応を示すので、状況に応じてルアーやリグを使い分ける事も、この時期のバス釣りにおいては特に重要となってきます。

メインベイトはクチボソや小さな甲殻類など小型化!

この時期は大型のベイトフィッシュに反応が良かったサマーシーズンとは一転し、モロコやスジエビなど小さいベイトがメインとなる傾向にあります。この手のベイトは水温が下がり始めるとシャローエリアで群れを成して行動するようになるので、そのサイズ感を参考にしてルアーサイズを決めると良いでしょう。

この時期有効なフォローベイトとしてはミドストも効果的。バスのレンジと状況を読み解いて、様々なアプローチを試すのも9月に釣果を残すために必要となります。

9月のバス釣りに効果絶大!おすすめの最強ルアー3選

秋雨のバス達は基本的にとてもアクティブ。様々な種類のベイトに興味を示し、様々なリグやルアーで釣ることが出来ます。

ここでは9月の釣りで是非とも用意したい実績抜群の実力派ルアーを紹介します。9月のバスは様々なルアーに対してかなりアグレッシブに反応してくれるので、似たようなルアーや同カテゴリーのルアーであれば代用する事も可能です。

先生
先生
それぞれのフィールドや状況よって効果的なルアーは変わってきます。ここで紹介したルアーを参考に色んなルアーを試し、自分のフィールドに合ったルアーやリグを探してみると結果を出しやすくなりますよ。

おすすめルアーその1 ペイフォワード KID

この時期、全ての条件を満たした時に非常に強力な武器となるのがスピナーベイト。特にペイフォワード社のKIDはベーシックなスペックで様々なシチュエーションで威力を発揮しながらもこだわりのワイヤー形状とブレードでボリューム感とアピール力のバランスが秀逸なワイヤーベイトに仕上がっています。

基本は3/8ozのタンデムウィロー(TW)をベースに水の色や光量、巻きたいスピードに合わせてブレードセッティングやウエイトを選ぶのがベストと言えるでしょう。

先生
先生
しっかりとしたアピール力とアクションレスポンスでバスを効率良く誘えるペイフォワードのKIDは本当に優秀なスピナーベイト。使わないのはもったいないですよ。

おすすめルアーその2 ジャッカル チャブルSR


2つ目のおすすめルアーはジャッカルのチャブルになります。

この時期は先述したスピナーベイトと同じく、シャローエリアを効率良くサーチ出来るオープンウォーター型のクランクベイトも非常に効果的ですが、キャスタビリティー性能やスナッグレス性能などトータル性能が高いチャブルは実績も豊富で9月には絶対に欠かす事の出来ないハードベイト。フィールドの状況でスピナーベイトや他のファーストムービング系のルアーとローテーションすればさらなる1匹を手にする事が出来るでしょう。

オススメルアーその3 ゲーリーヤマモト ジャンボグラブ


ハードベイトが続いたのでソフトベイトもおすすめを1つご紹介しておきます。ご紹介したいのはジャンボグラブのテキサスリグです。えっ!?ジャンボグラブ?と思う方も多いと思いますが、これから時期水温が下がり始めると、この手のリグが強力に効き始め、12月に入る頃まで猛威を振るいます。5~7gのバレットシンカーと組み合わせて主にボトム変化を狙う釣りになりますが、ファーストブレイクに絡む沈み物なんかにコンタクトさせて止めて置くと本当に良く釣れます。だまされたと思って是非試してみて下さい。きっとその実釣性能に驚くと思います。

先生
先生
ジャンボグラブは本当に釣れます。飛距離も稼ぎやすいのでおかっぱりからのブレイク狙いなんかでとても重宝します。

9月のバス釣り 釣り方とおすすめルアーのまとめ

9月のバス釣りという事で、今回はちかみやの過去の記憶を呼び戻し、これからの時期に効果的な釣り方をご紹介してきました。この時期のバスは思いのほか懐が深く、様々なルアーに興味を持ってくれます。1年を通してみてもここまでバスが素直な時期はそうそうあるものではないので、思い思いのルアーを使用して今まで試せなかった事や気になっていたことに挑戦するいい機会にして頂ければと思います。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

先生
先生
9月は固め釣りのチャンス!たくさん釣って自分のバス釣りテクニックをステップアップさせましょう!

★9月のバス釣りに関する記事はコチラ!!★

秋のバス釣り 釣果を重ねるために知っておきたいパターンとルアー超解説!!快適な気候でアングラーとしても魚としても過ごしやすくなる秋は、「荒食いの秋」ともいわれ一般的にはイージーなイメージの強い季節。 ク...
使いこなせば最強の武器になる!最強のスピナーベイトおすすめ5選とその使い方とは?バス釣りで使うルアーの中ではアピール力が高く、ビッグバスにとても有効なスピナーベイト。非常に高いサーチ能力とスナッグレス性能はアングラー...
多数の実績が裏付ける。おすすめの実力派シャッドプラグ3選と使い方シャッドは小さなボディでアピール力が控え目、プレッシャーの高い日本のフィールドにとてもマッチしたハードルアーです。クランクベイトとミノー...
こちらの記事もおすすめ!